ルアン・ポーワット 再び

事故ったマシュマロちゃんの車の修理工場に行く途中、国道2号線から見えるひときわ立派な寺院に寄ってみた。

何年か前に来たことがあった。

コラートのナットちゃんとだったか、プーおばちゃんとだったか思い出せない。

でも、お寺自体はよく覚えていた。

タイでも有数の有名なお坊さんを祀った寺院で、有名なスターが自費で建てたとか。

そのお坊さんはミステリーマジックが使えたという話しだ。

彼女はサンスクリットのお経を訓むとても信仰深い仏教徒だった。

彼女がお経を読む間、おみくじの箱を額に当ててお祈りし、その後箱を振って出て来た番号で運勢が分かる。日本のおみくじと一緒。

二人揃ってタンブンすると相思相愛が長く続くと書いてあったらしい。

「貴方の分も一緒にタンブンしておいたわよ。」と上機嫌。

少し余裕が出来て、体重も少し増えた。

椰子の葉で作ったナーガが印象に残った。

このお堂は修理中だった。

関連記事

コメント

Re: お経・・・

数年前だったらお持ち帰り自由状態でした。今でもピックアップトラックと力持ち数人いれば持ち出せそうです。
でも、通関するのは一筋縄ではいきませんな。

No title

一度行ってみたいです。このお寺の寄進者Soraporngさんは大好きな俳優さんです。彼の演技は素晴らしいと感じていました。良い情報を教えてくださって感謝します。

お経・・・

お経というのは・・ご存知の通り、、特別なことが書いてあるわけでなく
ブッダとその弟子たちのごくありふれた・・日常生活の記録・物語ですので・・・別に唱えても
ご利益があったり・・お化けが退散するとか・・ありえません。

真言や呪文として特別な意味を持たせたのは密教系の教団です・・・。

大抵 熱心なのは 頭おかしィィィ・・・ ♀ です。
ご先祖様があーーーたらとか 霊がこーーたらとか 運命がなんたらとか・・
生きている人間を粗末にしてまでも こだわる人が多いようです・・・

爺はDr,抱えていた レリーフ欲しいです、、、

でわ
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内