D-Max修理完了

自損事故で右前方が大破したマシュマロD-Max号が直って来た。

保険のランクの関係で、全部純正品という訳ではないが、一応見た目は元通りに直った。

外見で細かいことを言えば、塗装が少し違う。元はパールホワイトだったが、パールホワイトのみ数万バーツ高かったことからして、少し塗装が難しいんじゃないかと思う。修理工場ではそれが出来ず、普通のオフホワイトメタリックのようになった。

僕は気にしないが、マシュマロちゃんはとても気にしていた。

実は一週間前、修理が完了したというのでチェックに行ってきた。

公道に出ると、直ぐにエンジンストップ。

燃料系にエアーが残っていたと推定し、エアー抜きのポンピングしたら始動したので、大きな街道で直進性、加速力、ブレーキをテストした。

すると、またエンジンストップ。

直進性は僅かに右にずれたが、右車線であるし、僕は問題ないと思ったが、彼女の兄さんはダメ出し。

加速は問題なし。ブレーキもブレずに効いた。

しかし、エンジンストップの原因が不明なのと右ブレのために、更に点検調整するように指示し帰ってきた。

タイではきちんと仕事をすることを前提に出来ないし、仕事ぶりを信用することも出来ないので、こうして自分で確認しないといけないらしい。

数日後、納車してみたら、今度は少し左にブレるようになっていた。

右ブレの方がまだマシだったが、僅かなブレなので良しとした。

良しと出来ないのは三点。

まずブレーキが硬すぎる。効きは良いが、踏み込むバネが硬すぎて少し力がいる。これは調整出来そうなので直す予定。エレクトリックアシストが効いてないのかも。

一番気になるのはギヤ比設定。60kmでの巡航でエンジン回転数が1200しかない。これでは加速に難があるので、1800rpm位に上げないといけないだろう。

燃費や走行性に大きく響くので、いすゞのサービスセンターで見てもらった方が良さそうだ。

3点目はエンジンルームと運転席前方下の密閉性が悪く、エンジン音が大きくなった他、以前は聞こえなかったターボチャージャーの音が大きく聞こえるようになった。

ガソリンスタンドでガソリン入口の蓋を開けようとしたら、膝部分のプラスチックパネルごと外れてしまった。お粗末。

オーディオセットは替えてないと思うが、スピーカーが変わったのか、何だか音がかなり良くなった。

ヘッドライトも以前より明るくなった気がする。

いろいろと以前と変わってしまったが、総じて言えば、十分に使えると思った。

日本なら即廃車だったが、タイの修理技術はなかなかのものだ。どんなに壊しても廃車にはならないような気がする。

ともかく、売らずにしばらく使うことにした。

大きいピックアップと小さなヤリス。この2台の組み合わせは、なかなか使用範囲が広くて良いと思う。

ソンクラーンが明けたら、燃費の良いヤリスの方で、タイのいろんなところを走って回ろうと思っている。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内