マシュマロいちご園の新労働者

先週からマシュマロいちご園に新しい住込み労働者が来ている。

彼らはモン族だが、山ではなくてピサノロークに住んでいた若い夫婦で、いちご栽培の経験はない。

もうシーズンのピークも過ぎ、いちご園はあと2ヶ月を切ったのに、今更新しい住込み労働者を入れたのは理由がある。

一つは、来期のために労働者を育成しておきたいこと。

もう一つは、彼らがお金も住処もなく困っていたこと。

こちらが旦那。まだ17歳の少年。何も知らないが、覚えは早いみたいだ。

こちらが妻。まだ17歳の少女。

驚くなかれ、17歳の若妻にして2歳の子供がいる。つまり、15歳で出産したということ。まるで明治時代の話みたい。モンらしい顔立ちをしている。骨格が華奢で栄養不良で育った模様。胸もなくお父も出なかったので牛乳で子供を育てたと言う。

今のところお金を摺ることはない。

何時まで働いてくれるか分からないが、きっと彼らもやっとありつけた仕事だろうから、出来れば来期に任せられるくらいしっかり熟練して欲しい。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内