ワイルドなお風呂

ワンナムキアオのキャンプ場,もといマシュマロいちご園に来た。

そこでのお風呂はかなりワイルド。

まず,暗くなるのを待つ。文字通りアウトドアーなので,暗くならないと裸になれないから。

次に,池の魚臭い水は冷たすぎるので,焚き火でお湯を沸かす。

そしたら,真っ暗な中,素っ裸になって沸かしたお湯を被る。

ああ,これだけで幸せ。まるで温泉気分。

湯女が身体の隅々まで洗ってくれるので,僕は星空か遠くのリゾートの灯を見ていればいい。

コオロギやカエルの声し聞こえない。

洗い終わったら,冷たい水で身体を締める。

[ヒェー !]

夜空に僕の悲鳴が響く。

でも次に暖かい最後のお湯が掛けられる。

[おおう,えーなー]

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内