カンチャナブリ紀行:ヘル・ファイアー・パス

真珠湾攻撃から半年後の1942年半ば、日本軍はインド防衛を最終目標とするイギリスとビルマで戦っていた。ビルマ戦線への補給路が必要な日本軍は、タイのバンポンからビルマのタンビュザヤまでの400kmにも及ぶ鉄道を僅か2年弱で完成させた。

この鉄道建設のため、60,000人を超えるオーストラリア、イギリス、オランダ、アメリカ人の戦争捕虜と、250,000人もの現地アシア労働者を集め、重機なしの突貫工事を強要し、捕虜の20%にあたる12399人、おそらくは山岳民族が主体だった現地アジア労働者70,000~90,000人が死亡した。

死因は栄養失調と過酷な衛生環境がもたらしたマラリア、赤痢、コレラが多いが、日本軍による懲罰による死亡も多かった。

戦争捕虜が置かれた酷い状況を後世に残すため、最も過酷な工事現場跡にヘル・ファイアー・パス・メモリアル博物館がある。旧日本軍の非道ぶりと犠牲になった捕虜達の苦難が強調されているが、現地アジア労働者の苛酷さはそれ以上で、死亡者数すら正確な数字が残っていない。

KEN21169


KEN21153

カンチャナブリの主要観光スポットにもなってるヘルファイアー・パス・メモリアル博物館。大変よく整備されていて、大型バスも来る。ここを訪れたことがある読者も多いことだろう。

寄付金で運営されているので、入場料は取らない。

中に入って僕が日本人だと分かると、ボランティアの女学生が片言の英語と日本語で、日本語版のパンフレットをくれた。上の水色の記述は、そのパンフレットから抜粋したもの。加害者側の日本人ということでバツが悪かったが、女学生の笑顔で少しホッとした。

その敷地内にあったブッドレアに似た木に蝶がたくさん舞っていた。一つの木に数百匹のチョウチョ。

KEN21144

KEN21146

KEN21152

ヘルファイアーで無くなった人達の魂が舞っているかのようだった。

この辺りの道路にも異常に多くの蝶が飛び交い、それが車のフロントグラスに激突して死ぬ。道路には無数の蝶の死骸が落ちていた。ひと月前に訪れたペチャブリーもそうだったが、国立公園内には本当にたくさんの蝶がいる。どうしてこんなに蝶が多いのか、実に不思議。

KEN21154

博物館から見た外の景色。断崖絶壁になっていて、下にはクウェー・ノーイ川が作った平原が広がっている。

KEN21159

その谷に降りる遊歩道はよく整備されていた。博物館から400m程歩く。

1433

ここが当時、鉄道があったところ。そこを鉄道跡に沿って歩く。この鉄道の日本語名は泰緬連接鉄道だが、英語圏ではDeath Railwayと呼ばれているらしい。

KEN21161

向こうに見えるのがヘルファイアー・パス。ヘルファイアーとは、夜を徹して行われた突貫工事のかがり火を地獄の送り火に見立て命名された。

KEN21162

いよいよヘルファイアー・パスの中心部に差し掛かる。

KEN21165

KEN21166

線路跡に大きな木が一本そびえ立っていた。

KEN21167

ヘルファイアー・パスを抜けたところに、記念碑がある。

ほとんどの観光客はここで引き返すが、僕たちはもう少し先まで行ってみることにした。

KEN21168

当時の枕木が残っている場所もあった。

記念碑から数百メートル奥に進んだところにビューポイントがあった。

そこから見える風景は実に素晴らしかった。

KEN21170

KEN21172

雨季も始まり、新緑の季節。こんなに雄大で美しい風景の中で、地獄の作業が進められていたなんて不思議な気がする。

ここで引き返して、絶壁を登って博物館に戻った。いい運動になった。

KEN21182

戦後、捕虜虐待の責任と、軍作戦のための鉄道建設に捕虜を使用したという戦争法規違反により、日本軍の泰緬鉄道および泰俘虜収容所の関係者多数が起訴され、約半数の40名弱が処刑された。

食料も物資も医薬品も不足する中、大本営からの命令でスピード第一主義の突貫工事をせざるを得なかった日本軍兵士もきっと辛い思いをしたことだろう。

しかし、これらの戦犯裁判は連合軍が受けた虐待致死についての裁判であり、最も悲惨な境遇に置かれ、最も多くの死者を出した現地アジア人労働者への虐待に対する裁判は、どこの国によっても行われていない。

関連記事

コメント

Re: 現地人の扱い

逆です。捕虜の方は人間扱いで、病人は手当したそうですが、アシア労務者は銃をつきつ来て強制連行し、病気しても手当も薬もなしだったそうです。
実際に鉄道を作ったのは、現地山岳民族と言っいいくらい。彼らは死んでもカウントもされませんで、実際の死亡率は50パーセントと言う説もあるようです。

Re: No title

日本兵は捕虜には肉も出したそうです。ウジ虫の方が肉より多かったそうですが、それは日本兵も同様だったとのことです。

No title

日本兵の虐待は、戦勝国であるアメリカ・フランスサイドの捏造らしいですよ。
タイは、戦時下で始めは日本サイドでしたから、日本兵が友好国のタイ人に圧力を与えることはしません。
ですが、日本の旗色が悪くなると、タイはアメリカサイドに寝返りました。

タイ人の国民性のしたたかさが、よく出ていますね。

本当に悪いヤツ

本当に悪いヤツ(親分)は
責任は取らないものです・・・。

いつの世も その 下っ端(子分)が 
身代わりになって 処分されます。

それが

この世です。

でわ

現地人の扱い

現地アジア人労働者への虐待ってそんなに酷かったんですか。

殴ったり蹴ったりはあったかも知れませんが、捕虜と異なり死ぬほど働かされたりはしなかったと思うのですが、どうなんでしょう。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内