FC2ブログ

溜池に魚本格投入その2

約束通り、幼魚売りの行商がプラニン(ティラピア)の幼魚を持ってきた。

行商が言うには、

「大型で元気が良い幼魚だ。大きいので一匹2バーツするが、取り敢えず1000匹持ってきた。プラタプティンは高過ぎたので持って来なかった。」

見れば確かにクロダイみたいで元気が良く早く大きく育ちそうだ。

体長は、6センチ位。

「だけど、昨日はもっと安いようなこと言ってたよね。2バーツは高いので500匹しか買えないよ。」

すったもんだした挙句、

「じゃあ、900匹で1500バーツにしとくからさ。買ってくれよ。」

結局、一匹1.67バーツとなった。

昨日、1000匹投入したので、さらに900匹も投入したら過密にならないか心配だったが、餌をやらなければ一定の個体数に落ち着くだろうと思い、900匹も買ってしまった。

一袋に100匹ずつ入っている。

これを池に放流した。

池には金魚草などの水草が茂っている。

そこにはトンボや小さな水生昆虫、貝がたくさん居るようだ。

これらを餌に大きく育っておくれ。

池の上からは、いくら見ても魚の姿は確認できなかったが、時折円心状の波が立つから、きっと新しい住処で元気で過ごしているだろう。

以前入れたグッピーやベタは、餌になって死に絶えるのか、それともバランス良く共に生きるのか興味深々だ。

雨季が終われば、もう少し水が澄んで魚影が見えるようになるかも知れない。その頃は、もう食べ頃になっているはずだ。

合計で2500バーツも投入してしまったので、最低でも成魚100匹は食わないと割が合わないことになるが、魚釣りの楽しみが出来たので良しとする。(釣り道具まだ買ってない!)

池の近くのマンゴーの木には、吊り下げ式の小鳥の巣があって、小鳥も子供を育てていた。左上の小鳥の姿、見えるかな?

巣はこういう構造になっている。二階みたいだがよく見えない。

ここは世界遺産のカオヤイ国立公園の淵だけあって、自然がとても濃い。

いちご栽培は、ある意味自然との戦いだが、今の自分はこの自然に癒され育まれているとも言える。

溜池に魚本格投入

カオヤイの第二水源の溜池で魚を飼いたいと思って、グッピーとベタと緋鯉を放流したが、魚釣りが出来ないとやっぱり面白くない。

そう思っていたところ、昨日カオヤイ農園に幼魚を売る行商の車がやって来た。

売っていたのは、ナマズとブルーギル(と思うが定かではない)しかなかったが、どちらも水草も食べるので放置飼育でいけると聞いて、またも衝動買いしてしまった。

ナマズ(プラドゥ)は、日本ではあまり食べなくなったが、タイでは最もよく食べられる魚の一つで、僕もよく食べる。

脂が良く乗っていて、タイ式の料理法では臭みは感じない。脂も臭みがなく、身はプリプリで結構いける。

体長10センチ位の稚魚500匹を750バーツで購入。

見た目は気持ち悪い。

2ヶ月で食べられる大きさに育つらしい。

次に、ブルーギルと思われる幼魚。

よく市場で日干し魚として売られているやつだと思う。

腹ビレが赤い。体長4センチで一匹4バーツ。高いので値切ったら、最後には500匹300バーツになったので、これも買った。

ブルーギルなら釣りも楽しめる。

合計1000匹を水かさの増えた溜池に放流した。

この溜池、最近密猟者が釣りに来るので、魚は居るんだろう。

合計1100バーツ投資したので、釣り禁止の看板を立てた。

欲しかったプラニンかプラタプティンの幼魚がなかったので、行商に文句を言ったら、今日持ってくるとのこと。

また買ってしまいそうだ。

いちご園でお客の来ない日に、ここで釣りをして老後の人生を考えるのだ。

お金がなくなっても、この魚を食べて偲んでいけるはずだ。

日除けバーゴラの製作 カオヤイ編

カオヤイでも日除けバーゴラを作った。

カオヤイの場合、行きがかり上、竹で作らないといけなかったので、強度確保にかなり苦労した。

植物が茂ると、重量や風当たりが増すので、その時耐えられるかどうか、全く自信がない。

竹は重いコンクリート基礎に鉄とボルトで固定したので、腐りにくいし、抜けることはないが、どうしてもグラグラする。

そこで出来るだけ筋交いを入れて見た。また、出来るだけ軽くするために、屋根等はロープワークで作った。現在、9本の柱のうち、四角の4本に2本ずつ補強用の竹を斜めに仮固定してあるので全く揺れないが、これは邪魔になるので取ってしまう予定。

竹自身がかなりしなるので、補強材を取ったら相当揺れそうで、怖くてまだ取れないでいる。

一辺6メートル、高さ3メートルのバーゴラには、この竹作りでは無理だったかも知れない。

でもまあ2年耐えてくれれば御の字なので、これで一旦完了とし、早速パッションフルーツ3本と、その他の蔓性の花3本を植えてみた。

パッションフルーツ(サワロット)

今年中にはバーゴラの半分ほどまでしか育たないだろうから、ひょうたんや花木と混栽する。もしもキウイが手に入ったら、それも植える。

花屋を覗いたら、イポメア(朝顔の仲間)でおすすめの赤花があったので衝動的に買って植えてみたが、いきなり萎れて枯れそうな予感。

上手く育つとこうなるらしい。

全面にはこれを植えた。

植物が大きく育って花や実がたくさん着いた所を想像して楽しんでいる。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内