FC2ブログ

タイの寿司

FBに面白い写真があったので勝手に転載する。

曰く、タイの寿司。

案外、こういう寿司も美味いかも。

なんか揚げ物が多いな。

最後のはソイカの踊り子が本気で好きそう。

電線リールのガーデンテーブル

僕らのコーヒーコーナーのイメージ作りのため、これまでにマシュマロちゃんと二人で、いろんなカフェを視察してきた。

その中で、ワンナムキアオにあるハイソなカフェ「22℃」に行った時、その裏庭にあった古い電線ケーブルリールを再利用したテーブルをマシュマロちゃんは気に入った。

「私のコーヒーショップもこんな風なテーブルが良いわ。」

確かに、カントリー風で、雨ざらしで使えるし、写真のように植物をアレンジするといい感じだ。

「こんなの廃品だから、安いんじゃないか?」

しかし、ネットで調べると、この手のアンティーク風な家具は高く、一つ4000バーツ以上した。

そんなに高いんじゃ要らないよねと合意したのだが、丁度カオヤイのメイン通りで電信柱の張替え作業が行われていて、空地にケーブルリールがいくつか転がっていた。

「あれ、拾って持って帰りたい。」とマシュマロちゃん。

「そりゃ泥棒になるから駄目だ。ただ、あんなのははっきり言って捨て場に困るようなゴミだ。そうだ!PEA(タイ地方電力公社)に行って聞いてみたら? 安く譲ってくれるかも。」と僕。

丁度、電気代をPEAに払いに行く用事があって、彼女は聞いてみた。

そしたら、案の定、一つ500バーツで譲って貰えることになった。

電線ケーブルリール自体は、PEAの人にとってはタダ同然のゴミで、置き場に困っているとのことだった。なので、幾つでも貰えると言う話だったが、問題は運送。なにしろ重いのだ。

マシュマロちゃんはカオヤイとワンナムキアオの二箇所用に8台注文した。

注文した中古リールが今日届いたが、クレーン付きのトラックで二回に分けて運んで来た。荷台から下ろす際はクレーンを使った。とても人力じゃ荷台に載せ降ろし出来ない。

つまりは、500バーツと言うのは、運送費みたいなものだった。

これが届いた電線リール

どれも程度の差はあれシロアリが食っていて、一部木が腐っていたが、古めいた朽ちかけが品があって良い。

ブラシでゴミを落とし、ウッドステインで塗装すると、なかなか良い感じになった。テーブルの上面には、ウレタン塗装もしてみた。

大きいのと小さいのがある。

大きいのは直径2メートル以上あって、横にしてもテーブルとしては高過ぎる。立って使うと丁度良い高さ。

それに丁度良いのが、この木製のバーチェアー。

数日前に30脚注文し、今日出来たという連絡があった。一脚300バーツ。僕が材料を買って来て作るより安い。

中学校の技術家庭科の実習で作るみたいなカクカクなやつで、ゆっくり寛げる椅子じゃないが、高さは丁度良い。

地面が泥じゃ置けないので、なんとかしなくては。

ガーデンチェアー買った

外の木陰に置く木製のガーデンチェアーが安かったので、4脚買った。

タイにはない杉か米松のような年輪がある軽い木を使っていて、おそらくはパレット廃材の再利用で作ったと思われる。

接着剤と細い釘で作ってあって、それ程丈夫ではないけれど、一脚1000バーツで、(木が高いので)どう見ても僕が自作するよりも安いし、僕にはもう作っている時間がなかった。

薄くウレタン塗装がされていたが、未だ表面がガサガサで、裏面等には塗装されていなかったので、ウレタン塗装剤を買って来て自分で分厚く塗り直したら、つやつやで防水性も高さそうなきれいな椅子になった。

これが使ったポリウレタン樹脂。

一脚300バーツのバーチェアーにも塗ってみた。これは30脚買った。

それから、喫茶部用に鉄パイプ製の丸テーブルと椅子のセットを8セット買った。こういう曲線の物は作れないし、作ったとしても買うより高く付く上、無骨なものになるに決まっているので買った。

椅子2脚とテーブルで約1350バーツ。椅子は意外と丈夫そうだ。

未だマシュマロいちご園にはテーブルや椅子の置き場所、つまりお客さんが寛ぐ場所が出来ていないのに、どうするんだろう?

カウンターテーブルの作製

二週間も掛かって、カウンターテーブルを自作した。そればかりしていた訳じゃないが、思いの外時間が掛かった。

鉄骨を溶接し、天板とスカートはスマートボードにした。

ユニット式で、再配置可能。

滅茶苦茶丈夫だが、鉄とコンクリート製なので、くそ重たい。

そのテーブルに気が狂ったのか、ピンクの色を塗った。

もうちょっと濃い紅色が好みだが、明るくするためにこの色を選んだ。シールド系の塗装で、カビないし汚れても拭き取れる。

コーヒー、飲物販売カウンターも作った。

コーヒー色にするつもりが、色混ぜに失敗して紫になってしもた。

奥の紫のはコーヒーメーカーを置く丈夫な台。天板はアクリル塗装の上にウレタン塗装を重ね、水汚れが着きにくいようにした。

どれも内側には棚があって、商品や備品等を置けるようにしてある。

このテーブル配置は暫定的なもので、変えるかも。

あと約一月でお店をオープンさせる予定。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内