アキバで売れているもの

秋葉原は今やアジア人のためのお土産売り場になっている。

中国人やタイ人が日本に来て、ちょっとしたお土産に何を買っていくか。日本に帰ると恒例となったが大手免税店を覗いてみた。

いろいろあるが、健康と美容に関係するちょっとした電子機器、電化製品。これが売れているようだ。

2015 03 10 05 45 21

2015 03 10 05 45 32

2015 03 10 05 46 15

2015 03 10 05 45 53

2015 03 10 05 46 03

2015 03 10 16 11 41

誰もが考えるように、タイに来る前や来た直後は、こういうものを輸入してタイで売れば売れて仕方がないだろうと思っていたが、そうでもなかった。

有名ブランドは売ることすら出来ないし、電源、表示言語、許認可、関税、卸契約や代理店契約の問題が山積していて、一筋縄では行かない。

日本製品をそのまま日本で外国人に売るほうがよっぽど簡単。

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

泣いたカラス

娘がまだ小さかった頃、何か気に入らないことがあってわんわん泣いていても、甘いお菓子をあげるとすぐに泣き止んで機嫌が良くなった。甘いお菓子を口にした以外、何も状況は変わっていないのにである。

女って、大人になってもそんなところがある。

理屈よりも感情で判断する。というより、その時の感情で判断ががらっと変わる。

泣いたカラスがもう笑う、とか、女心と秋の空とかよく言ったものだ。

以前書いたように、脳梁の繋がりが強いからだが、マシュマロちゃんも全くその通り。

ちょっとした感情の変化で、180度違う判断をしてしまう。そして僕はその都度振り回される。

それなのに気分が変わるとその判断は帳消しになる。気分を変えたのは、ちょっとした甘い言葉だけなのに。

こういうの取り扱いに苦労する。

 

ただ、理屈で判断するのと感情で判断するのと、どちらがベターなのかはわからない。

生存率だけから推測すると、感情で判断するのが正しいのかも。

男は時々、理屈でとんでもない間違いを犯すので。

 

僕のように半分老後になった人間は、多分理屈は棄てて感情で判断して生きていくのが正解なような気がする。

理屈で失敗ばかりしてきたから。

最近の飯

近所にあった行きつけのタイ飯屋がなくなってから、夕飯に困ることが多くなった。

仕方がないのでセントラルに行って食べるのだが、そうするとどうしても高くついてしまう。なぜだか自炊する気にもなれない。

結果、飯の内容は以前よりましになった。

2015 03 21 18 05 32

一応ステーキ。メディウムレアーを頼んだら、かなりレアーなのが来た。熟してないので生肉食ってるみたいで気持ち悪くなった。

 

2015 03 23 19 05 06

焼き鯖弁当

 

2015 03 22 20 20 55

これはタイ飯。

でもお気に入り。


2015 03 09 03 23 35

ファミレスでよくある定食。何故か懐かしい。

 

2015 03 20 19 30 43

これは自炊編。

アジの甘露煮は買った。

納豆は、和僑会のある社長さんが起業して作った会社の、タイ産大豆によるタイ産納豆。

大粒だが、納豆らしかった。一個15B。なので儲けなし。でもその社長さん、年収5000万円だから、それでいいのだそうだ。

醤油は、日本で買ってきた梅醤油。

上にあるのはイチゴのフルーチェ。マシュマロちゃんにあげたら気持ち悪いといって食べられなかった。

 

以上、どうでもいい内容でした。

 

展示会のブース

先日の展示会は、こんな感じのブースで出展した。

SL001537

B2Cの展示会だったし、一般に展示会単体で利益が出ることはない。むしろ展示会を通して得た新しい顧客やパートナーから、後々得られた利益が展示会の経費を上回ったのなら、やってよかったということになるのだろう。

僕の場合も、もちろん現時点で赤字。だけど小さい会社で資金繰りが悪くなるのはヤバイので、次回の展示会はもっと節約してやらないといけない。

次回のブースは、こんな感じに設計してみた。

テーブル類は前回作ったのを使うので、新たに作るものは少ないから、前回の5分の一位の経費で出来ないかと画策中だ。

Booth6CBooth6D

 

ちなにみ、これは家の見取り図作成などに使う安価なソフトを使った。照明の加減が悪いが、全体像を把握するのはこれで十分。

前職時代には、一つの展示会で1000万円以上使って、すべて業者に任せていたので、何から何まで随分勝手が違う。

 

2回の展示会で、この後生きていける目処が立つようなビジネスが構築できなかったら、、、、

ちょいと諸々考えなおさないといけないかも。

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

和僑会主催異業種交流会

先日、和僑会主催の異業種交流会があったので行ってきた。

僕が和僑会に入ってから3−4回目の交流会だ。

タイで活躍している人、タイで起業しようとしている人のうち、和僑会に入っているのはごく一部。異業種交流会というのは、人脈形成の一助になるよう、和僑会会員の有無を問わず、また業種を問わず集まって貰って交流する会だ。

2015 03 19 21 09 58

毎回、テーブル席で飲み食いするだけだが、それでも何人かの方と知り合いになれるいい機会だ。

会費は、会員が1000B 非会員が1500B。


10906043 10153128316712118 4222433280738020411 n

 

いつも思うのだが、世の中にはいろんな仕事をしている人が居るものだ。

多くは日本に会社があって、そこから派遣されている人だが、中には一人で来て事業を立ち上げている人もいる。

主に日本人を相手にした仕事に従事している人が多いこともあり、直ぐに自分の仕事に役立つ関係が生まれるわけではないが、この会を通して協業が始まった例も結構あると聞く。

 

実は僕も、とある日本企業の社長さんで、タイで新ビジネスを展開しようとしている方と知り合いになリ、2度程飲みに行って語り合う友人が出来た。嬉しい事に、今度その方と協力して(というよりその方に協力してもらって)、新しい販路を構築することで合意した。

やや先の長い話だが、こういう関係が出来たことはほんとうに嬉しい。

 

 

 

いちご園の終わりと新しいイチゴ

ナコンラチャシマ県のマシュマロいちご園も、もうそろそろ終わりだ。

写真のように枯れてはいないが、もう花は咲かず、実もほとんど成っていない。

今週末で終了して、片付けに入るそうだ。

86015

日中の気温は34度を超え、いちごは間もなく枯れる。

ポンプとウオーターシステムを回収して、掘建小屋を撤去するが、いちご達はこのまま放置される。勿体無いような話だが、彼女のお兄さんの話では、どうせソンクラーンには枯れてしまうのだそうだ。

今年の秋もここでいちご園をやるのかどうかは未定だが、多分やらないそうだ。近くの別の場所に引っ越す可能性が高く、すでに場所も借りている。

 

今回も日本から戻ってくる際に、僕は日本の四季成りいちごを試験的に持ち込んだ。全部で42株。重かった。

これを上手くパッキングしてスーツケースに入れるのはなかなか大変だ。僕のスーツケースの重さは24.5kgになってしまい、重量オーバーとなったが、なんとか今回だけはということでそのまま飛行機に乗せてもらった。本来スーツケースに入れるはずの衣服類は紙袋に入れて手持ちとなった。

 

2015 03 13 09 20 32

下のは、温室育ちなのか葉が青くて綺麗。しかも花がピンク色。

ピンクの花が咲くいちごはタイではまだ珍しいので、綺麗にポット植えすれば、観光客には人気が出るかも知れない。

品種としては、この時期に購入できたものに限られるので、以前から試してみたかった新品種は含まれていない。

 

2015 03 13 09 20 38

寒い日本から急に暑いタイに来たものだから、びっくりしたのか、この後いきなり花が咲き出した。

ピンクの花を見て、マシュマロちゃんは嬉しそうだった。

 

日本で開発されている四季成りイチゴは、温度や日照時間の制限が外れて(弱まって)、夏の終わりから秋にかけて、つまり通常のイチゴのない時期にもイチゴが成るという代物だ。これがタイでも成功すれば、競争力はバッチリなのだが、どんな四季成りイチゴも、さすがに気温32度超えでは実はならないようだ。四季成りでも特に暑さに強くなっているわけではなさそうなので、タイの暑気には実がならないどころか、枯れてしまう恐れがある。

そこで3月末にマシュマロいちご園を引き上げて天空の村に帰るときに、持ち込んだ四季成りいちごも天空の村に引っ越して、そこで命を繋ぎ、子孫を増やすことになる。

問題は、誰がそれをやるかだ。

きっといろんな病気が出るので、それに正しく対処出来る人でなくてはならない。

いくつかある品種を混ぜることなく増やす必要がある。

更に一番コントロール困難なのは、できるだけ盗まれないようにすること。

というわけで、新しいイチゴの実を見るまでの道は遠い。

 

 

 

忘れていた花粉症

10日前、僕は日本に居た。

2015 03 11 09 55 57

春らしい陽気で、梅の花も満開なのだが、この苦しそうな顔はいったい?

そう、この時期は花粉症の僕にとっては辛い季節。

日本に着いて3日間は無症状だった。IgEやIgM値が上がってくるのに数日かかるからだ。でも4日目からは、鼻水とくしゃみと眼カユカユの日々。雨が降っても止まらない。

タイに住んでいて、自分の花粉症のことをすっかり忘れていた。

日本では桜が散るまでの数ヶ月間、この30年間ずっと苦しかったのを思い出した。

花粉症のないタイはやっぱり天国。

タイの下着売り場

タイの下着売り場は、タイの中でも僕の好きなスポットでもある。

別に下着を見て欲情する訳ではない。可愛くて、カラフルで、おっさんが立ち寄っても割りと許容される雰囲気があって、タイ女と一緒に下着を選んだ楽しい思い出も沢山あったりするからだ。

先日、日本から来た関連業者さんが下着売り場を見たいというので案内してきた。

まずはターミナル◯◯。

売り場は原則写真お断りのところが多い。価格情報を取られたくないのだろうが、表示されているのだから秘密というでもあるまい。

八百屋もそうだが、いくらで売っているかを同業者に知られたくないのだろうか。隠しても同業者はそれくらい知っていると思うが。

IMG 6244

IMG 6246

IMG 6247

IMG 6251

IMG 6258

IMG 6259

IMG 6264

IMG 6263

ブラもこれだけあると、選ぶのが楽しそう。タイ人はブラが透けて見えるのを全然気にしない。むしろ透かせて見せている感じ。

なので色とりどりが日本より多い気がする。

ターミナル◯◯の渋谷、表参道、原宿通り。タイブランドばかりで日本製や日本ブランドはないのに、なんでだろう。

IMG 6277

IMG 6279

IMG 6280

 

 

続いて、パラ◯◯。

ここには非常に広い下着売り場がある。日本でこれ程広い下着売り場は見たことない。

ここの売り場は、売り子のおばちゃんが実にたくさん居る。これが非常に邪魔。寄って来ないで欲しい。

IMG 6269

日本では僕が高校生時代に全盛だったが今は死に絶えたプレイボーイブランドがタイでは元気だ。

 

IMG 6289

僕としては、このコーナーが一番興味があった。

どれも驚くほど高い。輸入ブランド物は日本より高いと思った。

 

IMG 6294

IMG 6293

IMG 6296

僕には違いがよくわからないが、専門家が見るといろんなことがすぐに分かるようだ。

日本とは売れ筋のタイプがかなり異なるらしい。

パラ◯◯だからかもしれないが、全体に値段の高さに驚いていた。

ブラはサイズが沢山あるので大変だ。一つのモデルの一つの色毎に、50種類近くのサイズがあることになる。

売る方としてみれば、売り場の場所はとるし、少量多種のストックが必要ということで、なかなか大変だ。

 

ウォーキングストリート@シーロム

またまた間が開いてしまった。

ブログの更新がおぼつかないのは、マシュマロちゃんが来ていてブログを書く時間が取れなかったから。

先週末、日本円をバーツに換金するためにタニヤに行ってきた。

そしたら、シーロム通りがデモで道路封鎖じゃなくて歩行者天国やっていた。

デモで道路封鎖された時、事実上の歩行者天国になって、出店がいっぱいで、観光客もいっぱいだったが、まさにあの時と同じ用になっていた。

2015 03 15 15 26 26

ウォーキングストリート@シーロムというらしい。

 

2015 03 15 15 26 31

サラデーン駅前。椅子が並べてあるが、これは上のコンサート鑑賞用の椅子。

 

2015 03 15 15 28 13

おなじみシーロムコンプレックス前。

マシュマロちゃんのために、バッグとイヤリング2つ買って200B。

 

2015 03 15 15 31 06

毎週土日は歩行者天国になればいいのに。

タイのガソリン事情

タイにはガソリンの種類がたくさんある。

オクタン価91ガソリン (これは販売中止)
オクタン同95ガソリン

エタノールを10%混合したオクタン価91ガソホール
エタノールを5%混合したオクタン価同95ガソホール

エタノールを20%混合したガソホール「E20」
エタノールを85%混合したガソホール「E85」
エタノールはサトウキビから作っていると思うのでCO2対策にはなる。ガソリンタンクに水が貯まらなくなるというメリットもある。しかし、逆に水を溶かすので、所謂水増しもできちゃう。

意外と多いのが、液化石油ガス(LPG)。つまりプロパン。タクシーだけじゃなくて一般乗用車もLPG車が多い。50000B位で改造できるのでトータルで安くなる。新車の時からLPG仕様車も多い。

それと僕は見たことはないが、自動車用天然ガス(NGV)つまりメタン。

ガドリンスタンドに依って、あったりなかったりするのでめんどくさい。先日、スワンナプーム空港の近くのガソリンスタンドにやっとのことで辿り着き、指定のガソリンを入れようとしたら「それはありません。別のスタンドに行ってください。」と言われた。空港の近くは一方通行が多く、Uターンも少ない。間違って高速に上がってしまうと、10kmも余計に走って戻ってくることになる。種類を減らすか、どのスタンドでも全部売ってるようにしてもらいたい。

種類が多いと流通コスト等を上げるので、タイ・エネルギー省は、オクタン価91ガソホールの販売中止を決めたそうだ。オクタン価91ガソホールを使用している自動車はどうなるのかというと、販売中止後にオクタン価95ガソホールまたは「E20」に切り替えることができるのだそうだ。
要は、どれでも余り変わりがないってこと。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内