ドローン遊び ラムタコーンと象の山

カオヤイ農園の背後の沢からドローンを飛ばしてみた。

モニター画面なので綺麗でないけど、雰囲気は分かるかも。

動画はこちら

恐怖の雷雨

地震 雷 火事 親父

と言うが、雷が火事より怖いか? と思っていた。

今日、マシュマロいちご園で除草剤を散布してしていたら、上空に黒い雲が現れた。その雲は小さく、空の半分は晴れ。大きな雲ではなくて、仮に降っても短時間だろう。そう思って、除草剤散布を続けた。

「あらあ、降ってきたわ!」とマシュマロちゃんは言った。

「ええっ! 未だ降って来ないよう。あっ、ホントだ。ポツポツ降ってきたね。」と僕。

「エンジン切って休憩しよか?」と彼女。

「そんなに降らないから、続けよう。」 そう言った矢先に、雨粒が大粒になった。

「やっぱり、一旦止めよう。」

「うん。」

僕は、30メートル程離れたところにある噴霧ポンプのエンジンを止める為、走り出した。

その時、背後からゴーという雨音が追いかけて来て、滝のような雨が僕を追い越し、ポンプに着いた時は、既にずぶ濡れになっていた。

慌ててショップ内に避難したが、それから激しい雷に襲われた。雨を感じてから僅か数分後のことだ。空は真っ暗になり、雷鳴が凄い。稲光は、数秒に1回かそれ以上。雨は話し声が聴こえないほど凄く、あっという間に辺りは洪水になった。

閃光と同時に「パシッー!」という高い音がして、近くに雷が落ちた。数分後、およそ10秒おきにすぐ近くに落雷するようになった。どれも100メートル以内に落ちている感じだった。光ってから音がする迄の時間差がなかった。

マシュマロちゃんは自分の携帯に雷が落ちたと勘違いしてパニックになり、泣き出した。実際、スクリーンのカバーグラスにヒビが入ったが、それはショックで携帯を落とした時に出来たものだと思う。

その時は、僕は未だ怖くはなかった。

しかし、その後も僕らの周りに至近距離で落雷し、風が回って木が大きく揺れた。すぐ近くの電柱に落ちたのが見えた。

10秒毎に自分の周りに落雷するのが20分も続き、まるで空から自分たちが狙い撃ちにされているかのようで、僕も怖くなってきた。高校の時、槍ヶ岳に登って雷になり、岩の上の空き缶がカタカタ音を出して震えた時も怖かったが、今日はそんな怖さが長く続いた。愛犬ベリーも怖がって、僕の足元にうずくまってしまった。

マシュマロちゃんは、稲光の度に全身を引き攣らせ、耳と目を手で覆って震えた。

雨は益々激しくなって、毎時200ミリを超えている感じ。いちご園から流れ出した濁流で、道路は川になり、雹も落ちてきた。

日本では、こんな豪雨は有り得ない。タイ人のマシュマロちゃんですら、こんなの初めてと言った。僕も、こんなに高密度で落雷攻撃を受けたのは初めてだった。

それが1時間も続いた。

あんなに小さかった雲なのに、どうして突然こんな豪雨になるのか理解できなかった。

濁流で撒いた砂利が道路に流れ出てしまった。

砂利が流れ去るくらいだから、午前中に散布した除草剤は、きれいに洗い流されてしまったに違いない。

雨が収まってから、僕らは除草剤を再度散布しだした。

良くやるよ、と我ながら思った。

帰り道、雨はとても狭い範囲しか降ってないのが分かった。

毎度毎度の午後の雨で、僕たちはくたびれた。多分、除草は不十分だが、取り敢えず様子を見るしかない。

「明日は、休みにしよう。」と二人は合意した。

PS.

雷からは、高エネルギーのガンマ線バーストが出るらしいが、雷で陽電子が出来、それが電子と衝突してガンマ線を放出して消失するのだそうだ。反物質を人工的に作るのは大変だが、雷で日常的に生成されているなんて嘘のよう。

アメ横

日本に滞在中、20年ぶり位に上野のアメ横に行ってきた。

西日暮里で受けた人間ドックが早目に終わり、次のアポ迄に時間があったのと、腹ペコで新鮮な海の幸を少しお腹に入れときたかったからだ。

最近のニュースやFacebook等で、アメ横が外国人に人気なのは知っていた。だから、マシュマロちゃんも喜ぶだろうと思った。

行ってみると、昔ながらの鮮魚屋や乾物屋もあった。一杯飲み屋には昼過ぎなのに多くの日本人が呑んでいた。

しかし、変わらないのは一部であって、街の雰囲気は物凄く異様だった。

なにしろ、買い物をしているのは外国人ばかり。特に中国人、タイ人が目立った。中国人はデカイ声で携帯話しながらデカいバック持って歩いていて邪魔くさい。

売っているものも、およそ日本の家庭じゃ使わんだろうというものがズラリ。中華系香辛料、鶏の足、旅行者用バッグ等々。中東、中華、タイ系のファーストフード。

僕らは、美味しそうな海産物の写真がズラリ店先に貼ってあって、軒先のテーブルでそれらを食わせる店に寄ってみた。すると、色白でちょっとエロい太腿をちらつかせていた店員は日本語が殆ど喋れない。注文しようとする僕に、「英語、英語」という。あとから来た中国人観光客には、流暢な中国語で料理を勧めていたので、中国人と分かった。

僕らは、太くてプリプリしたズワイガニの脚の剥き身が10本余りと、分厚く切った脂が乗ったハマチの刺身と、白い脂身と橙色の身のコントラストが美しいキングサーモンの刺身を注文した。どれも一皿500円。

久々に新鮮な刺し身が食えると期待していた腹ペコおじさんは、出て来た物を見て愕然とした。

半乾きで細くて塩っぱい貧弱なズワイガニの脚の剥き身5本に、回転寿司のネタより薄くてタラタラになったハマチ5枚に、脂身なんてないババアの小陰唇みたいな色のマスの刺し身5枚。薄くてペラペラ。ひと切れ100円じゃん! あり得ない。

写真は全て誇大広告。客は全て一見さんの外国人で、だから売り子も外国人。日本人なんか相手にしてないので、片言の日本語しか話せなくても問題ない。騙して金さえ取ったらこっちのもん的な某大陸的商法。

客が外人なら、売り子も外人。もう日本じゃない。

げっそり、がっかり。

活気があって、庶民的で、良い物が安く買えるアメ横は何処に行った?

写真

ムカデ

いちご園の入り口に居た。約13センチ。ナタでぶった切って廃棄。

昨夜作ったいちごジュース。ああ疲れた。

ラベルが足りなくなって、ラベルなしもある。

今日は何故か氷が来るのが遅い。早く来ないと困るんだけどなあ。

昨日、不妊手術したベリー。痛くて食欲なし。でも、ゆっくりながら歩けるようになった。

昨夜、マシュマロちゃんが作ってくれた赤アリのたまごラーメン。

白くてつぶつぶなのがアリのたまご。卵と言ってもさなぎみたいで、中に白いアリの子が見える。プチプチした食感。特に匂い、味なし。

茶碗1杯くらいで100バーツ。豚肉より高い。

昆虫はかつての主食。不味いと思う人は稀。

パッションフルーツの花。時計草のこと。

涸れそうなラムタコーン。

雨が降らなければ後10日くらいで涸れる。

しかし、天気予報では来週雨が降る。

雨はいちごを腐らせるので、ここには降らず、山にだけ降ってほしい。

巨乳のお客さん。巨乳過ぎて僕の眼が釘付け。この胸元にいちごでいっぱいのバスケットを寄せて写真写したい。

目に留まること請け合い。

昨日打って貰った狂犬病ワクチン。割とちゃんとしてる。タイでは注射針の使い回しは絶対ない。

最近、狂犬病が発症して生還する人が数人いる。

いちごの上で死んで固まっていたバッタ

逃げないので変だと思ったら、死んでいた。

バッタはいちごの実は食べない。

タイは車を骨の髄まで使う

タイを走っていると、時々物凄く古い車が現役で走っているのを見かける。

田舎では特にそうだ。ダットサンを見て何故か嬉しくなった。

タイで中古車部品を扱っている友人の話では、タイでは基本的に車を棄てることはないそうだ。どんなボロでも必ず使える部分があって、それを使い回す。

エンジンが駄目になっても、オーバーホールして直してしまう技術者は何処にでもいるし、何ならエンジンを交換したっていい。

最近の電子制御系は駄目だが、板金系の仕事なら割と腕も良いし安い。

いろんな物を直しながら長く使うという文化が失われつつあるのが少し哀しい。

初老親父の嘆きか。

まだまだ使えるのに、5年程度で廃棄するのは、やはり勿体無いと思う。

雑貨屋で見た怪しげな物

いつもの雑貨屋で、この接着剤に目が釘付けになった。

名前もすごいし、パッケージのデザインもすごい。

Mase in Japanと書いてあるが、日本製でこのデザインはあり得ない。

怪しい中国製に見えるが、タイ語だゾウだから、タイ製かなあ。

警察のカツアゲがストレート過ぎて笑った

先日、2号線を走っていたら、検問で珍しく呼び止められた。

どう見ても知的で誠実人間の顔をしている僕は、大抵スルーなのに。

警察は車を道路脇に留めさせ、普通なら、

「道路交通法何条のどういう違反をしたから罰金が幾らになる。警察署迄来てもらう必要がある。」とかのイチャモンをつけられ、

「忙しいか? 面倒くさいなら200バーツで見逃してやる」みたいなことを言われるところだが、そのときは

「これを出せ!」と一言。

これと示した書類は免許証ではなく、100バーツ札だった。

「お金欲しいってこと?」と聞いたら、「そうだ」の一言。

財布を調べたら1120バーツしか無くて、120バーツだけ出したら、

「それでいい。ありがとよ。安全に気を付けて運転しろよ!」

あまりの露骨さに、清々しさを感じてしまった一件だった。

いちご園にたかりに来る別が警察が「給料だけじゃ食ってけない」と愚痴っていたのを思い出した。

オトコとオンナ

先日チェンマイからの帰りに寄ったガソリンスタンドのトイレの男女のマークが活かしていた。

 

なかなか色気のある活かしたオトコとオンナだと妙に感心した。

サナギで乾杯

畑仕事の帰りに、近くのお寺の境内でやっているタラートナット(曜日によって開かれる非常設市場)で買い物をしていたら、ファランの観光客の団体が来ていた。こんなローカルな所に何故だが知らないが、こういう市場も観光資源なのだろうか? きっと近くのリゾートホテルからの小旅行なのだろう。

さて、ここはイサーンなので昆虫食が多い。ファランはそれを見て、信じられないといった顔で見ていたので、その目の前でサナギをつまみ食いして、200グラムくらい買ってみせた。

「これあんた食える?」と若いファランの女に聞いてみると、

「私は、無理よ。」

「食ってみろ。美味いよ。」

見た目気持ち悪いが、見ずに食べたら絶対に美味しい。なぜなら、長いこと昆虫は人類の主要な蛋白源だったから。

市場で買って家に着くまでの5分ほどの間に、マシュマロちゃん

が半分以上食べてしまって、僕のビールのつまみつがこれだけになってしまった。

今なお健在 昭和の日本車

タイでは健在

昔はこんなふうに社名をドンと書いて走っていたんだ。

ダットサンだって時々見かける。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内