FC2ブログ

ASCO2018

もう10年も20年も前の話だが、仕事柄、米国臨床腫瘍学会、通称ASCO(アスコ)の年次総会には、10回位行った。

お陰で、ロスアンゼルス、フィラデルフィア、サンフランシスコ、デンバー、ニューオーリンズ、シカゴ、サンディエゴと、多くの都市にも行けて、いい経験になった。

当時、長く続けた基礎研究の世界から臨床研究の世界に入って、臨床科学に戸惑いを持っていた僕に、ASCOは強い衝撃と感動を与えてくれた。

ASCOは、今や巨大で、とてつもなく影響力のある学会になった。

ASCOに行き始めた頃は、日本からの臨床研究は殆どリジュクトされるほど、米国と日本のレベルの差が大きかったが、その後国立がん研究センター等の素晴らしい研究結果がいくつかASCOで発表されるに至った。

僕の係わった研究も数回ASCOで発表された。

ASCOの何が凄いかといえば、臨床研究結果のパワーであって、例えば3万例の無作為二重盲実験試験で統計学的に有意差のある有無を言わせずの結果を発表され、発表当日からそのがんの標準的治療法が変わってしまうほどだった。ASCOの論文がそのまま治療ガイドラインや臨床医の教科書になるようなものだ。

新薬、新治療法が育つのは気が遠くなる程遅いように思えたが、一歩一歩着実に進歩して行って、10年も経てば、がらっと様相が変わってしまうだけの進歩がある。

毎年凄い結果が発表されるASCOだが、免疫療法関連で数報、前代未聞の驚愕すべき、勇気づけられる結果が発表されたようだ。

非常に専門的であって、今や素人になった僕がここで下手に解説して混乱を起こすのも嫌なので詳細は書かないけれど、いくつかの化学療法でも奏功しなかった末期がんでも、免疫療法で完全寛解が得られる場合があること、新しい免疫療法を使えば、化学療法より延命効果がある場合がある等の結果が出されたようだ(免疫療法と言う言葉は適切ではないかもしれない)。

一説によると、毎日数万個のがん細胞が生まれるが、ほぼ完璧に免疫機構がこれを排除して、がんと言う病気にならないようにしている。ところが、何億分の一位の確率で、それを回くぐることに成功する細胞がいて、それが臨床的がんになってしまうこがある。

多分僕の身体にも無数のがん細胞がいて、毎日免疫機構と格闘しているのだろう。

思えば、あの頃の僕は何かと闘っていた。

それなりに自分でもかっこいいかもなんて思う時もあった。

そして、負けた。

今もある意味闘っている。今度は組織もないし、人の判断で流されることもない。自分があるのみ。

農作業に明け暮れて、科学もへったくれも無い。世の中を変えてやると言う意気込みじゃなくて、自分の人生を有意義なものに変えたくて、一人闘っている。

今日も一人草取り

元気に育つサツマイモ畑で、のんびり一人草取り。

「この感じ、随分前にも感じたっけなあ。」

タイに来る前の十数年間程、僕はガーデニングに夢中になっていた。

バラや日本にない草花の種を集めて、それを育てた。

初めの頃は、野菜やサツマイモもやった。

いろんな問題を抱え、頭が飽和していた時に、無心の草取りは辛いことを忘れさせてくれる時間だった。植物を育てることは、悔しい屈辱感や妬みから開放してくれる逃避そのものだった。

10分位汗だくになって草を取ると、眼鏡を外して汗を拭き取り、空を見上げる。無心に草取りをしていると、自然と昔のいろんな人の言葉が蘇ってくる。

「何であのときあの人はそう言ったんだろう?」

なんて、今となってはもう関係ないようなことを思い浮かべる。

頭の中で勝手にドラマを演じて、何か弁解している時もある。

「あの時、別の対応をしていたら、どうなったのだろうか?」

「あれは僕の人生の恥の部分だが、それを回避することが果たして出来ただろうか?」

など、取り留めもなく思い巡らす。

空を見上げて風を感じると、また無の心に戻って草取りの開始。その繰り返し。

まさかタイで草取りに明け暮れるとは思ってなかった。

なんとかして、もう一旗上げたいが、目の前の草取りもやらなきゃ進めない。

草取りなんて、敗北者がすることか? いや、農園なんて退役組には売ってつけの良い仕事かも。

農園なんかやってて、この先成功するのか? いや、今既にとっても幸せかも。

会社人生を続けていたとしたら、今の自分と何方が幸せだろうか?

なんてね。

分かりませんけど、草取りは嫌いじゃない。

信じやすく疑い深い日本人

世界2大馬鹿首脳同士の会議が成功裏に終わって、殆ど涙物の感動と希望を世界に与えてくれた。

しかし、日本だけは違う。

「どうせ何時ものように、ちゃぶ台返しがあるに決まっている。」

政府も一般ピープルもそう思っている。僕もそう思っている。

何しろ、ちゃぶ台返しを最も得意とする二人の会合だから、信じられる人が信じられない。

かく言う僕も、その他大勢の普通の日本人と同様に、人を簡単に直ぐに信じる。特に信じるに値する証拠が無くても、ある日ある時、特段の根拠なく、

「あいつは信用出来る。僕を簡単には裏切らない。」と感じ、信用してしまう。

日本においては、その感は90%当たっていて、それが社会を上手く回している。

だけども、それは海外では通用しない。

そういうことを事前に十分学習していたはずの僕でも、タイ人にはことごとく裏切られた。裏切られたと感じるのは自分の勝手で、実は初めから信用してはいけなかったのに勘違いして信用してしまった 当然の結果だっただけだ。

そして日本人は、僕を含めて、一度裏切られると二度と信用しない。

一度失敗すると、這い上がりにくい社会の理由ともなっていると思だから、絶対に信用を失うような行為をしてはならず、それが強いストレスの元になっている気がする。

ともかく、日本は北朝鮮に何度も裏切られてきた。だから、多くの日本人は、今回の首脳会談声明の言葉だけでは、1%たりとも信用出来ないのだ。

世界で最も信用出来ない二人の首脳会談など、信用出来ない方に100万円掛けてもいい。

そう言えば今日、左官道具屋で買物をしていた時、レジの女性から、

「携帯が何か言ってるわよ。」と教えてくれた。

気付かずに不本意にこちらから電話してしまったらしい。

こちらから掛けたのに、

「あんた誰?」と聴くと、何とトムだった。

「あなた今何処にいるの? 日本? それともタイ? 未だノンタブリに居るの?」

「はあ! 何でお前なんだ!? お前には居場所は言わない!」と答えたら、笑っていた。

「じゃあ、またね。」

とトムは言ったが、居場所を教える時は、とことん痛めつけてやる準備が出来た時だ。

新苗準備開始

チェンマイの天空の村では、既に今期用のいちごの新苗作りが始まっている。

このように斜面で作る。斜面の下の面にマルチをして、ランナーから地面に根が張らないようにする。伸びたランナーを土を入れた小さなビニールポットに受けて竹串で固定すると根が出て来る。一株から30株程取れる。

この畑は妹さん夫婦の苗を育てる所。去年は彼らに苗を発注した。

格安ファミリー価格だったが、それでも彼らには有り難い現金収入となった。

今年は、義理の兄世帯に50000株依頼した。

と言うより、10万バーツ貸して案の定返せなかったので、50000株の小苗で返すことになったと言う訳。この規定は、貸す時点で取り決めていたこと。一週間で返せると言う話だったが、2ヶ月後の3月末までに返さなかったので、自動的に50000株になったと言う訳。

50000株は前期と同数。前期はおまけでプラス4000株植えたが、今年はいちごの面積は少し減らし、カオヤイの場合は、トマトとサラダ菜の数を増やす予定。

ワンナムキアオはトマトはやらないか、やっても少しだけ。その分、喫茶部を増やす(マシュマロちゃんの希望で)。

本当は早く80番でなくて、日本の優れた品種でタイの気候にあった株を見つけて、大量に小苗を作ってもらえるようになりたい。それが80番より良ければ、一つの家族を裕福に出来る。

失敗料理とケーキ

タイの牛肉は赤身と筋ばかりで、焼くと硬くて仕方がないが、ある時冷蔵庫で4~5日置いて半分腐らせた牛肉を、赤ワインとニンニクと生姜と胡椒とローズマリーと醤油少々とでさっと焼いて食べたら、案外中が柔らかくて美味かった(臭かったけど)。

そこで思い付いた。この肉はローストビーフにしたら美味いのでは?

丁度オーブンも買ったとこだし、ネットでいくつかのレシピを読んで作ってみた。

タレは焼肉のタレにニンニク、赤ワイン、胡椒等を入れて煮詰めたものを用意した。

まあ見た目はまずまず。

ニンニク醤油に漬けておいた肉をオーブンに入れ、180℃で表面を焼いてから、肉をアルミホイールで包んで、予熱と70℃で数十分中に火を通し、冷蔵庫で一晩寝かせた。

しかし、中迄十分に火が通ってなくて、見た目はメディアムレアーみたいなのだが、レアーな部分が諸にレアーで、噛んでも噛んでも噛み切れず、従って飲み込めない。味がなくなったカスが口の中に残って吐き出すしかなくなった。

ということで大失敗に終わった。

次にパン。

タイには美味しいパンがあまり無い。ベーカリーショップも田舎にはない。それならば、自分で美味しいパンを作ればいい。

これもレシピを10個くらい読んで、3回挑戦した。

使う材料は、ベーカリーショップのものより断然良いので、後は発酵と焼き加減だけ上手く行けば、この辺りじゃ買えない美味しい焼き立てバターパンが出来る筈だった。

しかし、3度とも焼きのステップで失敗。

表面に卵等塗ってないので粉っぽいのと、形がいい加減なのは愛嬌として、パンのそこが真っ黒に焦げたのはいただけない。焦げた部分は捨てて、上の方の部分だけ食べたが、味は良いけどふっくら感が足りない。二次発酵が未だ足りないらしい。

結局、大部分が愛犬ベリーの餌になった。

今度は、下のヒーターは切って、上とコンべクションだけで、もう少し低い温度で長く焼いてみよう。

次はカスタードプリンスポンジケーキ。こちらはマシュマロちゃん作。僕はサポート役。

地のスポンジが柔らか過ぎて薄過ぎて、上のカスタードプリンとカラメルとのバランスが悪い。甘過ぎ。

隣のおばさんに進呈。

次はオレンジシフォンケーキ。これはまあまあの出来映えじゃない?

オレンジソースが美味しかった。

チェンマイでマシュマロちゃんと妹さんと一緒に作ったブルーベリーチーズケーキ。

これは上手く行った。妹さんが上手だから。

こちらはココナッツシフォンケーキ。今迄で一番良い出来。

ココナッツクリームが柔らか過ぎた。ココナッツとスポンジケーキは相性抜群。

ココナッツケーキ別バージョン

これはいったい何でしょう?

バターケーキのつもり。何故か中心部がふっくら膨らまず。

頭に来たマシュマロちゃんは、クルンテープでのバターケーキ講習会を申し込んだ。一日2000バーツ!

ジャパニーズクリームチーズケーキを作りたくて始めたケーキ作りだが、未だに一度もまともなチーズケーキは出来てない。

これら、いちご園の喫茶部での商品を目指しての活動だが、どう見ても元が取れそうにない。

あと、山のように出る洗い物をどうするつもりなんだろう? 水道ないのに。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内