FC2ブログ

社長さんの納豆

和僑会で知り合った小松電機社長の小松さん。

年商15億円とかで、半分隠居で自由気まま。

彼はバンコクの納豆が古くて不味いのを嘆いて、それなら自分で作ってしまおう! と企業内起業した。

日本の新鮮な納豆をタイに! と言うことで、電機とはまるで関係ない納豆の製造を始めた。

最初は色々な壁にぶち当たったらしいが、今では日本人が行くスーパーなら何処でも売られている。

その名も、「社長さんの納豆」。冷凍していません! 新鮮です。

在タイ日本人なら知っていることだろう。

ところで、納豆菌が元気な新鮮な納豆を食べると、日本人は腸の調子が良くなる。

慢性の下痢が止まるとか、逆に便秘が治るなどなど。

実際に納豆を食べると、納豆菌は大腸で増えて、便の中に大量に出てくる。

もう四半世紀前の話なので時効が成立しているだろうから白状すると、当時僕はカルバペネム系の強力な抗生物質を開発していて、その第一相臨床試験の被験者に自らなったことがる。当時は社員でも第一相臨床試験の被験者になれたのだ。

それで詳しいことは割愛するが、ウンチの中の菌を全部調べる訳。だから納豆やチーズやヨーグルト等の発酵食品は禁忌だった。

しかし不良少年Aは掟を破って納豆を食し、納豆菌が大量に出たのでバレバレで注意されたが、食べてないよとしらばっくれた。

2回目のトライの際はバレることが分かったので、大人しく納豆を避けたが、今度は有毒のClostridium difficileという悪玉菌が出てしまった。

ともかく、栄養源として以外に、健康の為に納豆を食べると悪玉菌を抑えて腸の調子が良くなるのである。

話を戻すと、僕と同じ頃に起業して、フェイスマスクを輸入販売していて、トップマートにも卸していたのに、そろそろ損益分岐点を超える辺りで会社を売却して辞めてしまった方が居る。

その方が、現在は小松さんの所で営業を担当して働いている(納豆の営業ではありません)。

僕とはバンコク時代に何度も飲んで、タイ人の愚痴を言い合ったものだった。

その方が、カオヤイ農園に来てくれることになった。

僕は社長さんの納豆を売ってみたいと思ったので、彼に頼んで3つ入パックを36個持って来て貰った。

いちごジュースの横に納豆を置いて反応を見た。日本在住経験のあるタイ人が喜んで一パック買って行ったが、それっきり全く売れなかった。

特に宣伝もせず、試食もせずで、置いてあるだけだったので、売れるはずもないが、賞味期限の1ヶ月が過ぎて、水も入り汚くなったので、回収して僕の借家の冷蔵庫の中に収めた。

そういう訳で、家で夕食を食べるときは、何時もこの納豆を食べている。水が入ってネバネバが凄くなった納豆でも、腐っている訳ではない(と言うか、元々腐っている)。なので十分美味しく食べられる。

時には、納豆に醤油を掛けて納豆ご飯だけの時もある。ご飯は、タイの高級米ホーンマリでないと駄目。

これが懐かしくて美味い。

食べるとウンチが臭くない。すこぶる快便。

社長さんの納豆は値段も安く人気があるが、儲かっているのかどうかは不明。社長さん曰く、「儲けが目的じゃないからこれで良い。」

なんでも再度製造施設を増設するそうだ。

残念ながら、いちご園で売ることは難しそうだが、僕の腹にも納豆菌が良いと確認出来たので良しとした。

ブタの生贄 血の宴会

マシュマロちゃんは仏教徒だが、それ以前にモン族古来の精霊信仰がベースにある。彼女の家族も皆同じ。

精霊は至る所に居る。古い大木、神秘的な池、山、川、岩、或いは家の中に住んでいる。

ちょうど少し前の日本と同じだ。

精霊を怒らせてはならない。精霊を敬わないと、災いが起きる。

お酒を飲むときは、最初に少しだけ地面にこぼし、土地の精霊に施してから飲む。

モン族のそれと同じかどうかは知らないが、精霊信仰はタイ全土にある。大きなカジュマルの木に赤や黄色の布切れが掛かっていて、下にお供え物がたくさん置いてある場所を何度も見たことがあるだろう。あれは悲恋の死を遂げた女の精霊が宿っているらしい。

さて、いちご園もシーズンオフとなり、今季の無事に感謝し、来季の繁盛を精霊にお願いしないといけないが、その為には豚をその土地の精霊に生贄として捧げて祈願しないといけない(のだそうだ。)

モン族の家族に言わせれば、これは絶対にさぼってはならない行事で、さぼりでもしたら、精霊の怒りに触れて、繁盛どころか災難に会うだろう(とのこと)。

最初に、彼女の兄の所で生贄は捧げられた。

僕達ももちろん呼ばれたが、少し遅く行ったので、到着した時には、既に生贄の豚は絶命していて、解体されつつあった。

豚は近所の養豚場から直接仕入れた67kgの白豚。約5000バーツ。

ちょうど内臓が全部外されて取り出されたところ。

胸部と頭部を切り離した。彼らが日頃使うナタ包丁は非常に鋭く硬くて骨まで綺麗に切れる。まるで日本刀の様。

見慣れた肉片に近付いてきた。

早速、小腸を洗って茹でて食べた。

バラ肉も細かく刻んで焼肉とムーカタに。

長老の僕は何もせずにビールを飲みながら見ているだけ。

彼らの肉裁きは決して上手くなくて、余っていたナタ包丁で僕も裁きを手伝おうか迷ったが、下手に怪我でもしたら逆に面目潰れるので、長老らしく座ってビールを飲むだけにした。

解体場のテーブルがそのまま食卓に!

なんという無神経!

えげつないことこの上ないが、全然気にしない様子。

まあ気にしなければ気にならない。

超新鮮な焼き立て焼肉は、腰があって美味かった。

これは頚動脈や心臓から取った血液。既に凝固している。

タイ人は豚の血を良く食べる。ナムトックとは滝の意味だが、食材としては鮮血の意味。

血の固まったやつ溶血した血をクイッティオに入れて食べる。全く生臭くない。タイ人に貧血が少ないのは血を食べるせいだろうか?

それでは血を使った料理を紹介。

ラープ·ムーという。

驚くなかれ、生の豚肉を食べる。超新鮮な肉が手に入った時だけ食べられるメニューだ。

バラ肉を包丁で叩いてひき肉にする。そこに凝固した血液を混ぜて更に叩く。

そこに、トウガラシ、ニンニク、パクチー、エシャロット、醤油のようなたれ、

そしてこれが肝心なのだが、サルビアに似たシソ科のハーブ(名前失念)を加えて混ぜる。これだけ。

気持ち悪くて辛そうだったが、食べてみたら超絶品。まるでマグロの叩きの舌触り。

こんなもの食べたら腹を壊すって?

はい、壊しました。でも、不衛生で壊したのじゃなくて、トウガラシにやられただけ。

サンチャンという3層の肉。皮膚と脂身と筋肉の3層。

普段僕はこれが嫌いなのだが、このときは美味かった。どの層も柔らかく、弾力性があって、味が濃かった。

解体しながら調理して食べる。生肉を片付けてから宴会テーブルを用意すればいいのに。ただ、肉はだんだん減ってゆくので、案外合理的かも。

普通の日本人は無理でしょう、この食卓は。

肉の匂いを嗅ぎつけて、凄い量のハエが寄ってきた。初めはバナナの葉っぱで作ったハエよけでハエを追っ払っていたが、ビールが進むにつれ面倒になり、中国製のハエ取り紙使った。

これが驚くべき効果を発揮。ハエがハエ取り紙に止まるともう飛べない。毒があるのか、すぐに死ぬ。

写真はまだ少ないが、一枚につき1000匹ほど捕獲出来て、紙が真っ黒になった。

これがその製品。

日本にも黄色のハエ取り紙があったが、最近は余り見かけない。

タイでもこのタイプのものは初めて見た。三枚で20バーツ。

誘引剤、毒入り。

生贄の儀式は30分で終わったが、宴会は9時間続いた。

これでもう十分だろうと思ったが、カオヤイ農園でも同じことをやらないといけないらしい。

嫌だ、長老は見ているだけにさせてくれ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内