FC2ブログ

いちごハリボテ5連発

こんなふうに、ハリボテいちごを5つ道路脇に並べた。

これで、いちご園に気付かず通り過ぎる人は少なくなるだろう。

僕らのいちご畑は、道路から30メートルも奥にあるので、ぼっと前だけ見て運転してると見えないのが欠点だった。

だけど、テーサバーンが早速税金を徴収しに来た(未だ払ってないけど)。

道路管理局も退かせと言ってくるだろうな。

王様一家が通る時は赤がダメらしいし。

何時まで続くかこのハリボテ作戦。

カオヤイは爽やかな季節

朝の気温が22℃を切り、真っ青な空に乾いた空気と爽やかな風。

やっと来ましたいちごの季節。

これまで大切に育てて来た花たちも咲き出して、カオヤイ農園をきれいに飾ってくれるようになった。

今日はお客さん少なく閑古鳥だったけれど、涼しくて気持ち良く一日を過ごせた。

コラートで買って来た素焼き人形。マシュマロちゃんみたい。

コーヒーを宣伝してね。

ハムケン9針縫う

米松のパレット廃材を入手したので、それで田舎風デコレーションを作ろうと思い、ノコギリを手にしたが、斜め切りが何故か上手く切れない。歯を替えてみてもダメ。

そこで、ハンドグラインダーに丸鋸を付けたやつで切ろうとした。

こいつは危険で最新の注意が必要。まして、安全カバーなしで使うなんて、普通僕はしない。

だけど、ちょっと切るだけだったので、気を付けてやれば大丈夫と思った。

丸鋸が米松を切り出して僅か2秒後、歯が木に引っ掛かり激しくキックバック。グラインダーは僕の手を離れ、足元に向かって飛んできた。

おお怖かった。危ないところだった。そう思って、電源コードを手繰り繰り寄せ、スイッチを切った。

その後、さっきグラインダーが足に当たったような気がしたことを思い出し、自分の足下を見るとスリッパが切れていた。

スリッパから足を抜き取ると、指の間がパックリ切れて、1センチ程パカっと開いていた。

ああ、やっぱりこんなこと自分でするんじゃなかった、と激しく後悔。

殆ど痛みを感じず、出血も少ないので、傷口を開いて覗いてみると、健も骨も切れてない。筋膜すら切れてなく、皮膚の部分だけ5センチ程切れただけのようだった。

近所のバンコク病院の出張所的クリニックに行って処置してもらった。出来の良いナースが手際良く縫合の準備を終えて、医師にいろいろ指示していたのが笑えた。

結局、9針も縫った。

タイ語で、破傷風のワクチン接種をしたことがあるか聞かれたが、破傷風のタイ語が分からず、それはどんな病気かと聞き直すと、英語でテタナスと看護婦は答えたので僕にも分かった。タイに来た時、シーロムの熱帯病研究所で何種類かワクチンを打ったけれど、破傷風は確かやってない。やったとしても一回だけ。と言うことで、破傷風ワクチンもやることになった。

診察室には、アメリカ心臓学会の診断基準や緊急処置法のポスターが貼ってあって頼もしく感じた。一応、ここもバンコク病院だからね。

バンコク病院だけあって、薬はジェネリックじゃなくてブランド品を使うので高い。医師の縫い賃は800バーツ。総額は約4600バーツ。

東京海上の保険に入っていたので、保険カードと運転免許証の提示だけで、現金支払いはなし。

だけど保険料はその10倍も払ったんだよな。あと二か月で失効。

これは損したのじゃなくて、得したと考えるべきなんだろうね。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内