カメムシのしょんべんが目に

マシュマロいちご園にはライチーの木がたくさんあって、そこに大きなカメムシがよく来る。

3日前の早朝、上を向いてライチーの木の枝を払っていたマシュマロちゃんの目に、そのカメムシの汁が入った。

カメムシは危険な目に会うと、お尻から臭い体液を吹きかけるが、これが目に入るととても痛い。

トランス2ヘキセナールというアルデヒドが臭くて炎症を起こす主成分。

マシュマロちゃんは見事に両目に入って激痛が走り、目が開けられなった。助けを呼びながら手探りでお店まで這って行ったそうだ。

そこで水で目をよく洗ってもらったが、痛みは収まらず、目以外の顔の皮膚も腫れてきた。

アナマイという保健所(医師は居ないけど保健婦がいて簡単な処置や薬をくれるところ)で手当を受けた。ここでも眼を洗ってもらった。

しかし、夕方になっても痛みが収まらず、瞼が腫れて目もぼんやりよく見えないということで、コラートのセントマリー病院という大きな病院に行かないといけないので、直ぐに迎えに来いと行ってきた。その時僕はカオヤイで働いていた。

カメムシの汁が原因で、良く眼を洗ったのなら、眼科医に行っても意味ある治療なんて何も出来そうにない。8時間も経ってから行っても遅すぎて無駄だし、そもそも医師はもう帰っちゃっただろうし、カメムシで眼が潰れることはないから行く必要ない、と言って迎えに行くのを渋った。

ワンナムキアオまで1時間ちょっと。そこからコラートの病院まで2時間。抗炎症剤か何か処方されるだけで帰ってきたら深夜だし、下手すると医師がいないから入院なんてことになったら、お金を溝に棄てるようなものだ。

しかし、マシュマロちゃんや妹は、僕が彼女の大切な目のことを心配せず、時間やお金の方を心配してると受け取って感情的になった。

結局、お兄さんが病院に連れて行った。しかし、丁度眼科学会の総会があって眼科医は誰も何処にも居なかった。生食4リットル使って眼を洗って、抗ヒスタミン剤(しかもGSKのブランド品)を処方したのみ。それで2000バーツ。処置は正しいけれど、半日経ってからやっても仕方がないようなこと。

翌日、僕はマシュマロちゃんを迎えに行った。目の腫れは収まりつつあった。

「夕方には必ず病院に連れて行くのよ」ときつく妹さんから言われ、僕は生返事。

帰りの車の中で、マシュマロちゃんに病院に行ってもあまり意味ないから様子を見ようと言ったら、愛情がないとか、私の身体のことを心配してないとか、眼が見えなくなったらどうするとか、眼科医じゃないくせに分かったようなことを言うなとか言って逆上された。

こういう時は女に理屈を言ってもだめで、共感と同情が必要なのだが、それが上手く表現出来なかった。

彼女は目を盛んに擦るので、家に帰って花粉症用の抗ヒスタミン剤と感染予防の抗生剤と抗炎症剤を飲ませて、僕は仕事に戻った。

それから彼女は昨夜眠れなったとかで夕方まで眠った。

夕方、コラートの病院に連れて行くために早く仕事を切り上げて帰ると、

「大分良くなってきたから、もう行かなくて良いわ。」ときた。

「それよりお腹空いたわ。」と言うので、テスコロータスに行ってMKでタイスキーを食べた。

この頃にはカメムシの毒は取れて痛みは亡くなったが、涙と目やにが出て、心配していた2次感染が起きているようだった。

翌日、彼女はカオヤイで働いたが、その時目を擦るなと何度言っても言うことを聞かず、汚いシャツで目を擦り続け、遂に真赤な眼になってしまった。もう一方の眼はほぼ治っていた。

これはまずいと思った。

結膜炎が酷くなったことと、僕が病院に連れて行かなかったからこんなに悪化したと思われるのがまずい。僕は、ゲンタマイシンの点眼剤と抗生剤二種と眼帯を買って来て、マシュマロちゃんをジャックスパロウにしてあげたら、やっと僕が彼女を大切にしていることが分かったらしく、大人しくなった。

その翌日の今日、まだ眼の赤いのはなくならないが、目やにと痒みは取れて、きっと明日一日ジャックスパロウにしていれば概ね治まるだろうと思う。

寒い1日

昼になっても気温は上がらず、むしろ少し下がったかも知れない。

正午過ぎの気温が21.4℃

バンコク人なら風邪引いて体調崩しそう。

気温が下がると観光客がやってくる(はず)。

でも今日は水曜日。閑古鳥が鳴いている。

まったく冴えないスタートだが、焦らず一方一歩改善して、カオヤイトップを目指す。

乾季、寒季、歓喜到来!

いやー、明けましておめでとうございます。

って、明けたのは雨季だけど。

今日、正午の気温が25.8℃

バンコクならデパートの中でもない程の気温。

風は涼しく清々しい。今朝は住込み労働者が長袖のパーカーを着ていた。

咲いた咲いた。

このイポメアの花の色、良いねえ!

だけど、お客さん来なくて、悲しい程の売上。

雨季明け?

夕方に夕立ちが未だ時々あるが、今週から朝は清々しい晴天が続くようになった。

昨日は夕方に少し雲が出たものの雨は降らず、朝は気温が23℃以下に下がった。

今日も朝から雲一つない晴天。風も清々しい。

雨季が明けたんじゃないかと思う。

まだたまに夕立ちがあるかも知れないが、天気予報を見ると概ね晴天続きのようだ。

いちごの方は新しく出た葉っぱが3枚とまだまだ小さいけれど、しっかり根付いて花も少し覗き出した。今年は雲黒斉の逆襲もなく、定着率は90%と良かった。

これから、肥料をしっかりやって大きく育て、来月下旬には第一波のいちごが成る予定だ。

今のところ害虫駆除も出来ている。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園や妹さん夫婦のいちごよりも生育が良くないが、これから挽回する。

間もなく朝の気温が20℃位に下がるようになる。

そうすると新たな花芽が内部で出来、いちごの生育も早まっていちごの季節到来となる。

巨大クツワムシ

バッタやコウロギ、クツワ虫の類はカオヤイにも多くて、植えたいちごの葉っぱを穴だらけにしている。これから、そのバッタ類を農薬で皆殺しにしないといけない。

その中でもクツワムシはでかくて驚く。カオヤイで良く見るのは太いけど、チェンマイに行く途中のガソリンスタンドにあるセブンイレブンの窓枠にいたクツワムシは細長くて足が長かった。

体長10センチ位あった。

地球は人間が支配しているように見えるけど、種類と個体数で言ったら昆虫こそが支配者なのかも。

アトラスカブトムシ逃がす

クゥイッティオ屋のガキンチョから買ったアトラスカブトムシ。嬉しくて3日飼ったが、ただ飼っていてもあまり意味ないし、外に出たがるので、自然に返すことにした。

庭のマンゴーの木に留まらせて、自由にしてあげた。

木に留まらせたほうがかっこよく見える。

前足と角が長いので、実際より大きく見える。

タイでは何という木の樹液を吸うんだろう?

アトラスカブトムシは三角獣だが、タイには五角獣のカブトも居る。

捕まえてみたい。

アトラスカブトムシをゲット

いちご園を耕していたら、カブトムシが土の中から出て来た。羽化したばかりで、まだ地上に出て来る前だったようだ。

雨季も後半に差し掛かり、カブトムシの季節がやってきた。

昨日、久々に近くのクイッティオ屋に行って晩飯を食べたら、そこのガキンチョが沢山ガブトムシを捕まえて飼っていた。

その中に、ひときわ大きくかっこいいのが居た。

ガキンチョは初め、

「これは上げないよ。売り物じゃない。」と言っていたが、交渉の末、100バーツで譲って貰うことに成功した。クイッティオ2食分の値段である。

普通のカブトムシは10バーツだから、10倍の値段ということになる。

大きな角が3本。

アトラスカブトムシだ!

大きさは角まで入れると10センチ。前足が長い。

日本では、大きなモールや昆虫屋で比較的安く売っているが、買うのは屈辱的なので買ったことはなかった。

ここタイの田舎で、初めて自分のものにした。(買っただけだけど)

「どこに居た? どの木だ? どうやって捕まえた?」と聞いても、さっぱり要領を得ない。外国人にとって、たまにしか使わない花や木や虫や動物などの生物の名前や、ローカル色の強い地名、はたまた金槌、鍬、鋸、釘、網といった道具の名前を覚えるのは難しい。滅多に使わないので覚えないが、この類の名詞は知らないと別の言葉で説明するのは容易じゃなく、普通会話はそこで途切れる。

人生初のアトラスカブトムシ。

身体の艶が日本のカブトムシより良い。

誰のものでもないものを自分のものとする行為をハンティングという。対象が魚であれ、昆虫であれ、女であれ、ハンティングは男を沸き立たせる。DNAにそう仕組まれているから。

自分で捕まえた訳じゃないけれど、モールで買うのより何かしら獲得感があって嬉しかった。お金で買うのは、ハンティングの定義から少し外れるが、方法はともかく元々誰のものでもなかったものをして自分のものにしたことは事実だ。

キュウリに蜂蜜を垂らして飼ってみた。

調べて見ると、アトラスカブトムシが成虫になるのに3年もかかるらしい。

飼ってどうするのかと聞かれても答えはない。ただ、欲しかったからゲットして、身近に置いておきたいだけ。

オオヤスデ

このヤスデ、そこら中に普通にいるので今更でもないが、実は意外と可愛い。

大きいのは長さ20センチ、太さ12ミリくらいになる。

ヤスデのくせに、表面は乾いていて、硬い。

腐った葉っぱなんかを食べるスカベンジャーで人畜無害なのに、見た目がちょっと悪いがために、皆から嫌われているのが可哀想。

手に這わせても気持ちいい。

ペットに良いんじゃないかな?

トカゲの卵

去年培地に使ったヤシガラを掘っていたら、発情トカゲの卵が出て来た。大きさは、長径15ミリくらい。

小ヤモリのチンチョーの卵なら、枕カバーの中から出てきたこともある。

大ヤモリのトッケーの卵なら、部屋壁に産まれたことがあるから知っている。

でも、このトカゲの卵(かどうか定かでないが)は、土の中から出て来たのは見たことがあるが、手に取ったとこはなかった。ヘビの卵かも知れない。

卵らしい形をしていて、転がっても遠くに行かないが、鳥の卵みたいに殻が固くない。押すとグミみたいに弾力があって気持ちが良い。薄皮が強力になったやつみたい。しかし、かなり強く押し潰しても破れない。もっと押したいけれど、強く押し過ぎて中身が飛び出すのが怖くて、力が入らない。

捨てるのが勿体なくて、竹筒に入れて孵化まで観察することにした。

こんなありふれたものに、仕事そっちのけで子供みたいに興味を示す僕を呆れ顔で見るマシュマロちゃん。悪かったなあ。仕事よりこっちの方が好きやねん。

卵といえば、汗かいた後に食べる、醤油をかけたウズラのゆで卵。これが妙に美味いんだなあ。老後はウズラでも飼おうかなあ。

発情トカゲ

この辺りによく居る敏捷なカメレオンみたいなトカゲ。

発情し身体を赤く染めて、メスと追いかけっこしてた。メスの後ろ5センチにピッタリついて走り回っていた。

しかし、不幸にもメスの方はまだ準備が出来ていないのか交尾したくないらしい。そのうちにいちご園に敷いたマルチシートに中に逃げ込んだ。

突然、視界から消えてしまったメスにオスは当惑するばかり。辺りをキョロキョロ探しても、もうメスの気配はない。

体長は20センチ程度で小柄だが、地元のタイ人はこれを捕まえて食べる。

顎の下のトサカみたいな皮膚を拡げてアピールしてみても、メスは出て来ない。

状況を把握出来ないでいるのか、とにかく頭の中はメスのことでいっぱいのようで、普段なら2メートルも近付けない敏捷な奴なのに、この時は携帯を50センチ迄近付けても逃げなかったので、上手く写真に収めることが出来た。

そのトカゲの気持ち、少し分かる。

何が起こったのか、どうして僕から逃げたのか、一生分からないだろう。でも、たゆまぬ努力を繰り返して追いかければ、たまたまちょうどメスの準備が整った時に、かっこいい赤い皮膚でアピールすれば、きっと交尾はできるから、そんなに落ち込む必要はない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内