4度目の誕生日

昨日はマシュマロちゃんの誕生日だった。

数えて見たら、4度目だった。1回目は二人でチャーン島の近くのマーク島のリゾートに行った。

2度目は、妹さん夫婦とマシュマロいちご園でケーキだけ食べた。

3度目は、カオヤイで二人でチョコレートファクトリーのショートケーキとムーカタを食べた。

1回目は、兄さん夫婦のいちご園がまだ開園してなかったのだが、2回目、3回目は開園直後のとても忙しい時期で、精神的にも誕生日を祝っている場合じゃない程疲れていた。

今年4度目は、マシュマロいちご園で妹さん夫婦とその他大勢でバーベキューとムーカタを食べた。

僕は今までで1番大きいケーキを買って用意しておいたら、妹さんも同じサイズのケーキを買ってくれていて、10名以上でも半分も食べられなかった。

こうして写真で見ると、妹さんのケーキの方が大きい気がする。負けた!

因みに、どちらもほぼ1000バーツ。2つで7000円になるので、タイとしては結構な贅沢レベル。但し、生クリームじゃなくてバタークリーム。カステラの質はイマイチ。

真ん中の子は、妹さんの子供。

去年、一昨年と子守役をしていたせいか、僕によく懐いていて、今でも寝かせるのが得意だ。この子を見ると見ると何故か抱き抱えたくなる。

マシュマロちゃんも自分の子供のように可愛いがっている。

住込み夫婦のガキンチョとは大違い。何故だろう?

BBQと言うことで、ちょっと贅沢してオーストラリア産のサーロインを買って来て、皆にステーキを披露したが、皆さん半生の牛肉は気持ち悪いと言ってちっとも受けなかった。

日本産の焼肉のタレを使ったのは僕だけで、皆さん甘辛いチリソース(ナムチン)を付けて食べていた。

食文化が違い過ぎて、異文化に対する忍容性が養われていない人達に、こういう事をしてもすれ違うだけだ。僕も辛くて臭いイサーンのソムタムなんて見たくもないが。

思い比べれば、1回目のマーク島での誕生日が1番良かった。あの頃の無邪気な笑顔はあまり見られなくなってしまったのが悲しいところだが、一緒に頑張ってきた歴史は刻まれた。

今年4回目は、昨年、一昨年よりは良い誕生日会だったと思う。

おしっこに暗闇に出ると、寒くて震えが来た。見上げれば夜空に無数の星が輝いていた。

北極星の位置がとても低く、自分が今異国の地にいることを伝えていた。

今日から別居

住込み従業員の為の掘っ立て小屋がカオヤイ農園に完成し、今日からそこで寝泊まりしてもらう事になった。

僕としては、不便な掘っ立て小屋での生活よりも、この家での生活の方がよっぽど快適で便利と思うので、今まで通り家で生活して、早朝だけ早く農園に行って鳥を追っ払ってくれれば良かったのだが、マシュマロちゃんに言わせると、それより農園で寝泊まりした方が楽とのことだった。

問題は寝泊まりする本人達の意向なのだが、意外にも彼らは農園での寝泊まりを選んだ。

本人達がそうしたいのなら、正直言って僕としてもその方が良い。

なにしろ、文化と教養が違い過ぎて、苛つくことしきりだった。ガキンチョは部屋でゲロばっかり吐くし、折角の僕の日本食手料理を18歳新妻から「こんなもん私は食べられない。」と言われてインスタントラーメンを食われるのも腹がたったし、夜中中、電気や扇風機(それも最大出力)を付けっぱなしで、扇風機は2台壊したのに自分で買おうとしないし、味がしないか超塩っ辛いかのどちらかの18歳新妻の不味い手抜き料理にもうんざりしていた。皆で囲う食卓くらいタイ語で会話しろと言ったのに、訳の分からないモン語しか話さず気に入らなかった。

はっきり言って、一緒に暮らしたくなかったので、今日からは別居が始まって、すっきり清々した。

おそらくは、彼らも同じことを感じていたのだろう。

今までの住込み労働者ともそうだったが、だいたい2ヶ月くらいでお互い嫌気が指してくるようだ。

掘っ立て小屋に電気配線と照明を付け、鍋やお皿や包丁を半分持たせ、お釜やベッドマット、洗濯を干すハンガーまで分け与え、小型のプロパンガスコンロにお米15kg買い与えて手厚く見送ったつもりなのに、

「テラスの照明はどうしてないの? これじゃ暗くて料理できない。シャワーは何処で浴びるの?」

と言った調子。

凡そタイ人に優しくしても、感謝されることは滅多になく、つけあがるのみなので、少し悲しくなる。

これも文化の違いなんだろうけど、もう少し遠慮と感謝があっても良いと感じる。

まあ、これでより一層働いてくれさえすれば文句ないが、どう転ぶかは僕には予測出来ない。

お店の冷蔵庫や飲み物類を好き放題に使って、店の周りに汚い洗濯物を干されるのが目に見えたので、

「商品を勝手に使うな。とにかく清潔に暮らして、お店の周りを汚くするな。」と念を押しておいた。

ピー(幽霊)が出たとか、ヘビが部屋に入って来たとか、寒くて寝れないとか言っても、もうこの家には戻らせない。

こんな掘っ立て小屋だって、1万バーツと丸2日の労働時間を費やしたのだから。

住込み従業員の家の新築

住込み従業員は、遠慮もなく僕らの家でサバーイサバーイに暮らしている。ちょっとサバーイ過ぎる。

何しろ、食費ただ。だから、山ほど調理して残りを平気で捨てる。しかも、野菜なしで肉を毎回1キロも使う。部屋台も水道代も電気代もただ。だから、夜中中電気つけっぱなし。洗濯石鹸も必要量の3倍位使うし、僕らの洗濯の時間と競合しても遠慮もクソもない。扇風機は部屋に持ち込んで自分の物のように使っていて、あまりに不便なので自分で買うようにしつこく催促しても、一向に買う気配は無い。既に2台僕の扇風機壊したのに。

僕らがそれだけ住込み従業員を手厚く面倒を見ているのは、日頃の労働に対して感謝の気持ちを示しているつもりだった。

ところが、住み込み夫婦の方は、少しも感謝の気持ちを表現することなく、当たり前の顔して生活している。

日本人なら考えられないくらい、遠慮と感謝がなさ過ぎる。

お馬鹿で無教養な上に遠慮なしの態度にムカつくことが多くなってきた。

そんな時に、いちごが鳴り出して、朝方や夕暮れ時に、野鳥を追っ払う必要が出て来た。

農園に住んでもらえば、朝一で野鳥を追っ払えるし、防犯効果も絶大だ。

それで、農園で寝泊まりしてもらうのが良いか、今の家で寝泊まりして、朝方だけ早く鳥を追っ払いに行ってもらうのが良いか、どちらが良いかという議論が白熱した。

正直言って、家を汚すばかりのガキンチョや、文化が違い過ぎてお互い理解し合えない彼らとは、一つ同じ屋根の下で暮らすのは嫌になっていた。

しかし、冷蔵庫も洗濯機もガスも水道も使える今の生活は彼らにとって快適そのものの筈だから、あの何もない農園で寝泊まりするのは、さぞかし嫌だろうと思ったので、僕は早朝に鳥を追っ払いに行ってくれれば今の生活で良いと主張した。不便な生活に疲れて、辞めて帰ってもらったら困るからだ。

ところが、マシュマロちゃんは、彼らは農園で寝泊まりするべきと譲らない。その理由はよく分からないけれど、多分僕と同じく遠慮の欠片もない彼らに腹が立っているのだと思う。

彼らにしてみても、私生活と仕事を分けたいという気持ちがあったようだし、ガキンチョが犯す迷惑行為に恐縮していたのだろう。

激しい議論の末、彼等の選択で農園で寝泊まりしてもらう事になった。

農園は5ライ(8000平米)もあるけれど、意外と空いたスペースがないのと、水が無いところでは生きて行けないので、選べる場所はお店の隣しかなかった。

お店の隣のメリットは、

水がある。

冷蔵庫が近くて使える(あまり使って欲しくないが)。

防犯効果は抜群。

日の出から鳥を追っ払える。

デメリットは、

店の周りの雰囲気を損ねる。

洗濯物、ゴミ、調理品等で不潔になる。

洗濯機、水道、清潔なトイレ、シャワールームが使えなくなる。

などなど。

今まで賄い付きだった訳だから、1日150バーツの食費を上乗せすることにした。

こちらからの条件は、お店の周りを不潔にしないこと。

いちごを鳥から守ること。

の2点。

という訳で、今日からお店の隣に彼らの寝泊まりハウスを作り出した。

多分、明日完成し、明後日からそこに住んでもらうことになる。

ガスコンロとか、洗濯バケツとか、食器、包丁とか、どうするのか僕はもう知らん。

勝手にしやがれ。

蚊帳と電球だけは面倒見てやるから、扇風機くらい自分で買ってくれ。

洗濯洗剤や食器洗いスポンジ、生理ナプキンまでは、面倒みてやらない。

これで思う存分、喘ぎ声出してセックス出来るから良かったね。

こっちもガキンチョの夜泣きに起こされなくて済むから良い。

マシュマロいちご園大盛況

ワンナムキアオのマシュマロいちご園の客入りを心配して損した。

先週の平日は、軒並みカオヤイいちご園の倍の売上。昨日の土曜は2.5倍、今日の日曜はカオヤイも頑張ったので1.5倍。

マシュマロいちご園のお陰で、土日の二日間だけで15万バーツの売上になった(正確に言うと、売上からその日使った諸経費を抜いて残ったお金。でも粗利益じゃない。)

毎週20万バーツ売れることが一つの目標だが、それは達成出来るようになった。これが3月末まで続いてくれたら、、、また一年間生きていける。

マシュマロいちご園の方は、いちごが沢山成っていて、その分有利。カオヤイもいちご狩りが出来るようになったものの、半日で赤く熟した実は終了。まだまだほんの少ししかいちごがないので、多くのお客さんががっかりして帰って行った。

来週にはかなりいちごが増えそうだが、お客さんも増えるので、多分連日午前中で終了の毎日が続くことだろう。

僕の腹積もりでは、今月末にカオヤイの売上がマシュマロいちご園を抜く。

その為のテコ入れを、今度はカオヤイにしなければ。

今はマシュマロちゃんがカオヤイの心配をしている。二週間前は泣きべそかいてたくせに、今は偉そうにカオヤイ改善策を指示してくる。

今どきの日本人に足りないもの

日本リカバリー協会が9月8日に発表した「社会人の疲労・休養の実態調査」の結果によると、

今どきの日本人が、1日の中で足りないと感じる時間は何か?

1位:「休養・睡眠をとる時間」 59.7%。

この項目はどの年代でも1位で、特に40代(68.5%)、20代(62.0%)にそう感じている人が多いとのこと。

2位:「趣味・遊びの時間」(50.1%)

3位:「運動をする時間」(37.9%)

4位:「家族団らんの時間」(14.1%)と続く。

一方「仕事」(8.5%)や「家事をする時間」(8.6%)は意外と少なく、1桁台にとどまった。

日々の生活の中で十分に休息がとれているかを聞くと、

「全くとれていない」(9.2%)

「ほとんどとれていない」(12.0%)

「とれているとは言えない」(32.1%)

で、合計が53.3%がとれてない。

20代、30代では「全くとれていない」がどちらも13.0%となっているそうだ。

つまり、今どきの日本人に足りないものは、物でもお金でも恋人でもなく、

「睡眠と休養」

僕も若い頃はずっとそうだったので、別に今どきのことではなくて、昔からある日本人の生活における問題点なんだろう。

その気になれば取れるはずの睡眠と休養が取れない。なぜならば、その時間が取れないから。

なんとも悲しいことだが、タイ人には多分理解不能。

睡眠と休養が先ず先にあって、余った時間で仕事するので。

睡眠と休養が足りないと、他に何が沢山あっても絶対に幸せになれないことは誰もが気付いているだろうに。

誰が何のために睡眠と休養が取れない生活を強要しているのか? このあたりの問題を解決しないと、日本は次のステップに進めないだろうと思う。

品質の悪いいちご

チェンマイ産のいちごは、山の上の仲買人からバンコクの卸に買われて運ばれてくるのだが、品質がまちまちで困る。

以前は深夜に旧バンコク市街にある150年の歴史を持つパクローン市場に行って、この目で確かめて買って来たので良かったのだが、今はある卸にラインで注文して、朝方カオヤイノウエンデリバリーしてもらっている。これはとても便利で、徹夜運転することもなく、夜ちゃんと眠れて有り難いばかりなのだが、問題点もある。

それはいちごの品質を確認出来ないこと。

注文してデリバリーしてもらったいちごは買うしかないが、時にひどいのがある。

今日は不幸にもそれに当たった。

7割が潰れて傷んでいるか、カビで腐かけている。

こちらは、まだ白いいちごばかり。

チェンマイから、山積みいちごをガタガタ運んで来るので、2割位は傷んでいても仕方が無い。

キロ幾らでミャンマー人に採らせているので、まだピンクにもなってないいちごが2割くらい交じるのも、腹は立つけどここではそんなもんだという常識にも慣れた。

しかし、今日は48キロ買って36キロ分が7割使えない状態だったので、マシュマロちゃんは怒って僕を責めた。

悪いのは、卸が品質を確認してない事と、天候と生産者。特に、生産者による差が大きい。僕を責めてくれても困っちゃう。

しかし、流石に僕の許容範囲外の品質だったので、写真を送ってクレームを入れ、36キロ分は半額以上払わない旨伝え、なんとか合意を得た。

ただ、問題はケチることではなくて、このような不幸な事態をどうしたら避けられるかだ。

そもそも、購入者が品質を確認する機会もなく、販売者の言うなり価格で買わされるという点がおかしい。さりとて、購入分より多く持って来て貰い、その中から良い物だけを買うというのは、デリバリーしてくれる卸としては受け入れ難い。何故なら、毎朝4時には完売させないといけないのに、カオヤイまで運んで来て売れなかった分はどうするのかと言う問題がある。そもそも卸の利益率は大きくなく、売れ残って廃棄するのは絶対に避けなければならない。さもないと、利益なんかすぐに吹っ飛んでしまう。

卸にとって、僕らが重要なお客さんならば、ちゃんと品質を確認して、良いものだけを持って来るようにするのが現実的かと思う。良くない生産者には、取引を止めてもらうか、チェンマイまで教育に行って貰う。僕らは泣き寝入りせずに、写真付きできちんと客観的なフィードバックをする。

半分以上売り物にならない場合、僕らは売らないで捨てるか、赤字覚悟で安く売るかの何方かしかない。いい加減な品質のものを、利益だけ考えて高く売ったら、その店から客が離れていくのは当たり前のことで、これはしてはいけない。

良い物を安く仕入れることは、その店の責任でもあるし、それができることが店の力量だろうから、僕らも文句を言ってるだけじゃ駄目で、よりベターな方法を探らないといけない。それが僕らの仕事の一つ。

いざとなれば、パクローン市場まで買い出しに行くしかないが、夜11時に出て、朝方6時に帰って来る生活をしたら、身が持たないので避けたい。

いちごのこと、従業員のこと、お金のこと、マシュマロちゃんのことなど、いろいろうざいことが多く、今日、僕は売り場に立たず、一人花といちごの世話をした。

マシュマロいちご園にスピーカー

数日前、テスコロータスでブルートゥース接続出来るアンプスピーカーを買った。ワンナムキアオのマシュマロいちご園に音楽を流す為だ。

2年前に2800バーツで買ったセットは、ブルートゥース出来ないし、もう相当古くなって傷んだ。しかも、人に貸したら帰って来ない。

今度買ったのは、4990バーツ。大きなウーハーが付いていて低音が相当イケてる。

これを売り場の近くに設置すると、うるさくてお客さんと話が出来ないので、後方のいちご園に向けて設置した。

いい加減な設置のようだが、しっかりと柱に固定されている。

タイの曲特にルークトゥンなんか流さない。ポピュラーな欧米バラードにする。異国情緒がいいのだ。

クリスマスにはクリスマスソング。

今日は晴れて直射日光が天窓から入って来て、売り場がとても明るくなった。

こうした僕のテコ入れが効いたのか、今週は良くお客さんが入り、好調で、カオヤイよりも売上が良い。

いちご狩りも出来るようになった。

晴れのち雨

この二日間、朝は快晴で暑い日になるかと思ったら、午後2時半に冷たい雨。

初めは冷たくて気持ちが良いが、午後3時には気温も24℃に下がり、雨脚も強くなって、肌寒くなる。

折角、除草剤を散布してもらっても雨で流れて徒労になる。

雨では当然観光客は来なくて、代わりに閑古鳥が鳴くばかり。

昨日は、売上の最低記録更新、たったの1500バーツ。

先週はまあまあで、週あたり10万バーツ超えになったのでホッとしていたら、今週はさっぱり。

他のいちご園も同様のようで、要は観光客がカオヤイやワンナムキアオに来ていないらしい。

今日のカオヤイいちご畑の様子

皆が肥料が足りないと言うので、先週辺りから2日に1回液肥を与えたら、急に成長が速くなり、花も半分位のいちご株に着き出した。

今日は一組のカップルがいちご狩りをした。初めてのいちご狩り客。

15分ほどで約15粒位採れた。小粒だが、多分甘くて美味しいと思う。

他にサラダ菜と二十日大根とトマトを少しやっている。

サラダ菜は良く成長して、食べ頃を過ぎた感があるが、畑に入るお客さんが来ないので、売れ残っている。新鮮でビタミンたっぷりなので、いちご狩りが始まれば、これも採っていくお客さんが出て来るはずだ。

それまでは、僕らのおかずになるしかない。

トマトはアイコとナイアガラスイートの二種。

放置栽培で様子を見ていたら、萎縮病かモザイク病のようになり、ウイルス感染でもう駄目かと思っていたら、不思議と盛り返してきた。耐性遺伝子が働き出したのだろうか。

剪定もせずに枝が暴れ出したので、棚を作って誘引してみた(まだ途中)。

トマトーンという合成ホルモンをかけたら実が膨らみ出した。どんな味になるか楽しみ。

発芽と育苗に難があり、少量のトライアルとなってしまったが、上手く行ったら来期に増やしたい。多分、ダメそうだけど。

青空ヘブンリーブルー

乾季入りしてから、カオヤイでは雨らしい雨が全く降ってない。

今日もよく晴れて、青空にヘブンリーブルーの花が映える。

これから木々の落葉が始まる。

トウモロコシは熟して枯れ、イネ科の雑草達も膨大な種を撒き散らして枯れてきた。

緑の山が褐色になり、日本の秋に似た風景となる。

そして、いちごの季節が始まる。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内