FC2ブログ

クート島の旅:悲しく美しい思い出

クート島の桟橋に着いた途端、土砂降りになった。

それが今回の旅の不運を象徴している。

島のリゾートに出来るだけ長くいたかったので、僕らは島に渡る桟橋の近くに前泊し、翌朝のスピードボートに疲れもなく楽勝で乗れる筈だった。

ところが、ホテルが手配してくれた筈のボートに僕らの名前はなく、ホテルに問い合わせると、「当ホテルにはスピードボートはなく、送迎サービスはやっておりません。」という。アゴダで予約した際に、「ホテルの送迎スピードボートをご利用下さい。お時間に遅れないように。万一、遅れる場合にはホテルフロントまでご一報下さい。」と書かれたメッセージを貰っているのにである。

不運にも、次のスピードボートも既に満席。やむを得ず、午後1時のフェリーで1時間以上かけて島に渡らなければならなくなった。

やっと島に着いたと思ったら雨。ホテル送迎のタクシーは、ピックアップトラックの荷台に座席を取り付けたソンテウで、雨避けのビニールシートが破れかぶれで、僕たちはずぶ濡れになってしまった。

ホテルにチェックインした時は、もう夕方になっていた。

前泊したホテルは、アゴダの地図が間違っていて、実際の場所は12キロも離れていて、おまけにグーグルマップの場所も間違っていて、ホテル探しに1時間もウロウロしなければならなかった。

リゾートに入ったその日は、風が強く海も荒れ、ビーチリゾートなのに遊泳禁止(泳いだけど)。

波が高くて、シュノーケリングも出来なかった。

そんな具合で、マシュマロちゃんはご機嫌斜めで、僕もなんだかがっかり尽くめの第一日目だった。

しかし、二日目、三日目は晴れ間も多く、美しいビーチの写真やドローンに依る動画を多く撮ることができた。

モトサイをレンタルし、周辺のビーチを巡り、泳いだり写真を撮ったり、ドローンを飛ばしたりした。

陽が射すと、海の水がとても透き通っているのが分かる。ビーチの砂もサンゴや貝のかけらで出来た白いパウダーサンドだった。人気は少なく、それぞれ巡ったどのビーチにも、数人の客がいるか誰もいないかのどちらかだった。

島には自然豊かで最高クラスのビーチが数多くあった。

美しい写真もたくさん撮れた。

遠浅で、波静かな透き通った海。

タイにもこんなにきれいな海があったんだ。

この島ののどかで美しいビーチの風景は、悲しみが堆積し、沈んだ心に焼き付いた。

二人で見たこの美しい風景を僕らは一生忘れることはないだろう。

これっきり、これっきり。

おまけのショートビデオ

癒やされて下さい。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内