エアロビとダイエット

この二週間余り、僕とマシュマロちゃんは、エアロビとダイエットに挑戦している。

動機は言うまでもなく太り過ぎだから。

自分に関しては、日本に帰った際に受けた腹部のCTで、内臓脂肪が正常値の倍もあることが分かった。肝臓は勿論フォアグラである。

これがその時の画像。分かりやすくする為に、皮下脂肪を青、内臓脂肪を赤にしてある。

腰と腹の皮下脂肪も凄いが、腹の中が脂肪だらけの真っ赤っか。内蔵の隙間もない程の脂肪。このまま行くと、糖尿病まっしぐらとか。

マシュマロちゃんは検査受けてないけど、もっと真っ赤なのは明らか。

まあ振り返って見れば、いちご園が終ったこの時期は楽して美味しいご飯を食べるので、二人共肥る時期であって、これから農作業が始まれば10キロ近く痩せるだろうから、放っておいても良いかなとも思ったが、見苦しいのと、身体が重くて動きにくいし、メタボリックシンドロームになっちゃうのも嫌なので(もうなってる?)、二人でダイエットをすることになった。

1. 食事療法

つまり、油分とご飯の量を減らし、野菜を沢山食べる。腹7分目でやめる。ビールは、マシュマロちゃんから2日に一回缶ビール小サイズ1個のみに制限されている。殺す気か!? しかし、何故かワインはOKとのことで、お陰様で死なずに済んでいる。

2.  エアロビクス

YouTubeで初心者向けエアロビの動画が沢山ある。これを見ながら、真似っ子して汗をかく。30分やると全身ヌルヌルローションを塗ったみたいに汗びっしょりになる。二人共、身体が重くて、インストラクターの軽快な動きについていけないし、動きが鈍臭くて笑っちゃうが、誰も見てないので良しとする。

途中成績

ハムケン:1ヶ月前の体重から、2.7kg減少。心なしか腹が少し減っこんだ気がする。

マシュマロちゃん:1ヶ月前の体重から、1.5kg減少。

ダイエットを主導する彼女の方が成績悪い。食事制限がきつ過ぎて、数日毎に馬鹿食いするから。

まあしかし、このペースで行けば、3か月後には内臓脂肪は半分程度に減ってるんじゃない??

快晴のち雷雨

日本に帰る前に、出来るだけ除草はして行った。

なのに、日本、カンボジアから帰ると、園内は草茫々。

この草を取り除き、生き残っているいちごの株を枯らした後、いちご株のビニールポット(ポリエチレンだけど)を集めて、培養土のココナッツがらを回収し、畝とウォーターシステムの補修をするのが、当面の仕事。

なのに、未だに除草が終わらない。

朝は快晴で除草日和なのに、午後1時か2時になると、必ず雷雨になって除草剤を洗い流してくれる。

全く持って時間と除草剤の無駄。今日もお昼に散布し終わって、やれやれと思ったら2時から雷雨。

それでも、散布から1~2時間雨に当たらなかったところは、薬が効き出して枯れ始めた。

と言うことで、今日を持って、8,000平方メートルのいちご園+取水口迄の400メートルの電気配線周り、それからお店と道路の間の駐車スペースと花壇周辺の除草剤散布が完了した。完了したと言っても、数週間後にはまた草は生えてくるので、飽くまでも第一段階が終わっただけだが。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園は手付かずで、明日から除草を始めるつもり(意欲があれば)。

除草シートなどを敷いて、もう一生草が生えて来ないようにしたいが、全部やると10km以上の長さになるので、仮に1m100円だったとしても、全部で100万円になってしまう為、とても買えない。ああ、でも除草シート欲しい!

除草が終わったら、サツマイモの中耕と伸びたツルを取って空いた場所に定植し、それが終わったら一泊くらいで旅行したあい。

シェムリアップ紀行:食えなかったシジミ

遺跡に行く途中の道端で売っていた貝。

一旦通り過ぎたトゥクトゥクをUターンさせて行ってみると、

タイでよく売っている赤い血のサルボウではなくて、シジミだった。

海の貝で生きていたのなら心配なく食べられるが、淡水の貝で死んでいるとなると、ちょっと怖い。

茹でてあれば美味しく食べられるが、貝殻は固く閉じていて茹でてはないようだ。

聞いてみると、塩と唐辛子を振って、こうして太陽の熱で半煮えにしているのだそうだ。

とにかく、約500グラム1.5ドルで買ってみた。

しかし、食べようと思っても貝殻が開かない。一つトゥクトゥク運ちゃんに開いて貰って、中身を見てみると、ベトベトな感じで匂いもきつかった。

せっかく食べようと思っても買ったものの、お腹を壊しそうだったので食べるのをやめて、トゥクトゥクの兄さんにあげてしまった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内