また旅行

働き者のマシュマロちゃんが働かない。一日中ベッドの上でゴロゴロしている。エアロビにも興味を示さない。時々ダイエットも忘れ、馬鹿食いする。

何かイライラしていて、人が変わったようだ。

ダイエットの副作用かも知れない。

女のダイエットは危険な行為だ。そもそも滅多に成功しない。

妻もそうだったが、ダイエットが引き金になって摂食障害になった。そしてうつ病へ。勿論、それ以外の精神的背景はあったが、引き金になるから危険なのだ。

ちなみに、摂食障害の予後は一般に悪く完治する方が少ない。死亡率は16%も達するらしい(自殺)。

マシュマロちゃんは、洗濯も掃除も食器洗いもせず寝てばかり。

「何もかもおっくう。何もしたくない。クート島に行きたい。」

そう言うので、余り気が進まないが、三泊四日の旅行に出かけることにした。

行く先は、彼女の希望通り、クート島(クック島)。

3年前の彼女の誕生日に一緒に行ったマーク島の南にある大きな島で、近くのチャーン島と比べて、あまり開発されてない。自然しかない、コンビニもATMも無いような所だ。

その分、海や森は綺麗らしい。殆どカンボジアに近い。

雨が続く今も、海は透明度が高いというが本当だろうか。

泊まるホテルは、

割と高級なビーチリゾートのビーチサイドコテッジ。

こんな感じだ。

砂浜なので、スノーケリングには向かないが、まあゆっくりして来ようと思っている。

僕にとっての楽しみは、ドローンでの空撮に最適な場所ということ。空から海を撮ってみたい。

ワンコは家の前のおばちゃんにエサだけやってもらう。昼は友達がいっぱい居るので寂しいことはなかろう。

明日から出発なのに、二人は言い争いばかりして嫌になる。

戻ってきたら、二人で一生懸命働くか、或いは暫く別のことをするか、微妙な感じだ。

何はともあれ、リフレッシュ出来たら幸い。

3年前のマーク島で見せた、あの無邪気な笑顔は戻ってくるだろうか?

朝の小鳥のノック その2

 もう一つのビデオ

朝の小鳥のノック

カオヤイの借家には、毎朝6時半になると小鳥が数組み来て、ベッドサイドの窓をトントンと叩く。

「朝ですよ。もう起きなさい。トントントン。」

ほんとに毎朝、飽きもせずトントン突く。

初めは可愛かったが、だんだん煩わしくなってきた。

「頼むから、もうちょっと寝かせてくれ!」

どうして小鳥が窓を叩くのか? 

それは、その窓が金属蒸着された半反射ガラスだから。それで、強い西陽をカットし、外から中を見え難くしている。

朝、外が明るくなると、外から暗い室内は見えず、鏡のようになる。まるでマジックミラー。

小鳥は、鏡に映った自分の姿が、ライバルのオスに見えるので、追い払うために鏡を叩く。

でも、映っているのは自分だから、何度やってもライバルは消えない。

「えい、あっちに行け! あっ、また居た。あっちに行け!」の繰り返し。あんまり頭良くないらしい。

その悲しき動画はこちら

小鳥には中の人間が見えないので、10センチくらいまで顔を近づけても気が付かない。

エアロビとダイエット

この二週間余り、僕とマシュマロちゃんは、エアロビとダイエットに挑戦している。

動機は言うまでもなく太り過ぎだから。

自分に関しては、日本に帰った際に受けた腹部のCTで、内臓脂肪が正常値の倍もあることが分かった。肝臓は勿論フォアグラである。

これがその時の画像。分かりやすくする為に、皮下脂肪を青、内臓脂肪を赤にしてある。

腰と腹の皮下脂肪も凄いが、腹の中が脂肪だらけの真っ赤っか。内蔵の隙間もない程の脂肪。このまま行くと、糖尿病まっしぐらとか。

マシュマロちゃんは検査受けてないけど、もっと真っ赤なのは明らか。

まあ振り返って見れば、いちご園が終ったこの時期は楽して美味しいご飯を食べるので、二人共肥る時期であって、これから農作業が始まれば10キロ近く痩せるだろうから、放っておいても良いかなとも思ったが、見苦しいのと、身体が重くて動きにくいし、メタボリックシンドロームになっちゃうのも嫌なので(もうなってる?)、二人でダイエットをすることになった。

1. 食事療法

つまり、油分とご飯の量を減らし、野菜を沢山食べる。腹7分目でやめる。ビールは、マシュマロちゃんから2日に一回缶ビール小サイズ1個のみに制限されている。殺す気か!? しかし、何故かワインはOKとのことで、お陰様で死なずに済んでいる。

2.  エアロビクス

YouTubeで初心者向けエアロビの動画が沢山ある。これを見ながら、真似っ子して汗をかく。30分やると全身ヌルヌルローションを塗ったみたいに汗びっしょりになる。二人共、身体が重くて、インストラクターの軽快な動きについていけないし、動きが鈍臭くて笑っちゃうが、誰も見てないので良しとする。

途中成績

ハムケン:1ヶ月前の体重から、2.7kg減少。心なしか腹が少し減っこんだ気がする。

マシュマロちゃん:1ヶ月前の体重から、1.5kg減少。

ダイエットを主導する彼女の方が成績悪い。食事制限がきつ過ぎて、数日毎に馬鹿食いするから。

まあしかし、このペースで行けば、3か月後には内臓脂肪は半分程度に減ってるんじゃない??

ドローン初飛行

ドローン初飛行の動画はこちら

DJI Go4というスマホコントロールアップで編集したのはこちら

ドローン買ってまった

マシュマロちゃんは未だ仕事を始める気運が出来てないらしく、今日はコラートに買い物と映画を観に行きたいと言うので、渋々行ってきた。

どうせ行くなら、未だ行ったことがない、新しく出来たセントラル·ナコンラチャシマに行ってみた。コラートも以前はThe Mallだけだったのに、今やTerminal 21有りのセントラル有りの一端の都市になった。

しかし、シネマはアヴェンチャー1色。アヴェンチャーは先週既に観たのでパス。他には観たいプログラムがなかった。

映画を見損なって、じゃあスマホを買い換えるかということになり、気に入っていたSamsung S9+を物色したが、32,000バーツオーバーの価格に尻込みした。確かに、カメラやCPUのスペックは凄いが、2年使うか使わないか分からないスマホにしては、どう見てもオーバースペック、オーバープライスに思えた。

それでスマホ買うのも止めてブラブラしていたら、ドローンのトップメーカーのDJIのコーナーに来た。

ドローンは何時か買いたいと思っていたが、Phantom 4 Pro は如何にも大きく持ち運びに何があるし、何より高過ぎるから駄目だ。もっと安くて小さいのが欲しい、と話していたら、店員が「これがお勧めです」と言って実演して見せたのが、DJI Mavic Air。

折り畳むと、ミラーレス一眼カメラくらいになる。ポケットには入らないが、小さなバックに充分収まる。

ケース、バッテリー3つ、換えプロペラ2セットなどが付いているコンボセットが37500バーツだった。無いのはメモリーカードのみ(本体内に8Gのメモリーはある)で、他に何も買い足す必要が無いのが気に入った。

更に僕のココロを射止めたのは、4Kビデオ撮影可能な3軸ジンバル(スタビライザー)付きカメラと、高度操縦支援システム付きなところ。これにより、ブレのない映像と、自動衝突回避が達成されるのだそうだ。

細かいスペック等は、こちらの公式ページを参照あれ。

売り場で実際に操縦させてもらったが、思ったより簡単だった。なんか気軽に使えそうだし、小さいくせに最新技術が詰め込んであるようで、止めときゃ良いのに、ハムケンは買ってしまった。

買ってから、ネットでレビューを見たら、かなり高評価の製品のようでホッとした。

一言で言うと、空飛ぶデジカメ。

旅行にも連れて行くし、仕事にも使うつもり。

ビデオをこのブログに埋め込む方法が分からないが、YouTubeには4Kでもアップ出来るので、空飛ぶデジカメで撮った映像をこのブログにも載せていきたい。

タイに戻って来た。

凡そ2週間の日本帰国に続いて、約1週間のアンコール遺跡巡りを終えて、昨日タイに戻って来た。

愛犬ベリーちゃんと再会し(クンクン泣かれた)、カオヤイ農園のさつまいも紅はるかをチェックし(元気でした)、ラムタコーンの水量を確認した(水たっぷり)。

幸いにも、出しっぱなしだったオートバイ、揚水ポンプ、農薬散布ポンプ、冷蔵庫、冷凍庫、防犯カメラなどはどれも盗まれていなかった。

ただ、送電線を設置していた大きな木が枯れて倒壊し、それに伴いいくつかの電信柱は倒れ、送電線が道を塞いでいた。

送電線と電信柱は全部やり直さないと駄目そうだ。

取り敢えず、倒れた木から送電線を外し、アルミ送電線を切って、車が通れるようにした。倒れた木は、細かく切って捨てないといけないが、おいらに出来るだろうか?

明日は、雑草と未だ枯れてないいちごにグリフォせートを噴霧して全部枯らすつもり。そのためには、先ず切ってしまった送電線を直さなければならない。

それから、僕らはワンナムキアオのマシュマロいちご園に向かい、様子を見て来た。そこでも、特に盗難の跡はなく、長閑な風景があるだけだった。

払い遅れていたインターネット代と電気代を払い、除草剤とてん着剤を買ったら、一万バーツがもうなくなった。

その後、兄弟たちのいちご園を見回りし、放置されていた山鶏を回収がして、カオヤイに戻って来た。

カオヤイの土地のオーナーに会い、継続の確認をしたあと、一緒にしゃぶしゃぶをたら福食べて、例のジョニーウォーカー青ラベルを飲み干した。

空瓶と綺麗な化粧箱は貰って来て、安合成ウイスキーのホントーンでも入れて飾ろうと思っている。しょぼいが、老人の僕にはそれでいい。

夕方は、約束のエアロビクスダイエットを始めた。

初日の今日は20分で息ハアハア、汗びっしょりになってダウンしたが、明日は25分、明後日は30分と延ばしていくつもり(飽くまでも、つもり)。

僕はこの一ヶ月で体重の増加はゼロだったが、マシュマロちゃんは2キロのアップ。既にマシュマロと言うより豚マン。これから二人で美容と健康の為に、運動をしっかりやろうと思っている(思ってるだけじゃなくて絶対やる)。

マシュマロちゃんは、未だ仕事に復帰する気力が湧いてこないらしく、明日からまた旅行に行きたいなんて言っているが、3週間も旅行してきたので、僕としてはあと一週間は働きたい気が満々だ。

アンコール遺跡に行ってきます

金曜から土曜にかけての大雨で、すっかり働く気を無くした僕たちは、急遽アンコール遺跡への旅に出ることに決めた。あと二回週末をいちご園で頑張ろうと思っていたが、もう止めた。

出発日は、5月1日。帰国は5月6日。5泊6日の旅だ。

計画中は気が付かなかったが、ゴールデンウィークど真ん中。しかし、飛行機、ホテルはガラガラ。ゴールデンウィークなんて日本だけの話だし、今や混雑状況は某大陸の方々の動向に依る。

アンコール遺跡には、以前からずっと行きたいと思っていた。シェムリアップの気候はタイの気候とほぼ同じで、シーズンとしては乾季が良いが、いちごをやってる僕らには難しい。いちご園が終わった今は、雨季入りで蒸し暑い時期だけれども、雨や暑気には覚悟が出来ている。

今は、特に混雑する時期じゃないが、ゴールデンウィークだから、現地で多くの日本人に会うんじゃないだろうか?

さて、どうせなら駆け足のツアーじゃなくて、自分たちのペースでゆっくり遺跡巡りをしたいので、セットツアーではなくて、完全自由旅行とした。

行き帰りは、ドンムアンからの飛行機。

二人で往復8353バーツ。一人片道約2000バーツなので、距離の割に安くはないが、日本から来るのと比べればずっと安い。飛行時間はたったの1時間。

ホテルは、初めの2泊はシェムリアップ市街の便利なところにした。パブストリート、オールドマーケットから共に徒歩5分以内。

小さなホテルだが、アゴダでユーザー評価はすこぶる良い。

3泊目から5泊目は、少しホテルを変えて、もうちょい優雅なところにした。

こっちのホテルはパブストリートやオールドマーケットへは徒歩だと10分以上かかるので、トゥクトゥクかバイクタクシーとなる(歩いても良いけど)

料金は、共に朝食付き、バスタブ付き、空港送迎付きで一泊1300~1500バーツ。僕らには充分過ぎる。

実は日本に帰った際、オリンパスEM5MarkII用に、ちょいと高級な単焦点レンズを買った。アンコール遺跡のような雄大な被写体に向いていそう。

今回はスチールだけじゃなくて、手持ちで動画を撮ってくるつもりだ。

アンコールワット、アンコールトム、タプローム、バンテアイスレイ、ベンメリア、プリアカーン辺りを一日1箇所位のつもりで回る。

日本語ガイドを付けると色々教えてくれて便利だが、高いし、マシュマロちゃんは日本語が分からないので、ガイドなし、若しくはいい英語のガイドがいたら付けて見ようと思う。

実は僕はクメール遺跡が大好きで、特にまぐさ石などに彫られたヒンズー教系の彫刻をじっくり見て来たいと思っている。マシュマロちゃんは遺跡には興味ないが、写真が好きなので、写真映えするアンコール遺跡は絶好の被写体だ。

ドンムアンで米ドルに換金して、シェムリアップ空港でアライバルビザ取って、その日のうちに遺跡見学チケット3日分を買う。しかし、その日はシェムリアップ市街でまったり過ごす。2日目から遺跡巡りのスタート。それ以外には何の計画も立ててない。

読者中には、アンコール遺跡に行ったことがある人が多いと思う。ここは行ったらあかんとか、ここが穴場で活かすとか、ここのあれが美味いとか、ここで女が買えるとか、こういう奴に気をつけろ、といった情報教えて下さい。

Heartgard を購入

愛犬ベリーのノミやダニは、安い注射薬で落ちる。腹の中の寄生虫は人用の安い駆虫薬で落ちる。

どちらも100円か150円程度で安い。

けれど、蚊が媒体するフィラリア症の薬が売ってない。

そこでやもなくアメリカ製の定番フィラリア薬HeartgardをLazadaで購入した。

送料込みで629バーツ 2,000円あまり。

毎月一回6か月分。犬が好んで食べるチュアブルで手間要らず。

タイには冬がなく、何時でも蚊は居るので、一年では二箱要るが、まあ二ヶ月に一回程度でもいける。

日本の実家に居る愛犬は、寝たきり老犬で、オムツに食事も抱えて口に入れてやる要介護犬。オムツ、薬、診療代、餌代とバカにならないが、タイで犬を飼うのは安く済む(バンコクのコンドミニアムで飼われるハイソ犬は別)。

ドッグフードは3kg100バーツ。露店のおばちゃんに頼めば、豚や鶏の骨はタダでくれる。

狂犬病ワクチンも、不妊手術だってタダ。

だから、Heartgardは大出費だが、これさえあれば寄生虫のほぼ全てが落ちる優れものだ。

彼女の顔

「ハムケンさあーん。」とアニメみたいな声で彼女が僕を呼ぶ。

「これ、ミキさんが私にくれたUVカット。あなたもつけなさい。」

そう言って、彼女は僕の顔にUVカットクリームを塗りだした。

その顔を見れば、僕への想いが分かる。

誰からも愛されずに死んでいくのは悲しいものだ。

仕事も経歴も家庭も全て切り捨てて、単身タイにやって来たのは、これが欲しかったからだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内