バンコクから屋台が消える日

軍事政権になって間もなく、チャトチャック市場周りの露天が消えた。

トンロー辺りの露天商も撤去された模様。

そしてこの程、ある意味衝撃的なニュースがあった。

以下に抜粋。

ワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言した 。都知事は発表の中で、都は店主たちへ代替地への移転を長期に渡って話し合い、提案を行ってきた。屋台での営業は、より多くの歩行者の妨げになっているとともに安全や衛生面でも障害となっている。このたびの決定は、 バンコク都下50地区で例外なく執りおこなう。それには、カオサン通りやヤワラート(中華街)も含まれると語った。

 一方、カオサン商業協議会では、バンコク都の今回の決定は知らなかったとして、事前の通告が行われていないことを明かした。協議会では、都の計画に対して十分な説明を求めていく考え。

 また市民は、屋台は便利であり、無くなると困るとしながらも、路上の安全や衛生面では理解出来る。どこか代替の場所がうまく設置できるといいのだけれどと困惑気味だが一定の理解を示していいた。

 都内では、今週17日よりトンロー、エカマイ、プラカノン各地区での路上屋台を全面禁止に踏み切っている。都ではこれを先例として順次、拡大して行く構えのようだ。しかし、大通りに面していない場所や歩道にはみ出していない私有地の店頭などでの営業は認められる。

先日、久々にバンコクの繁華街に出る機会があったが、既にサラデーン駅周辺、ソイカーボーイ周辺、ナナからアソークまでのスクムビット通りから屋台が消えていた。(怪しい行動がバレバレの守備範囲)

無くなれば、きっと薄汚いアジアの後進国のイメージは払拭され、清潔で近代的な国家イメージになるだろうと想う。車の渋滞や歩道での人の渋滞も緩和され、動き安い街になるだろう。

記事のように、本当に「例外なく」やれたら、それ自体タイでは画期的だ。

しかし、多くの人が指摘するように、本当に屋台が全て消えてしまったら、さぞかしつまらない街になってしまうことだろう。

9月にはタバコもお酒もあり得ないくらい値上がりして、屋台の火も消え、バンコク繁華街通いの男たちはそれでもタイに来るのだろうか?

サラブリの花畑

パクチョンから2243道でサラブリに入ると、BigTae Gardenという菊の産地がある。主にバンコクのパクローン花市場に出荷されると思うが、花積みも出来る。

菊は日本人には珍しくもなんともなく、香りも良くなく、葬式や彼岸を連想してしまうのでさほど感動はないが、上部で花持ちの良い切り花であることは確か。

この農園の手前には、マリーゴールドの大農場があった。

マリーゴールドは仏儀にはなくてはならない花で、年中大量に出回っている。パクローン花市場で取引される花の半分はマリーゴールドと言って良い。

これだけ広いマリーゴールド畑を見たのは初めて。辺りにマリーゴールドの匂いが立ち込める。

働いているのはタイ人ではない。多分、ミャンマーかカンボジアからの労働者。日給は300バーツに満たないと想像される。

しかし、みな楽しそうに働いていた。

もうタイ人は、この種の労働はしなくなった。

優良な労働者は、どうやって確保すれば良いのだろう。

カオヤイ農場の土地のオーナーが10人近くいたミャンマー従業員を解雇した。きっと、ろくに働かないからだろう。代わりに、僕達にブドウ園とメロン園の面倒を見てくれないかと言ってきた。

優良労働者確保はみんなの悩み。

ところで、今季はカオヤイ農場も花でいっぱいに飾りたいが、タイによくある菊やマリーゴールドではだめで、もっと西洋を匂わす花じゃないといけない。

今日、ガイラルディアとブルーサルビアと八重咲きコスモス、西洋朝顔ヘブンリーブルーの花の種をネットで注文した。約10000円也。耐暑性ラベンダーも試したいところ。ポピーも良さそうだな。

カオヤイ アート美術館

家から2~3kmしか離れていないのに、行ったことがなかったカオヤイアート美術館。

カオヤイの見どころ8箇所にも入っていて、行ってきた人の感想もなかなか良かったので、天然鉱泉プールの後に言ってみた。

入場料はタダ!

道案内も少なく商売毛なし。だが、中はきれいに整備されていて、従業員の態度も良かった。

この近くに来たのなら、寄ってみる価値がある。

以下、ネタバレの写真集。


上の3つはタイ人らしい表情がよく描かれていて印象的だった。

館内には3つの展示室がある。

その後は、屋外の彫刻エリアヘ。

園内にオーナーの別荘と思われる建物もあった。よく整備されていて、落ち着ける環境だ。

この神は男女両性

この美術館は、近代美術もあれば、タイの古典美術もあって、案外楽しめた。

この後、売店でTシャツをお土産に購入した。

Khao Yai Art Museam

住所: Ban Tha Chang Soi 6, Moo 16, Mu Si, Aumpher Pak-Chong, Nakorn Ratchasima, Thailand 30130

電話番号: 0 4475 6060-6

email: khaoyai.artspace@gmail.com

office on time 9.00 am-18.00 pm.

HP:http://www.khaoyaiartmuseum.com

やっと泳げた 近所の天然泉プール

家から徒歩12分のところにあって、カオヤイ農園に向かう道の途中の道沿いにある天然湧水プール。透明で冷たい水が乾季でも涸れずに湧いている。

場所等の情報は以前のブログにある。

気持ち良さそうで、仕事帰りなどに飛び込んで汗流したかったが、この10ヶ月間、その時間は持てなかった。

しかし、先日遂に願望叶って泳いできた。

水は冷たくて入るのに勇気が要ったが、入ってしまえば逆にその冷たさが気持ちが良かった。

透明で底が見えるのでもっと浅いと思った天然プールだが、入るといきなり足が立たない。

水深を計るため足が付く迄潜ってみると、手首が少し出るだけだから、2メートルくらいあるのでは?

泳ぎの苦手な人がいきなり飛び込むと危険。

水中の様子。透明度は10メートル以上。

写真では見えないが、メダカ程の魚も居る。

高カルシウム冷泉。

空は緑で覆われているので、水も緑に見える。

水面に浮かんで、森の方を見上げてると、とても高い木からの木漏れ日が爽やか。

何時もはロシア人団体の独壇場のこの天然プールだが、今日はまだ朝早いせいか、タイ人カップルしかいない。

足がつかないので、30分も泳いだら、もう息が切れたので上がった。

ああ気持ち良かった。遂に念願達成!

また来たい。

これだけの水量が絶えず湧いているということ。

そして、ラムタコーンに合流して流れてゆく。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内