FC2ブログ

店にサンタがやってきた

クリスマスには、何時もツリーをキラキラボンボンで飾るのだが、今年はサンタクロースにした。

サンタクロースはタイではあまり有名じゃなく、知らない人も多い。

また、クリスマスイブにサンタがおもちゃを枕元に置いてくれる習慣もあまりない。その割に、街は豪華に飾ったクリスマスツリーが日本より多い(バンコクの話)。

けれども、カオヤイ農園は外国人客の割合が多いので、サンタクロースは子供達にきっと受ける。

小さいファンで空気を送り込んで膨らませるタイプで、結構でかい。

2600バーツ也!

数日で穴が開いて壊れそう。

マシュマロちゃん人身事故

先日、マシュマロちゃんが人身事故を起こした。

カオヤイからワンナムキアオに戻る途中、直線区間で右前方の脇道からフルスロットルで飛び出してきたオートバイと接触。オートバイの運転手は頭が切れて出血した。

幸い、骨や脳に異常はなく、経過は良好らしい。

オートバイの運転手は60歳オーバーの男性で、片目が見えない。オートバイは無登録で無免許運転、ノーヘルメットだった。

状況から、マシュマロちゃんの過失はなく、保険屋は全額を支払うことになった。

しかし、オートバイ運転手の息子が地主で、警察の上層部との関係が強く、それがどう影響するかは未知数で、未だ警察の最終報告書は出されていない。

事故が起きたのは夕方5時半頃だが、彼女が警察署を出たのは深夜0時だった。

彼女は僕に何も連絡を入れてくれなかったので、事故の事実を僕が知ったのは深夜だった。

しかし、彼女の兄、妹さん夫婦、警察署の近くでいちご園をしている仲間が一同警察署に詰め寄って彼女を守った。

その日はワンナムキアオで4件の死亡事故があり、警察署は大忙し。マシュマロちゃんの事故は軽微なので、後回しになったから遅くなったようだ。

脇からフルスロットルで出て来たので、酔っぱらいか、目が悪く見えなかったか、当たり屋の可能性も否定出来ない。

マシュマロちゃんに非が全くないと認定された場合、彼女の車に着いた傷については、保険会社はオートバイ運転手に請求するらしいが、彼が払える可能性は低いのでややこしい。

さつまいもアリモドキゾウムシに食われる

やられました。

さつまいもの害虫、アリモドキゾウムシに。

アリモドキゾウムシは東南アジアに居る害虫で、未だ日本本土には入っていないが、沖縄は既にやられている(だから、東南アジア産のさつまいもは日本に輸出出来ない)。

タイの露地で無農薬無肥料の放置栽培なんだから、少々の虫食いは気にしないと思っていたが、ネズミとアリモドキゾウムシは甘く見てた。

保管中の芋の周りに夜になるとアリが集っていたので、寝かせているうちに糖度が増して、滲み出た蜜にアリが来ているのだろうと思っていたが、良く見るとアリじゃなかった。

さつまいもの大害虫アリモドキゾウムシだった。

殺虫剤をかけたら、ボロボロ落ちて死体が1000匹。

被害の芋は小さい穴が開く。

中は幼虫が掘ったトンネルと糞でいっぱい。

これは被害が特に多かった芋を切ったところ。

全く使い物になりません。

芋の保管中に彼らのライフサイクルが周って増えるのかどうか不明だが、既に大多数の芋がやられていると思われる。

ただ芋全体が食われる訳じゃないので、切って見て被害に会ってない部分の芋はお菓子の材料として使える。

こいつの対策が出来ないと、タイでの紅はるか栽培はおぼつかない。

がっかり大ショック。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内