タイでキス天

今日マクロに行ったら、キスのような魚があったので買ってみた。シロギスのようであり、アオギスのようでもあると思うが、どうだろう。

この魚を買ったのは、多分二回目。

それを使って、キス天に挑戦したのも二回目。

包丁の切れが悪く、上手く開けなかったけれど、今回は天ぷら粉の調整が上手くいって、美味しいキス天が出来た。

さばいている時は魚臭くて、日本のキスとは違うなと思ったが、天ぷらにしたら、匂わずスッキリした白身の味で、正にキス天が出来た。

美味しかった。

パーム油だが、天ぷらには案外使えるようだ。

季節外れの桜

4月までいちご園を踏ん張ったせいで、日本への旅はゴールデンウィーク明けになったので、マシュマロちゃんには桜を見せることは出来ないだろうと思っていた。

ところが、駒ケ岳、上高地、白川郷と回った際に、標高が高かったので、しっかりと桜を見ることが出来た。

ソメイヨシノじゃない桜が一杯あって、皆美しかった。

新緑と桜の同時鑑賞

カオヤイの山は穴だらけ

カオヤイからPBバレーに向けて下ると、切り立った岩肌の山が見えて来るが、よく見るといたる所に大穴が開いている。

鍾乳洞と思うが、この中を見物するコースやサービスは見たことがない。

こんな風に大穴が開いていないところでも、山は穴だらけだと思う。

それで、僕の住む街の水道も、こうした山からの水なので、カルシウム分が滅法高く、シャワーや蛇口がすぐ詰まる。普段使わないトイレの床なんて、カルシウムが析出して真っ白に固まっている。

こんな水で料理しているが、それが良いのかどうか?

千葉のいちご農家では、日本の水を更に限外濾過して純水にしたのを使っているらしい。僕らはカオヤイからのラムタコーンの水。

話が飛ぶが、日本滞在中に白骨温泉に行ってきた。そこのお湯も炭酸カルシウム多量で、木の湯船にカルシウムがたっぷり析出していた。

さて、いちごや人間様の身体にどんな影響を与えているのだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内