センナ

マシュマロちゃんもそうだが、多くの女性が便秘がちだ。

1日3回以上排便しないと気が済まない僕には、3日も4日も便を貯めておくなんてことは、とてもじゃないけど信じられないこと。

何時でも任意の時に💩は出るし、出て欲しくない時にだって出ちゃう時があるくらいだから、出したくて便所で踏ん張っても出ないとか、カチカチ💩がちょっと出ただけという話は、どうもピンと来ない。

下剤を飲まない限り、まず自然排便はないという人もいる。

便秘はデブの元だから、ダイエットの一環として下剤を常用する人も多い。

下剤にもいろいろあるが、タイに沢山自生している黄色の花のセンナ(Cassia Angustifolia)の葉っぱや実がマイルドなハーブ下剤としてよく使われている。

Cassiaの仲間は黄色の美しい花を咲かせるものが多く、僕は好きだ。サンディエゴ植物園で見たCassiaに魅せられて、多くのCassiaの種を集めたのは、もう遠い昔。今は雑草のCassiaの一種に悩まされる日々。棘があって、成長がやたらと速く、一網打尽にしたいくらい。

センナを夜寝る前に飲むと、腸内細菌の働きで朝までに下剤作用がある物質に変化して、丁度寝起きの頃に💩が出るという便利な代物だ。

僕はハーブ関連の商売もしている関係で、仕入先のハーブショップにセンナの乾燥葉っぱの値段を聞いたら、なんと1キロたったの120バーツだった。

だけど、これを食べたり、いちいち煎じて飲むのは面倒なので、粉末化してカプセル詰めにした物を買った。

ワンボトル100カプセル入りで90バーツ。原材料の葉っぱより大分高くなるが、これは致し方ない。

一回に2~3カプセルなので、毎日飲んだとしてもワンボトルで3~4ヶ月分ということになる。

僕(というかマシュマロちゃん)は、これを5ボトル買って送って貰った。これで当分は間に合うだろう。(でも毎日飲むのは良くないです)

僕は出来れば下痢止めハーブがほしい。

それとチンコが立つやつ。

もう自力じゃ駄目みたい。

落下傘部隊

種を遠くに飛ばす為に、いろんな羽根つきの種があるが、今日も1つ面白いのを見つけた。

羽根の一部が烏帽子のようになっている。

飛ばしてみたところの写真は携帯じゃ上手く撮れないが、

飛ばすと良く回転して、それが揚力を生み出し、ゆっくりと落下する。

近くにこの実を成らす木はないので、何処か少し離れたところから飛んで来たらしい。

マングローブ林でハーブ探索の旅

今は副業となった感がある元本業のハーブビジネスの一環として、タイ南部のマングローブ林に目的のハーブを探しに行って来た。

そのハーブは日本の特保食品の原料となる。

日本から製薬会社2社計5名を引き連れて、総勢9名の探検だった。

空港に着いたら、予約してあったレンタカーが手配出来なかったとの通知が来ていて、予約はキャンセルされていた。こんなことは初めてだ。

車無しでどうやってホテルに行き、明日の探検すると言うのだ。

幸い空港にあったレンタカー会社6社のうち、一社がスバル フォレストがあったので、それを借りられた。やれやれ。

爆弾騒ぎもあったこの街で前泊。

ここから車で一時間半の海岸付近のマングローブ林。

海老の養殖場

この養殖場からは徒歩。少し進むと船着き場があった。

水はマングローブ林特有の茶色だが済んでいた。

ここから小舟で3キロ川を下った。

鵜や鷺の仲間の鳥がたくさん居た。

美しく豊かな自然の中で、僕は気持ち良かった。こんな水路を船でゆくのはサムットプラカンの95%水の土地以来だった。西表島のマングローブ林ボートツアーよりも迫力ある。

上陸すると、マングローブの気根がニョキニョキ出ていて歩き難い。

こんなジャングルを歩いて目的の植物を探す。

有りました。これが目的のハーブの花。

この花を見るために総計何十万円あるいはそれ以上も費やして来たのだった。

似た植物が多いので、同定にはどうしても花を見る必要があった。

ミッション終了。やれやれ。お腹が空いた。

陽射しは強いが気持ちの良いマングローブの川

塩気がある汽水だ。

海岸にあるレストランで食事。これはレストランからの風景。遠くに微かにサムイ島が見えた。

久しぶりに美味しい新鮮な海の魚や海老、カニ、貝を腹一杯食した。満足満足。

やっぱり日本人は海産物がないとダメだ。コラートには全くない。

日本に帰ったら、美味い海産物を食べたい。

食事の後、ハーブの加工場を視察して、本日のタスク終了。

夜の便でバンコクに向かい、その後車でカオヤイまで戻ったら深夜0時だった。

余談がだ、エアーアジアの便を予約する際、1日ずれて取ってしまい、変更をお願いしたが、キャンセル料100%プラス手数料でほぼ2倍払う羽目になった。

これはカレンダーの曜日が月曜日から始まっていたのが要因。日曜日から始まるカレンダーに慣れてしまい、うっかり曜日確認しなかったため、月曜日のつもりが火曜日だったという訳。

国によりカレンダーの始まる曜日が異なるので要注意。

お化けカラスウリ

マシュマロいちご園にたくさん実を付けたお化けカラスウリことファッカーオ。まだまだ沢山なっている。

いつも高いところになるのだが、こいつは低いところになった。

大きさは20センチくらい。

色合いが面白いので接写。

棘は触るとほんとに痛い。

以前採った実から取った種を30個程蒔いてみたが、まだ1つも芽が出て来ない。

軒下のラン

マシュマロいちご園で寝泊まりするための朽ちかけた家の軒下に、いつの間にか野生ランが着生して、花が咲いた。

P2274739

P2274740

雨も降らないのに、こんなところで生きて行けるなんて凄い。

花は綺麗じゃないが、マニアは欲しがるだろうな。

タイの桜

タイの桜は、この木じゃないけど、桜みたいに薄ピンクの花をいっぱい咲かせる木がいま花時になっている。

P2294796

P2294792

この木は、ラーチャプルック(ゴールデンシャワー)というタイの国花と似た大きなマメのような実をつける。

色は違うけど、花の形もよく似ている。

P2294774

これが、マシュマロいちご園の前の街路樹に咲いたラーチャプルック。

季節がごっちゃ混ぜだが、いちご園のペチュニアは花盛り。

P2274655

P2294762

P2294781

僕はこの色が好きで、僕の会社のテーマカラーにもなっている。

P2294789

バラも咲いている。

P2294784

この色の花のいちごはタイでは珍しい。

これで実が美味しかったら最高なのだが。

可愛いラン

僕は2003から2008年にタイにハマるまでは、ガーデニングを趣味とする健全なおじさんだった。
その時に世界中から集めた花の種が、まだ冷凍庫一杯ある。以前は専用冷蔵庫まであった程だが、その後大分処分して、冷凍庫一杯に減らした。

流石に10年も経って発芽するかどうか分からないが、新しいいちご畑用に40種類ほどの花の種をタイに持ってきた。

その花がタイでも咲きそうかどうかネットで調べて見たのだが、これが実に楽しい。やっぱり僕は農業の方が向いているのかも知れない。

去年のコスモスとヒマワリと西洋朝顔の種は、山ほどある。今年はそれに数種の花を追加してみたい。

カオヤイの高知で行けそうなのは、ルピナス、サルピグロッシス、エロジウムなど。タイとかけて画像検索しても出てこないし、マシュマロちゃんは見たことないと言うので、タイにはあまりないようだ。

その時、可愛い花の写真を見つけた。彼女が大喜びしたのは言うまでもない。


咲いた山どりのラン

一年くらい前にチャトチャックで買った山どりのラン。

初めて咲いた。

花はこんな感じだった。

黄色い花だったような気がするが、緑色だった。色合いは地味であまりパッとしない。

なんて名前なんだろう?

 

IMG 3953

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

咲いたコスモス

いちご畑を彩らせるつもりで育ていてるコスモス

期待したより短日性が強く残っていて、高さ10センチ程度の子供のコスモスの花が咲いてしまった。

この地では寒さで枯れることはないので、これから大きくなりながら花が咲き続けてくれれば有り難いのだが。。。

 

IMG 3916

IMG 3918

IMG 3914

35972

いちごの方も実がつきだした。

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

赤い花とハチドリ

前職時代、出張でサンディエゴに行った時に見た赤い花とハチドリ。

KN170242

ハチドリが見えるだろうか?

羽ばたきが速すぎで、見えない。

 

SL141984

先日行ったバン・ヤイの花市で見つけた同じ赤い花。

ちなみに、昆虫は赤い色が見えないので、真っ赤な花をつけるのは鳥に花粉の媒介を頼っている植物と相場が決まっている。

 

 

日本の夏の花が、今ここでは花盛り。

SL141989

SL141988

SL141985

SL141983

 

今、タイは真夏の強い日差しで、なにもかも色鮮やか。いつも空は快晴。

日差しの中で、頭がクラクラしてくる。

夏休みの匂いがした。

 

 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内