口の周りのアイスクリーム

僕の娘は、幼い頃アイスクリームが大好きだった。

多分、口の中に入ったアイスクリームよりも、口の外に着いて食べられなかったアイスの方が多かった。

口の周りにいっぱい着いたアイスクリームを見て、僕達夫婦は大笑いしたものだった。束の間の幸せだった。

今日の昼、妹さんの娘がアイスクリームを食べるのを見たら、自分の娘とまるで同じで笑った。

きっと、何処にでもある風景なんだろう。

みんながどうして笑ったのか知らないのに、自分も笑うジョンジョ。

この夫婦も、この娘も、きっと幸せだと思う。

ソンクラーン迄にいちごの波は 来なかった。

2週間前に沢山第三波、第四波の花が咲いて、ソンクラーンはいちごラッシュでウハウハの予定だったが、蓋を開けてみたら、いちごが全然ない!

今月初めからの度々の雨で傷んでしまったのだろうか? 誰がが全部採ってしまったのか? なんだか良く分からないが、ソンクラーン迄あと3日しかないのに、1センチ程のまだ緑色の小さないちごの子供しかない。

花は沢山咲いているが、小さな白い実しかない。花と小さな白い実なら沢山ある。

この時期、他のいちご園は殆ど終了して閉めて帰ってしまった。ワンナムキアオのマシュマロいちご園もスリップスにやられて終了。ポンプ電源もコワレテ、いちごはあと数日で枯れ草になる。

それに対して、僕のカオヤイ農園は、花と小さな実から推察して、あと2週間でいちごラッシュが期待される。

ソンクラーンのタイミングを逃して駄目娘ちゃんだが、ここまで来たらもう一度いちごの大波を観てみたい。

バンコクのパクローン市場にあるいちご卸もみんな店を閉じて日本に遊びに行ってしまったので、もうバンコクからは誰も仕入れられない。

それもそのはず、生産地のチェンマイいちご農家が、今月初めからもう収穫を辞めてしまったのだ。

チェンマイでも、バンコクでも、ワンナムキアオでも、いちごはもう終了。なのに、僕のカオヤイ農園は今頃花が咲いている。

誰もが止めてしまったこのクソ暑い時期に、果たしていちごが成るのだろうか?

ソンクラーン迄に水枯れは起きなかった

3月下旬にラムタコーンの水が涸れて、溜池に水源を移した。

涸れた川は、雨季入りまで涸れっぱなしだろうと思っていた。

ところが4月上旬に度々の夕立があり、ラムタコーンは清水をたたえ、せせらぎを伴う豊かな川になった。

当初から渇水対策を考えてきたが、結果的に今年は必要なかった。

今度はモンキチョウ

10日程前、カオヤイ国立公園方面からラムタコーンという沢を伝わり、僕らのいちご園を通って北に飛んでいったモンシロチョウの大群は3~4日に逆方向にカオヤイの山に戻って行った。

そしたら、入れ替わるように今度はモンキチョウは沢山山から飛んできた。

飛んでいるところは写しても見えないので、地面の塩を舐めに留まったところを写してみた。

近付き過ぎると危険を察知して逃げてしまう。

いちご園に蝶が乱舞しメルヘンチックで良いのだが、蝶の目的はいちごの蜜を吸うことじゃなくて、いちごの葉に卵を産み付ける為だ。

この二週間で膨大な数の卵が産み付けられたことだろう。

蝶の幼虫が大きく育つ頃、僕らは店を閉め、旅行に出掛けているだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内