FC2ブログ

砂利敷いた

雨が降ると地面がヌルヌルの泥んこになって車が進まなくなり、靴の裏に重さ2キロの泥が付いて歩けなくなるのを止めさせるため、駐車場と店の周りに砂利を敷いた。

去年、駐車場への出入り口にトラック5台分、計75トンの砂利を敷いたのだが(ここ)、今年はもっと広い範囲に敷いたので、トラック8台分、計120トン近い砂利を使った。

向こう側にバスでも入れる侵入路を作った。

砂利代、運送費、ブルドーザー整地料で合計35000バーツ成り。手痛い出費だが、これもやらなきゃならないことだったのでやった。

肝心のいちご園内には砂利は撒けないので、雨が降れば泥んこになるのは避け難いが、排水路を拡張したので、洪水にはならない、多分きっとならない、と思う。

トイレ一応完成 でも問題あり

馬鹿みたいにまるまる一週間と10000バーツ余りを掛けて、なんとかトイレは完成した。

出来立てにしては清潔感に乏しいが、一応使える。

でも問題山積。

先ず水圧が足りないらしくて、水が溜まるのに30分も掛かった。💩をして一度流すと、30分待たないと2度目が流せない。これはイカンでしょう。

そこで、外のタンク(このタンクの水位で水圧を作っている)の高さを写真より50センチ上げた。

それから、根本的な問題として、水が溜まると止水する弁の調子が悪かった。通常ならこの程度の水圧で十分水が出る筈なのに、付属の止水弁の蓋をすると何故だか分からないが、貯水槽の水位が下がっても弁がほぼ閉まったまま。ああでもないこうでもないと2日間施行錯誤しても解決せず。

「水洗トイレなんて作ったことない人には無理なんじゃないの? 時間の無駄。技術者を呼んで見てもらったら?」とマシュマロちゃんに言われ、屈辱感の中、二人の技術者に見てもらったが、どう見ても僕よりおバカで、結局解決せず。

その後自分で考えて、プラスチックの弁の一部を1ミリ程削って設置してみたら、少し良くなった。

タンクを上げた効果と相まって、10分位で水が溜まるようになった。10分は長いが、これで当面様子を見ることにする。

次に、床。トイレはタイ語でホームナムつまり「水の部屋」だから、技術者は平気で床にシャワーの水を垂らす。駄目だと言っても意味が通じない。僕としては濡れた床だけは嫌なので、乾いた日本式トイレにしたはずなのに、その心はタイ人には通じない模様。

それから、黙っていると平気で土足で上がる。靴を脱いで上がれと言うと、一応脱いでくれるが、タイ人の足の裏は真っ黒に汚れていて、靴を脱いでもらった意味がなかった。

あれ駄目これ駄目の張り紙をいっぱい貼るしかない。

なんだが達成感がないが、去年からやろうと思っていたことをやってみたということ。

「無料トイレあります」

で客寄せしたいが、それを唄うほどの出来ではない。

これは僕専用トイレにして、タイ人用には濡れたタイ式トイレを作った方が良いのかも。

トイレ作りに挑戦

去年、絶対にやりたかったのに出来なかったことの一つに、トイレ造りがある。

下痢気味で食後に必ず💩がしたくなる僕としては、トイレは必須条件。💩を我慢して農作業は出来ない。

いちご園の隣のテースバンにある美しいトイレが使えることが分かってからは、僕はあまりトイレに悩まなくなったが、もっと大切なことが残っている。

それは言うまでもない、お客さんのためのトイレだ。

実際に多くのお客さんからトイレは有るかと聞かれた。いちご狩りはしたいけれど、先ずは出す物を出さないと落ち着いていちご狩りなんて出来ないという様子がありありで、僕は痛いほどその気持ちが分かるので、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

ただ、トイレを作るのはそう簡単じゃない。

一番の問題は、土地のオーナーがそれを許可するかどうか。駄目というオーナーが多い。

トイレの場所も問題。近すぎると臭いし、遠すぎると行くのが面倒くさい。方角とか、家屋の前は駄目とかの風水めいたこともある。

それと、木の近くは根っこで穴が掘れないとか、下が岩盤だと掘れないととかいう作業上の制約。

トイレには水が必要なので、ウォーターラインが近くに来ていることも要件となる。

僕らのいちご園の場合、上記を鑑みて、ちょっと遠いが、施肥用第二ポンプの隣に作るとにした。

お店から200メートル程離れていて、歩いて行くと途中で失禁してしまいそうだが、バイクや車では行き易い場所。お客さんの場合は、車でも良いし、いちご園の中を突っ切って歩いて言ってもよし。

ここで、タイの大都会以外のトイレの構造を説明しないといけない。

大都会の市街地以外、タイにはまともな下水路はない。市街地でさえあまりない。浄化槽を設置することもあまりない。

では、どうするかというと、地下に染み込ませる。

ぼっとん便所でも、水洗便所でも同じ。

💩は活発な微生物や昆虫によってかなりな程度分解される。おしっこや水は地下に染み込んで行き、そのうちに地中の微生物によって分解される。

だから、時々は汲み取りバキュームカーで掃除しないといけないが、その頻度は低くてよい。

つまり、排泄物が溜まる穴の底は、土なのだ。炭を敷く場合もあるが、コンクリートで底を閉じることはない。

だから、穴の底は地下水位より高くないといけない。穴の深さは普通1.5メートルくらいなので、地下水位がそこまで浅いことはあまりない。

ところが、カオヤイ農園の場合、掘ってみたら地下水が染み出してきた。

雨季だし、雨降った後だからか?

これはタイ式トイレにとって、すごーくまずい。

排水路からも水が。。。

つまりこの一帯の現在の地下水位は僅か数十センチってことみたい。

コンクリート土管を生めて様子を見たら、地下50センチまで水が上がってきて、💩する前から浄化槽は満タンになってしまった。満タンになると、💩が便器から浄化槽に落ちなくなるので、トイレが悲惨なことになる。

これじゃあ使えない。困った。どうしよう?

排水路からも水が湧いて来ていることからして、この辺り何処も地下水位は同じだろうから、場所を変えてもダメそう。

選択肢は2つ。トイレを諦めるか、乾季には使えることを祈って突き進むかだ。

でも僕には、トイレを諦めるなんて無理。やるしかない!

浄化槽はタイ式だが、便所は濡れたタイ式のは嫌だ! どうせ作るなら日本式の床が乾いたトイレが欲しい。

そこで、僕はツーバイフォー方式で床が高床木造のトイレを作ることにした。タイにはツーバイフォーのSPF材はなく、サイズが不揃いな超硬くて重い南洋材しかなく、丸鋸でのカットも釘打ちもとても大変だった。

日本から買って持って来ていたインパクトドライバーも盗まれていたので(これ凄いショックだった)、ドリルで下穴を開けて、それから釘打ちしたのだが、釘が入らず苛ついた。

当初はこの倍位の広さを考えていたが、浄化槽の問題で使えないかもしれないので、最小限の広さにした。

柱のない構造の家に皆さん驚いた。

ペンキを塗って、扉を付けたら、日本式トイレに近付いてきた。

緑色がどぎついが、周りの緑に溶けて目立たなくなる。

屋根はトタンだが、このトタン、丈夫で錆びないから不思議。

入り口はコンクリートを敷いて、葉っぱで模様を付けた。

既に買ってある水洗便器と水源のタンクを設置したら完成予定。

さて、このトイレ、使える日が来るのだろうか?

つづく。

ターミナル21とセーブワン(セウォン)

今日は休暇で、コラートのターミナル21に住込み従業員家族を連れて行ってきた。

そこのSFシネマでトム・クルーズ主演の3Dの新作映画「マミー」を観た。

英語版は夕方からしかなかったし、住込み従業員家族は英語なんか分からないので、止むなくタイ語での鑑賞となった。

先週は、サラブリのロビンソンで、パイレーツ·オブ·カリビアンの新作をやはりタイ語で観た。

2つとも特段難しいストーリーではないので、タイ語でも一応楽しめたが、細かい会話のニュアンスやジョークなどは全然分からなかった。ざっくり言って会話の15パーセントも聴き取れてない。

もっとも、仮に英語版だったとしても、多分50パーセント程度しかから聴き取れないので、どっちもどっち。

聴き取りゼロパーセントでも、同程度に楽しめる映画だったのかもしれない。

映画を見終わってから、名物の展望台に登った。展望台へのエレベーターは意外にも無料だった。

展望台は高さ90メートル足らずだが、コラートの街には高いビルはないので、見晴らしは最高だった。

2号線カオヤイ方面

ボーコーソー·マイ(新バスターミナル)方面

コラート台地の限りなく平で広い平原が見渡せる。こういう風景は日本には無い。

鉄板焼 宮崎 で遅い昼食

二人で1000バーツになってしまった。

89バーツの天ぷらうどんにしとけば良かった。

マシュマロちゃんはスノーアイスまで食べて、更に北海道レアチーズケーキも食べた。

ターミナル21の帰りは、懐かしの巨大タラート セーブワン(セウォンと発音)を散策。6年前、コラートの女に連れて行ってもらった以来、初めての再来だった。僕はターミナル21には買いたい物がなかったけれど、セーブワンには沢山あった。

レンチセット、スチール巻尺、中古電動工具、コピーDVD、軍用ナイフ、強力レーザーポインター、スピーカーなど。

手作りスピーカーは、2台で800バーツで買った。去年いちご園に音楽を流す為に1台500バーツで買ったホーン型スピーカーの定格入力が小さ過ぎて、酷い音割れだったので、今日買ったスピーカーに取り替える予定だ。

洪水対策

去年カオヤイのいちご園を準備して一番辛かったのは洪水だった。雨季に一雨降れば、いちご園は水田のようになり、歩くのもままならなくなった。

今季、この土地でいちご園をやるなら、洪水の起こらないいちご園にしたかった。

やることは下の2つ。

① 排水路を大幅に拡張、強化して、雨の水が速やかに池に落ちるようにする。

② 車の入るところはすべて砂利を敷いて、雨が降っても車が走れるようにする。

この2つは絶対やる。出来なければ水田にする覚悟で。

今週2日間掛けて、小型のユンボ(シャベルカー)で新しい排水路の基幹部分を作ってもらった。また、泥で埋まった去年の排水路も掘り直した。

水色の部分が基幹排水路。

7800バーツかかった。後方の水路は深さ1メートルもあって、落ちると危険な程。

これだけじゃ畝の間に溜まった水は流れないが、畝と水路を繋げば流れ去るので、後は人力でなんとかなるだろう。

特に中央の縦横十字の排水路に期待している。

道路と駐車場降った雨が、大量にいちご園に流れ込むが、これを縦の三本の排水路で一気に池に落とすという企てである。

カオヤイいちご園は真ん中辺りが窪んでいて、水が流れ去らなかったのだが、溜まった水を十字の排水路に落とす計画だ。

歩くと20センチも足が埋まり、長靴が土の中から抜けなくなり、体制が崩れて泥の中に倒れるのは、もう無くしたい。

オタマジャクシが泳ぐいちご園とはお別れしたい。

水が溜まって、お客さんがいちごを採りに行けないようないちご園とはおさらばしたい。

シーズン中に雨が降っても、翌日には普通の靴で入れるいちご園にしたい。

出来るかな?

完全には無理だろうが、去年、排水路を掘ってかなり改善したので、きっと今年はもっと良くなるだろう。

一方、駐車場の砂利敷は間違いなく効果があるはずだ。

雨が降ると、ピックアップトラックでも走れなくなる駐車場なんか使い物にならない。

面積が広いので100トン近い砂利が必要になりそうで、高くつきそうだが、やらなきゃ話にならないので、やるのみだ。

トヨタ カオヤイの無責任

あんまり腹が立ったから実名を出すが、ナコンラチャシーマのパクチョンにあるトヨタ カオヤイの無責任さと、従業員の有り得ない横領に、僕たちは多くの時間を無駄にした。それだけならいいが、気分を害したなんてもんじゃない。全く持って不愉快な話。

横領した社員は、ほんと酷い野郎(カトゥーイだけど)だが、それよりもトヨタの態度に腹が立つ。

詳しく書くと腹が立つので、粗筋だけ書くと、

①トヨタ カオヤイでヤリス(日本のヴィッツに相当)を買った。

②後日、トヨタ カオヤイの事業所でヤリスのスポーティスカート等を注文し、販売員にお金を支払った。

③4ヶ月経ってもスカートは届かない。この間、アポイントを取って5回位、車をトヨタ カオヤイに持っていったが、行くと明日になったとか、来週になったとか、違う色が届いたので交換しないといけないとか言われ、一向にスカートは付かなかった。どうも怪しいと感じた。

④あまりの異常さにスカートをキャンセルし返金するようにトヨタ カオヤイ言ったら、そのカトゥーイ従業員は首になって会社に居なかった。

⑤トヨタ カオヤイは、会社には注文を受けたと言う証拠がなく、会社が感知してない話だと言う。従業員の横領であって、会社は責任を取らないと主張。しかし、横領した従業員を(会社がじゃなくてお客さんが)警察に訴えるのには協力すると言う。

僕は、「会社の事業所で、会社の製品を、会社の従業員にオーダーしてお金を払ったのだから、これは客と会社間の売買契約であって、従業員が横領したとしても、会社が責任を持つべき」と主張。

こうして意見対立。腹も立つことしきり。被害金額は24800バーツ。8万円余りだが、僕らにとっては安くない。

⑥トヨタ カオヤイと一緒にパクチョンの警察に2~3回通って事情を説明し、証拠の書類を提出する。この時、担当の警察官(パクチョン署内では上級職)は、「会社の事業所内で会社の製品を従業員が売った訳だから、お客さんに対しては会社が責任を持つべきでしょうね。仕事で車を運転して交通事故になったとき、会社が責任を持つのと同じだよ。」

と采配してくれた。

「しかし、こう言う話は民事であって、警察が手を出す話じゃないので、トヨタが責任を取らないと言うなら民事訴訟を起こすしかない。ただ、明らかに横領であるので、その点は刑事事件として警察で対処出来る。」

と言う事になった。まあ、まともな判断だろうと思った。

⑦警察は本人とその親に、「直ちに横領したお金を返さないと逮捕することになる。」と言う趣旨の警告書を郵送した。

⑧しかし、期日までに返金されないので、再度警察に行って状況を説明した。

⑨横領したオカマ野郎は、「返したくても、ない袖は振れない。あと、数日待ってくれれば返す」と主張。あと数日、あと数日で4ヶ月も待たせた奴だから、あと数日で返すわけないが、ここは一つタイ警察に任せることにする。

⑩トヨタ カオヤイから、横領した社員は解雇してもう社員ではないから、会社は関係ないと言わんばかりのレターが届く。

以上。今日現在、お金は帰って来ていない。

おかしいでしょう?

先ず、お客さんから預かったお金を自分の懐に入れて使ってしまうと言う点が、日本では滅多に有り得ない異常行為だが、タイでは普通に起こる。僕の会社でも、すぐにバレるに決まっているのに、現金を持たすと私用で使ってしまう、つまり横領した社員が複数いた。

タイの会社の調達部門の社員は5割が横領していると言う話もあるくらい、タイでは横領は日常茶飯事。先ず、この違いに腹が立つ。

次に、会社の対応。僕の主張や警察の采配をも無視して、会社が責任放棄するのは、実にけしからん。トヨタ カオヤイの中間管理職は、「自分も会社が責任を持つべきと思うが、上(会社)が納得しない」と言う。日本のサラリーマンも良くつかうセリフだが、その種の責任逃れなど聞いても仕方がない。自分だけ良い子になってどうする? 自分自身が会社だと言う気運を持って欲しいものだ

日本だったら、社員の不始末に対して、先ずは社として謝罪し、お金を弁償するのが普通じゃないかな? 弁償で会社から出て行ったお金は、会社が元社員から取り戻せば良い話だ、と思うが?

日本を代表する優良企業なはずのトヨタの看板の下で、こんな酷い目に合わされるなんて、日本人として悲しい。僕は愛知県豊田市出身で、父もトヨタ系の会社で40年も働いてきた。トヨタ カオヤイのマネージャーは多分日本人ではないだろうが、僕は言いたい。

トヨタの社員よ、こんなことで良いのか?

オトコとオンナ

先日チェンマイからの帰りに寄ったガソリンスタンドのトイレの男女のマークが活かしていた。

 

なかなか色気のある活かしたオトコとオンナだと妙に感心した。

国営ひたち海浜公園のネモフィラ

ゴールデンウィークにはにっちもさっちのいかないくらいの大渋滞だった国営ひたち海浜公園に、僕たちは連休明けのすぐ5月11日に行って来た。

底はタイに居るときからマシュマロちゃんから絶対連れてってと言われていたところ。青いネモフィラのピークは正にゴールデンウィーク中だったので、日本に帰国した翌々日に行って来た。

花のピークは終わりかけていたが、まだまだきれいなブルーに染まった丘を堪能できた。

OI001788

OI001787

ネモフィラはこういう花で、僕が昔ガーデニングで心を癒やしていた頃の得意の花の一つだった。

残念ながら、暑さに弱いのでタイでは無理。

タイには暑さに強い熱帯の美しい花がいっぱいあるが、なぜだか人気があるのは欧州の寒い地方の花ばかり。

OI001783

OI001663

意図してか偶然か、日本に行く前にテスコロータスで買ったブルーのワンピースが似合っている。

OI001768

菜の花とネモフィラ。

菜の花はカオヤイ農園に蒔いてみたが、みんな虫に食われて枯れてしまった。

こんな風に出来ていたらさぞかし良かっただろうに。やっぱり上手く行かないものは上手く行かないものだ。

受けなかった着物姿

先月、京都に行った時、マシュマロちゃんは念願の着物を借りて着て、京都を背景に写真を撮った。

着物は一日7500円。一番安いセットだと2800円だったので予約したのだが、現地で着物を選んだら三倍になってしまった。

OI002826

平安神宮と祇園と伏見稲荷での撮影となったが、マシュマロちゃんの機嫌は何故だが最悪。

「綺麗に撮してと言ったのに、ちっとも綺麗に撮ってくれない。構図が悪くて、太って見える。もっと痩せてるように撮して!」

と無理な注文をつける。

直ぐにフェイスブックにアップロードしたら、友人から「クビレがない」とか、「まるまるしていて可愛い」とかのコメントが帰ってきて余計不機嫌になった。

OI002761

OI002785

伏見稲荷では泣き出して、もう帰ると言い出した。だから、7800円はたったの3時間で終了。

僕は可愛くて綺麗な写真だと思うけどなあ。

こうのす花まつり2017

日本に滞在中は、各地のフラワーガーデンめぐりをして来たわけだが、きれいな写真をいっぱい撮ってので、紹介したい。

こうのす花まつりの開催期間は、2017年05月13日~2017年05月28日。

その中で、鴻巣ポピー祭り(馬室会場)は、05月20日~05月28日の開催で、僕達が行ったのは、5月20日。スバリ、花盛りのタイミングだった。

鴻巣ポピー祭り(馬室会場)は、ポピー園の広さ、株数とも日本一。シャーレーポピーと虞美人草(この2つは少し違う種類らしい)とカリフォルニア・ポピー、それから麦なでしことも言われるアグロステンマ。

OI002950

とにかくめちゃ広い。3000万株もあるらしい。荒川の河川敷にある。

OI003125

マシュマロちゃんも大興奮で、食欲ますます向上。もう体重が許容言外なのに。

OI003107

これはカリフォルニア・ポピー。

OI003081

夏目漱石の虞美人草

シャーレーポピーより僅かに開花が遅い。

OI002905

この花弁が乙女の下着の様で、この毛の生えた蕾が割れてピンクの花が出て来るところが、乙女のあそこの様で、中学性時代の初恋の彼女の花なのだ。

OI002953

だから私は夢心地。天国はきっとこういう所だ。

OI003029

麦畑。

この麦畑の雑草が麦撫子ことアグロステンマ。

OI003056

OI003065

ポピーといいアグロステンマといい、一面の花でもうメロメロ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内