FC2ブログ

ゴールデン・ブッダ(ワット・トライミット)

インテンシブ・タイ・プログラムの活動の一貫として、タイを知るための小旅行が催されるが、今回はチャイナタウンのヤワラー通りの終わりにあるワット・トライミット(の中にある博物館)に行ってきた。このような課外授業的活動は、1コース6週間の間に8時間以上参加することが進級の条件になっている。これまでにも、ラッタナーコシン歴史展示館銀行博物館に連れて行ってもらったことがある。

今回も、行くまでは何処に連れて行ってもらえるのかも知らずに、ただバスに乗っただけだった。

せっかく行ったので、ちょっと調べてみた。

ワット・トライミットの目玉は、ずばりゴールデン・ブッダ。金で創られた仏像。金箔の仏像はたくさんあるが、金で鋳造された仏像としては世界最大。

この仏像はヤワラーという中華街にあるのに、発見されたのは1953年。

ワットトライミットは1238年に建立され、以前は何の変哲も無い普通のお寺だった。タイの華僑が好んでお参りする極普通のお寺だったらしい。その境内には仏像が放置されていたが、全身漆喰が塗られ所々それも剥がれ落ち、顔も歪みあまりに粗末な姿だった。
しかし、1953年、市内の廃寺取り壊しが決定し、この仏像ををクレーン運び出そうとしたところ、見た目とは異なる異常な重さでクレーンが故障、作業は翌日へと持ち越され仏像は野外に放置された。すると、その夜は嵐となり一晩中雨と風が吹き荒れ、翌日作業を再開するために作業員が仏像に近づいて見ると剥がれた漆喰の隙間から黄金の光が漏れているのが発見された(落下した際に黄金が現れたという説もある)。


後の調査によるとこの仏像は700年~800年前のスコータイ時代に製作され、当時略奪の限りを尽くしていたビルマ軍から逃れるため、全身に漆喰を塗り普通の仏像であるかのようにカモフラージュされていたとのこと。

ワット・トライミットの黄金仏像は、釈迦牟尼像(お釈迦様の像)で、「触地印・降魔印」(左手が膝(ひざ)の上に、右手が大地に触れている形)の典型で、釈尊が悟りを開いた時の姿といわれ、あらゆるものを平等に受けとめる姿であるという。その姿形はスコータイ時代の仏像の中でも、もっとも美しいと言われている。

ゴールデン・ブッダは、純度60%の金で出来ており、高さ3メートル、重さ約5,5トン、時価推定120億円の価値があるらしい。純金ではないので、純金の黄金色より若干黒っぽくみえるが、表面はなめらかで美しく輝いていた。

 

IMG 2664

金仏堂

靴を脱いで入る。途中外の階段も歩くが、雨で水たまりが。お陰で靴下もびしょ濡れ。結局素足になって歩いた。

   利用時間9:00~17:00

   住所Thanon Mittaphap Thai-China, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok 10100

   アクセス地下鉄フアランポーン駅1から徒歩約10分利用料金20B

   備考休:無

 

IMG 2668

 これがゴールデン・ブッダ。

IMG 2671高さ3メートル、重さ約5,5トン、時価推定120億円

IMG 2681

 

 

IMG 2683

 僕の好みのレリーフ。

 

 

この他にも、仏像の作り方、バンコク中華街の歴史 を展示する映像や模型がたくさんあり、割と楽しく見学できた。

 

 

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

バンコクの心霊スポット

数日前のブログ「お寺めぐり」で、オンヌットにあるちょっと変わったお寺を紹介したが、その後このお寺にまつわる逸話が分かったので紹介します。

舞台はこの下の写真のお寺。なんとなく不気味な感じがするように、ピー(妖怪、悪霊)の話だった。それも、ピーの中でも最も恐ろしいとされるピー・プラーイ(難産で死亡した女性の霊)の話。

このお寺は、ワット・メーナークプラカノーン (วัดแม่นากพระโขนง) と呼ばれているが、正式な名前はワット・マハーブット (วัดมหาบุศย์) 。写真や場所は前のブログにを参照してください。

IMG 2631

 道理で不気味だと思った。参拝者が女性ばかりだったのも頷ける。

どうしてナンは僕をここに連れて行ったのだろう。

 

IMG 2635

ワット・メーナークというように、母ナークの悲しくて恐ろしい怪談。

タイ人はタイで実際にあった話と信じているが、どうももともとは中国の話しがタイに言い伝えられたというのが本当らしい。

話をウィキペディアの「プラカノーンのメー・ナーク」から抜粋すると、

話の舞台はチャクリー王朝初期である。主人公のナークは村長の娘で、恋人のマークは貧しくも働き者の男で、村長の庭師として働いていた。二人の恋は夜の営みを行うまでになったが、そのことを聞いた村長は娘を庭師から遠ざけるようになり、金持ちの中国人と娘の縁談を進めた。それを知ったナークは家出をしてマークと結婚した。

その後ナークは妊娠するが、時を同じくしてマークは徴兵される事となり村から出ることとなった。その際、親友のトゥイと老夫婦のター・ミー(ミーじいさん)とヤイ・マー(マーばあさん)にナークの面倒を見させる事となった。その間、ナークが産気づいたが、ター・ミーとヤー・マーの助産もむなしく、難産でおなかの子共々死亡した。ピー・プラーイになるのをおそれ、ター・ミーとヤー・マーはナークを手厚く葬った。

一方、兵役中のマークは戦場の駐屯地で夫への愛情と未練からピー・プラーイとなったナークとその赤ん坊と出会う。マークはナークに家を空けて来たことを叱った後、家族で一緒に夜を過ごしたが、朝になるとナークと赤ん坊は消えていた。それから長からずの時を経て兵役を終了したが、かえってトゥイと話したところ「ナークは死んだ」という。マークは「ナークと戦場で会っている」と主張して口論になった。

マークとトゥイがマークの家に行くと何事もなかったかのようにナークは家で仕事をしていた。マークはトゥイから「あれはピーで、のろい殺される」と忠告を受けたが、それを聞いたナークは反対に「トゥイは私とマークの間を割こうとしている」としてやり返した。

その後、しばらくナークとマークは一緒に過ごしていたが、ある日マークはナークが臼と杵で唐辛子を砕いているときに落ちた杵と取るために、尋常の人間ではできないほど長く手を伸ばし、縁側に腰掛けたまま杵を取り上げたのをみてびっくりし、ワット・マハーブットという寺院のお堂に駆け込み僧に助けを求めたが、僧達は経を唱えるのが精一杯で何もできずにいた。その間にもナークはどんどん凶暴になっていき、近づいた人を手当たり次第呪い殺していった。

その時、どこからともなくネーン・チウ(チウ少年僧)と呼ばれる高徳で霊感の高い少年僧が現れ、ナークを退治した。その骨は骨壺に収められ運河に投げ捨てられた。

 

一般に、心霊スポットとしてバンコク都民からは怖がられたり、興味本位で訪れたりされることがあるが、実際は、ナークが霊になってまで夫の留守番をしたという伝承から、出征前の軍人が留守の間に家に悪いことが起こらないようにと願う場所である。

 

タイ人は、ピー(心霊、悪霊)をものすごく怖がるけれど、ピーの話は大好きだ。最近までオンヌットに住んでいたモンに聞いてみたら、このお寺もメー・ナークの話もよく知っているとの事だったが、言葉の問題でとても僕には説明できないと言われていた。今、ストーリーが分かってスッキリした。

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

筆が重い

僕ががブログを始めようと思ったのは、始めに書いたように、仕事を辞め一人バンコクで起業を目指して生活することを決めてからだ。今まで僕と関わりあってきた日本の友人、職場関係者の視野からは僕は遠く離れてしまう。そいうった人たちから僕が見えなくなってしまうのが、ちょっと寂しいと思ったからだった。それに加え、会社という生活の場がなくなったので、同じ志や趣味を持つ人達と新たに知り合う「場」を作ったほうがいいと思ったからだ。

他の多くのブロガー達がしているように、ネットの匿名性を利用して自分の顔や詳しいプロフィールを隠せば、安心して自分のやったこと思ったことを赤裸々に書ける。しかし、僕は敢えて顔出しを選んだ。どういう背景を持った人なのか分からない人間のブロクは、読んでも今ひとつ現実味がなく、どんな人が書いているのかもっと知りたいといつも思ってきたからだ。

このブログを読んでくれている人は、当たり前だが次の3つに分類できる。

1,僕のことを昔からよく知っている人

2,このブログの記事以外は僕のことを全く知らない人。

3.僕のことを少しだけ知っている人。

1と2は、当初から当然分かっていたことなので問題はないが、3がちょっと気になっている。正直、3に該当する人たちを想うと、自分のことを赤裸々に書くのに少し抵抗を感じるようになった。

もとより、このブログには僕の生活のすべてを書いているわけではないし、夜遊び、女性関係、起業案件等は、余り問題がなさそうなことしか書いていないだが(題材は山ほどあって、それを書けばもっと面白いブログになることは間違いないけど)、それでも3の人のことを思うと筆が重くなってしまう。最近ブログの更新が少ないのはそのためだ。

恥ずかしいとか、理解してもらえないだろうと思うからだが、それ以外に、自分のことを書けば当然僕の周りの僕以外の情報を開示することになり、それがどんな副作用をもたらすのか分からないのが怖いという理由もある。

例えば、チュラロンコーン大学のインテンシブ・タイの内容一つとっても、役に立つ人はいるかもしれないが、厳密には著作権を犯しているかもしれないし、間違った情報によって大学や同窓生に迷惑をかけてしまうこともありうる。

タイ人の友人のことについても、名前(あだ名)も記事も日本語のみの表示で、その友達の身近なタイ人には読まれないことを想定しているが、今ではグーグルトランスレーター等で記事をタイ語にも翻訳することが出来るわけで、何かの拍子で友人が記事の内容を知って、それが結果的にまずいことになることだってあり得る(これは実際にあった。今はその記事は削除した。)

すべての登場人物に事前に記事の内容を一つ一つすべて了解を取ってから書くなんてことは現実的には不可能だし、それをしなければいけないというなら、もうブログは書けないだろう。

 

SL030476small640

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

お寺めぐり

事業家のナンに誘われて、2つのお寺周りをしてきた。

僕はよくお寺に誘われるのだが、本当はあまりお寺めぐりは好きではない。一応仏教徒ながら、タイ人みたいに信心深くないし、どこも同じように思えてつまらないのだ。

しかし、今日連れて行ってもらったお寺は2つともちょっと変わっていた。

始めに行ったのは、ホイクワンの駅にほど近いソープランド(アップ・オップ・ヌアット)の間にあるインド系の小さなお寺。駐車場がないので、エメラルドホテルの駐車場に車を停めて歩いた。日本人御用達のナタリーの前で、ナンに「ここは日本人がよく遊びに来るところだよ」と教えてあげたら、ナンは「日本人の男は女好きなの?」と聞いてきた。そんなの国に関係ないとは思ったが、「日本人は女好きだよ」と答えておいた。アップ・オップ・ヌアットが日本から持ち込まれた文化だということをナンは多分知らない。

そのお寺の仏様は、腕が4本あって目が人間みたいで腹が大きなゾウさんの神様。ガネーシャ神というヒンズー教の神様で、障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神らしい。なんかごちゃまぜだが、ヒンズー教からみると、仏教はヒンズー教の小さな一派にすぎない。

どうして、こんなところの小さなお寺にお参りに来たのかというと、今日がそのお寺のお坊さんの誕生日だからだそうだ。

せっかくなので「残りの人生でお金と女に不自由しませんように」とお祈りしてきた。そんなことは日本のお寺でお願いしたら罰当たりだが、ここタイではマイペンライ。それだけじゃ気が引けるので、英語で書いてあったサンスクリットのお経も一節だけ読んで来た。

 

IMG 2600

4本の腕がある。ボストン美術館では無数の手を持ち、若い女を食おうとしているガネーシャがあった。

 

IMG 2601

ゾウの神様の下にいるこの大きなネズミの片耳を手で抑えて、反対側の耳に人に聞こえないように何かをお願いする。どういう意味があるのかは分からない。願い事はもともと心の中か小声でするものだが、ネズミの耳にヒソヒソ願い事を言うのはユーモラスだ。でもお祈りするタイ人の表情は真剣そのもの。

 

IMG 2604

IMG 2605

タイのお寺は、ヒンズー教からミャンマー系の仏教、中国系の仏教と色々種類がある。

ここの仏様は男女のペア。仲良く座って微笑んでいる。こういう仏像は始めて。

 

 

 

次に行ったのは、オンヌットの近くのプラカノン川のほとりにあるお寺。

IMG 2616

場所は青丸のところ。

 

IMG 2609

雨が上がったところだったが、結構人がたくさん居た。

 

IMG 2610

このお店で、放流するための生き物も買う。

生き物を自由にしてあげることで、得を積むというわけだ。

 

IMG 2611

小魚一匹10バーツ。観賞用の熱帯魚より高い。

 

IMG 2613

僕達が買ったのは、カメ2匹、なまず1匹、カニ2匹。それと、写真にはないが、泥にまみれた小さな巻き貝を2kgほど。

それぞれの生き物に意味があるらしい。健康を祈るなら〇〇。家内安全なら△△といった具合。ただ、タイ語がよくわからないので詳しくは理解できなかった。

 

IMG 2624

ここが放流する川。対岸は写真のように人が住んでいた。

 

IMG 2619

一気に放流。

水は黒く見えるが、結構透明度がある。川には魚がいっぱい。

 

IMG 2622

放流したカメが泳いでいる。

 

IMG 2625

放流地点から上流側を見たところ。穏やかだが、わりと速く流れている。大きな魚が時々水面に顔を出す。

 

IMG 2626

下流側

 

IMG 2635

放流後にお祈りしたのはこの標識のある仏様。

昔、ある女性が妊娠したが、夫が遠くに行かなければならなくなり別れ別れに。夫が帰ったときは妻はもう死んでいたが、何故か川で毎日会うことが出来たとか説明してくれたような気がする。

 

IMG 2636

これが逢瀬につかったカヌー。

 

IMG 2628

こういう水辺には、何故か悲しい女を祭ったお寺が多い。

ナコンラチャシマのサイ・ンガーン公園も似た雰囲気だった。木に巻いたカラフルな布。

 

IMG 2629

女性の服や絵がいっぱい。生活の匂いがするが、ここでお参りをする。

若い女性がたくさんお参りに来ていた。男性はわずか。

 

 

IMG 2630

まるで生活空間のようなお祈り場。

 

IMG 2632

見つけたタイ文字の時計。年代物かと思ったら、クォーツだった。

蛇の這った痕にしか思えなかった文字も、いつの間にか読めるようになった。

 

IMG 2634

お店の人がイヌと猫に餌をあげていた。お米が主体の餌で、犬達は不味そうに食べていた。

 

IMG 2638

カンボジアからの屋台。ちょっと変わったものが多かった。歯で出来た飾り物や古銭。薬草の球根。

 

IMG 2639

翡翠や石のブレスレット。見たところ天然石らしかった。

僕はいつものように何も買わない。写真だけが僕のお土産。カメラを持って行かなかったのが残念。

 

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

悪い風邪

今ボクの周りで悪い風邪が流行っている。

聞いてみると、症状は1−2週間前の自分のものとそっくり。

主な症状は、下痢、発熱、喉のリンパ腺の腫れ。1週間以上続き、2−3度ぶり返すように発熱する。

今、インテンシブ・タイ3のクラスメート10名のうち、この2週間で僕を含めて4名が同じ症状を経験した。一人は現在入院中だ。

自分の場合は、ニューロキノン系やセファロスポリン系の抗生剤が余り効かなかった。イソジンのうがいも余り効果がなかった。扁桃は片側だけが腫れたので、ヘルペスかもと想ったが、買い置きしてあった最後の頼みアジスロマイシンが良く効いた。

現在は、熱も下がり、耳下のリンパ腺の腫れも引いた。

 

ブログで書いたように、 HIVの初期症状かもと心配だったので、昨日早速赤十字のHIVリサーチセンターで調べてもらってきた。

結果は、ネガティブ。

ああ、一安心。結果を印刷した紙を貰ったのに、病院に忘れて来てしまった。大学のすぐ近くなので、また行けば印刷してくれるとは思うが、順番待ちで1時間近くかかることがあるので面倒くさい。

待ち時間の間に、病院内の薬局に薬を受取りに来る人達を観察してみた。男女とも、どう見ても健康そうな姿ばかりで、性的活動を続けていると思われた(当たり前か)。セクシーな若い女性もたくさんいる。きちんとした身なりで現役社会人と思われる人も普通に来ている。受け取る薬は大体同じで3瓶だった。HIVは見た目では絶対わからないことを痛感した。

 

IMG 2552

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

ミス

本日バンコクに帰ります。

帰国前にビジネスパートナーとトラブルを起こしてしまったので、ずっしりと気が重い。僕の早とちりと確認を取らずに行動したことが原因で、悪気はなかったのだが、結果として大きな迷惑をかけてしまった。初めトラブルを避けたい思いから嘘を言ってしまったのが、更に事態を悪くした。

大切にしたかった関係だったが、もう続かないかもしれない。自ら撒いた種、致し方ないが悔やまれる。会社時代は、会社として迷惑をかかけたことは多々あるものの、僕自身のミスで社外の方に迷惑をかけたことは、あまりなかったような気がする。今回は僕自身のせいで僕が100%悪い。そのせいか毎晩寝汗を大量にかいて、ベットにいる時間が十分でもスッキリした目覚めがない。

単身外国に行って事業をやろうとすると、広く信頼関係を築けるかが一番大切だとつくづく思う。如何にビジネスモデルが優れていたとしても、一人じゃ何にも出来ない。外国じゃなくても当たり前のことで、大切にしてきたつもりだったので、今回の失敗は悔しい。

さて、TH2も終わって、明日からはTH3 も始まる(授業は今日から)。気を引きしめて再出発。

 

 

 

74949 474545352609977 1394285764 n

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

フランスからの便り

プーは今フランスに行っていて、毎日のように写真を僕に送ってくる。フランス人の彼氏のお母さんのお世話をするという目的だったが、写真を見ると、実際には2ヶ月間の観光旅行に行ったようなものだ。そのプーも僕と同じ明日、バンコクに向けて帰ってくる。

プーは写真を送るだけで説明がほとんどないので、僕もよくわからないが、観光客とはあまり縁のなさそうなローカルな写真があったので、このブログには関係はないのだが、勿体無いので幾つか載せてみた。

IMG 2539

これは南フランスのプーの彼氏の街の朝市。

バンコクの朝市とはえらい雰囲気が違う。やっぱり先進国なんだね。

 

IMG 2536

パンとクッキーのお店。

 

IMG 2530

野菜フルーツ売場。小奇麗ですね。

 

IMG 2531

玉ねぎ売場。

 

IMG 2529

 

IMG 2532

これはパンなんでしょうか?

IMG 2527

花屋のバラも、バンコクとは質がぜんぜん違う。値段も違うだろうけど。

 

IMG 2534肉屋さん

 

IMG 2533

ガラス食器もいい感じ。

 

IMG 2541

IMG 2494

 

IMG 2371

ここは、その街の近くを流れる川。日本の川のように河原があんまりなくて、堤防もないのはタイの川と同じ。

 

IMG 2370

川で遊ぶ犬。

 

 

ここから下は、観光地での写真。おまけ。

でも、説明がないので、どこだかほとんど分かりません。

IMG 2288

当然、ルーブルには行ったようです。

 

IMG 2131

これは僕へのおみやげのマグカップ。

 

IMG 2289

凱旋門

IMG 2133

エッフェル塔

IMG 2054

初めはトイレかと思ったが、水飲み場でした。年季入ってる。

 

IMG 2051

由緒ある泉でしょうか。

IMG 2050

IMG 2284

IMG 2295

IMG 2286

バンコクもこんなふうに歩道を残して営業してほしいものだ。

タイには余裕というかゆとりがないのかな。

IMG 2278

IMG 2285

IMG 2279

IMG 2294

スペインにも行った。ガウディーの写真は他にもいっぱいあるけど省略。

 

IMG 2293

IMG 2298

ヨーロッパの花は日本にもあるものが多く、馴染み深いものばかり。

 

 

テーマ : フランスの生活
ジャンル : 海外情報

夜光虫

僕が子供の頃に兄によく連れて行ってもらった釣り場に、高校生のときに訪ねてみた。

すべてのスケールが小さくなっていた。堤防も海も記憶ではもっと大きかったのに、自分が小さかったから大きく感じたんだろう。

陽も暮れたその海に手を入れてみると、手の形が青く光った。夜光虫がいっぱい居たのだ。手を水中で動かすと、周りの水まで青く光る。幻想的で、時間を忘れて遊んだものだ。

夜見る夜光虫の海は綺麗だが、夜光虫が大発生した海を昼に見るといわゆる赤潮であることが多く、汚染が進んでいる証拠だ。

夜光虫は浮いている枯れた水草にたくさんついていて、捨てられていた空き瓶に水草毎入れて持ち帰ると、4−5日間ほど生きていて、揺すると青く光った。

NewImage

映画「南太平洋」のワンシーンだったと記憶しているが、裸の少女が夜の海を泳ぐと、少女の身体が夜光虫で青く輝く幻想的なシーンがあった。 夜の海で泳ぐのはとても危険だし、夜光虫の光は弱いので、よく撮影できたものだと感心した。

その南太平洋のロケは、タイのサムイ島で行われた。

先月行ったラーン島では夜光虫は居なかった。今月行ったサメット島は夜の浜に出なかったので分からないが、水の濁り具合から、ひょっとして居たかもしれない。

フェイスブックの友達が夜光虫に輝く海の写真を掲示していた。出典は分からないが、こんな海を見てみたいと思った。

NewImage

NewImage

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内