新掘っ立て小屋で寝泊り

帰って行った労働者夫婦とは別に、少し前から来てもらっている労働者親子が寝泊まりするための掘っ立て小屋が、ワンナムキアオのマシュマロいちご園に出来た。

材料費は出したが、基本的に彼らが自分で建てた。

これからは、彼らはここで寝止まりして、マシュマロいちご園の世話をしてもらう。勿論、カオヤイのいちご園も折に触れ手伝ってもらう。

昨日今日は、僕らもワンナムキアオに来て、掘っ立て小屋への電気と池の水の供給を始めさせ、次いで農薬散布と第二期目の定植の為のココナッツポット作りをした。

昨夜は、その掘っ立て小屋で僕らも寝た。

壁は合板である。

こんな家でも、労働者親子はとても住みやすいと気に入っている。夜はカオヤイよりも冷えて、22℃位になる。それが天空の村の人達には気持ちがいいらしい。

僕は背中が痛くて眠れず、夜中にトイレの為にに2回雨の降る外に出なければいけないのが辛かった。強い雨が降ったときは、しっかり雨漏りして布団が濡れた。屋根の角度が緩すぎたからだ。

ここでの寝起きは必要最小限にしたいと思った。

これがお風呂というかシャワー。魚臭い水で、雨季のため泥で濁っているが、真水のシャワーが使えるのと使えないとでは大違いで、生活の質は大幅に上昇した。食器だってここで洗う。以前も書いたが、洗えないよりも100倍いい。

シャワーには囲いがないので、夜暗くなってから、素っ裸でシャワーを浴びた。

この様に蚊帳を吊って、その中で寝る。それでも蚊に刺されてしまう。

蚊と固い床が睡眠の大敵。ぐっすり眠れなかった。僕はふかふかのベット以外考えられない。

マシュマロちゃんは、よく眠っていた。

眠れなかったのに、朝5時から彼らは起き出し、うるさくてやはり眠れない。6時の夜明けとともに僕も起き、朝7時から野良仕事を始めた。

ずっと雨が振り続く中、泥まみれになって働いた。

日本の家で、テレビを観ながら、うとうととして過ごす方が良かったかも知れない。

関連記事

コメント

No title

蚊帳の中に、蚊取り線香をつるす作戦は、無駄な抵抗なのでしょうか?
タイの蚊は、蚊取り線香では死なない?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Oh my goodness!

英語でもタイ語でもないモン語の世界だから、すごいサバイバルなのだ。

Re: No title

柔らかいベッドで素っ裸で寝たーい。蚊に刺されたくなーい。

Re: No title

マシュマロいちご園の裏の家は、月4000バーツもする割に住み心地が良くないので、今年は借りなかったのです。
サバーイバルのはずが、マイサバーイなサバイバルになっちゃいました。

Oh my goodness!

アメリカのTV番組でサバイバーの挑戦があるけど、ほとんど変わらない生活だ。アメリカ人にツアー呼びかけたら参加者増えそう。商売になるかも?
ぼくは遠慮しときます。

とし

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

前に住んでいたノンタブリの環境から考えるとかなりサバイバル的な生活になりましたね。
ワンナムキアオの農園の裏にあった家は使えないのですか?

まあどんな事があっても結果良ければいいじゃないですか!
頑張って下さい。

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内