イヤミな日本人?

ソンクラーン中は、日本人が大勢カオヤイいちご園に来てくれた。

会社には誰も居なく皆休んでいるので、仕事したくてもやることがないのだろう。

そこで、社有車と専属運転手を使ってカオヤイに避暑に来る方が多い訳だ。

お互い日本人だと分かると話が弾むことが多いが、中にはウマが合わない人も居る。

そんな日本人との会話。

「ひょっとして日本人ですか?」と聞いてみたら、

「あれ、日本語話せるんだ。それともホントの日本人?」

「はい日本人です。」

話が弾むと思ったらはいきなりこの質問。

「どうして日本人がこんな所でいちご園なんかやってるん?」

(ム! なんか悪いのか? その質問は答えるのが一番難しいんだ!)

「もともと違うことやってたんですけど、いろんな経緯でいちご園なんかやってます。」

「いちご園で儲かるの?」

なんか馬鹿にしたような口調。日本人のやる仕事じゃない? はい、外国人事業法で、農業も販売員も禁止されているよ。僕だってあんたより長く企業戦士やってたけど、思うとこあって辞めたんだ。

「いやあ、儲かるってほどは儲かりませんよ。」

「そうだろうね。それで、いちご売って食べて行けるんか?」

「まあ、なんとか食べていけてます。」

「だけどタイ飯ででしょう?」

「はい、まあ。」

(どう言う意味? 日本食は高くて食えないだろうって? そうさ、どうせローカルタイ飯がメインだが、それが悪いか? ついでに言うと、タイ人も僕も食べて行くために働いているのではない。ここでは、働かなくたって食べていける。日本は違うけどね。)

「他にも収入があるんでしょう?」と奥さん。いいとこ突いてくる。

「ええ、まあ。小さな会社やってまして少しだけ収入がありますけど、景気悪いので、収入はこっちのほうがメインですね。」

「いちごの時期が終わっちゃったらどうするの?」

「しばらく何もせず、タイと日本を旅行しようと思ってます。」

「へえ、優雅だねえ。いろんな人が居るもんだ。人生いろいろって奴だな。まあ、頑張ってな。」

おそらくは日本企業の駐在員。日本人は普通数人しかいないので、皆さん年齢の割に上級職で、タイでは家付き車付き家政婦付きのいい暮らしをしているが、給料自体はそれ程多くは貰っていない。日本に帰れば通勤電車に揺られる普通のサラリーマン。

多分あんたの給料より、いちご園からの収入の方が多いんじゃないか?

別に嫌味な人ではなかったが、嫌味に聞こえたのは、僕の内部で今の自分を惨めに思っているからか?

沈没したとは思っていない。

でも、もう一歩かニ歩飛躍しないと駄目だ。

帰国予定

5月9日に約一年ぶりに日本に帰る。

これ程長くタイにいたのは初めて。

例によってマシュマロちゃんを連れて行く。

彼女の滞在限度は15日なので、帰りは23日。

この間に、次のところに行けたら良いと思っている。

足利フラワーパークの藤

日立海浜公園のネモフィラ

本栖湖ホテルの芝桜

上高地の雪山

千畳敷カール

岐阜白川郷の民家

京都 奈良 

ちょっと欲張りか?

でも心配なのは、この頃第三次世界大戦が勃発

しないまでも、アメリカの攻撃でヤケクソになった北朝鮮が、日本の都市にプルトニウム爆弾を積んだミサイルを飛ばし、原発が破壊され、ダーティーボムが東京で炸裂し、ソウルは火の海と化し、北朝鮮の大量の難民が国境を渡り、中国、ロシアを巻き込んで、日本は戦争当事国に巻き込まれるんじゃないかと。

そうなら日本になんか帰らない。

こんな危険を感じるのは僕だけか?

落下傘部隊

種を遠くに飛ばす為に、いろんな羽根つきの種があるが、今日も1つ面白いのを見つけた。

羽根の一部が烏帽子のようになっている。

飛ばしてみたところの写真は携帯じゃ上手く撮れないが、

飛ばすと良く回転して、それが揚力を生み出し、ゆっくりと落下する。

近くにこの実を成らす木はないので、何処か少し離れたところから飛んで来たらしい。

夕陽が泣いている

タイの夕焼けは美しい。

オレンジからブルーへのグラデーションが神秘的で心惹かれる。

仕事が終わり、今日一日が過ぎ去ろうとしている時に、この色彩が僕の心を慰めてくれる。

口の周りのアイスクリーム

僕の娘は、幼い頃アイスクリームが大好きだった。

多分、口の中に入ったアイスクリームよりも、口の外に着いて食べられなかったアイスの方が多かった。

口の周りにいっぱい着いたアイスクリームを見て、僕達夫婦は大笑いしたものだった。束の間の幸せだった。

今日の昼、妹さんの娘がアイスクリームを食べるのを見たら、自分の娘とまるで同じで笑った。

きっと、何処にでもある風景なんだろう。

みんながどうして笑ったのか知らないのに、自分も笑うジョンジョ。

この夫婦も、この娘も、きっと幸せだと思う。

ソンクラーン迄にいちごの波は 来なかった。

2週間前に沢山第三波、第四波の花が咲いて、ソンクラーンはいちごラッシュでウハウハの予定だったが、蓋を開けてみたら、いちごが全然ない!

今月初めからの度々の雨で傷んでしまったのだろうか? 誰がが全部採ってしまったのか? なんだか良く分からないが、ソンクラーン迄あと3日しかないのに、1センチ程のまだ緑色の小さないちごの子供しかない。

花は沢山咲いているが、小さな白い実しかない。花と小さな白い実なら沢山ある。

この時期、他のいちご園は殆ど終了して閉めて帰ってしまった。ワンナムキアオのマシュマロいちご園もスリップスにやられて終了。ポンプ電源もコワレテ、いちごはあと数日で枯れ草になる。

それに対して、僕のカオヤイ農園は、花と小さな実から推察して、あと2週間でいちごラッシュが期待される。

ソンクラーンのタイミングを逃して駄目娘ちゃんだが、ここまで来たらもう一度いちごの大波を観てみたい。

バンコクのパクローン市場にあるいちご卸もみんな店を閉じて日本に遊びに行ってしまったので、もうバンコクからは誰も仕入れられない。

それもそのはず、生産地のチェンマイいちご農家が、今月初めからもう収穫を辞めてしまったのだ。

チェンマイでも、バンコクでも、ワンナムキアオでも、いちごはもう終了。なのに、僕のカオヤイ農園は今頃花が咲いている。

誰もが止めてしまったこのクソ暑い時期に、果たしていちごが成るのだろうか?

ソンクラーン迄に水枯れは起きなかった

3月下旬にラムタコーンの水が涸れて、溜池に水源を移した。

涸れた川は、雨季入りまで涸れっぱなしだろうと思っていた。

ところが4月上旬に度々の夕立があり、ラムタコーンは清水をたたえ、せせらぎを伴う豊かな川になった。

当初から渇水対策を考えてきたが、結果的に今年は必要なかった。

今度はモンキチョウ

10日程前、カオヤイ国立公園方面からラムタコーンという沢を伝わり、僕らのいちご園を通って北に飛んでいったモンシロチョウの大群は3~4日に逆方向にカオヤイの山に戻って行った。

そしたら、入れ替わるように今度はモンキチョウは沢山山から飛んできた。

飛んでいるところは写しても見えないので、地面の塩を舐めに留まったところを写してみた。

近付き過ぎると危険を察知して逃げてしまう。

いちご園に蝶が乱舞しメルヘンチックで良いのだが、蝶の目的はいちごの蜜を吸うことじゃなくて、いちごの葉に卵を産み付ける為だ。

この二週間で膨大な数の卵が産み付けられたことだろう。

蝶の幼虫が大きく育つ頃、僕らは店を閉め、旅行に出掛けているだろう。

Snow遊び

Snowというアプリで遊んでみた。

ちょっと運命を間違えると、自分はこんな人だったかも。

これはマシュマロちゃん。そのまんま。

マシュマロちゃんと顔を入れ替えた。

どの顔も、何処かで見たことがあるみたいで面白い。

豚の生贄再び カオヤイ農園にて

マシュマロちゃんの兄の所で生贄は捧げたし、豚肉はまだ山ほど余っていたので、カオヤイ農園ではもうやらなくても良い、やりたくないと思っていたが、やはりそういう訳にはいかなかった。

「やるなら小さな子豚にしようよ。」と僕は言った。

「私は子供じゃないのよ。ちゃんとしきたり通りやらないでどうするの? あんた、意味が分かってないんだから、余計なこと言わずに黙ってて!」

そう言われて、酷く不愉快な朝だった。

モン族の精霊信仰も生贄も、日本人元エリートサラリーマンの俺の知ったことじゃない。出来れば、そんな残酷で無駄なことやりたくない。

ただ、彼女の文化を尊重して、已む無く寛容に従っているだけなのだ。それなのに、馬鹿にしたような口振りで気に食わない。

豚はワンナムキアオの個人で豚を飼っている農家に買いに行った。しかし、親父が不在。女将さんは勝手に売れないと言う。おやじさんがいるという所に車で探しに行ったが見つからない。

仕方なく別の農家を訊ねた。そこにはまだ2か月程度の体重35kgくらいの子豚しか売れる豚はいなかった。

連日の豚肉料理に皆さんげっそりしていたこともあり、

「これくらいで丁度いい!」ということになった。

38kg 2500バーツで購入。キロ当たり68バーツ。僕らが売るいちごよりずっと安い。

豚の耳を引っ掴んで、この鉄檻に入れる。あとはピックアップの荷台に載せて運ぶだけ。

カオヤイ農園では、バスケットとネムの木の枝で神棚を作った。

お茶をお供えし、お線香を炊いて、訳の分からない呪文を謳う。お茶でなくて、お酒でも良い。

地面に膝ま付いて、お祓いに使う白い短冊のようなものを燃やす。

日本の神道に似ている。

続いて、豚の足と口を縄で縛る。このときは、豚が死にものぐるいで暴れ、キーキーと恐怖の鳴き声をたてて怖かった。

この後、神様が怒ったのか、激しい雷雨になって一時中断。

約1時間後、雨は上がり、やっと生贄を捧げる時が来た。

身動き出来なくなった豚の喉にナタ包丁を入れ、そのまま心臓を突き刺す。

心臓からの鮮血をどんぶりで受ける。

上手く心臓に刺されば数分で絶命するはずだが、このときはなかなか死なず、長く意識があった。兄は、もう一度心臓を刺したが、肺か気管を傷つけたらしく、豚は咳き込み口からも血を吹いた。首の傷口からも血の泡が出た。

可哀想に子豚は死ぬ迄にかなり長いこと苦しんだ。土地の神様は満足しただろうか。

どんなに苦しんで死んでも、一度絶命してしまえば、もうただの肉の塊である。

毛と表皮を焼き取る為の火あぶりの刑に処しても、もう痛くも苦しくもない。

焼夷弾やパナーム弾で大火傷を負い、皮膚が剥けて垂れ下がった人の写真は見たことがあるが、豚も同じだった。皮膚と体毛は鎌で擦り取って綺麗に無くなった。

肉になった豚をカオヤイの借家に持ち込んで、宴会の始まりである。

今夜は、ちょっと洒落てバーベキューとトンカツがメインディッシュ。

超新鮮な豚肉は本当に美味しい。買ってきた肉とは大違いだ。

子豚だったが、それでも食べきれずに肉を山分けして持って帰ってもらった。僕の冷蔵庫は豚肉でいっぱいになった。

「だから子豚で良いと言っただろ!」

余った肉は煮込んでチャーシューにして見ようと思う。

古今東西いろんな神様が生贄を欲しがるが、ほんとに欲しがっているのかどうか疑問もある。死んで神様に会えたら聞いてみようと思う。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内