ポンプ

カオヤイ新いちご園の基幹システムであるウォーターシステムが稼働し出した。予定より1週間から10日の遅れ。

遅れた理由は色々あるが、主なものはポンプ泥棒対策と洪水対策。

コンクリートの基礎に鉄製の土台を植え込み、鎖で固めた。

これで並の根性の泥棒なら、諦めるだろう。

ブルドーザーとダイアモンドカッターを持ってくる泥棒さんが居たら負けます。

マシュマロちゃんはまだ不安で、周りをコンクリートブロックで固めろと言うが、たかだか一万バーツのポンプに高いお金はかけられない。

少し底上げした。これで軽い洪水なら水没しない。

大洪水では水没するが、それは年に2回か3回のことで、1-2日間のこと。

それくらいなら水没してもポンプは壊れないらしい。

このポンプを一晩運転させて見たら、御覧の通り、カラカラだった池に水が。

うわっハッハッハ。

昨夜は一晩雨が降って、ラムタコーンは増水していた。

支えにしていた流木も流され、しっかりした基礎が出来ていなかったら、ポンプごと流されていたところだった。

増水するとゴミや砂や水草が大量に流れてきて、ポンプの入水口のネットを詰まらせる。そこが詰まると水量が大幅にダウンするのが分かった。

親戚の労働者がいち早く原因を突き止め、有り合わせの材料で30分で問題解決してくれた。僕は、問題解決してもらって、やっと原因が分かった始末。

まだ端末システムはこれからだが、基幹システムはこれでよしとする。

明日はワンナムキアオのウォーターシステムを設置する予定。

カオヤイ新いちご園の基幹システムであるウォーターシステムが稼働し出した。予定より1週間の遅れ。

遅れた理由は色々あるが、主なものはポンプ泥棒対策と洪水対策。

コンクリートの基礎に鉄製の土台を植え込み、鎖で固めた。

これで、並の根性の泥棒なら、諦めるだろう。

ブルドーザーとダイアモンドカッターを持ってくる泥棒さんが居たら負けます。

マシュマロちゃんはまだ不安で、周りをコンクリートブロックで固めろと言うが、たかだか一万バーツのポンプに高いお金はかけられない。

洪水対策で少し底上げした。これで軽い洪水なら水没しない。近所の住民に洪水時の頻度と水位を聞いて、この高さで手を打った。

大洪水では全部水没するが、それは年に2回か3回のことで、期間は1-2日間のこと。それくらいなら水没してもポンプは壊れないらしい。並の洪水ではポンプは水没しないだろうという高さにした(つもり)。

このポンプを一晩運転させて見たら、御覧の通り、カラカラだった池に水が。

うわっハッハッハ。

昨夜は一晩雨が降って、ラムタコーンは増水していた。

支えにしていた流木も流され、しっかりした基礎が出来ていなかったら、ポンプごと流されていたところだった。

増水するとゴミや砂や水草が大量に流れてきて、ポンプの入水口のネットを詰まらせる。そこが詰まると水量が大幅にダウンするのが分かった。

親戚の労働者がいち早く原因を突き止め、有り合わせの材料で30分で問題解決してくれた。僕は、問題解決してもらって、やっと原因が分かった始末。

ポンプが全力投球すると、12基のスプリンクラーを動かすのに十分なパワーがある。

まだ端末システムはこれからだが、基幹システムは、これでよしとする。

明日はワンナムキアオのウォーターシステムを設置剃る予定。

関連記事

コメント

Re: 天候

洪水は毎年あるらしいです。
干ばつは去年と今年前半のエルニーニョ現象の結果で、何十年ぶりだったそうです。

天候

カオヤイは渇水だったり洪水だったり、なかなか天候の変化が忙しいところですね?この5月にゴルフで訪れた時も、突然嵐になり、木が道に倒れていたのにはびっくりしました。ウォーターシステムの設置が完了し、雲黒斎を小分けして、いよいよ、イチゴの栽培開始でしょうか?

水確保

水が確保できると一安心ですね。

だんだんシステムができてきました。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内