お寺と東京タワー

参加した展示会の最終日。

この日は少し早めに切り上げて、東京見物に行ってきた。

僕はもう疲れきっていたけど、この日までほとんど観光なしで来たから、少しは観光させてあげないと。

 

IMG 6420

JRの車内にて。

展示会で得た資料とサンプルが重い。

 

閉館直前の築地本願寺にタクシーで乗り付けた。

「これが日本のお寺名の?変わってるわねえ。」

築地本願寺はインドヒンズー様式の変わったお寺。日本人が見ても「変わってる」

 

SL142094small600

SL142101small600

SL142116small600

でも中は金色の菩薩様。

これならタイ人にも仏教だと分かる。

 

 

SL142203small600

次に行ったのが、増上寺。

増上寺と東京タワーの定番コース。

この写真はイラストモードで写した。

 

SL142152small600

今回の旅の4人組。

「どうして日本のお寺は黒いの?」とよく聞かれる。

「昔は黒くなかったけど、古くなって黒くなっちゃんたんだよ。」と答えた。

昔は多分本当に金色や朱色で華やかだったはずだ。

 

SL142225small600

ナン様に言いつけられて、カメラマンとして忙しいトム。

 

SL142251small600

SL142242small600

東京タワーのマスコット。トムちゃん大喜び。

 

SL142270small600

東京タワーからの夜景。

 

SL142254small600

ナン曰く。

「バンコクもこんな感じで同じだわ。特に見るべきものないわね。」

確かにその通り。20年前なら驚愕しただろうが、今のバンコクの夜景は東京と変わりがない。

 

SL142256small600

SL142316small600

最後は東京駅で閉め。

ながーい1日だった。

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

桜と富士山

桜と富士山は、タイ人(に限らないが)が日本で見たいと思っている代表選手。

日本では、今頃はきっと桜が咲きだして、誰もが春を感じている頃だろう。

我が社の社員が訪日した今月中旬は、寒波で冷たい風が吹き、残念ながら桜の蕾はまだ固く閉じたままだった。桜の花が一年でたった2週間程度しか見られず、時期が10日ずれるともう見えないという日本の春の事情を、多くのタイ人はなかなか理解できない。

しかし、どうせ本物の桜なんて見たことがないのだから、近所のバス停の脇の梅の花を見せた時は、「サクラ、サクラ」と大喜びで、それを背景に何十枚も写真を撮った。僕が単身タイにやってきた時に咲いていた梅の木だ。

「これはサクラじゃなくて、ウメだよ。」と何度教えても、「ウメ」という名前はなかなか覚えてもらえなかった。

サクラでもウメでも何でもいい。まあ大体似ている花だし、梅のほうが香りがある分良かった。

 

SL142661small600

SL142655small600

SL142666small600

こうして写真を見ると、ウメでもサクラでも同じようなものだ。

 

富士山の方は、はとバスに乗って見に行ってきた。

山梨県のカチカチ山から見た富士山は綺麗だった。

連れて行ったタイ人も、その雄大さに歓声をあげていたが、写真にすると雄大さは伝わりにくい。

SL142514small600

SL142509small600

SL142515small600

SL142529small600

 

はとバスツアーは、富士の麓のレストランで食べ放題ランチが付いていたのだが、そのレストランの庭先に雪がたくさん積もっていて、雪を知らないタイ人へのいいプレゼントになった。

 

SL142434small600

SL142432small600

雪にブーツが埋まるのが面白くて、笑いが止まらないトム。

 

SL142415small600

この足が抜けなくなって、抜いたら足だけ出て来た。

 

SL142419small600

まるっきり娘のようなトム

 

 

 

SL142382small600

富士浅間神社では、結婚式の写真に割り込んだプー。

どういうわけかカメラマンがタイ人だったので、タイ語で簡単交渉。

新郎新婦には迷惑だっただろうが、僕は他人のふりをしていた。

 

SL142412small600

冨士浅間神社で、ナンがタイ語の絵札を書いた。

僕の会社が成功しますようにと書いてくれた。

「日本のお寺にお願いしたから、もう成功間違いないわね。」

とナン。お寺じゃなくてお宮だけど、まあいい。

SL142397small600

SL142389small600

変な巡り合わせの女三人が、一緒にお祈り。

その写真を撮りながら僕も祈った。

「これからも喧嘩せずに仲良くやってくれよ」と。

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内