バラクーダのフライ

ダイバーならよく知っているバラクーダこと南洋オニカマス。

獰猛とされているが、いつも水面下数メートルで群れを成してダラダラと漂っているだけで、至って大人しい魚という印象しかない。

一度、イワシの群れを襲っているのを見たが、10回ダッシュしても1回もイワシが食えない有様で、どんくさかった。

カマスなので、白身で淡白な身で美味しい。

バラクーダはタオ島のリゾートでも食べたが、マクロで1キロ級なのがキロ100バーツ程度で売っていたので買って来た。

長さは70センチ弱くらいだった。眼が赤いのは仕方がない。

今夜はこれをフライにしてみた。

マシュマロちゃんの友人が揚げたので、ちょっと揚げ過ぎだった。なにしろ、タイ人はガスコンロは如何なる場合も常に最強で使うので。

衣は硬かったけれど、魚の肉は美味かった。

本当は塩焼きにしたかったが、魚を焼く網がなかったのと、塩味だけだとタイ人には物足りないかなと思ってフライにした。

フライにすると、どんな魚も臭くないし、おかずの量としても増えるのでおすすめだ。

僕は出汁醤油とトンカツソースで食べたが、マシュマロちゃんの友人は甘辛いナムチンだった。何でもナムチンなのは、何でも醤油の日本と同じ。だけど、あの甘辛くてニンニク臭いのは、ビールには良いが、日本酒やワインには合わないし、辛くて魚の淡白で微妙な味が分からなくなるので、僕は御免だ。

ササミの食べ方

僕は鶏のササミが好きじゃない。

脂肪分は少なく高タンパクなので健康には良いかも知れないが、肉は脂分に味があるのであって、パサパサしたササミは苦手だ。

しかし、美味しく食べる方法を2つ見つけた。

一つは、ササミを筋肉の方向に細長く切って、パン粉を付けて揚げる。それに出汁醤油かタイのナムチンと言う甘辛いソースを付けて食べると、まあまあ美味しい。

次は、17歳幼妻が作ってくれた料理だが、ササミをナタ包丁で叩き切ってミンチ風にし、それを水で茹でる。

茹でたミンチに細かく切ったインゲン豆などの野菜と生の玉ねぎ(乳首じゃないよ)を入れて混ぜる。それに、醤油か唐辛子を漬けたナンプラーかナムチンを付けて食べると、さっぱり味でいける。

タイ人はもっと沢山唐辛子を入れるが、僕が居るので最小限に抑えている。足りない分は、別途刻んだ唐辛子をかけて食べている。

4年半もタイに住んでいるのに、僕はますます唐辛子が嫌になった。口が痛くて、温い汁でも熱く感じて食べられくなるし、食べても舌が麻ひして何も味わえなくなる。我慢して沢山食べると下痢になる。下手すると肛門まで辛くなる。ただれちゃうことだってある。

良いことなし。

どうしてタイ人は、辛くないと美味しくないと感じるのだろう?

話は戻るが、鶏肉はタイではキロ当たり65バーツで買えるので、貧乏な僕らには有り難い食材だ。美味しく食べる工夫をもっとしなければ。

フリーズドライのフルーツ

日本で売られている特保食品の材料として、ハーブの原料を若干量輸出しているが、そのハーブ業者が何故かフリーズドライフルーツを中国に輸出する商売をやり出して、たいへん好評とのことで、

「あんたも買わない? 出来れば日本に売って欲しいんだけど。」

と言うので、試しにサンプルを取り寄せて品質をチェックしてみた。

フルーツの種類は、

マンゴスチン(マンク)

ドリアン(トゥーリアン)

ランブータン(ンゴ)

ロンガン(ラムヤイ)

パイナップル(サッパロット)

マンゴー(マムアン)

ジャックフルーツ(カヌン)

と、タイの主要なフルーツが揃っている。

お勧めは、タイのフルーツの王者ドリアンと王女マンゴスチン。

フルーツの可食部をフリーズドライしただけの極めて素朴なもので、食べると唾液で溶けて、生のフルーツのまんまの味がする。

腐らないし、軽いし、植物検疫上の問題がないので、取り扱いやすいが、誰がどう食べるのかは良く分からない。

スワンナプーム空港などで、ドライフルーツに混じって、少しだけフリーズドライもあって、食べたことはあった。

ドリアンに関しては、開けるとドリアンらしい匂いがして、食べるとドリアンそのものなので、妻や家族には全く受けなかったが、東南アジアでドリアンを食べたことがあって、ドリアンが好きな人は、何時でも何処でもドリアンが食べられて喜ばれるかも知れない。

値段からしてタイ人が買うとは思えないので、カオヤイ農園に置いて外国客の反応を見てみようと思っている。

日本でも試験販売してくれる業者が見つかればいいと思う。

価格や味、品質が他製品と比べてどうなのかは知らない。「売り」はあくまで、そのまんまの素朴さだと思う。

こんな具合に、材料はフルーツのみで、要はフリーズドライしただけのもの。加糖も着色もない。

軽くて、100グラムでフレッシュフルーツ3キログラム分にもなる。

お土産、アイスクリームのトッピング、贅沢朝シリアルの具材に使えるかも。

ネズミの耳

タイはキクラゲが安くて美味しい。

ムーカタでは茶色のキクラゲや白いキクラゲをたっぷり入れて食べるのが好きだ。肉野菜炒め風のメニューにもキクラゲは主役。

あの寒天のようなプリプリコリコリした感触が好きだ。

どれも乾燥品じゃなくて生で売っている。

タイではネズミの耳の意味のフーヌーと言う。確かにネズミの耳に似ている。ただ、食べるときにネズミの耳を思い出したくないので、もうちょっと品の良い名前にしてくれれば良かったのにと思う。

キクラゲは藻類か地衣類と思っていたが、調べ直したら真正担子菌類のキノコだった。

最近注目のビタミンDがとても豊富なので、糞の役に立つだけじゃない。

そのキクラゲが昨日の朝、カオヤイの店の裏の切り株に美味しそうに生えていた。

夕方、採って帰ろうと思ったら、乾いて萎れてしまっていた。

だそれだけの話。

ボーフラ入り飲料水

田舎の民家やレストランが普通に使ってる水は、20リットル入りタンクの飲料水。僕らも家や農園で飲料水としてよく使っている。この辺りでは、20リットルで17バーツと安い。

配達の車にはGMPと書いてある。値段からすると、蒸留や逆浸透膜濾過とは思えない。多分、イオン交換樹脂を通して、ミリポアフィルターを通しただけか、あるいはミリポアだけかも知れない。

数日前にそれを飲んでいたら、ピッチャーの中に1センチ程に成長したボウフラが元気に泳いでいた。

変だと思ったが、何かの間違いだろうとそのまま使用していたら、昨日水を注いだグラスの中にも1匹居た。元気に上に来たり下に潜ったりしていた。

水道のない世界を放浪する人によると、ボウフラの湧いた水は飲めるのだそうだ。ボウフラは歯で濾して、後で吐き捨てれば良い。

ボウフラがいない雨水は腐敗して低酸素になっていて、悪い菌が多いので、飲んだらあかんと言うことだ。

と言うことで、気持ち悪いことこの上ないが、味も匂いもないので普通に飲めた。勿論、下痢等もなかった。

それにしても、なんで飲料水にボウフラがいるんだ? そこが解せない。

このタンクの蓋の密閉性は悪く、傾けると水が漏れるくらいだから、無菌を維持できる構造になってない。

陽のあたる場所に一週間も置いておくと、底に緑の藻が生える。そうなると飲む気しなくなる。

使い終わったタンクは回収されて、洗浄後に再利用されるが、住込み労働者のガキンチョがその中に小便を入れるので綺麗じゃない。カビで黒くなってる場合もある。

だけど、新しい水を入れて販売したものの中にボウフラがいるなんて、どう考えてもおかしい。GMPだったらありえないでしょう。

人間は思ったよりも水に強く、泥水や川の水を飲んでも普通は平気だとは分かったけれども、気分を考慮すると、やっぱり6リットル40バーツの高級飲料水を使うべきかなあ。

タイの新しいビール

タイでは、いろんなビールが売られているが、どこにでもあって広く飲まれているビール銘柄はそれほど多くない。

シンハー、チャーン、リオ辺りが有名で、皆さんどれも口にしたことがあるはず。外国人はシンハー好き、地方のタイ人はリオ好きが多い気がする。

レストランでは上の3種類のうち、2種類あれば良い方。

セブンイレブンでは以前から上記3つ以外にも数種のビールが売られているが、最近その種類が増えてきた。

左はUビール。超シンプルで真っ黄色という強烈なラベルで、とても目を引く。他のビールと一緒に並んでいなければ、ビールとは思えないほどだ。

飲んでみたら、とてもスッキリして美味しかった。

右のはラベルに書いてあるように、オレンジ風味のビール。

ホップの苦味に、ほんのりオレンジジュースの香りがする。ビールに柑橘系の果汁を加えたものは何種類か飲んだことがあるが、どれももともとのビールの味によくマッチしていて美味しい。

ビールがホップ味になったのは、ビールの歴史からは比較的最近のことのようで、かつては色々な味付けがあったようだ。

もっともっといろんな味付けのビールが出て来て楽しませて欲しい。

ヨーグルト味とか。ウーロン茶味とか、マンゴスチン味とか美味しそう。

タイハーブエキスポに行ってきた

今更でもないが、タイはハーブ大国で、日本とは比較にならないくらい生活に浸透している。

普段の料理から、健康食品、化粧品に至るまでハーブだらけ。野菜といったら全てハーブと言ってもいいくらい。西洋医薬の薬屋の他に、東洋漢方医薬の薬屋が沢山あって、庶民に親しまれている。

タイの人々は何時からか、「化学薬品は毒、天然ハーブは無害で有益」と信じている。オーガニック大好き、自然素材大好き、農薬化学薬品大嫌いである。

折しも健康ブームで、ムアントンタニのインパクトホールで開催中のタイハーブエキスポは大入りだった。数年前に僕が出店した美容関連の展示会よりも遥かに賑わっていた。

時々このブログでもリークするが、いちご園はプライベートな事業であって、本業の会社が今ほそぼそとやってるのはハーブビジネスなので、重要な展示会なのである。

それに加え、いちご園で売る新商品探しも第二の目的。いちご園では、自然素材飲み物、各種ジュース、お茶等を加えたいと思っている。そう言うネタ探しにはThaiFexと並んで最適の展示会だ。

ハーブエキスポは一般向けの展示会なので、こんな風に効能別に小分けされた売り物が多いが、特定のハーブ名を言えば、相手はプロなので、ちゃんと出て来る。目的のハーブを1キロずつ買って、後日品質等を研究機関でチェックする。品質が良ければ、貰った連絡先に電話するという段取り。

生きたハーブ苗もあったが、数年前あれほど引っ張りだこだったヤーリペア(マンコを若返りさせて治す薬)はすっかり下火になって、苗も売ってなかった。実はヤーリペアの苗を買って、農園に植えて沢山増やしたかったのだが、残念ながらそれは不発に終わった。

ハゲ用のハーブもあれば、インポ用のもある。

メーホーンソーン産の信用出来そうな天然蜂蜜があったので1ダース買った。

他にも幾つか天然蜂蜜の出品があって、全部味と匂いを確かめたが、こういうところの製品はどれもほぼ確からしいと感じた。その中でも、これが1番本物らしかった。

これはミックスハーブ抽出液で、このボトル一本を20リットルの飲料水に薄めて飲む。

いちご園では皆さん喉が渇くので、水を求めるお客さんが多かったが、ただの水じゃ利益が取れないので、無糖のお茶やハーブ抽出液をいい値段で売るつもりだ。効果の程はデータが無いので知らないが、ただの水よりも受けは良いんじゃないだろうか。

仕事とは関係ないが、似顔絵描きのコーナーがあったので、マシュマロちゃんと二人で似顔絵を描いて貰った。こんなことするの何年ぶりかなあ? 四半世紀ぶりかも。

およそ15分間のモデル。白黒で雑だが、確かに僕が画かれている。痩せたはずなのに、腹が出ている。この時、試食で腹一杯だったから。

似てますか?

こんな風に遊んで、バンコクのファラム9の安ホテルに泊まった。一泊830バーツ食事無し。

Centric Place Hotelという。

フォーチュンタウンの裏手の庶民街にあり、MRTのRama9駅まで徒歩5分。便利な立地だ。駐車場もあるところがポイント。

ホテルの窓から見た街。新旧入り混じってバンコクらしい街の夕暮れ

ホテル前の通りはこんな庶民街で、最近発展著しいファラム9とは思えない雰囲気。庶民街なので、意外と治安も良さそう。

ここで今日から3泊。

コスパとロケーションが良いので、設備が古いのとエアコンコンプレッサーの音が爆音なのは許す。お湯の出は安ホテルにしてはバッチリ。すぐ側にコンビニ、庶民用露天風食堂多数ということで、僕らには十分。

いちご園は住込み労働者に任せて、僕らは次の一手の為にバンコクに来た。3泊4日留守は、いちご園の準備は痛い程遅れるが、ただ野良仕事に明け暮れているだけじゃあ未来は開けないので、こういう活動もたまには必要なのだ。

明日はマシュマロちゃんがインターネットビジネスのノウハウを学ぶ為のセミナーに1日参加。

僕は明後日、和僑会から発展したWAOJE(World Association of Japanese Entrepreneurs

WAOJE Global Venture FORUM 2017 in Bangkok

に参加する。

一般参加者の参加費用が400 USDもする馬鹿高い会議だが、数年ぶりのタイでの世界大会と言うことで、思い切って参加することにした。

全ては人の繋がりだから、高いか安いかはやってみなけりゃ分からない。

詳しくはこちら

明日、僕の予定は無いので、フォーチュンタウンでコピーPCプログラムと同じくコピー映画DVDを物色した後、ラチャダーのお風呂屋でも覗いてこようかと企んでいる。

海老刺しと海老天

ワンナムキアオからの帰り道、マシュマロちゃんが「海老食いて~!」とうるさいほど言うので、Makroに寄ってエビを買って帰った。

Makroはタイでは、中小レストランや雑貨屋の卸的存在になっているが、個人でも買える。特に肉類が安く、輸入品、プラスチック製品も豊富なので、よく利用している。

エビは死んでいたが、まあ鮮度は良さそうだった。

それを使って作った料理は、

生牡蠣もある。エビはコリコリで美味かった。

僕はマナオを絞った汁だけで牡蠣を食す。

エビは何も付けないか、上等な出汁醤油をちょっとだけ付けて食べるのが好き。タイ式のシーフード用ナムチンや、一緒に食べる変わった野菜は好きではない。

こちらは翌日の海老天。

天麩羅粉がタイでも売っていて、米粉が2割も入っているので、カラカラに揚がる。

奥は、鶏の胸肉の天麩羅。

胸肉は好きじゃないが、細長く切って、鶏ガラの素に漬けてから揚げるとさっぱりして美味しい。

こちらは余り物野菜のかき揚げ。この頃になると油が水を吸うのかきれいに揚がらなくなる。

その翌時は、余った天麩羅で天丼にして食べた。

カエルの味

ワンナムキアオのマシュマロいちご園には、大きなカエルが沢山居て、日雇い労働者達はそれを見つけると必ず捕まえる。一匹300~500グラムくらいあって、日本のヒキガエルに似ている。

捕まえたカエルは、ビニール袋に入れて持って帰る。5~6匹で2キロ位になる。

「そんなもん持って帰ってどうするんだ? 食べるのか?」と聞くと、

「市場でキロ200バーツで売れる。」と言うが、食べるに決まっている。

イサーンの田舎のタラートに行くと、そのカエルが山ほど売られていることからして、イサーン人はよくカエルを食べるらしい。

実は僕も二十歳位の時に、日本のゲテモノ屋でカエル(だったと思う)を食べたことがある。その時の記憶は殆ど残っていないが、カエルを食べてから、顎口虫という寄生虫が体中を這い回って恐ろしかったのを覚えている。

腕の皮膚や首にミミズばれの様な筋が幾つも出来て、見るとそれが10分間で1センチ位進んでいた。その先端に顎口虫らしきものもも透けて見えて、必死で爪で押して殺そうとした。鳥肌が立つ思いだった。

胃腸の壁を破って這い出して来たに違いない。皮膚だけでなく、きっと体中の内臓を這い回っていると思うと気持ち悪かった。あの時、脳みそも少し食われので、おかしくなってしまったのかも知れない。

しかし、顎口虫は喜んで僕の肉を食べていたのではなく、苦しんで脱出しようともがいていたそうで、通常は人の体内では生きて行けず、数週間で死んでしまうとのこと。

ともかく、それ以来、カエルなんか二度と食べるものかと思っていた。

ところが、今日はそれを食べてしまった。

初めて行った近所の海産物レストランでのこと。

こんな風に美味しい料理を堪能していたら、これが出て来た。

一口食べて、「ああこれはラムタコーンのウナギだな」と思った。肉に腰があって美味い。妙に骨が太いと思ったが、ハーブも効いてとても美味しかった。

「この魚なんていうの? ウナギじゃない?」と聞いてみると、店の人は、

「それ、カエルです。」

「オエッ!!」

遂に食っちまった!

パットペットコップと言う料理で、マシュマロちゃんが注文したらしい。

「子供の頃は、妹と一緒によく食べたわ。骨が硬いから気をつけてね。」

ハーブが効いているので、全く匂いはない。

肉は弾力性良く、鳥とナマズを足して2で割った様な舌触り。

細かく切ってあるので、カエルのどの部分かも分からないのが良い。

美味しくて全部平らげた。

火が通っているので、寄生虫の心配はない。

このカエルは、2~3日前からシャワールームに居たアマガエル。10センチ位ある。このカエルは可愛い顔をしているが、食用にするのはこのカエルじゃない。

昨日は、もっと縞模様が強かったが、今日は薄い色をしていた。何処から入って来たのか分からない。こんな大きなカエルが入って来る隙間なんてないはずなので不思議だ。

シャワーのお湯をかけたら、それまでじっとしていたのがピョンピョン跳ねて、マシュマロちゃんがパニックになったので、捕まえて外に逃してやった。

なんか今日はカエルの日だ。

次の課題は、オタマジャクシか? あれだけは食べたくない。

ワイン三昧

ファーストライフ現役時代の後半は、事業開発部門にいたものだから、接待を受けたり授けたりが仕事みたいなところがあって、そのために上等なお酒やワインに接する機会が多かった。

特に海外出張の時などは、自腹じゃ飲めない高級ワインを結構飲めた。何度も接待し合った相手だと、双方とも地で楽しめて、そんなときはワインの味も堪能出来るのだが、普段はこれからお知り合いになろうとする得体の知れない相手だから、金額の割には美味しかったという実感がなかった。

そんな訳で、僕は銘柄付きのフルボディをネクタイ締めて畏まって飲むよりも、超安い若くてフルーティーなワインを自宅でがぶ飲みするのが好きだった。熟成してない若くて甘い処女のようなワインに氷を入れて、ビールのようにがぶ飲みすれば、心は落ち着いた。

酒のお相手はテレビのニュースと新聞で、サラダを摘みながら、ガブガブ呑んでいた。

その頃は、妻はもうとっくに僕のお酒に付き合う気はなく、僕も会社の泥臭い話を家の食卓にまで持ち込みたくなかったこともあって、ニュースが一番いい飲み相手だった。

ビールも好きで、友人とは外でビールを飲むのが多かったが、飲んだジョッキの数だけ夜中にトイレに行かないといけなかったので、家での晩酌は日本酒かワインだった。

日本酒も高いものは確かに美味いが、経済的制約から、僕は好んで安い合成酒呑んだ。醸造アルコールに糖分やアミノ酸を加えたもので、悪酔いの原因となるエステル等が含まれていないので、飲み過ぎた思っても悪酔いや二日酔いにはならない(なりにくい)。この合成日本酒に、レモンを絞って入れたら、もはや日本酒の形跡は跡形もなく消え去り、最高のレモンハイになるって、知ってた?

しかし、タイでは、そんな淡い楽しみもなかなか出来ないでいた。何しろ、ワインも日本酒も金玉もとい目の球飛び出るくらいに高いのだ。

ところが、数ヶ月前に、タイでも意外に安い輸入ワインが買えることが分かった。2リットルの特大ガラス瓶で、Macroで330~450バーツで売っている。なんだ日本と同じじゃないかと眼からウロコ。

チリ、イタリア、オーストラリア、南アフリカ産が中心。アルコール度数は12%前後しかないが、騙されたと思って飲んでみたら、かつてがぶ飲みしたワインと同じ味で、悦んで飲めた。

左から、オーストラリア産、イタリア産、日本産。

日本酒やワインだと、摘みなしでも飲めるので、特にベッドサイドで便利。

タイでは、もうすぐ酒税が大幅に上がるが、そしたら次は何を飲めばいいのだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内