紅はるかは元気です。

紅はるかの苗を植えてから、これまで放置栽培だったけれど、流石に草だらけになったので、この数日、中耕を兼ねて草取りを行った。

朝寝坊に昼から雷雨のせいで、草むしりは一日1~2時間程度ののんびり作業。それでも、しゃがむ作業は血圧が上がるのか、玉の汗が出て、眼鏡の内側に汗が落ちる。服は背中を中心に水をぶっかけたようにびしょ濡れ。僅か1~2時間の作業で、水を1リットル飲む。靴下、ズボン、シャツ、パンツ、帽子の全部が泥と汗で汚れるので、洗濯しなきゃいけない。

サツマイモは大方元気に育っているが、2割くらいが根付いてから枯れたか、または枯れそうになっている。病気なのか蒸れなのか分からないが、元気にツルを伸ばした株からツルを切り取って、枯れたところに植えなおしている。

除草と植直しは、僕一人でやると一日一畝が限度(1~2時間しかしてないが)。

さて、今日はほぼその作業が終わったので、栽培記録のためにビデオを撮って来た。別にカメラを手で持って歩けばいい話だが、足元が悪いし疲れるので、ドローンで空中撮影してみた。ドローンで遊びたかったというのが本音。

空中と言っても、高さは1メートル強。

ドローンを三脚モードにして、ふらつきを無くした。操縦が下手なので、無駄な動きがあるが、三軸ジンバルと三脚モードのお陰で、飛んでいる感じがしない程安定した映像が撮れた。

その動画はこちら

植えてから約一月になるが、順調に成長しているようだ。

ちょっと雨が多過ぎるのが心配。

畝の外の雑草は、この数週間の除草剤散布にもかかわらず、全然枯れてくれないのが痛い。

いちご苗はグリホセート(ラウンドアップ)じゃ枯れないみたい。雨さえ降らなければ、数日で枯れるのに、未だ青々しているのが分かる。

イモちゃん元気に育つ

雨降って紅はるかは元気に育ち始めた。

完全に定着した。この分じゃ、きっと上手く行く。

紅はるか復活

毎日、炎天下で2時間かけて水やりした甲斐あって、紅はるかの茎から新芽が出だした。

流石! 枯れても枯れないサツマイモ。タイの気候にも合っているんじゃないかな。

葉が一旦枯れたので、どの位置にどれだけ芋が付くのか分からなくなったが、大方定着したようなので、なんとか紅はるか栽培のスタートを切ることが出来た。

ホッとした。

紅はるか苗枯れた!?

紅はるかを定植した日はカンカン照りで、植えて数時間後には葉っぱがカリカリに乾き、葉の柄はしなしなで地面にしなだれてしまった。葉っぱを触るとお茶の葉みたいに粉々に砕けた。

定植一日目から葉っぱがなくなり、成長点がある芽まで黒く腐ってしまった。

これはやばいと、慌てて水やりするも乾いて枯れた葉が急に元に戻るはずはない。

二日目、サツマイモは枯れても枯れないとの農家の言葉を信じ、朝夕二回水やりをした。

朝、マシュマロちゃんは、全部枯れたと言っていたが、夕方になって枯れてないと言い出した。

「私、見たの、もう根が出てる!」

それで数本掘って見てみたら、確かに新しい根が出ているではないか。

他の株も2~3見てみたが、どれもしっかり発根していた。

痛みの酷い株は無理かもしれないが、元気なツルが伸びた株から、ツルを切って植えればいいだろう。

ツルが伸び出すまで、毎日水やりしよう。その後は、暫く放置栽培となる予定。

紅はるかに挑戦

プリティー長嶋さんからの進言で、イチゴの裏作に紅はるかと言う甘いサツマイモを栽培してみることにした。

要はオフシーズンの土地の有効利用と言う訳だ。それによって、年間の収入アップが目的となる。

サツマイモは裏作に適している。いちごは4月に終わるが、その頃からサツマイモの苗が出回る(日本の話)。5月からタイは雨季で、陽射し、気温もサツマイモに申し分ない。スコールも連日のようにあるので、水やり不要。サツマイモは基本無肥料で良いので、長いこと放っておける。つまり、旅行にだって出られる。ここは大切なポイント。

しかし、この土地は粘土質。サツマイモは。砂質の土を好むので、土は合わない。そこで、例によって土は使わず、いちごを育てたココナッツがらを畝の谷間にぶちあけてココナッツの畝を作り、そこに植える方法を考えた。ココナッツは保湿性、水はけ共に最高で、いちごを育てたときの微量元素や有用な微生物がいっぱい。

大雨が降ると水浸しになり、根が腐る心配があるが、去年水が溜まらないように立て直した畝と整備した排水路のお陰で、おそらくは水はすぐに抜けてくれると思う。

日本の場合、定植してから110~120日で収穫できるようだが、ここタイの高い気温、強い日射では100日で十分とみた。

とすると、4月末に定植すると8月末迄には収穫できる。

一方、いちごの方は、9月からいちごの畝立て、ポットの準備が始まり、10月に定植するので、時期的に丁度いいと言う訳だ。

得られたサツマイモは、充分糖化させて、スイーツとしていちご園で販売する。

その為の糖化は2段階で、第一段階は13℃付近で1ヶ月若しくは最低2週間寝かせる。

第二段階は、アルミ箔に包んでオーブンに入れ70℃で1時間酵素処理をする。その後、160℃で焼く。

第二段階は、高価なサツマイモ焼き器でなくても、安い電気オーブンでちゃんと甘く美味しく出来ることが予備実験で確認済み。

第一段階の方は難題。日本では芋穴を掘って春まで保存できるが、タイでは温度が高過ぎる。山の上に持っていっても、昼は30℃位になってしまう。どう頑張っても電気を使わないと13℃は出来ない。

4~8℃の冷蔵庫では低温過ぎて、サツマイモは傷んでしまう。18℃位になると発芽してしまう。

冷蔵庫の温度を高く設定して使う手はあるが、計算通りに行けば数トンのサツマイモが採れるので、冷蔵庫に入り切らない。

こういう難題はちょっと棚上げして、後で考えることにした。

芋の苗は、主に4月後半からの販売で、僕が日本に居る間に手に入る通販サイトはなかなか見つからなかったが、なんとか探し当てて予約しておいた。鹿児島から4月11日発送予定のものだった。苗は大きなダンボール箱ひと箱にギッシリ詰められて14日に配達された。

購入数は400苗。ひと苗40円。

配達された苗には、既に発根が見られ、葉が少し黄変して萎れていたので、採取後数日ないし一週間近く経っていたかも知れない。苗採取日を4月6日と過程する。

その苗をタライに立てて、水を5センチ程浸し、全体に水をかけて、新聞紙を軽く載せ、19日の荷詰めの日までその状態を保った。

つまり、ここ迄2週間。

荷詰めは簡単にビニール袋に50苗ずつ詰めてスーツケース入れた。

4月20日 カオヤイにてビニール袋から取り出す。

日陰に寝かせて翌日迄放置。

相当ダメージがでかい。葉の下側は腐って枯れ、出ていた根は消えて、代わりに芽になっていた。ここ迄、苗を採取してから半月経っていることになる

4月21日 定植

畝に並行ではなく、少し斜め交互に植えてみた。マルチはないが、両隣のいちご畝にはマルチがかかったまま。こうすることで、不定根を防ぐ。

定植後、強い陽射しで葉は完全に萎れた。夕方から植えれば良かった。

昨日は夕立があったが、今日はカンカン照りで雨なし。

水をかけたが手遅れかも。

いやいや、サツマイモは萎れて枯れたくらいが丁度いい(はず)。

6本の畝に合計300苗が植えられる計算だったが、5.5畝で400本使い切った。

発根迄は毎日水やりが必要そうだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内