新トイレ建設:鉄骨に挑戦

2x4木材ならば、DIYの経験があって、大概のものは作れる。

しかし、タイに2X4はない。あるのは、ユーカリの間伐丸太か、2x4っぽいけど、必ず反っているくそ重くて硬い南洋材のみ。昔はタイにも豊富な木材があったけれど、今は全部切ってしまって、残るは役に立たない灌木か、木が切れない自然保護区の原生林のみ。だから、木材はユーカリの丸太材以外は基本輸入品。価格も日本より高い。

丸太材や、釘もコーススレッドも入らない硬く反った木材では、設計して寸法を測って作るのは無理で、すべて現地合わせになる。

だから、僕には無理。

しかし、視点を変えると、ちゃんとした規格の、真っ直ぐで、木材よりもある意味安い材料があった。

鉄骨である。

これまで、鉄骨は切ったり溶接したりボルト締めのための穴開けは素人向きじゃなく、難しそうなので、選択肢から外れていた。

ただ、真っ直ぐで規格化されているのは大きな魅力だ。シロアリに食われて朽ちることもない。

そこで、溶接はせずに、ボルト締めだけで建物が出来ないか考えてみたところ、なんか出来そうな気がして来た。

僕には鉄材を使ったDIYの経験はなく、鉄をどうやって切ったら良いのか、穴は容易に開けられるのか、よく分からなかったが、練習のつもりでやってみることにした。

選んだ題材はトイレ。

トイレは既にあるが、遠過ぎて着く前に漏れちゃうので、もっと近い場所に作ることにした。

もし、トイレ作りを経て、鉄骨での建築が僕にも出来ると分かったら、次に新しい店やパゴダを検討してみても良いと思った。

頭の中で設計して、L字鋼と四角鋼材を買ってきて、数日前から作業に入っている。

始めは切り方も分からず、ディスクグラインダーで切っていたから、危なくて作業も超遅かったが、鉄切断用のディスクがあるのを知って、少し作業が捗るようになった。それでも、5センチ角の各パイプを切るのに30分位掛かった。腰が疲れた。

しかも、キックバックが頻繁に起こり、その度に鉄切断用ディスクが破損して、危なくて仕方がなく、顔にも鉄粉がピシピシ当たって、作業が辛くなった。

切るのが嫌になったので、鋼材を買い足すために行った店で、切断サービスを利用してみた。そしたら、大きな切断機で、僅か10秒足らずで切ってしまった。纏めて切れるので寸法も揃う。しかも、切断当たり僅か10バーツ。自分で切ると切断ディスクも直ぐに駄目にしてしまう為、切断当たり10バーツ以上掛かる。

なあんだ、自分で切らなても良いんだ。

穴開け然り。始めはオイルも刺さずに高速でドリルを回していたが、それでは鉄は上手く削れない。多めの機械油を刺しつつ、低速で回すと速く穴を開けることが分かった。

と言うように、何事もやってみることが肝心。そして、しっくり来ない点は、YouTubeを見て学び、難易度の高いことはプロに頼む。こうして、だんだんとイメージが出来上がってゆく。

作業3日目の様子はこんな感じ。

幾つかの壁ユニットを作ったので、後はこれを組み立てれば良いのだが、上手く行く自信がない。

やって気付いたのは、角材は見た目も良く丈夫だが、中ほどをボルトで留めることが出来ない。貫通孔を開けて段違いにするのは出来るが強度が出ないのと美しくないのがいけない。角材は溶接が基本と思った。ボルト止めがしやすいのは、やはりH型鋼のようだ。

ここ迄の材料費は、約4000バーツ也。

ああ悲しきパイナップル

パイナップルの値下がり激しく、遂にキロ1バーツに。

年に一度の排水路整備

今日はユンボ(タイではマクロという)を呼んで、排水路の整備を行った。

この一年で排水路には多くのドロが溜まり、流れが滞ってきていた。堀が崩れた場所もあった。

この排水路の整備はとても人力じゃ出来ない。強肩男20人集めても数日かかるだろう。こういう仕事は機械に限る。一日小型のクボタユンボと運転手を借りて、総額4500バーツ。かなり高いが、それでも日雇い労働者を集めるより安い。

やったのは、既にある水路の掘り下げと補修。新しい水路は作らず。

縦線。ちょっと深く掘り過ぎた。でも直ぐに埋まるから良いか。

掘り出した土が粘土のようで、ここままじゃ雨が降ると歩けなくなるので、なんとかする。

この辺り地下水位は50センチ足らず。

こちらは横線

中央部はちょっと入り組んでいる。この堀に人が落ちそう。

ユンボの小さいのがなくて、幅50センチのを使った。これだと跨ぐのは大変だし、滑って落ちると泥まみれになる。なんとかしなければ。

これで大雨が降っても、速やかに溜池に流れ去るだろう。溜池がオーバーフローしそうだが。

次いでに、今まであったトイレの対角線上に、新たなトイレ用の穴を掘ってもらった。

ここの地下水位は1メートル位ある。これなら、乾季には天然浄化槽として使える。

早速、水が滲み出てきた。ブルーに白濁した水。

この頃妙に人気の天然湧水プール

僕の借家の近くにある天然湧水プール

一年前は、ロシア人か地元のガキ位しか遊びに来なかった穴場中の穴場観光地だったが、この頃やけに人気が出て、平日でも数十名、土日に至っては、車300台以上で、天然湧水プールは芋洗い状態。

当然、透明だった水は白く濁り、見ただけでげっそりする。

天然湧水プールの周りには、レンタル浮輪やセーフティーベストの貸出屋や、食べ物屋がたくさん出て賑わっている。

どうして急に人気が出たのか知らないが、遠方からもわざわざそこを目的にして来ているようだ。混雑が激しくなり、白人系のお客さんは減ったような気がする(目立たなくなっただけかも)。

ここの天然湧水プールに来るなら、平日の午前中に限る。水が澄んで気持ちが良い。

冷凍ハマチ

庶民の卸問屋、Makroで冷凍ハマチを見つけた。

Makroでは、日本の鯖と書いてあっても、ゴマサバで油乗ってなくて美味しくないし、ハマチなんて中国産か何かで安全性に疑問があるが、安くて思わず買ってしまった。何しろ1キロ55バーツで、割と大き目の1.5キロサイズ。1.5キロでも80バーツ程度だから安くない? 因みに、良品(半身冷凍品)を日本から輸入すると、キロ900バーツもする

買ったのは丸ごとの冷凍物だが、僕は刺身にして食べたかった。

タイで冷凍じゃない刺身なんて、実際問題なかなか無理な話だし、冷凍でも管理が良ければ、刺身としてちゃんと食える。

因みに、タイ人は刺身といえば、マグロかサケが定番。どちらも赤身の冷凍。ところが、最近インバウンドで一部のタイ人が白身や青物の刺身を食するようになって来た。それで、カオヤイの日本食レストランでも、ハマチの刺身が置いてある。これが結構いけるんだな。

しかしながら、如何せん高い。ハマチ、マグロ、サーモン、茹でだこ、各4切れずつで、800バーツ程もする(高くない? 普通かな?)。

ならばと、自分でさばいて、刺身とあら煮(タイ風)にして食べた。

味の素製の出汁醤油と、わさびも生姜もなかったので代わりにニンニク微塵切りを漬けて食べた。まあまあ活けた。

ダイコンのツマがないのは当然。

和風出汁に醤油だったのに、トムヤンを足して酸っぱがらくなった変なスープ。

でもマシュマロちゃんは美味しく食べた。

ワンナムキアオのダム湖でドローン

割と風光明媚なワンナムキアオのダム湖でドローンを飛ばしてみた。

電池が満タンじゃなかったのと、風が強過ぎて、15分足らず飛ばしただけで、いいビデオは取れなかったが、今回はND8(減光フィルター)とPL(偏光フィルター)を着けての撮影。

そのビデオはこちら。超短く編集済み。水面反射は抑えられて良いが水が濁っている。

この池の朝焼けは素晴らしいので、チャンスがあれば、また撮りたい。因みにここはマシュマロいちご園に行く途中にあって、観光開発が進められている。

やっと枯らしたカオヤイ農園と溜池と山

三度目の除草剤散布で、なんとか雑草といちごの大部分が枯れた。

これでやっと次期農園整備の為の準備に入れる。

記念に強風の中、ドローンを飛ばしてみた。

いちご園の中心部から上昇して、南の溜池上空に行って溜池の様子を見てから、後の象山を登って帰ってくる。ドローンは風で揺れているが、3軸ジンバルの為にかなり安定した映像になっている。

いちご園で緑なのは、サツマイモコーナー。

映像はこちら

男と女 ビールとワイン

面白いトイレの標識見つけた。

読めなかった文字

これ読めますか?

僕は最近まで全く読めなかった。中国語か間違ったアルファベットだと思っていた。

これは、和菓子と読むらしい。

サラブリのロビンソンにて

虹色の雲

ワンナムキアオのマシュマロいちご園に向かう途中で、虹色の雲を見た。一日以上雨は降ってなく虹が出るっ天気じゃない。その雲は長いこと消えなくて僕らの進む方の上に出ていたので、写真に撮って見た。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内