FC2ブログ

雲黒斎打倒

今年も定例の豚糞を取りに行ってきた。

マシュマロD-Max号では多く積めないので、親戚から別の2台を借りて、9立法メートルの乾燥豚糞を二回計18立法メートルを取ってきた。

13時間も掛かった。

過去の雲黒斎との戦いの結果、こちらも進歩して、これでも随分楽になった。

先ず、豚糞はバッチリ完全発酵した上等品の入手方法を得た。今年の豚糞は、特に出来が良く、香ばしいことこの上ない。しかもよく乾燥していて軽い。クッキーとして販売したいくらいだ。

これなら、豚糞だけの培地でも育つくらい。

第二に、自分で糞を掘って袋詰めしなくて良くなった。養豚場の手先が全部やってくれる。しかも、車に目一杯綺麗に積んでくれる。僕は謝礼を少し払うのみ。本当は9立法メートルなのに、申告は7立法メートル。これも手先のお陰。

304号を運んでいる際に、検問場でヤーバーの検査があっても、絶対引っかからないメンバーのみで実施。過積載で捕まらない技も獲得。

養豚場の周辺の豚分発行湿地

積み込むの様子

ここが発酵済み豚糞の乾燥場

重量物が運べるように板バネを不法補強済みな車なのに、バネがこんなになってる。タイアの空気圧は、この後80パスカルまで増強。

でもブレーキ効かず、横揺れ激しく、危険極まりない。時速80キロが限度。日本じゃ則逮捕かな?

朝飯、夕飯抜きで、走りに走って疲れたが、ウンチまみれになることもなく、腰もまだビンビン。

まいったか雲黒斎!

因みに、豚糞代は去年の半額5600バーツ。謝礼2000バーツ。軽油代2400バーツ。〆て10000バーツ成。

去年は、キロ幾らで買ったので高く付いた。それに、ヤーバー検査で引っ掛かった労働者が養豚場から豚箱行きになるのを助ける為に余計に6000バーツ強の賄賂が掛かったっけ。

サツマイモ掘った

紅はるかの一列全部を掘り上げた。

全部で12バスケット採れた。凡そ150kgくらい。

丸々と太いのが多く、その他は細くて小さい。丁度良いのがない。

ネズミに食われたイモ。

ちょっとだけ齧られたのもある。

家の玄関先で乾燥させる。

この状態だと、どの位保存できるのだろう?

青紫の風車

美しい青紫の花を咲かせる木が気に入って、店先に植えたら、今年二回目の花が咲いた。

この花は、ここまま固くなって、風で外れるとヘリコプターみたいに回転して、ゆっくりと落ちてゆく。

いちご96番の悲劇

四季なり性を備えた貴重な品種96番が悲劇的な結末を迎えた。

種100粒から苗32株を取り、順調に行けば子株が500株位得られるはずだった。

小苗のときにスリップスにやられ、強い農薬をちょいかけ過ぎて24株まで減らしてしまったが、大きくなったので白いビニール(ポリエチレン)袋に定植して、カオヤイ農園に持ち込んだ。

カオヤイ農園に持ち込んだ数日後、僕たちは休暇を取ってバンコクに出掛けた。その留守の間に、農園に住み込んでいるワーカーが気を利かせて水をあげてくれたのだが、、、

近くのタンクに溜まっていた水を確認せずにあげてくれた。

その水には、除草剤が入っていた。

タンクに除草剤が残っていることを僕は教えてなかったので、彼は知らなかった訳だが、除草剤で緑色になっていた得体の知れない水を不注意に与えてしまったわけだ。

結果はこれ。

6株を残して枯れた。

残った6株も瀕死状態で、この先持ち直す見込みはあまり無い。かくして、5000円の経費と4ヶ月の時間は無駄に終わり、僕の将来をかけた実験(ちょっとオーバー)は失敗に終わったのだった。

無教養のタイ人はこんな感じ。

彼の実家の5ライものキャベツ畑は、一ヶ月前に彼の妹の旦那が濃すぎる肥料をかけて全滅させた。

何事もこんな感じで、要は万事注意が足りないのだ。

除草剤をかけたことを知ったときは、まじで殴り倒してやろうかと思ったほど怒った。

だけども、不注意ながら彼は除草剤がタンクに残っていることを知らなかった訳で、気を聞かせて水やりしてくれた訳だから、怒るのは控えた。

その代わり泣いた。

新年に身がなる品種を探して導入することが絶対に必要で、最も期待できる品種の一つだったのに。

また一年を無駄にしてしまった。

こんなテンポでは、とてもじゃないけど成功しない。

カオヤイショップ新築:床敷いたら昼寝にいい感じ

鉄骨の上に、厚さ20ミリのスマートボードを敷いた。

スマートボードというのは、所謂ファイバーセメントボードのことで、フレキシブルな上に折れにくい。危険な石綿は使われてない。ファイバーセメントボードという名前の別商品があって間違えやすいが、ファイバーセメントボードは木の繊維が多量に使われていて、長時間水に浸かるとふやけて弱くなる。スマートボードは水濡れにやや強い。

仕様書では幅30センチを超えないように支えの鉄骨を入れるように書いてあるが、僕は40センチで手を打った。その代わり、丈夫な鉄骨を使い柱も多用して反りをほぼ無くしてある。お店の人に言わせれば、60センチでも余程重たい物を載せない限り大丈夫という。

厚さ20ミリ、長辺2400、短辺1200ミリのスマートボードは一枚80kg位ある。

これを敷くのは重くて一苦労だったが、敷いて見ると真っ平らで広い平面が出来上がり、居心地の良い場所になった。ベリーも勝手に上がって昼寝をするし、住込みワーカーのガキンチョもすやすや寝ている。

そう、涼しくて昼寝には最高の場所が出来た。

茶色の色を塗ったら、セメントの冷たさも消えて、木の雰囲気が漂う居心地の良い場所になった。

一日くらい仕事を休んで、ここでぼんやり過ごしてみたい。

このペンキだけで2000バーツもかかったので、デッキ部分はやや薄めの16ミリのスマートボードを敷いて、その上に古い木板を模した色が塗ってある厚さ8ミリのセラミックボード(外壁用)を敷くことにした。

タイには木がもう無いので、こういう材料を使うしかない。

床材だけで2万バーツ超えになりそう。

デッキは我がショップの売りなので、この際中途半端にならないように頑張りたい。

オートマチックな溶接面

溶接やってて手元が見えないのが一番腹立たしかった。

これから自分で机や椅子などの小物を作らなきゃいけないので、よく手元が見えて、紫外線がちゃんと防げて、アーク光から眼も守ってくれるオートマチックフルフェイス溶接面を買ってしまった。

溶接機を買った時にお店の人から勧められたが、節約のため買わなかった物だ。

スパークを検知してから暗くなる迄、15000分の1秒らしい(液晶がそんなに早く変わるのか?)。

使って見ると快適そのもの。アーク前の手元が良く見えるし、一瞬たりとも眩しくない。いちいち面を着けたり外したりする必要なし。

何種類かあったが、一番高い990バーツのを買った。換えのフィルター付き。

日焼けで顔の皮がズル剥けて、その刺激で鼻の頭と上唇にヘルペスまで出てしまってコリゴリだったので、990バーツの出費は自分に許した。

ワーカーも喜んでいた。

ポリカの庇

カオヤイショップの正面は北向きにある。お客さんが北側にある道路からお店を見たとき、南側の明るい緑を背景にするので、お店の中はどうしても暗くなってしまう。

しかし、お店の商品を物色するお客さんを「熱い」陽射しから守り、雨も防ぐ大きな庇は必要だ。

つまり、雨や「熱い」光は通さずに、暗くならない程度に光を通す素材で庇が作る必要があった。

去年は草葺で作ったので、涼しかったが暗かった。

そこで今年は、遮光率70%位のポリカーボネートを使ってみたいと思った。ポリカは上部で、紫外線や風雨に耐える軽くて透明な理想的な素材。

ただ、タイで妙に高い。SCGで1200x2400ミリ、厚さ6ミリのストロー構造なのが、一枚1050バーツもした。台湾製が多い。

もうちょっと安い製品は無いかと、今日タイワサドゥという大きな左官大工道具屋に行ってきた。ワサドゥとは道具とか資材の意味らしい。ジョイフル本田を凌ぐ巨大スーパーだ。

残念ながらカオヤイにはタイワサドゥはなくて、1時間の程車を飛ばしたサラブリにある。

行ってみたら、運良く1220x2440ミリ、厚さ6ミリのストロー構造なのが約659バーツで売っていたので、それを5枚と、張るためのアルミ部材を購入した。全部で4000バーツ程。

本当はピンク色のポリカが欲しかった。何故なら、かわいいし、赤い光線を透して、いちごの色を際立たせてくれるから。

しかし、ピンクはなかったので、車庫とかでよく使われるブラウンを選んだ。赤や黄色を他の色より少し良く透すし、コーヒーとも相性が良さそうだ。

張ってみたら、暑くもなく、暗くもなく、正に丁度いい感じの遮光度合いで気に入った。マシュマロちゃんも珍しく気に入ったようだ。

軽い素材なので、支えの鉄骨も最小限とした。上には乗れないが、風雨程度なら充分な強度。

次は、いろいよ床と壁に取り掛かる。

ああ、何かと真っ直ぐなのが心地良い。曲がった丸太は風情はあるが、設計は困難。考えると頭が痛くなる。

初めての溶接2

朝、農園に出勤すると、ワーカーが先に溶接作業をしていた。

一見綺麗に出来ていたが、黒いスラグを落とすと、ご覧の通り。

なんじゃこりゃー

全然くっついてないぞなもし!

バトンタッチして、何度も盛り直した結果がこれ。

ゴテゴテに盛って、なんとか部分的に接合出来た。実際に頑丈になっている。

しかし、着かない部分は何度やっても着かない。スラグを取っても、完全には取り切れず、その上には鉄が盛らないみたい。

何がいけなくて、どうすりゃ良いのか教えて!

Cチャンネルの背に溶接するのは難しいが、縦に繋ぐのは割と綺麗に出来る。

これなら合格でしょ?

しかし、自信がないので、重量がかかる部分はアングル鋼で補強してみた。

これだけやれば、多少溶接に難があっても、頑丈に接合出来てると思う。

錆止め塗料が塗ってある鉄鋼は更に難しい。

材料の厚さが1.6ミリだと、穴空き必須。2.6ミリあればかなり楽。

因みに、溶接棒は2.6ミリ。アンペアは70-95くらいでやってます。

サツマイモ試し掘り

紅はるかを一株だけ試し掘りしてみた。

ネズミが囓ってないか心配だったから。

予想では、中くらいの丁度よいサイズが6個取れると思っていたが、たまたまかも知れないが、巨大な1個とカブみたいな丸いのが1個と小さいのが2つだった。

でかいのはほんとにでかい。

太さ13センチ、長さ30センチ。

チンコみたいな血管の跡まである。

色は紅色で綺麗。ネズミが齧った跡なし。線虫害も見当たらない。

切ってみると、あまり黄色くなく白っぽい。ぎっしり固く詰まっている感じ。一見して未だ若いって感じ。

芋を掘った当日、芋を乾燥させて寝かせることもせずに、70℃のガスオーブンで1時間βアミラーゼを働かせて糖化処理。その後、200℃で30分焼いてみた。

太いのを分厚く10センチ厚に切り、アルミホイルで包んでオーブンに入れたのがいけなかったのか、1時間の糖化処理では中まで充分温度が行き渡らなかったようで、糖化が足りなかった。十分に糖化が進むと、ねとねとした蜜が滴り落ちてくるのだが、それがなかった。

焼き上がりの芋も、全然ねっとり感が無く、あまり黄色くもない。焦げ具合も足りない。一応甘いけど、ややパサパサでホックリしてなかった。

これじゃ紅はるかじゃない。

と言う訳で、多分寝かせてないのと、糖化処理が不十分で、調理は失敗。

試し掘り第二弾では、糖化処理をしっかりやって再挑戦したい。

初めての溶接

溶接は意外と簡単とのことで、やってみたが、

「難しいやないかい!😬」

助っ人が帰り、住込みワーカーのやるのを見ていたら、どうもユーチューブと違う。

「お前、溶接知らんな? 僕はユーチューブで勉強したけど、そうやっちゃ駄目だ。こうやるんだ、ちょっと貸してみろ!」

と溶接棒を取り上げ、ユーチューブビデオを思い出しながらやってみた。溶接棒が鉄骨に直ぐにくっついてしまいアークが出ない。

「アークが出ないやんけ!😵」

どうかするとアークが出だして、上手く溶接が出来たと思ったら、スラグを叩いて取り除いて見たら、

「くっついとらんやんけっ!」

溶接したい鉄骨材の両端に、てんこ盛りに溶けた鉄が付いていて、肝心の接合面にはスラグばかりが付いて、一部分しか溶接出来てない。

この野郎!と思って、ガッツリ溶接棒を溶かすと、今度は鉄骨材が溶けて大穴が空いた。

「誰や! 溶接が簡単って言った奴は!?」

なんで均一に溶接棒の鉄が着かないんだろう? 分からん!

まっ、それでもやってるうちに、少しは上達してきた気がする。

何度もやり直してくっつけた。

見た目は笑っちゃうレベルだが、ガッチリくっついている。

隙間のある鉄をくっつけるのは、実に難しい。スラグの巻き込み、穴開きは常にあるが、一箇所当たり二本位の溶接棒を使ってガッチリくっつけた。

直径1センチの穴だって、溶接棒の鉄で少しずつ盛って塞いじゃうもんね!

昨日は向かって左側のデッキの骨格を作り、今日は自分一人で右側のデッキを作った。中古の鉄を継ぎ接ぎ作ったが、凄く丈夫に出来た。

溶接マスクの曇りガラスが暗くて、アークが出るまで溶接棒が何処にあるのかも分からない。アークが出てからも、鉄材の継ぎ目が見えず、継ぎ目から2センチも離れた場所に溶接の鉄を盛ってしまうこともあった。

これに対して、安物の溶接メガネ(飛行機のパイロットマスクみたいに目だけ覆い顔は露出したもの)が曇りガラスが薄くてアーク前から手元が見えるので、今日は一日それで作業をした。

そしたら家に帰ると、顔がピリピリ痛い。

「何それ、顔が真っ黒。どうして?」とマシュマロちゃん。

鏡を見ると、確かに顔が日焼けで真っ黒。目の周りは焼けてないので、溶接で焼けたに違いないが、溶接で紫外線が出るの?と思って調べてみたら、ガッツリ出るらしい。考えて見れば、アークの高温プラズマからなら紫外線が出ても不思議はないが、考えてみなかった。知らなかった。

鼻や頬から下が真っ赤に日焼け。ヒリヒリする。

この分じゃ数日後にきっと皮が剥ける。

やっぱり顔を全面覆うマスクが必須なんだ、と始めて知った。オートマチックの溶接マスクが欲しくなった。

同時に、やっぱり自分でやらずにワーカーにやらせたほうが良いかもとも思った。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内