FC2ブログ

幻の五角獣

シャワーを浴びて素っ裸で寛いでいると、いつものクイッティオ屋のガキンチョがオートバイで家の前までやって来て、何やら僕の名前を呼んでいる。

取り敢えずタオル一丁で出て行くと、五角獣が採れたと言うことで売りに来たのだった。

五角獣と言えば、チェンマイ辺りで多く見られる羽が茶色のやつが普通だ。

これが未だカオヤイで見ていない五角獣。

三角獣、すなわちアトラスカブトムシは先週紹介した

ついに五角獣の生きたやつを見れるのかとガキンチョが持ってきたカブトを見ると、上の五角獣とは違う。三角獣でもない。

「何じゃこりゃー!?」と思わず叫ぶ。

ガキンチョ曰く、ここ二年採れなかった非常に珍しい種類だと言う。

メーソートから来ている住込みワーカーに見せても、

「背中が茶色のやつはいっぱい居るが、これは見たことない。」と言う。

ははーん、さては人工交配のF1を持って来たな?と思ったが、兎に角写真撮って詳しく見てみないと分からないので、商売上手なガキンチョから買わせて貰うことにした。

幾らだと聞くと、二年ぶりの初物だから、一匹350バーツだと言う。ガキンチョのくせに足元見やがって。

しかし、もしも人工交配のF1だったり、新種だったりしたら、それは貴重な虫なので、言い値で買取ることにした。

そしたら、流石に悪徳商法と思ったのか、一匹同じ種のオスをおまけしてくれた。

更に、十分後、多分お母さんに叱られて、同じ種のメス二匹をおまけで持ってきてくれた。

つまり、珍しい五角獣2ペア4匹で350バーツになった訳だ。

その五角獣とは、

大きい方の個体

体長6センチくらい。

五角獣と言っても、二つの角は小さい出っ張り程度で、一見三角獣みたいだが、角の形、背中のツヤなどが違う。

こちらは小さい方の個体

こちらがメス

ドキドキしながらネットで調べてみると、どうやら

シャムゴホンツノカブト(Eupatorus siamensis)

らしい。

これを調べているうちに、もう一つ発見して驚いたことがある。

カオヤイ等の昆虫や自然を素晴らしい写真で紹介しているブログ。このブログのお陰で、シャムゴホンツノカブトであることが分かった。

2016年でブログ更新が途絶えているが、未だタイにご在中なのだろうか? 是非お会いしてみたいものだ。

キノコ

雨季の今は、キノコの季節。

そして、カオヤイ、ワンナムキアオは、キノコの宝庫。

国道304号を走ると、ワンナムキアオ辺りの山道で、天然キノコ売りの露店が沢山出る。種類も豊富で、値段も種類に依って大きく異なる。

総じて言えば、高いキノコは美味しい。

先日、300バーツで買った2種のキノコを使ったハムケン特製キノコ汁は、皆に大好評だった。キノコと出汁と醤油と唐辛子とエシャレット、それにパクチーとマナオと胡椒を少々入れてサッと煮ただけのスープ。

今日はカブトムシの幼虫も居る古いココナッツ培地に可愛いキノコが生えているのを見つけた。

なんだが、ふわふわ黄色の風船みたい。

キノコの仲間は馬鹿みたいに種類が多く、他国のキノコに手を出してはいけない。とんでもない毒や向精神作用のあるものもある。地元の採取業者が採って売っているもの以外は食べない方がいい。

今なら森に入れば無数のキノコが見られる。

カオヤイには霊芝、ワンナムキアオには冬虫夏草を人工栽培して、いい値段で売っている店がある。

霊芝の胞子は、スプーン一杯で20万バーツだそうな。

サソリモドキ

地面に敷いてあったコンクリート平版を剥がしたとき、その虫が数十匹出て来た。

一見、サソリみたいだがサソリではない。その名もサソリモドキ。

今日、バスケットを片付けていたら、こいつに触りそうになった。

タイ人はサソリと区別せずに、危険な虫として、見つけ次第、叩き殺すが、実際は毒も無く、攻撃性も弱いノロマで人畜無害な虫なのだ。むしろ、ヤスデやコオロギなどの虫を捕まえて減らしてくれる。

でも、誰もが本能的に危険な虫と感じる。僕も触りそうになったとき、ヒャッとした。

今までは則殺していたが、今日は写真を撮った。

捕まえると目から酢酸を含んだ液を噴出して酸っぱい匂いがするので、ビネガロンとも言われる。ちょっと怪獣みたいな名前。蜘蛛の仲間で、目が何対もある。

こういうの好きな人いる?

三角獣のペア

一つ前のブログに書いたように、クイッティオ屋のガキから三角獣のペアを200バーツで譲って貰った。何処で捕れたか聞いてみたら、デーサバーンの近くと言う。オイラのいちご園の近くじゃん!

そういえば、農園に住み込みのワーカーがニ角獣を数匹捕まえて飼っていた。ニ角獣は日本のカブトムシの角のサイズが上下逆になっている点を除けば、日本のカブトムシとそっくり。綱引きさせて勝負して遊ぶのも同じ。チェンマイのナイトマーケットで250バーツで売ってたぜ。市場価格は50バーツ以下なのに。

かなり大きな個体だ。角が一つ落ちているのが痛い。

掴まっているのは、サトウキビ。止まり木兼餌。

角がかけている以外に傷は無く、力も強い元気なオスだ。それだけなら買わないが、メスとペアだったので買ってしまった。

豚糞入り発酵ココナッツ培地に卵を産ませ、幼虫を育ててみたいと思ったから。

この幼虫は、チャトチャック市場で外人向けに高額で売られている。

僕はそのガキに5角獣とクワガタを注文して帰った。

支払いはサツマイモだぜ。

**

良い子は絶対にしてはいけないが、外産カブトムシやクワガタを国産のそれと交配すると、昆虫マニアが飛び付くような子供が出来るのだとか。

大きなフンコロガシ

雨季の後期は甲虫達の季節。

サツマイモや花が植わっていたココナッツ培地を掘ると、コガネムシやカブトムシの最終令の幼虫が出てくる。大きいのは、7センチ大。

マシュマロちゃんは、サツマイモ食べてこんなに太ったと思い、踏み潰して殺したが、彼らは堆肥しか食べない。

早い奴は、もう成虫になって飛んでいる。

今日、トイレでそのカブトムシよりも大きいフンコロガシの死骸を見つけた。

体長6.5センチ、体幅4センチ。

こんな大きなフンコロガシを見たのは始めて。死んでいたが、かっこいいポジションで写真を撮ってあげた。多分、ゾウの糞を野球ボール大に丸めて転がす奴だ。

こういうかっこいいハチも見つけた。巣を荒らすと刺しに来るらしい。

お店に常夜灯付けて、一晩寝泊まりして昆虫採集してみたい。

溜池から捕れた魚

今日夕方、溜池にセットした例の捕獲網を引き上げてみたら、2匹の魚が掛かっていた。

ナマズみたいだが、投入したナマズとは違う。

なんでだろう?

もう一匹は小さくて、既に死んでいたが、種類は同じ。

よく見ると、ヒゲは無くナマズじゃなくてデカイハゼみたいな魚だ。

どうして投入した魚が掛からなくて、違う魚ばかりが捕れるのだろう。

不思議じゃ!

美味いかなあ?

ネットで調べてみたら、この魚の様だ。

以下、抜粋

プラー・ブー・サーイの形態的特徴は、長く太い胴部、大きく上部が平たい頭部、大きく開く口の下顎は上顎より長く突き出し細かく鋭い歯がある。眼は丸く大きい。耳鰭(?ครีบหูクリープ・フーとあった。初耳だ。そんな鰭があるのか?)と尾鰭は丸く大きい。体色は黄灰色に黒の斑点、黄金色小点が点在する。体長は通常30cm、最大60cm(Wiki日本語では最大80cm)に達する。

 東南アジア全域の淡水及び汽水域に分布し、タイでも全土に分布する。食性は小魚や水棲生物等動物性。

 食用魚として重要。昔から好まれてきた魚で価格は高め。この為養殖地は拡充傾向にある。また、体色が通常と異なるもの、例えば金や銀色のものは観賞魚としても取引される。

 Wiki Thaiには味についての記載がなかったが、Wiki日本語には、白身で癖がなく淡白で美味、と記載されていたから、日本のハゼと同じような味なんだと思う。それなら美味いに違いないだろう。

 養殖されてるなら、スーパーに行けば目にすることができるのかな?

 一度食べてみたいものだ。

乾季(暑季)の終わり

昨日、カオヤイに大雨が降った。

紅はるかの方は、雨を喜び、より生き生きして来たが、これでいちごは間もなく終わるだろう。明日明後日の週末に最後の売上を期待していたが、雨と雨による泥でいちご狩りは難しそうだ。きっと、今成っているいちごも傷む。

天気予報を見ると、10日連続のスコール。

来週からは、後片付けと来期の為の準備の準備。それと、アンコールワット辺りの旅の計画だ。

今日の虫達

世の中には昆虫マニアが結構居て、僕のブログを見てカオヤイの昆虫を見に来た人も居る。

ここで生活していると、否応なしに昆虫達と遭遇する。中でも、最もポピュラーなのが、蚊、蠅、ブヨ、蟻の類で、身近どころか僕の身体との距離がゼロになること一日100回以上。

そういうのは虫(無視)して、僕があっと思った虫達を紹介。

大きなアゲハ。腹がピンクのはよく来るが、頭に白い斑点のはそれより少ない。店先のブーゲンビリアの蜜を長いこと吸っていたのでパチリ。

パッションフルーツ(時計草)の花に集る蜜蜂。いちごに来る蜜蜂とは違う。

蜜蜂が居ない花は居ないが、いる花には何匹も集まっている。

既に30個以上のパッションフルーツが成っていて、あと数週間で収穫出来そうだが、まだまだ次々に花が咲いている。

カミキリムシ(体長2.5センチくらい)

ショップにカブト虫は来るが、クワガタが来たことはない。小さい虫は、皆ヤモリの餌食になる。

交尾中のカミキリムシ(体長1.5センチ)

多分ショップの木を食って出て来た。何百匹も居る。

ユーカリの皮と木部の間をすかすかにする。だから、2年で建替えなきゃならない。

ミバエ

ファッカーオというカラスウリのお化けに卵を植えつけに来た。お尻のトゲをフルーツに刺して卵を産み付ける。

お化けカラスウリは、実が熟すと中がウジだらけになる。ハエの仲間だから、ウジはまさにハエのウジそっくり。違うのは、危険を感じるとぴょんぴょん跳ねること。手も足もないのに、身体を急に反らせて数センチからたまに30センチ程跳ねる。ウジが跳ねてこっちに跳んでくるのでゾッとする。

実は、このウジが3月にいちごに大量発生して大被害を被った。カオヤイ農園はまだ軽かったが、ワンナムキアオのマシュマロいちご園や、妹さん夫婦の農園では完熟いちごの8割にウジが入って大変だった。未熟いちごには入ってないか、若しくはウジが小さくて見えないのかよく分からない。

大きくなると1センチ位になるウジ入りいちごを食ったら、口の中でぴょんぴょん跳ねてゲロゲロになること間違いなし。小さいうちは食べても気が付かないことが多い。

ウジ入りいちごの見分け方は、小さな穴が空いていて、その付近が柔らかくなっていること。注意して選別しないとウジ入いちごを売ることになる。

フルーツの中にウジは潜っているので、農薬は効かない。

千葉のいちご農家に聞いたら、ミバエは硫化水素に集まってくるので、傷んだいちごを丁寧に片付ければ直ぐに居なくなるとのこと。

だけど、それが出来ないんだな。採りきれずに傷んだいちごの量が多過ぎて。多分、5人日雇いを雇って一週間かかる。すると、また新たに腐って来るので手に負えない。

それとウジ入いちごは、ビニール袋に入れてゴミに出すこと。農園の近くにぶちまけるだけだと、そこから親バエが出てくるので注意。僕らはそこらへんに捨ててた。

女郎蜘蛛の一種か

この蜘蛛の巣が頭や顔に引っかかるとなかなか取れない。

タイ人は、蛇やムカデは見つけると殺すが、昆虫を殺生することはあまり無い(蚊、蝿、蟻、ゴキブリは別)。

セミ

ヒグラシとクマゼミを足して2で割ったような鳴き方をするセミの季節も、早終わりに近づいた。

腹側にある振動板が白くて尻の近く迄大きく伸びている。

他にもいろんな鳴き方のセミがいるが、これしか姿は見たことがない。

ネズミ捕獲作戦開始の結果

朝起きたら、昨夜仕掛けた罠に、見事に一匹ずつ計二匹が掛かっていた。

ネズミに大興奮のベリーちゃん

夜中の四時頃に台所からバシャンと言う大きな音と、ギューギューと鳴くネズミの声が聴こえたので、掛かったことは分かっていたが、2器のネズミ取りとも掛かっていたのには驚いた。

生け捕りにしたネズミは、ネズミ取りごとバケツの水に放り込み、溺れ死にさせた。3分で死んだ。息が出来ないだけで、たった3分で死ぬなんて、我ら動物の命の儚いこと。

調べてみると、僕らが住みだした頃には無かった台所への侵入経路が、少なくとも5箇所あった。その外は洗濯をする場所で、壁のブロックには風通しの穴が空いているし、洗濯機からの水を外に出す穴もあって、要はDさんからのコメントの通り、外界から入り放題、捕獲しても切りがない状態なのである。

穴を塞ぐのが一番良いが、なかなか面倒なので、徒労と分かっていても、また今夜もネズミ捕りを仕掛けた。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内