FC2ブログ

タイ、フルーツジュース事情

タイはフルーツの国なので、実に多くの種類のフルーツジュースがある。

種類で言ったら、食材の豊富な日本と比べても3倍あるように思う。

そして僕はよく100%ジュースを飲む。ウォッカで割って。

ウォッカで割るなら、100%ジュースじゃないとダメだ。

100%ジュースの場合、1リットルでだいたい60−65Bというのがトップマートでの相場だ。

200円程度なので、日本と同じか少し高いくらい。

なので、僕が買うのはセール品のみ。

 

IMG 5856

これはライチーのジュース。普段62Bのところ、今日は39バーツ。買った。

 

IMG 5855

大きなザボンに似たソンオーのジュース。やっぱり62Bが39B。買った。

 

IMG 5854

こちらはヤシの実ジュース。

椰子の実ジュースなんて、そこらの屋台で安く飲めるのに。これは79Bもする。輸入品かな?

買わなかった。

 

値段は安くないが、日本にはないジュースが飲めるのがいい。

これでウォッカを飲めば、健康にもいい?

 

乾季の屋上

乾季には滅多にまとまった雨が降らないため、屋上ガーデンの植物への水やりが大変だ。

プーからは2日に1回と言われていたが、週に2回がせいぜい。一回に30分もかかる。使う水は100リットル以上。

眠いし、けだるいし、億劫だ。

 

IMG 5842

しかし、水が切れるとランに花芽が付く。

先日、水やりに行ったら、まだ固い蕾と思っていたランに綺麗な花が咲いていた。香りも良かった。

下に降ろして飾ろうかとも思ったが、ここで人知れず咲かせておくものいいと思い、そのままにした。

他の植物たちは、水が切れて元気がない。

豊穣の時3

間もなくフラワーフェスティバルを迎えるマシュマロいちご園は、見るからに最高の状態となった。

IMG 5863 2

これだけ成れば立派なものだ。

僕の玄関前のいちご苗は、元気だが実は皆無。やっぱり気温だ。

 

69279

如何にも新鮮そうだ。

先週の日曜は80,000B売れた。

 

IMG 5862 2

こんな大きな実もある。紅ほっぺより大きい感じ。

 

IMG 5861 2IMG 5860 2

花もいい。これは20日の卒業式の冠にするといい。花びらに見えるのはガクで、ケイ素を多く含み紙のようにカサカサ。

タイでは紙の花と言う。生きたままドライフラワーな花だ。

 

69262

彼女のお兄さんが、山鶏を捕まえた。

 

69861

小さめの卵を割ってみると、雛が育っていた。これをお兄さんは食べたそうだ。

食べたことないし、食べたくないなあ。

 

 

今度の日曜日に、マシュマロいちご園にプーおばちゃんと一緒に行くつもりだ。

泊まれないが、実際のいちごや花達、それから日本から持ち込んだいちご苗を見に行ってくる。

そしてその時、お兄さんに貸したお金を返してもらうことになっている。

本当に返してくれたら、 タイ人にお金を貸して始めて帰ってくる記念すべき日になる。

 

ニッパヤシ・ラーメン

95%水の土地で買ってきたニッパヤシの実。

冷蔵庫の中に忘れて日数が経ってしまったので、生食は断念して、ラーメンの具にすることにした。 

IMG 5868

軟骨と寒天とヤシの白いところを足して3で割ったようなもの。

甘くない。味は若いヤシの実の白いところとだいたい同じ。

 

IMG 5871

いただき物のこのラーメン具として放り込んだ。

 

IMG 5869

他の具材は、ガイトー(鶏の唐揚げ)とキャベツ。

 

IMG 5873

今日はこれを食べた。

 

ラーメンとニッパヤシの組み合わせの結果は。。。

味噌汁に寒天を入れたような感じ。。

食べれないことはないが、美味しくはない。

やっぱり砂糖を入れて、甘く煮て食べた方が似合いそうだ。

 

 

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内