タオ島旅行記:シュノーケリングツアー

第一日目の午後にサイデーンビーチとハーティアンで浜からのシュノーケリングを満喫したので、翌日はボートでのシュノーケリングツアーを申し込むことにした。

ホテル内のダイビングショップでは、一人1750バーツと高かったので止めた。

桟橋のある波止場に行けば、いろんなツアーがあるので、そちらを狙うことにした。

OI000805

OI000528

平均的なのがこれ。

一日ツアーが750バーツ、半日ツアーが650バーツ。100バーツしか違わないが、行程を見るとだいたい同じ内容なので、僕たちは半日ツアーを選ぶことにした。どちらも東海岸を中心に5箇所を回る。昼食付きだ。

でも、選んだのはこのツアーではなくて、500バーツの安いやつ。シュノーケルセットを2つ新調したので節約した。上の行程とは逆回転のツアー。

OI000801

ダイアモンドツアーだ。

船はまあまあ大きく、30名弱のツアーとなった。

OI000804

人が来ないと言って、予定より30分以上遅れての出発。こういうのタイでは普通だが、未だにイライラする。

最初の訪問地はナンユアン島。上陸したのでビーチエントリーになったが、この島へは船でないと行けないのでまあ良しとした。

ここで2時間。

OI000713

1493200241478

流石に潮通りが良くて、透明度が高く、魚の量、生きた珊瑚の量が一番多かった。

OI000817

OI000835

このあたりの海底が良かった。

OI001140

OI000995-01

さあ、行くぞ!

OI001001

OI001092

OI001056

OI001051

OI001064

OI001022

OI001018

多くのエダサンゴが死滅していたが、その後小さなエダサンゴが随分再生していた。浅瀬でも生育していて感動した。

OI001046

クサビライシ。これ一つが一個のポリプ(単体サンゴ)。大きさは直径10~20センチくらい。これがこんなに一箇所に固まってあった。

OI001101

OI001106

OI001069

手の届きそうなところで泳ぐ魚達。

指を擦ると依ってくるので、観光客がたまに餌付けしているらしい。

OI001128

OI001078

マシュマロちゃんのシュノーケリングも大分それらしくなってきた。

まだライフガードを着ているので、水面に浮いているだけだが、十分に海の中を満喫できたようだ。

OI001004

OI000929

ハマクマノミ。マシュマロちゃんはニモ、ニモというが、ニモはクラウンクマノミ。このあたり、カクレクマノミ、クラウンクマノミは見かけなかった。

OI001087

OI001031

OI001042

OI001012

美味しそうなブダイがたくさんいた。人を恐れないので、よく保護された海域であることが分かる。

OI001039

OI001040

イバラカンザシ。きれいな色だ。これはゴカイの仲間身体はサンゴの中に潜っている。きれいなのはひれ。

マシュマロちゃんは、これを脅かすとサンゴに引っ込み、しばらくじっと待っていると、そろそろと出てきてエラを拡げる様子を見ていた。

それにしても、どうしてこんなにカラフルなのかは知らない。

OI000992

OI001140

ナンユアン島を登ってビューポイントに行きたかったので、シュノーケリングは1時間半で終了。

ナンユアン島は個人所有で、入場に100バーツほど必要だが、ツアー客は、ツアー代金に含まれているので払わなくても良い。

OI000823

息が切れそうになりながら、なんとか登ったビューポイント。

3つの島が砂州で繋がっている。

あな絶景かな。

OI000720

その真っ白な砂州が人気なのだが、僕らはあまり関心なし。

ナンユアン島を出発して次のポイントへ移動。

この間、フルーツ、コーラに次いで昼食。シュノーケリングとビューポイントへの登山でカロリーを浸かったので、もうお腹ペコペコ。食事の方は、質素なビュッフェ形式だったが、僕は十分満足した。

OI000838

OI000843

OI001026

幾つかポイントを回って、最後に来たのは僕らのホテルがあるシャーク湾。

ここで、なんとまたウミガメと遭遇。

OI001186

OI001185

OI001189

ウミガメと泳ぐマシュマロちゃん。全部で三匹いた。

彼女はウミガメの他に、小型のサメも見たそうだ。僕はサメは見つけられなかった。

クタクタに疲れたが、内容の濃いシュノーケリングツアーとなった。

大満足である。

関連記事

コメント

魚たち

人間を知らないのか、人馴れしているのか、どちらか分かりませんが、近くまで寄ってきますね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内