FC2ブログ

溜池から捕れた魚

今日夕方、溜池にセットした例の捕獲網を引き上げてみたら、2匹の魚が掛かっていた。

ナマズみたいだが、投入したナマズとは違う。

なんでだろう?

もう一匹は小さくて、既に死んでいたが、種類は同じ。

よく見ると、ヒゲは無くナマズじゃなくてデカイハゼみたいな魚だ。

どうして投入した魚が掛からなくて、違う魚ばかりが捕れるのだろう。

不思議じゃ!

美味いかなあ?

ネットで調べてみたら、この魚の様だ。

以下、抜粋

プラー・ブー・サーイの形態的特徴は、長く太い胴部、大きく上部が平たい頭部、大きく開く口の下顎は上顎より長く突き出し細かく鋭い歯がある。眼は丸く大きい。耳鰭(?ครีบหูクリープ・フーとあった。初耳だ。そんな鰭があるのか?)と尾鰭は丸く大きい。体色は黄灰色に黒の斑点、黄金色小点が点在する。体長は通常30cm、最大60cm(Wiki日本語では最大80cm)に達する。

 東南アジア全域の淡水及び汽水域に分布し、タイでも全土に分布する。食性は小魚や水棲生物等動物性。

 食用魚として重要。昔から好まれてきた魚で価格は高め。この為養殖地は拡充傾向にある。また、体色が通常と異なるもの、例えば金や銀色のものは観賞魚としても取引される。

 Wiki Thaiには味についての記載がなかったが、Wiki日本語には、白身で癖がなく淡白で美味、と記載されていたから、日本のハゼと同じような味なんだと思う。それなら美味いに違いないだろう。

 養殖されてるなら、スーパーに行けば目にすることができるのかな?

 一度食べてみたいものだ。

買ったぜ!ガスオーブン

ランニングコストやパワーを考えると、やっぱりガスオーブンが欲しいということで、いろいろ調べまくった。

ThaiFexで仕入れたメーカーカタログや、ネットでの中古をあたったりしたが、どれも高くて買えない。

結局、選んだのはMakroにも入っているChamp製の中型ガスオーブン。ガスオーブンだが、温度管理は電気。つまり、温度を設定すれば、あとは自動で火の調整をしてくれる。その割に安い。

中型と言っても、今までの小型電気オーブンと比べると、凄い大きさ。

サイズは、横98センチ、縦59センチ、高さ131センチ(脚つき)

そして、重さはなんと80kgもある。鉄の塊みたいにくそ重い。

下に置いた従来の電気オーブンがとても小さく見える。

Makroのお店だと23000バーツするが、ノンタブリの工場に行って買えば18000バーツ。ネットで注文すると16000バーツだが、カオヤイ迄だと送料が4000バーツも掛かるので、ノンタブリの工場に行って買って持って来た。

これは正解で、工場で実際にガスを入れて製品チェックをしてもらい、使い方の説明を受け、丁度よい専用サイズのアルミトレーを安く4枚購入出来た。

更に、Facebookで彼らのページをLikeしたら5%割引となり、トータルで18050バーツで購入出来た。

持って来るのは結構大変で、これだけでピックアップのマシュマロD-Max号の荷台一杯になった。

家に着いて、80kgのオーブンを下ろすのも一仕事だったのは言うまでもない。

早速、ガスボンベを買って来てセットし、恐る恐るスイッチを入れて見たら、、、、あれれ?着火しない!!

エラーでピーピー警告音が鳴る。一体何が悪いのか?マシュマロちゃんは機嫌を損ねブーブー僕に文句を言う。僕が悪いのか?

いろいろ考えた結果、ガスの出が悪いに違いないと思い、レギュレーターのネジを回すも解決せず。そもそもレギュレーターのマニュアルがなくて、どっちにつまみを回せばガス圧が高くなるのか分からず混乱して、その日は安眠出来なかった。

翌朝、問題のガスボンベとレギュレーターを現在使用中のガスコンロに着けてガスの出をチェックしたところ、ガスの出はガスコンロには多過ぎる程だった。

ということは、ガスの出の問題じゃない。

事前に工場でチェックしてきた訳だから、ガスの電磁バルブが壊れている筈はない。ならば、空気の量が不適切なんだろうと思って、オーブンの制御盤側を開けて見てみると、空気を送り込むファンに付いた空気取り入れ口の大きさを調整するところがあった。

そこを指で抑えて空気量を減らしてみたところ、見事に着火。空気量が多過ぎて着火しないことが分かったので、空気取り入れ口を狭くして安定した炎になる様調整した。

その後は、全てバッチリ。流石ガスだけあって、温度上昇は速い。設定温度になると自動的にガスバルブが閉じて消火し、温度が下がると自動的に着火した。

それで作ってみたバターケーキはご覧の通り。

焼き加減は申し分なかった。

続いて作ったラウンドケーキもなかなかの出来具合。

バタークリームにバターケーキを削った粉を振りかけてみた。

マシュマロちゃんの喫茶ケーキ屋構想は一歩一歩進んで来た。

実は、このオーブンを買った翌日、バンコク市内でバターケーキ講習会があって、彼女はそれに参加して来た。

半日で2000バーツの高い講習会(材料費込み)だが、彼女は大満足。YouTubeを見るだけとは大違いだったそうだ。

キメが細かくとても美味しいバターケーキ。4つ位ならペロリと食べられる。

これを一切れずつビニール袋に綺麗にラップして売るつもり。コーヒーとセットで売れそうな予感。

スーさんのブログリンク

以前のブログでも書いたことがあるが、カオヤイ農場から徒歩圏内に住む日本人女性がいる。

カオヤイには、日本語で腹を割って話せる友人が少ないので、お互い有り難い友人となっていて、時々ビールを一緒に飲むのが楽しみの一つ。また、僕のいちご園経営に関して、いろいろ助言をくれる有り難い存在なのだ。

そのスーさんの旦那さんは、携帯電話ショップを3軒経営していているのだが、タイ人経営でもやはり従業員の現金盗み事件があって、お店の経営やスーさんのタイに対する印象に重大な悪影響を及ぼした。

この事件のことは、スーさんは彼女のブログに書かないと言っていたが、今回一部始終を公開された。

スーさんは、もうタイが嫌いになってしまい、疲れて日本に帰ってしまったが、このままでは僕の大切な飲み友達が居なくなってしまうので、皆さんから応援を送って上げて欲しくて、彼女のブログのリンクを貼らせて貰った。

長くタイに居ると誰もが受ける洗礼で、タイには恩義というものがないのかと僕もほとほと嫌気が刺したが、タイで生きてゆく以上乗り越えなければならないし、他に良い所も沢山あるので、なんとかやっている訳だが、本質的問題は解決出来てない。

彼女も、旦那さんがタイにいる以上タイと縁は切れないので、是非応援してあげて欲しい。

また、彼女のブログには、タイにまつわる有用な情報も満載なのでおすすめです。

その証拠に、「カオヤイ」「いちご狩り」をキーワードにググると、僕のブログじゃなくてスーさんのブログがトップに検索される程😅

バンコクの駐妻組には、そこから僕らのいちご園を知った方が多いよみたい。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内