FC2ブログ

ミツバチの巣分かれ@マシュマロいちご園

先週、先々週と2回に渡り、マシュマロいちご園で、ミツバチの巣分かれに遭遇した。

いちご園の上で、無数のミツバチが竜巻のように群れて、少しづつ移動してゆく。余りの蜂の多さと羽音の大きさビビるが、彼らは巣分かれに夢中になっていて、こちらには関心がないので心配はない。

蜂の竜巻の中心には、こんな蜂の塊がある。中には女王蜂が居るのだと思う。この周りは、飛び回る蜂でいっぱいだが、速すぎて携帯のカメラには収まらない。

マシュマロいちご園では、いちごの花が咲き出したので、ミツバチの大群が近くに居るのは良い印。

日本の温室栽培では、購入したミツバチの一集団巣箱を温室内に置くのが普通だが、僕らの野地栽培では、自然のミツバチに頼るしかない。

トンボや蝶はたくさん居て、ミツバチは余り見かけないけれど、ちゃんと受粉するので、知らない間に彼らは仕事をしていてくれるようだ。

すべてを与えるのではなくて、全てを自然から与えられる農業は、何処か居心地が良い。そもそも自然をコントロールしようなんて、10年早い。

いちご園開園予定日

ちょっと見切り発車だけど、いちご園の開園予定日を今週末13日に決めた。

それというのも、雨期の終わりが近づき、朝夕の気温が下がり始めた上、天気が良い日が続き、日々来園する人が増えてきたことに加え、今週末は三連休になるので、観光客がどっと押し寄せるだろうと見込んだから。

残念ながら、未だ僕のいちご園にはいちごはない。今、第一期定植群の花が咲き出したばかりで、あと3週間待たなければならない。

しかし、コーヒー、いちごジャム、いちごジュース、それからミニトマトとサツマイモがもうある。余ったいちご苗も売れる。

おそらく三日間で1万バーツに届かないが、セロよりは良い。

しかし、待てよ。未だ、CCTV設置してない。冷蔵庫移動してない。看板は全部取り除いて一つもない。電灯もない。そもそもいちごジュースもいちごジャムもアイスクリームも、コーヒーカップも何もかも準備出来てないぞ。

出来るかなあ。

やれるだけやるしかないな。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内