スーパーセル

昨日はカオヤイ農園に僕一人だった。

お昼過ぎに遠くで雷鳴が盛んに聞こえ、少しづつ近付いて来た。

雷雲から数百メートルずれれば雨は降らないので、雷雲の動きを良く観察するようにしている。

昨日はその雷雲が妙だった。まるでアメリカの中部大平原に発生するスーパーセルのように雷雲が渦巻き、その中心部に雨が降っていた。

黒い雲がその中心部の周りを回ってだんだん大きくなってきた。

ああいうのが大きくなると竜巻が起こるんだなと思ったが、こっちに向かってくる様子はなかったので、あまり気にせずにいた。

しかし、そのうちに頭上の雲が凄い速さで動き出し、辺りもぐっと暗くなった。

「この感じはやばいな。突風が来そうだ。風が来る前に店を遮光布で囲っておこう。」

そう思って遮光布を取り出した時、急に山から風が降りてきた。突風である。風に煽られながらも、手早く遮光布を店の周りに巻き終わったその時、雹交じりの大粒の雨が降ってきた。風は轟音を立てて店を揺らし、店の中のプラスチック類等軽い物を吹き飛ばした。

ここはスーパーセルの中心部ではないから、これ程強い風は来ないと思ったが、中心部からのダウンストリームだろうと推察した。

雨はまたたく間に濁流になっていちご園を洪水にし、マシュマロちゃん作のStrawberry of loveのパネルをぶち壊した。

その後も1時間近く雨が降ったので、もういちご狩り客が来ても園内に入れないし、そもそも雨の中お客さんは来ないと判断し、午後3時前に店を閉じて家に帰った。

マシュマロちゃんも居ないし、一人で早く帰ってもやることがないが、久しぶりにパソコンの電源を入れ、いくつか問題があったアカウントを修正する作業が出来た。

家の中は、数日後に日本に輸出するハーブでごった返している。

翌朝の今日は、清々しく晴れて、山の緑も際立ってきた。

こんなに晴れた朝だったのに、昼過ぎにはまた雨が降った。

トイレにいたバッタ

トイレに居た蛾

雨のせいで溜池の水は20センチ程増えた。

カオヤイ農園の目の前にあるイタリアンレストランMemosaの看板。

ここのスパゲティーは美味しくて量が滅茶多い。

タイ料理の味も一流なのに、僕が頼むと露店の4倍量位盛ってきて、二食分以上になるのに、価格はメニューより安い。何度かいちごを差し上げたのが効いているのだろうか? ともかく、このレストランはお勧めだ。

そのレストランの店先に雨壺があって、そこにグッピーがうようよ居た。聞いて見ると、もう10年も生きているという。直径60センチ余りの小さな水溜りで10年も命絶えずにいるとは驚いた。

そこで、このグッピーちゃんを50匹程分けてもらって例の溜池に放流した。水草やそれに着く小さな生物がいっぱいなので、きっと増えてくれるだろう。

物凄く楽しみである。

関連記事

コメント

さすが、タイ。ワイルドですね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内