天空の村の生活

天空の村から帰って、マシュマロちゃんはホームシックだが、僕はほっとしている。

山の上で静かだと思うなかれ。雨が一晩中降って、その雨が安い鉄板の屋根を叩く。雨が激しくなると、物凄い騒音になる。

朝は4時から鶏や蝉が鳴く。その鶏は軒下に留められているので。寝床からの距離は3メートル。壁は隙間の方が多い位の板壁で、雨が入ってくるほどだから、遮音効果はゼロ。すぐ耳元で鳴かれている感じ。それが、10秒毎に鳴くのでたまったものではない。どんなに鈍感な人でも寝ていられないだろう。

鶏はいたる所の居て、50メートル半径内に50羽はいる。僕は50メートル先の鳴き声でも耐えられない。

こんな酷い寝室は他に無いだろうと思ったら、妹さん夫婦の寝部は隙間の多い高床式で、丁度ベッドの真下に鳥籠があって、2~3羽雄鶏が居たので笑った。

ただ、モン族の女は朝5時には炊事を始めるし、男たちも5時半には働き始めるので、鶏の声は丁度いい目覚ましなのかも知れない。

おまけにベッドは2センチ位の薄い布団のみで、僕の背骨には無理。寝返り打つ度に骨が軋む音が聞こえる。横向きに寝ると今度は腕が鬱血して痛い。

おしっこは、服を着て、草履を履いて、雨のぬかるみの中、暗くて湿っていて汚いトイレに行かないと行けない。

トイレの中は何故だか蝉が10匹も居てびっくりさせられる。

ヒグラシとクマゼミとミンミンゼミを混ぜたようなお姿。

トイレから帰ると、泥と水が着いた足で布団に潜り込むしかない。

山の上なので、気温は20℃以下で寒い。

ベッドとトイレ。この2つさえ良ければ生活出来るだろうが、その2つが最悪なので、とても生きてゆけない。

鶏は翌朝のスープのため、4羽殺された。

スープの中には、青い皮膚の頭や足まで入っていて、慣れないと気持ち悪いが、食べると滅茶美味しい。ブロイラーとは比較にならないコク。

美味しくて鳴かない鶏欲しい。

関連記事

コメント

野生

野性味あふれる生活ですね。

都会出身者にはかなりきつそうです。

厳しい

環境なんですね・・・
きっと私も無理だろうな。
ごめんなさい
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内