一人と二人

もういちごの叩き売りも飽き飽きした。

以前は、お客さんが来ると嬉しくて張り切ったが、今じゃ車からこちらの様子を見て、来ようか止めようか決めかねている勇気のない客なんか、来なくて行ってしまった方がホッとする。

助っ人の住込み夫婦も皆同様飽き飽きして、農園の事など気にもせずに田舎に帰ってしまった。だから、2つの農園に僕とマシュマロちゃんと、今だけ来ているマシュマロちゃんのお母さんの3人だけだ。

土日にはマシュマロいちご園で現地イサーン人を雇っていたが、良く働いてくれるのに、お金を盗んだことが発覚したので、即首にした。

そう言う訳で人手が居ないので、僕が一人でマシュマロいちご園やカオヤイ農園を遣り繰りしないといけなかった。無論、マシュマロちゃんも同様である。

しかし、たった一人というのはとてもやりにくい。

お客さんは滅多に来ないのに、お店は空けられないので、トイレに行くのも簡単じゃない。

飯を買いに行くのはほぼ無理。

いちごの水やりのためにポンプに足を運ぶと、そういう時に限ってお客さんが来る。慌てて走って戻ると、大抵冷やかしだけで何も買わずに帰ってしまう。お店と水やりだけでも両立は無理。

では忙しいのかと言うと、そうではない。ズバリ、お客はたまに来る程度で、超が付くほど暇なのだ。それなのに、他に何にも出来ないのが苛立たしい。

それに、寂しい。

マシュマロいちご園には犬が2匹いて、話し相手になってくれるが、カオヤイには誰もいない。

暑さとセミの声で思考が停止。寂しくて不愉快で口がへの字に曲がっているのが分かる。

たまに売れても余り嬉しくもなく、客との雑談もうんざり。お客さんが帰るとホッとするくらいだ。

だから、タバコに火を付けることしかやることがない。

もういちご園はクローズしてしまいたいと思う。

カオヤイ農園はまだ良い。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園は、1日一万円に届かなくなった。

それで、マシュマロちゃんは、お母さんにマシュマロいちご園を任せ、売上は全部お母さんに上げて、カオヤイ農園で僕と二人で過ごすことにした。

マシュマロいちご園と妹さんのいちご園からいちごを、10kg程度採ってきて、それをカオヤイで売るようにした。

そしたらどうだろう。

お客さんが来ても来なくても楽しい🎶

お店の番も水やりも問題なし。

一緒にいちごジュースを飲んだり、一緒にトイレに行ったり、いちごの様子を話したり、何をしても、何もしなくても、気持ちは充実して笑顔が戻って来た。

二人で居ると二人とも気持ちが落ち着いてハッピーだった。

思えば、今年2つのいちご園を始めてから、二人で一つのいちご園に居るのは滅多になかった。二人だけになったのは初めてだった。

二人でこうして居ると、心は平和で充足する。

必死でお金を儲けるのも必要だが、こんなふうに過ごせたら、それで幸せなように思った。

マシュマロちゃんの新スマホ

妹さんの2歳の娘にスマホを使わせるものだから、マシュマロちゃんのスマホはガラスが表も裏も割れてしまっていた。

それだけなら良いが、どういう訳か最近はホームボタンが反応しなかったり、妙にレスポンスが悪かったりで使い難くなった為、彼女はスマホを買い替えた。

今までの携帯は、サムスンのA5

今度のは、OPPOのR9s

本当はiPhone7が欲しかったが、高過ぎるので辞めた。

OPPOのR9sはOPPOの最新機種で一番高い。約15000バーツ。

OPPOは昔は質の悪い格安携帯の代名詞で、とても自慢して見せられる代物ではなかったが、最近は事情が変わった。今や中国やASIA諸国でiPhoneを押し退け、破竹の勢いで売りを伸ばしている。性能の方もなかなかのもので、所謂コスパがとても良いのである。

一般的ユーザーが気にする性能と言ったら、

カメラの品質

電池の持ち

充電の速さ

だろうと思うが、この製品は見事にその辺りのツボを押さえている。

マシュマロちゃんにとっての決め手も、「綺麗な写真が撮れる」だった。

前機種もこの機種も、近所の美人日本人妻を持つタイ人美男子の携帯屋で買った。一年に満たないの使用での買い替えで勿体無いが、こんなだから格安携帯が丁度良いとも言える。

KIKIヘヤーバンドのマシュマロちゃん。

美肌補正でそばかすも目立たない。

遂にポンプ移動

先週の木曜日、まだラムタコーンに水があり、その水を池に溜めるためオーバーナイトで水を汲んだ。

翌朝、マシュマロちゃんはワンナムキアオのマシュマロいちご園にいちごを取りに行った。もうマシュマロいちご園にはお客さんは殆ど来なくなったので、まだ観光客が来るカオヤイでいちごを売る為だ。

カオヤイ農園のいちごは、もうあまり多くないので、いちご狩り客のために残しておくようにしている。

だから、金曜の朝は僕一人でカオヤイ農園を切り盛りしなければならなかった。

朝10時頃、昨夜からずっと水を汲み上げていたラムタコーンをチェックしに行って愕然とした。

まだ、あるだろうと踏んでいた水が無くなっていた。

水面が取水口迄下がって空運転寸前だった。

もうここからは水は取れない。

折しも空は曇り、雷が成り出した。

僕の選択肢は2つ。

一つは、店を閉め、一人でポンプを池に移動する。これが上手く行けば土日に水やりが出来る。しかし、一人で出来るかどうか。

もう一つは、雨が降ることを期待して何もしない。雨はこのところ連日この近所で降っているので、如何にも降りそうな気配。雨がいちご園に降れば水やりは不要だし、山に降ればラムタコーンという沢に水が来る。

どうしよう、どうしようと30分考えた末、ポンプの移動を決行することに決めた。

移動の準備は時間をかけてやってきたので、材料は揃っていた。

まず、ポンプの取水口を引き上げ、ポンプから外す。

ポンプ近くPVCパイプで接着剤を着けていない部分を外す。

次に、盗まれないように鍵とチェーンとボルトで固定してあったポンプ本体を土台から外す。

ここ迄はズムーズに進んだ。約一時間半。お昼ごはんを食べて休憩。

昼からは、外したポンプ、PVCパイプ、ポンプを浮かす浮き、ノコゴリ、接着剤などの道具を設置場所に運び込む。

ポンプを設置済みの台に置いて位置決め。釘で台に固定。

取水口にフィルター代わりの遮光布を巻き、紐で縛って固定。

取水口を浮きに固定。ここが肝心なので、拾っておいたバイクのチューブを切り、ゴム紐状にし、それで縛って固定した。こうすると外れにくい。紋族の親父から教わった方法。

取水パイプをポンプに接続。

取水口を浮かべる浮きに木の棒を固定し、池に投入。

ポンプから基幹水路にPVCパイプを接続。ここが難しく1時間かかったが接続できた。

電源スイッチとポンプを接続。続いて、電線を基幹電線に接続。基幹電線なのでオートストップ出来る。

ポンプ内に水を入れてスイッチオン! ポンプ正常始動なり!

短期間なので、簡単な土台。盗難可能。

少し濁っているが、金魚草が繁茂する冷たい水の池だ。

これで1ヶ月は水が使えるだろう。雨が農園に降れば、水が池に集められるシステムなので、雨が2回も降れば、水不足になることは多分ない。

この一連の作業で、もの凄い量の汗をかいた。何しろ力の要る仕事だった。

朝10時半に始めて夕方5時に作業が終了した。それから乾いて萎れたいちごに水やり。終わったのは8時。

でも、これでいちごがソンクラーン迄枯らさずに維持出来る。

裏手の象山。この風景を忘れることはないだろう。

肉体労働の後のビールが旨かった。

マングローブ林でハーブ探索の旅

今は副業となった感がある元本業のハーブビジネスの一環として、タイ南部のマングローブ林に目的のハーブを探しに行って来た。

そのハーブは日本の特保食品の原料となる。

日本から製薬会社2社計5名を引き連れて、総勢9名の探検だった。

空港に着いたら、予約してあったレンタカーが手配出来なかったとの通知が来ていて、予約はキャンセルされていた。こんなことは初めてだ。

車無しでどうやってホテルに行き、明日の探検すると言うのだ。

幸い空港にあったレンタカー会社6社のうち、一社がスバル フォレストがあったので、それを借りられた。やれやれ。

爆弾騒ぎもあったこの街で前泊。

ここから車で一時間半の海岸付近のマングローブ林。

海老の養殖場

この養殖場からは徒歩。少し進むと船着き場があった。

水はマングローブ林特有の茶色だが済んでいた。

ここから小舟で3キロ川を下った。

鵜や鷺の仲間の鳥がたくさん居た。

美しく豊かな自然の中で、僕は気持ち良かった。こんな水路を船でゆくのはサムットプラカンの95%水の土地以来だった。西表島のマングローブ林ボートツアーよりも迫力ある。

上陸すると、マングローブの気根がニョキニョキ出ていて歩き難い。

こんなジャングルを歩いて目的の植物を探す。

有りました。これが目的のハーブの花。

この花を見るために総計何十万円あるいはそれ以上も費やして来たのだった。

似た植物が多いので、同定にはどうしても花を見る必要があった。

ミッション終了。やれやれ。お腹が空いた。

陽射しは強いが気持ちの良いマングローブの川

塩気がある汽水だ。

海岸にあるレストランで食事。これはレストランからの風景。遠くに微かにサムイ島が見えた。

久しぶりに美味しい新鮮な海の魚や海老、カニ、貝を腹一杯食した。満足満足。

やっぱり日本人は海産物がないとダメだ。コラートには全くない。

日本に帰ったら、美味い海産物を食べたい。

食事の後、ハーブの加工場を視察して、本日のタスク終了。

夜の便でバンコクに向かい、その後車でカオヤイまで戻ったら深夜0時だった。

余談がだ、エアーアジアの便を予約する際、1日ずれて取ってしまい、変更をお願いしたが、キャンセル料100%プラス手数料でほぼ2倍払う羽目になった。

これはカレンダーの曜日が月曜日から始まっていたのが要因。日曜日から始まるカレンダーに慣れてしまい、うっかり曜日確認しなかったため、月曜日のつもりが火曜日だったという訳。

国によりカレンダーの始まる曜日が異なるので要注意。

いちご第二波終了

先週末で、いちごの第二波が終了した。

今年の第二波は、ここカオヤイもワンナムキアオも凄い量のいちごが成って、幾ら採っても採っても採り切れずに、結局60-70%ものいちごが傷んで駄目になってしまった。

勿体なく悔しい思いをしたが、最盛期には多くのお客さんに喜んで貰えたし、それなりに稼がせて貰ったので良しとしよう。

収穫時期や量がもう少しコントロール出来ると良いのだが、それは今後の課題だ。

今はもう、お客さんの数もまばら。助っ人の住込みタイ人夫婦も帰ってしまった。去年は今週末でいちご園は完全終了した。周りのいちご園ももう閉店したところが多い。

しかし、マシュマロちゃん一家のいちご園は、ここも含めて山は小さいながら第三波の実が成り出したので、まだ続けるようだ。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園も第三波が来て、またいちごが増え出した。カオヤイも遅ばせながら第三波の花が咲き出したので、あと2週間程でまた新しいいちごが成るだろう。

幸いまだ水もありそうなので、出来れば4月17日のソンクラーン休暇が終わるまで続けてみるつもりだ。もう大きい実は期待出来ないが、新たに成った実も味は良いので、なんとかほそぼそと続けられると思う。

ソンクラーンには、カオヤイに多くの避暑客が来るらしいので、もうひと稼ぎして、その後の休暇をちょっとだけ豪勢にしてみたいと思っている。

以前はソンクラーンが終わったら日本に休暇帰国する予定だったが、それだとゴールデンウィークにかかってしまう。ゴールデンウィークに日本に居ても良いことはないし、飛行機も高いので、日本への帰国はゴールデンウィーク明けに変更した。

4月はマシュマロちゃんとタイ国内をのんびり旅行して回ろうと思っている。

変な虫

借家に植えてある大きなマンゴーの樹に、余り見たことがない変わった昆虫が居た。

体長6センチ。

角もたいなのがある。その角の赤地に白い斑点が如何にも不思議。

羽の模様も摩訶不思議。何の意味があるんだろう?

身近な生き物達

最近撮った身近な生き物

とてもきれいな声で鳴くハチドリ

ヒマワリの種を食べるハト

部屋の中を這い回るナメクジ

ネバネバしてなくて、背中は堅くてザラザラ。

トイレの壁にいたカタツムリ

トイレの排水溝からたくさん出て来た硬いヤスデ

怖そうだが無害。

僕の💩がヤスデに生まれ変わったらしい。あまりにたくさん居て時々踏んづける。取っても取っても出てくる。

マシュマロちゃんは大嫌い。僕も好きではないが、見た目程悪者ではない。何しろ僕の💩の権化だから。

トカゲ

6センチはある大きなクマバチ

いちごに混じってチェンマイから来たオレンジ色の花の植物。今は種を風で飛ばしている。日雇い労働者に依れば、この草は食べられるそうだ。

マシュマロいちご園のどんくさいメス犬

バスが来た

パトゥンタニから高校生を連れてバスが7台やって来た。

一気に300人の学生がいちご園になだれ混んで、短時間ながらいちご園は人で溢れた。

全員が買い物やいちご狩りをしてくれた訳ではないが、お店はてんやわんやだった。

学生の旅行にしては立派なバスを使っている。お金持ちの学校だろう。

学生なのにいちごを3箱も買って行く人もいた。

僅か30分足らずで8000バーツ程売れた。相手が学生なので普段の半額位で売ったので、そう多くはないが、平日にしてはまあまあの売上になった。

水が来た パート2

いちごがたくさん成りだしてから3月上旬まで雨は殆ど降らず、カラカラの天気が続いていたが、この一週間で借家の辺りは4回、カオヤイ農園とマシュマロいちご園は2回土砂降りになった。

ヒマワリもカラカラ

ラムタコーンの水もいよいよ枯れて、「もうあかん」と思った矢先、昨日のことだが、土砂降りが比較的長く降った。

普通、雷雨は極めて局所的で予報も難しいが、昨夜はかなり広範囲に雷雲が拡がって、レーダーでもそれが確認出来た。

カオヤイ国立公園の入口付近つまりこの付近が赤くなっている。

豪雨の後、暫くシトシトと降り続いて、バケツに溜まった水から見て、約130ミリの雨が降ったことが分かった。

例によっていちご園は洪水。朝には八割方水は捌けたが、土はドロドロネバネバ、歩くとスリッパの底に厚さ5センチ位で足の2倍位の幅の土が着いて、まともに歩けなくなる。所々は水田状態。

そんな中でも、強者のタイ人はスリッパを脱いで裸足で水田を歩き回り、いちごを採って来る人がいたので笑った。

いちご園に降った雨の水は排水路を削りながら溜池に溜まった。

雨が降ると、お客さんが来ない、いちごが腐る、受粉しない等のデメリットもあるが、水が溜まるというメリットもある。

深く削られた水路。

しかし、この池、水深が分からなかった。

4メートルあるという人もいれば2メートルという人もいる。僕は2メートルと見ていた。

水深が分からないと水の量が読めないので測ってみた。

釣りの要領で、長い木の棒の先に紐を付け、その紐に石を縛り付けて池に垂らしてみるという方法。原始的だが確実だ。

結果はなんと、たったの1メートル。愕然とした。ガッカリだ。

多分、泥が大量に入って池の底を埋めたのだろう。

測った場所は、取水口を取り付ける予定の場所1箇所のみ。

これではあと一ヶ月持つかどうか微妙。

しかし、運が付いているのか、ラムタコーンを見に行くと、水が来ているではないか!

前回の雨では全く水が増えなかったのに、昨日の雨は山にも降ったようで、一気に水深が30センチ程増えた。

嬉しくて鼻歌が出た。

これでまた一週間は大丈夫だろう。

カメレオンみたいなトカゲ

こんなカメレオンみたいなトカゲがいた。

体長30センチくらい。

水色が綺麗。

地味だが動きがカメレオンみたいなのも居た。

まだ写真は撮れてないが、カオヤイには美しい鳥もたくさん居る。

バードウォッチャーや昆虫ファンには最高の場所だ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内