営業活動の成果

カオヤイ農場の近くにある高級リゾート、ハイソなレストランにアポ無しで、しかも薄汚れた格好でモトサイで乗り付け、守衛にマネージャーかシェフに話があるから会わせてくれと頼む。

手にはいちごのフリーサンプルをワンパック。それから新たに作ったA4一枚のブローシャー。裸足に泥汚れたサンダル。下手くそなタイ語。

でも、マネージャーやシェフが居ればちゃんと会わせてくれる。タイはアポイントを確定するのは難しいが、ノーアポでも割と気安く合ってくれる点は良い。

彼らに会えたら、自己紹介と面談の目的を端的に告げて、いちごを現在使っているか、僕らのいちごを買う気はあるかどうか聞きながら、持ってきた甘い完熟いちごを食べてもらう。

「では、興味があったらここに電話してください。」と言って帰ってくる。

この種の飛び込み営業で商談に結び付く可能性は普通低い。でも、今回僕達の成績はまずまずだった。

① Hotel Le Monte

フリーサンプルをマネージャーと従業員が一緒に食べて、みんなして「甘い! 美味しい!」と絶賛。

1時間後、従業員の女性が2人いちごを買いに来た。自分たちの分とホテルで使う分500g入20箱。

ホテル用のは、カムウェルフルーツに使った。

そしたら、客がその甘さに驚いて、何処のいちごかとホテルに聞き、僕らのいちご園を紹介したところ、「じゃあ、すぐ行こう!」と言うことになり、8人乗りキャビン2台でやって来た。

そんなことが2回続けて有った。

また、オカマのマネージャーが家族に持って帰ったり、ホテルのパーティで使ってもらったりで、毎日数個から十数個のオーダーが続いている。

② Khrua Khaoyai

「カオヤイ食堂」といった感じの大衆食堂で、大型観光バス5台分のお客もこなす大食堂。料理の種類も豊富。一気に100食分のオーダーが入っても、待たせることなく食事を提供出来る。家族連れも多く利用する。

ハイソではなく中流だが、地元のフルーツや野菜を売るコーナーもあって、僕らのいちごも売ってくれることになった。買い取りではなく、委託販売。価格の半分は食堂の利益なので、僕らの身入りは少ないが、連日売り切れて追加注文が入る。どの道、売り切れないほど余っているいちごなので、利益率が低くても捨てるよりはマシ。ただし、ノーブランド。

③ Big Cheff

幾つかハイソレストランを回ったので、何処から情報が伝わったのか知らないが、この辺りのシェフの元締めがいちご目当てにやって来た。

彼は5カ国語を話し、日本の銀座にある超有名日本料理屋のチーフシェフとも知り合いとのこと。日本料理も洋風ケーキも何でもこなすそうだ。残念ながら、日本語は少ししか話せないが、英語は流暢なので意思疎通は問題ない。

今はカオヤイの高級ホテルのチーフシェフをしている。

彼はお金はあるようで、フリーサンプルと言っても、必ずお金を払う。

僕らのいちごを気に入ってくれて、毎日5~10箱買いに来てくれる。

今度彼が務めるホテルの夕食に招待された。

今日は、

「今日5人のシェフ仲間に会うので、彼らにここのいちごを紹介したいから5箱売ってくれ。」と言ってやって来た。

僕らのいちごの営業をしてもらう訳なので、いちごはフリーサンプルとして差し上げた。そして、ブローシャーを5枚配ってもらうことにした。

僕はローカル市場で安売りはしたくない。

鳥の餌の方がマシ。

関連記事

コメント

Re: 商売

ところがどっこい。健康食品成分の輸出が上手く行っています。
いちごは面白いですが、自分としては貿易に主軸を起きたいと思って試行錯誤しています。
指摘の通り下着ビジネスは地に足が付いていませんでした。

ワンダフォー

結構良い具合に軌道にロり始めましたね。積極活動が実りおめでとうございます。
記事を読むのが楽しみです。

商売

健康食品などを売っていた頃に比べると、地に足がついた商売になってきましたね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内