気違いイギリス人からのメッセージ

半年ほど前のこと、マシュマロちゃんのフェイスブックに身元不明のアカウントから、次のようなメッセージが届いた。

「セントラル·ラタナティベットで君を見たよ。とても幸せそうだった。」

フェイスブックのアカウントの特徴(身元情報、写真テキスト何もなし。一回限りの使用。)、メッセージの英語の特徴から、マシュマロちゃんを傷つけた気違いイギリス人からのものであることは疑いなかった。

彼女は怖がり、直ぐにブロックした。

考えて見たら恐ろしい話だ。イギリス人がたまたまノンタブリのセントラルに来て、偶然マシュマロちゃんを見たとは考えられない。ノンタブリの住所を突き止め、何日か張って、そしてやっと見つけたのだろうと思われる。

僕らは彼の存在に気付かなかった。

彼は何のために彼女と僕を見つけたかったのか。見つけたらどうするつもりだったのか知らないが、彼女がとても幸せそうだったので、何も出来なかった、または安心して何もする必要がなくなったのではないか?

実際、その頃の彼女はいつもとても幸せそうだった。その笑顔を貰って、苦境の僕も少しだけ幸せを感じさせて貰っていた。いつも手を繋いで、いつも笑っていた。面白くなくても、相手の笑う顔を見て、つられて笑った。

気違いイギリス人は、わざわざ此処まで来て、幸せそうな彼女を見て何を思っただろう?

今、カオヤイとワンナムキアオに2つのいちご園をやり繰りする彼女は、ストレスと疲労に押しつぶされそうで、笑顔が消えたばかりでなく、毒舌で人を傷つけるようになった。

僕に対しても、絶対に受け入れられないようなことも平気で吐きつつけるようになり、興醒めすることしばしば。しかし、機嫌の良いときはベタついてきてよく分からない。若いときから、こんなふうに女が感情に流されるところが大嫌いだった。気分によって揺れる男はもっと嫌いだが。

今の僕に心からの笑顔はない。毒を吐く彼女に嫌悪感を感じる。疲れているのは分かる。気持ちが乱れがちになるのも分かる。が、感情の高まりに任せて、言ってはいけないことを言ってしまうところは許せない。

気違いイギリス人がいちご園に来て、今の様子を見たら、黙って何もせずに帰っただろうか?

幸せそうだった頃の彼女。

別の記事に書くが、彼女の毒のせいもあって、親戚の住込み労働者が仕事を辞めてチェンマイに帰っていった。

関連記事

コメント

Re: No title

僕との関係は割りと良くて、僕が一人で困るだろうから、我慢して働いていたと言われました。
実は薬物中毒がはっきりしたので、向こうから辞めてくれてちょうど良かったと思っています。
嫌ですね。薬物中毒は。

Re: 大変ですね

そうなんです。いっぱいいっぱいなんだと思います。
一昨日も買ったばかりの噴霧ポンプのエンジンが上手くかからず、怒って泣いてしまいました。チョーク吸いすぎだったのと、圧力設定が強すぎただけで、分かればそれ以降なんの問題もなく動いてますが、初めてに機械だったので、ちょっと手間取っただけ。その後、無事に消毒ができたので、気分が直ったみたいです。
ですが、アップセットしている時は非常に態度が悪く、それが元で住込み労働者も帰ってしまったのです。
それにしても、自分の頼りなさに情けなくなってしまいます。

No title

その親戚はまだ性格が穏やかだったので家に帰っただけで終わって良かった。
でも気が荒い別の人だったら、わかりません。危ない、仕返しされるかも?彼女に直接暴力を加えるか、もしくはいちご畑や車、設備に悪戯されたりとか。僕も知り合いの仕返しされたタイ人を何度か見たり聞いたりしてきましたが、彼らを怒らせたら手に負えないです、御用心を。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご機嫌ななめ

コロコロ変わる女の気分にいちいち振り回されるのは馬鹿らしいですね。
ですが、人を傷つけることを言うのは良くないので、なんとかせねば。

ご機嫌ななめ

ハムケンさんも大変そうですね。

Re: No title

時間が経って気分が変わると、考えもまた変わります。
あまり真正面からぶつからずに、うっちゃって行きます。

Re:

ブラックリストに入れてやりたいところですが、もう来ないと思います。
むかしパクチョンで女と暮らしていたので、ひょっこりいちご園に来る可能性はありますが。

Re: No title

血縁関係がない日雇い労働者の方が気は楽ですね。
いちご栽培を知っていてお金をくすねない信用できる人が欲しいのですが、相当難しそうです。

No title

こういう時、タイ人女性は、正直うざいですよねー…。
タイ人は自分を客観視できないから、自分が悪いと思ってないので、何を言っても直らないし。
個人的には、この状態では別れは間近だと思いますが、ハムケンさんの場合、仕事もシェアしてるので簡単に別れることはできないし…。
怒ったタイ人をなだめる薬があったら、いいんですけどねー。

ご苦労お察しいたします…。たまには、気晴らしをして、もう少し耐えてみてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内