溜池から捕れた魚

今日夕方、溜池にセットした例の捕獲網を引き上げてみたら、2匹の魚が掛かっていた。

ナマズみたいだが、投入したナマズとは違う。

なんでだろう?

もう一匹は小さくて、既に死んでいたが、種類は同じ。

よく見ると、ヒゲは無くナマズじゃなくてデカイハゼみたいな魚だ。

どうして投入した魚が掛からなくて、違う魚ばかりが捕れるのだろう。

不思議じゃ!

美味いかなあ?

ネットで調べてみたら、この魚の様だ。

以下、抜粋

プラー・ブー・サーイの形態的特徴は、長く太い胴部、大きく上部が平たい頭部、大きく開く口の下顎は上顎より長く突き出し細かく鋭い歯がある。眼は丸く大きい。耳鰭(?ครีบหูクリープ・フーとあった。初耳だ。そんな鰭があるのか?)と尾鰭は丸く大きい。体色は黄灰色に黒の斑点、黄金色小点が点在する。体長は通常30cm、最大60cm(Wiki日本語では最大80cm)に達する。

 東南アジア全域の淡水及び汽水域に分布し、タイでも全土に分布する。食性は小魚や水棲生物等動物性。

 食用魚として重要。昔から好まれてきた魚で価格は高め。この為養殖地は拡充傾向にある。また、体色が通常と異なるもの、例えば金や銀色のものは観賞魚としても取引される。

 Wiki Thaiには味についての記載がなかったが、Wiki日本語には、白身で癖がなく淡白で美味、と記載されていたから、日本のハゼと同じような味なんだと思う。それなら美味いに違いないだろう。

 養殖されてるなら、スーパーに行けば目にすることができるのかな?

 一度食べてみたいものだ。

乾季(暑季)の終わり

昨日、カオヤイに大雨が降った。

紅はるかの方は、雨を喜び、より生き生きして来たが、これでいちごは間もなく終わるだろう。明日明後日の週末に最後の売上を期待していたが、雨と雨による泥でいちご狩りは難しそうだ。きっと、今成っているいちごも傷む。

天気予報を見ると、10日連続のスコール。

来週からは、後片付けと来期の為の準備の準備。それと、アンコールワット辺りの旅の計画だ。

今日の虫達

世の中には昆虫マニアが結構居て、僕のブログを見てカオヤイの昆虫を見に来た人も居る。

ここで生活していると、否応なしに昆虫達と遭遇する。中でも、最もポピュラーなのが、蚊、蠅、ブヨ、蟻の類で、身近どころか僕の身体との距離がゼロになること一日100回以上。

そういうのは虫(無視)して、僕があっと思った虫達を紹介。

大きなアゲハ。腹がピンクのはよく来るが、頭に白い斑点のはそれより少ない。店先のブーゲンビリアの蜜を長いこと吸っていたのでパチリ。

パッションフルーツ(時計草)の花に集る蜜蜂。いちごに来る蜜蜂とは違う。

蜜蜂が居ない花は居ないが、いる花には何匹も集まっている。

既に30個以上のパッションフルーツが成っていて、あと数週間で収穫出来そうだが、まだまだ次々に花が咲いている。

カミキリムシ(体長2.5センチくらい)

ショップにカブト虫は来るが、クワガタが来たことはない。小さい虫は、皆ヤモリの餌食になる。

交尾中のカミキリムシ(体長1.5センチ)

多分ショップの木を食って出て来た。何百匹も居る。

ユーカリの皮と木部の間をすかすかにする。だから、2年で建替えなきゃならない。

ミバエ

ファッカーオというカラスウリのお化けに卵を植えつけに来た。お尻のトゲをフルーツに刺して卵を産み付ける。

お化けカラスウリは、実が熟すと中がウジだらけになる。ハエの仲間だから、ウジはまさにハエのウジそっくり。違うのは、危険を感じるとぴょんぴょん跳ねること。手も足もないのに、身体を急に反らせて数センチからたまに30センチ程跳ねる。ウジが跳ねてこっちに跳んでくるのでゾッとする。

実は、このウジが3月にいちごに大量発生して大被害を被った。カオヤイ農園はまだ軽かったが、ワンナムキアオのマシュマロいちご園や、妹さん夫婦の農園では完熟いちごの8割にウジが入って大変だった。未熟いちごには入ってないか、若しくはウジが小さくて見えないのかよく分からない。

大きくなると1センチ位になるウジ入りいちごを食ったら、口の中でぴょんぴょん跳ねてゲロゲロになること間違いなし。小さいうちは食べても気が付かないことが多い。

ウジ入りいちごの見分け方は、小さな穴が空いていて、その付近が柔らかくなっていること。注意して選別しないとウジ入いちごを売ることになる。

フルーツの中にウジは潜っているので、農薬は効かない。

千葉のいちご農家に聞いたら、ミバエは硫化水素に集まってくるので、傷んだいちごを丁寧に片付ければ直ぐに居なくなるとのこと。

だけど、それが出来ないんだな。採りきれずに傷んだいちごの量が多過ぎて。多分、5人日雇いを雇って一週間かかる。すると、また新たに腐って来るので手に負えない。

それとウジ入いちごは、ビニール袋に入れてゴミに出すこと。農園の近くにぶちまけるだけだと、そこから親バエが出てくるので注意。僕らはそこらへんに捨ててた。

女郎蜘蛛の一種か

この蜘蛛の巣が頭や顔に引っかかるとなかなか取れない。

タイ人は、蛇やムカデは見つけると殺すが、昆虫を殺生することはあまり無い(蚊、蝿、蟻、ゴキブリは別)。

セミ

ヒグラシとクマゼミを足して2で割ったような鳴き方をするセミの季節も、早終わりに近づいた。

腹側にある振動板が白くて尻の近く迄大きく伸びている。

他にもいろんな鳴き方のセミがいるが、これしか姿は見たことがない。

ネズミ捕獲作戦開始の結果

朝起きたら、昨夜仕掛けた罠に、見事に一匹ずつ計二匹が掛かっていた。

ネズミに大興奮のベリーちゃん

夜中の四時頃に台所からバシャンと言う大きな音と、ギューギューと鳴くネズミの声が聴こえたので、掛かったことは分かっていたが、2器のネズミ取りとも掛かっていたのには驚いた。

生け捕りにしたネズミは、ネズミ取りごとバケツの水に放り込み、溺れ死にさせた。3分で死んだ。息が出来ないだけで、たった3分で死ぬなんて、我ら動物の命の儚いこと。

調べてみると、僕らが住みだした頃には無かった台所への侵入経路が、少なくとも5箇所あった。その外は洗濯をする場所で、壁のブロックには風通しの穴が空いているし、洗濯機からの水を外に出す穴もあって、要はDさんからのコメントの通り、外界から入り放題、捕獲しても切りがない状態なのである。

穴を塞ぐのが一番良いが、なかなか面倒なので、徒労と分かっていても、また今夜もネズミ捕りを仕掛けた。

夏到来

カオヤイに夏が来た。

暑くてどうにもならない。

セミが煩く鳴く。

日本のクマゼミとヒグラシを足して2で割った様なセミ。朝から煩い。

落葉していた樹。

いつの間にか新緑になった。

樹脂

カオヤイ農園の中にある大きな木から樹脂がいっぱい噴き出していた。

粘っこいかと思ったら、カチカチに固まっていた。

長さ7センチ余りの樹脂のつらら。べっ甲色で透き通っていて小さな虫も封じ込めている。

そのつららの下には相当量の樹脂が溜まっていた。

この写真の中央上にあったつららが、一番上の写真のもの。

この木だけで数リットル出ている。

別の木で、200ボルトの電線を留める為の釘を売ったところでは、たった一本の釘なのに、拳骨ほどの樹脂の塊が出来ていて、今でも漏出していて、それが塩化ビニールの被覆を溶かし、木に漏電しているらしい。登って木を触ると、ビリビリくるらしい。

カメムシのしょんべんが目に

マシュマロいちご園にはライチーの木がたくさんあって、そこに大きなカメムシがよく来る。

3日前の早朝、上を向いてライチーの木の枝を払っていたマシュマロちゃんの目に、そのカメムシの汁が入った。

カメムシは危険な目に会うと、お尻から臭い体液を吹きかけるが、これが目に入るととても痛い。

トランス2ヘキセナールというアルデヒドが臭くて炎症を起こす主成分。

マシュマロちゃんは見事に両目に入って激痛が走り、目が開けられなった。助けを呼びながら手探りでお店まで這って行ったそうだ。

そこで水で目をよく洗ってもらったが、痛みは収まらず、目以外の顔の皮膚も腫れてきた。

アナマイという保健所(医師は居ないけど保健婦がいて簡単な処置や薬をくれるところ)で手当を受けた。ここでも眼を洗ってもらった。

しかし、夕方になっても痛みが収まらず、瞼が腫れて目もぼんやりよく見えないということで、コラートのセントマリー病院という大きな病院に行かないといけないので、直ぐに迎えに来いと行ってきた。その時僕はカオヤイで働いていた。

カメムシの汁が原因で、良く眼を洗ったのなら、眼科医に行っても意味ある治療なんて何も出来そうにない。8時間も経ってから行っても遅すぎて無駄だし、そもそも医師はもう帰っちゃっただろうし、カメムシで眼が潰れることはないから行く必要ない、と言って迎えに行くのを渋った。

ワンナムキアオまで1時間ちょっと。そこからコラートの病院まで2時間。抗炎症剤か何か処方されるだけで帰ってきたら深夜だし、下手すると医師がいないから入院なんてことになったら、お金を溝に棄てるようなものだ。

しかし、マシュマロちゃんや妹は、僕が彼女の大切な目のことを心配せず、時間やお金の方を心配してると受け取って感情的になった。

結局、お兄さんが病院に連れて行った。しかし、丁度眼科学会の総会があって眼科医は誰も何処にも居なかった。生食4リットル使って眼を洗って、抗ヒスタミン剤(しかもGSKのブランド品)を処方したのみ。それで2000バーツ。処置は正しいけれど、半日経ってからやっても仕方がないようなこと。

翌日、僕はマシュマロちゃんを迎えに行った。目の腫れは収まりつつあった。

「夕方には必ず病院に連れて行くのよ」ときつく妹さんから言われ、僕は生返事。

帰りの車の中で、マシュマロちゃんに病院に行ってもあまり意味ないから様子を見ようと言ったら、愛情がないとか、私の身体のことを心配してないとか、眼が見えなくなったらどうするとか、眼科医じゃないくせに分かったようなことを言うなとか言って逆上された。

こういう時は女に理屈を言ってもだめで、共感と同情が必要なのだが、それが上手く表現出来なかった。

彼女は目を盛んに擦るので、家に帰って花粉症用の抗ヒスタミン剤と感染予防の抗生剤と抗炎症剤を飲ませて、僕は仕事に戻った。

それから彼女は昨夜眠れなったとかで夕方まで眠った。

夕方、コラートの病院に連れて行くために早く仕事を切り上げて帰ると、

「大分良くなってきたから、もう行かなくて良いわ。」ときた。

「それよりお腹空いたわ。」と言うので、テスコロータスに行ってMKでタイスキーを食べた。

この頃にはカメムシの毒は取れて痛みは亡くなったが、涙と目やにが出て、心配していた2次感染が起きているようだった。

翌日、彼女はカオヤイで働いたが、その時目を擦るなと何度言っても言うことを聞かず、汚いシャツで目を擦り続け、遂に真赤な眼になってしまった。もう一方の眼はほぼ治っていた。

これはまずいと思った。

結膜炎が酷くなったことと、僕が病院に連れて行かなかったからこんなに悪化したと思われるのがまずい。僕は、ゲンタマイシンの点眼剤と抗生剤二種と眼帯を買って来て、マシュマロちゃんをジャックスパロウにしてあげたら、やっと僕が彼女を大切にしていることが分かったらしく、大人しくなった。

その翌日の今日、まだ眼の赤いのはなくならないが、目やにと痒みは取れて、きっと明日一日ジャックスパロウにしていれば概ね治まるだろうと思う。

寒い1日

昼になっても気温は上がらず、むしろ少し下がったかも知れない。

正午過ぎの気温が21.4℃

バンコク人なら風邪引いて体調崩しそう。

気温が下がると観光客がやってくる(はず)。

でも今日は水曜日。閑古鳥が鳴いている。

まったく冴えないスタートだが、焦らず一方一歩改善して、カオヤイトップを目指す。

乾季、寒季、歓喜到来!

いやー、明けましておめでとうございます。

って、明けたのは雨季だけど。

今日、正午の気温が25.8℃

バンコクならデパートの中でもない程の気温。

風は涼しく清々しい。今朝は住込み労働者が長袖のパーカーを着ていた。

咲いた咲いた。

このイポメアの花の色、良いねえ!

だけど、お客さん来なくて、悲しい程の売上。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内