シェムリアップ紀行:微笑みの無い国

どの遺跡に行っても、小さな子供がお土産品を売りに来て煩い。

娘さん達は、衣服やスカーフ売りに忙しい。

彼らの売り言葉に少しでも返事すると、寄って集って売りつけに来る。

皆、感心するほど英語の発音は良い。タイ人よりずっと良い。英語だけじゃなく、大抵日本語、中国語でも売れる。

しかし、全く笑顔が無い。遠慮も何も無く、観光客が要らないと振り払ってもなかなか諦めてくれず、いつまでも付いてくる。

日本人だと分かると、「お兄さん、かわいい。これ買って。一つ2ドル、3つで5ドル。奥さんにプレゼントね。」なんて、10歳にも充たない子が話す。

マシュマロちゃんは切れかけて、

「何で学校も行かずに売ってるの。学校行って勉強しないの!?」

学校は午前と午後に分かれているらしく、だから何時も子供達がいる。

少し買って生活費の足しにしてあげようと思わないでもないが、あまりのしつこさと無愛想さに嫌気が差した。

きっと 必死なのだろう。

彼らが笑顔を見せることは滅多にない。

写真を撮れば、「写真1枚1ドル!」と言って手を差し出す。

無視するのが一番。

大人たちも同じ。観光客から出来るだけ多くぼったくることしか考えてない。油断すると、お土産屋もトゥクトゥクも倍以上の値段を言ってくる。水でさえ、0.2ドルのものが1.5~2.0ドルになる。

トンレサップ湖では、ボート代一人20ドル。値段は切符にも案内板にも書いてなく、いくらぼられたのか分からない。

ガイドが、「ビールは好きか? 好きなら住民価格で安く買えるから買ってきてあげる。僕がサービスするからお金要らない。」とか言って、缶ビールを6本も買って来た。僕が1缶飲む間に、ガイドは2缶、船の操縦士が1缶飲んでおいて、下船のときチップを要求、断るとビール代を寄こせと言ってきた。

彼らにビール代を払わせるのは気の毒なので、5ドルをビール代として払って、残りのビールは頂いてきた。

こう言う行為で観光客がげんなりすることなど気にしない様子。

感じ悪い。

カンボジアは暗い歴史を反映してか、微笑みの無い国だと思った。

トライポフォビアと蓮の実

トンレサップ湖に行ったとき、綺麗な蓮園があった。

そこで蓮の実を撮ってきた。

蓮の実を見て、凡そ16%の人が、気持ち悪い、怖いと感じるらしく、その症状をトライポフォビアと言う。

食べると美味しい蓮の実。道端で売られていた。

でも見方によっては気持ち悪い。多分、何かの幼虫が皮膚に繁殖した感じがするからじゃないだろうか。

と言うのは、以前僕の足が穴だらけになった時、とても気持ち悪く感じた。

この感じと似てる。平坦であるはずの所に、深い穴が並ぶのは異常だ。

だんだん怖くなる。

上の2つは多分コラージュだが、気持ち悪い。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内