センナ

マシュマロちゃんもそうだが、多くの女性が便秘がちだ。

1日3回以上排便しないと気が済まない僕には、3日も4日も便を貯めておくなんてことは、とてもじゃないけど信じられないこと。

何時でも任意の時に💩は出るし、出て欲しくない時にだって出ちゃう時があるくらいだから、出したくて便所で踏ん張っても出ないとか、カチカチ💩がちょっと出ただけという話は、どうもピンと来ない。

下剤を飲まない限り、まず自然排便はないという人もいる。

便秘はデブの元だから、ダイエットの一環として下剤を常用する人も多い。

下剤にもいろいろあるが、タイに沢山自生している黄色の花のセンナ(Cassia Angustifolia)の葉っぱや実がマイルドなハーブ下剤としてよく使われている。

Cassiaの仲間は黄色の美しい花を咲かせるものが多く、僕は好きだ。サンディエゴ植物園で見たCassiaに魅せられて、多くのCassiaの種を集めたのは、もう遠い昔。今は雑草のCassiaの一種に悩まされる日々。棘があって、成長がやたらと速く、一網打尽にしたいくらい。

センナを夜寝る前に飲むと、腸内細菌の働きで朝までに下剤作用がある物質に変化して、丁度寝起きの頃に💩が出るという便利な代物だ。

僕はハーブ関連の商売もしている関係で、仕入先のハーブショップにセンナの乾燥葉っぱの値段を聞いたら、なんと1キロたったの120バーツだった。

だけど、これを食べたり、いちいち煎じて飲むのは面倒なので、粉末化してカプセル詰めにした物を買った。

ワンボトル100カプセル入りで90バーツ。原材料の葉っぱより大分高くなるが、これは致し方ない。

一回に2~3カプセルなので、毎日飲んだとしてもワンボトルで3~4ヶ月分ということになる。

僕(というかマシュマロちゃん)は、これを5ボトル買って送って貰った。これで当分は間に合うだろう。(でも毎日飲むのは良くないです)

僕は出来れば下痢止めハーブがほしい。

それとチンコが立つやつ。

もう自力じゃ駄目みたい。

新ショップほぼ完成

ほんとは疲れて今日は休みにしたかったが、もう一日頑張ってワンナムキアオのショップ造りに励んだ。

といっても、今日の仕事の多くは、2年使った古い家の取壊し作業だった。

骨格が粗くなってゆくに連れて、明らかに強度が不安になってきて、僕は新築の面倒をみながら、頻繁に倒壊しないかどうかチェックしなければならなかった。

危険な作業は住込み労働者にやらせるが、安全に関する責任は僕が取らなければならない。

そのため、手順の細かい指示を出すのだが、意外にも頻繁にその指示が無視される。こうなると責任の取りようがないが、彼らなりに無視する理由があるからで、自分なりにより楽な方法もしくは分かりやすい方法で(つまり多くの場合力まかせに)やっている訳で、それはそれで尊重しないといけないし、たとえどんな方法でも僕が責任は取らないといけないので、いろいろと確認作業が必要な訳だ。

はっきり言って、僕は自分の意見が無視されるのが人一倍嫌いだ。

「つべこべ言わずに、黙って俺の言う通りにやれ!」

と怒鳴りたいところだが、それでは上手く行かないことはファーストライフで重々分かっていたし、セカンドライフでは思った以上に自分の考えが間違っていたとか、現場に則してしなかったりしていたので、無視されても怒らずに様子を見るようにしている。

時々、取壊し作業中の家を揺らせてみて強度チェックする。上で作業中の労働者は、「揺らすな、この馬鹿野郎!」という顔で僕を見る。彼には僕が揺らす理由が分からない。

柱の根本は予想通りシロアリに喰われて朽ちていたが、幸運にも取壊し作業中は倒壊せずにいてくれた。

首尾良く全部取壊して見ると、奥の新らしいショップが道路からよく見えるようになった。

なんかスッキリした。

僕が作った想い出のピラミッドも撤去した。

新ショップは、基本部分がほぼ完成した。

まだ、売り場の商品棚とか、寝室とか、電気配線とか、細かい部分が沢山残されているが、それらは少しずつやれば良いと思っている。

ここまで、約10日間。

マシュマロちゃんに言わせれば、遅すぎ、時間のかけ過ぎ、とのことだが、このデザインの建物はモン族が数日で真似出来るものではないと云う自信がある。

真似っ子で小判鮫商法のモン族に、オリジナリティーの重要性を分かって貰うのはとても難しい。

この虫 何の虫 気になる虫

ワンナムキアオでの仕事を終えて、カオヤイに戻る途中、フロントガラスに変わった虫が居るのに気がついた。

よく見ると大型のてんとう虫みたいだが、変わっているのは外羽つまり甲羅が透明なところ。大きさは、縦横12mm位で、これまたてんとう虫としてはデカい。

同乗のタイ人は何の興味も示さず、写真を撮る僕を馬鹿にしている様子はだったが、僕はこういうのにとても興味を惹かれるのだ。

人間様も千差万別だが、植物、昆虫の多様性は実に感心させられるばかり。きっと人間様が絶滅しても、彼らの多くは生き残るだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内