みんなで植込み

僕は南部の都市から仕事を終えて帰り、マシュマロちゃんは新しい労働者二人といちごの苗30000株を連れて帰ってきた。

今日は、カオヤイ新いちご園に、みんなでいちご苗の植込みをする。新労働者といつもの日雇い労働者と親戚からの助っ人3人の総勢14人が揃った。

苗はバスケットにぎゅうぎゅう詰めに詰め込まれていて、数日内に定植しないといけない。

「今日くらいは、腰が痛かろうが、泥だらけになろうが、一日這いつくばって頑張って植えるぞ!」

と意気込んでいた。

ところが、助っ人の一人の妹さんが、

「ハムケンさんはこの子を見ててね。」と言う。

「はあ?僕は植込みの仕事があるんだけど。」

「それは私がやるから、あなたの今日の仕事はこの子のお守りね!」

「はあ。。。。。」

確かに僕が子守をすれば彼女の方は僕の数倍働けるに違いない。

この合理的な指示に反論することができず、僕は子守役になってしまった。

思い起こせば、去年からこんなふうだった。かなり情けないが、全体の生産性を重んじるとこうなる。

今、子供を上手いこと寝かせつけたので、こうしてブログを更新出来ているが、目が覚めると目が離せないので、実際他に何も出来ない。

カオヤイ農場は、この数日雨がしとしと降って、いちごを植えるポットはいい具合に湿った。

雑草も牧場にしてもいいくらい生えた。

関連記事

コメント

Re: No title

実のところ、いちごが余って困ったことはないです。
ということは、そんなに沢山成らないか、成っても虫や鳥に食われているんでしょうかね。

Re: どちらも

子守は得意ですが、他に何も出来なくなります。
本当に何も。
そういう意味では辛いです。
あと、やはり自分の子ではないので、時々冷たくしてやります。

どちらも

子守も大変でしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内