先進国ニッポン!

タイのような中進国に居ると、我が国ニッポンが如何に先進国であるか、いろんな意味でまざまざと思い知らされる。

だが逆に、

「ニッポンちょっと変じゃない? これで先進国と言えるの?」

と思えるような、今時じゃない風習や規則がまかり通っている面もある。

これ、言い出したらきりがないが、僕が中学校の頃から反発して、その後40年以上経ったのに、未だに残っていて悲しくなる風習や規則がある。

規則は、文書化されて公開されているかどうかだが、暗黙知でタブーとされる風習の方がむしろ厄介。そいうものがある意味大切に保存されている。

だけど、個人的に僕が無くなって欲しいと思う風習を、思い付くままに書くと、

異性と交際してはならないという中学や高校の校則(生徒手帳に書いてある!)

スカートの長さやパンツの色を規制する校則。

生徒の分際でパーマなんかかけるな! パーマしたら坊主刈りの刑に処すというしきたり。

妊娠したら当然中退という校則もしくは風習。

良妻は淫乱であってはならないという風習。良妻は淫乱たるべし!

高校生は化粧やイヤリング、ネックレスはだめという決まり(化粧やイヤリングは中国やロシアでさえ常識。タイでさえ常識。)

結婚したら他の異性に恋したらいけないという常識。

カトゥーイ、オカマ、ゲイ、レズビアン、トムは変態であって社会的負適合であるという認識。

部下が残業してるのに、それより早く帰ったら恥ずかしいという風習。

中年が乙女に憧れるのが異常という認識。

不条理でも先輩にはイエスという以外に選択肢がない部活や集団。

グループの誰かが不祥事を起こしたら、全体で(丸坊主にするなど)責任を取らないといけないという風習。

男たるや女より先に逝っては(発射しては)いけないという観念。

部下に「ご馳走様でした」と言わせておいて、経費で落とすのが当たり前と思っている上司の感覚。

「貴様は誰に飯を食わして貰っているんだ?」と脅す所詮雇われ社長の感覚。

正しい歴史認識を日本に迫るくせに、天安門やノーベル平和賞をなかったことにする現代の帝国主義国家の正義感。

ああ、切りがないからもう止めた。

でもこれ本当の話だけど、娘息子の校則読んでみたら、中国よりヤバイニッポンの実情が見えてくるよ。

僕は高校2の時に失恋して、やることといったらオナニーと勉強しかなくて、忘れるためにがむしゃらに勉強して、成績が学年2位になった時(凄い奴がいて、絶対一番にはなれなかった)、夏休み明けにわざとパーマをかけて登校した。

「お前には似合わないから切って来い!」という体育会系(日大体育学部の秀才)に言われ、

「理由は似合わないからですか? 先生にはポリシーと言うものがないのですか?」

と聞き返して父兄召喚になったけど、(失恋のお陰で)成績が抜群だったので、何故か停学にならなかった半世紀も前の記憶に今なお苦しまなくちゃならないのは悲しい。

もう時代は変わってると思ったら、全然変わってないニッポンに愕然した。

これって当たり前?

アソーク付近で働く潮吹きおばちゃんから、もう2年半も会ってないのに、何故だが急に電話がかかってきて、いちご園は何県にあるのかと聞聞いてきた。

潮吹きおばちゃんは未婚、子供なしという話だったが、しっかりフェースブックに子供の写真が写っていた。

それで、その前後にこの写真もあって、僕の気を惹きつけた。

これって当たり前?

数式で書けるのかなあ。

女はいちご狩り 男は魚釣り

いちご園に来るお客さんを見ていると、つくづく感じる。

女はいちご狩りが好き。

いちごだけじゃなくて、食べ物を採取、収穫するのが好き。

男にもいちご狩りに熱中する人もいるが、大体において面倒くさくて好きじゃない。

それより魚釣りが好き。

釣れなくても辛抱強く熱中している。

魚だけじゃなくて、何か獲物をハンティングするのが好き。

バンコクの繁華街でカラダを売る女たちをハントするのに夢中になるのも同じこと。

多分、国や民族を越えて言えるのじゃないだろうか。

どうしてか?

多分、答えはDNAの中にある。

人類の長い狩猟採集時代、男は狩り、女は採取という役割分担の歴史の中で、DNAに刻み込まれた特性なのかも知れない。

狩りで遠出をするので男は方角で地図が読める。

女は右か左かしか分からない。

それも脳の違いに依るのだろう。

僕も魚釣りや繁華街が好きだが、収穫も大好きだ。

生まれて初めて盗みを犯したのは、学校植えたチューリップの球根だった。女の好きなことは大抵好き。僕の脳みそは中性的なんだろう。

あな恐ろしや

20センチもあるムカデ

ズボンを履き替える数分でこんなに刺される蚊

タイ人はジカ熱に免疫持ってるらしいが、僕は持ってない!

切ったら種の部分が空っぽのパパイア。

女の爪による引っかき傷

早春と真夏

今日のサクラ。千葉県。

今日のいちご園。酷暑。

イチゴ枯れそう。お客なし。

ベイビー歩く

マシュマロちゃんの妹さんの子供が歩いた。

自分の孫よりも近い存在。

なんにも出来ないけど、この子と犬には好かれている私。

グーグルがスカイネット

ターミネーターのスカイネットの話を聞くと、僕はグーグルがスカイネットなんじゃないだろうかと思えてくる。

これまでにもグーグルは、誰もが達成できるはすがないと思うようなことをやってきている。

  • 世界中の文献を電子化して集める。
  • すべての人の嗜好や考えを集める。
  • すべての人にあらゆる情報が得られる環境を提供する。

これはとんでもなく凄いことだ。

グーグルがただの検索屋だと思っているとしたら大間違い。検索は彼らの目的ではない。

彼らの目的は、世界のすべてのことを知っていて、誰よりも優れた知能を持つ機械をつくることのようだ。

それが出来るのは、膨大な資金力と、膨大な情報と、膨大な計算機能力と、極めて優れた英知が必要だが、それらを全部高次元で満たしている集団は、グーグルを置いて他にはない。

人工知能は人類最後の発明だと言われている。急速に学習する人工知能は、一度出来るとあっという間に人間の能力を超えてゆくだろう。

そのあと、スカイネットのように、人工知能が人類は抹殺すべきと判断するとは思えないが、一旦人の知能を超えたら、その後のことは人間には予測不可能となる。

赤子のようなEx Machinaが、音を立てずに間もなく誕生しようとしている予感がする。

赤ちゃんは初めは何も出来ないけれど、大人になるのに1年は要しないかもしれない。

SL004244

ミュージック・プロセッサー

息子がまだ高校生だったころ、今から10数年も前のことだが、音楽を始めた息子のために、僕はヤマハのデジタルシンセの最高峰MOTIFと、ミュージック・プロセッサー(DTMとかDAWと言われる)のSONARを買って与えたことがある。

そのおかげで、息子はSONARを使ってかなりの音楽創作・編集ができるようになった(ちなみに、サックスとピアノが出来ます)。

SONARはその後何度もバージョンアップがあって、その度に買っていたのだが、それが結構高かった。

タイに来てからは、皆さんご存知のように、MBK、パンティップ、IT mall Fortuneなどで、PCソフトのコピー物が沢山売られているので、日本に帰るときは息子へのおみやげに、何度もいろいろな音楽ソフトを買って帰ったものだ。

しかし、先日聞いてみると、息子はそれらのソフトを一度足りともまともにインストール出来たことがないというではないか。

たしかにCOPY物のインストールは簡単ではない場合がある。インターネットから切り離して、解凍して、インストールして、パッチを当てて、添付のツールで作り出した登録キーで登録するなどなど。

これらが、全く丁寧でないReadmeテキストに書かれていて、息子ぐらい素人だと、そのテキストすら見つけられなかったり、見つけても英語が読めなかったり(タイ語しかない場合もある)、読めても意味が分からなかったりする。バカチョンでクリックするだけでインストールできないものがほとんどだ。

そういう僕自身も、買ったソフトの何割かは上手くインストール出来ずに使えなかったり、レジストやアップデートに失敗して途中から使えなくなってしまう場合もあった。

タイに来てからは、僕のパソコンは今までMACで通してきたが、数カ月前からWindowsにしたので、先日MBKでSONAR X2 を買って、試しにインストールしてみた(注;SONARにMac版はない)。無事インストールできたら、インストール方法を優しく日本語で書いてディスクにつけて、息子へのおみやげにするためだ。

SONARの最新版はX3だが、X2のコピーディスクはDVD4枚に対し、X3は何故か1枚しかなかったので、データーが含まれていないと思ってX2の方にした。

プログラム自体はそれほど大きくはないが、何しろソフトシンセやオーディオループのデータが巨大で、インストールには数時間も要した。

一度、インストールする場所を間違えてやり直したため、半日がかりとなったが、無事インストール出来た。

Screenshot (14)

これがその画面。

実は僕は、SONARがまだCakewalkと呼ばれていた時代から使っていたので(趣味で)、SONARは使えるのだった。バージョンも変わって、ソフトシンセなども変わって、最初は戸惑ったが、いろいろといじくっているうちに思い出してきた。

今のCPUはI7、RAMは8Gなので24ビットデータも遅延なく使えた。

最近のソフト音源の出来は良くて、お金のかかるハード音源なんて不要になった。今では専用のDSPよりCPUの演算ユニットの方が早いくらいで、自由に操作できるソフト音源の方が何かと優れているのが実感できた。

こんなことをして遊んでいる場合ではないが、何故か昨日から逃避モードの僕。

実はついでにPCゲームまで買ってしまった。その話は後日。

雨季到来

遅ばせながらバンコクは本格的に雨季に入った。
スクムビット方面は洪水多発。

夜に雨が降ると、屋上の木に水をやらなくてもいいのと、午前中が少し涼しいのは嬉しい。

空気が湿ると、鼻の通りも良くなる。雨上がりは空気も道も綺麗なる。
だから僕はタイの雨が好き

僕の住む辺りは滅多に洪水がないのがありがたい。




これはボンマルシェで買ったエジプトの宇宙図。

あのエジプト人、お前が今日の最初の客だと言っていた。

良くない場所でお店を出すのは良くない。

売れなかった僕のアイフォンアプリと同じで、誰の目にも留まらないから売れっこなし。

人の来ない展示会と同じ。


奇妙な生き物たち:限定公開

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内