今度は新しい店造り その1

ワンナムキアオのマシュマロいちご園(ファーサイ農園)のお店が2年経ってボロになったので、今年は建て替えることにした。

もともと2年位しか保たない様な造りなので、建て替えるタイミングとしても丁度いい。

また、落ちぶれてきたファーサイ農園の立て直しの一環としても、重要なステップである。

デザインは白川郷の藁葺屋根にインスパイアされた。

初日は、高さ6メートルある屋根の頂上の梁を立てるのに失敗して、まる一日潰す。

2日目は、なんとか柱を立てた。

高い所の作業は老人には無理なので、若い労働者に全部頼んだ。僕は下から指示するのみ。上ばかり見ているので、首が疲れたのと、顔が真っ黒になった。

1センチ単位で設計、切り出しを行ったが、丸太は20センチも曲がっていたりするし、施工の際のボルト締め、釘打ちの位置がちょっと目を離すと違う所に打ってしまうので、結局のところ設計が無駄になった。

3日目。結局下から積み上げることにして、作業用の2階の足場を作った。この天井は高さ3メートルもある。店の幅はメートルと去年より1メートル小さいが、高さは1.5倍ある。ユーカリ間伐材だと、この辺りが限界だろう。

ユーカリ間伐材は若木で湿っていて木材としては良くないが、安くて加工し易いのが良い。直径7センチ長さ4メートルで、一本200円程度。南洋材(オーク材)の角材だと7~800円位するので、苦手の丸太で施工するしかなかった。

だけど、構造上重要な部分には釘を使わず、直径9ミリの鉄ボルト締めで固定したので、基本骨格の強度は確保されたと思う。

4日目。やっと屋根作りに着手出来た。

だんだんと全体像が見えてきた。

雨が度々降って、途中中断が多く、なかなか作業が進まない。

今度のお店のキャッチポイントは、大きくて高い屋根。この下に、あと4メートルの屋根が続く。ただ、白川郷みたいに厚い藁葺は無理で、薄っぺらい草葺の屋根になる。屋根の面積は、今までの屋根の2倍以上になる。

お店の屋根の前面にはサフィニアのプランターを置くらしい(マシュマロちゃん)。

今まで使っていたお店は壊して、その場所に花壇を作る。

お店が少し道路から離れるが、その分アプローチし易いように工夫する計画中。

思うように施工が進まないのが悩みの種だが、少しずつ形が出来上がって行くのは楽しみでもある。こんな風に、一つ一つ作っていくのが僕のセカンドライフなんだと思う。

住込み従業員用の家の屋根もクロームメッキトタンで補修。床も剥がして、今度は10ミリ厚の防水合板を張った。これであと2年使える。

嗚呼やってられないココナッツ集め

除草剤が効いて草が枯れれたので、次は古いビニール袋に入ったココナッツを集める作業に入った。

ココナッツを集め、枯れたいちご苗や雑草を取り除き、日干し殺菌して再利用する。

畑からココナッツポットがなくなれば、ウォーターシステムの配管と傷んだマルチを取り除き、畑が焼ける。

そうしたら、畝を直し、排水の悪い箇所を修正出来る。

しかし、今日三人で一日作業して、僅かに4列のココナッツポットが処理出来たのみ。

あんまり一生懸命働いている感じはしない。この日は僕が一番良く働いた。

全部で180列あるとすると、このペースだと45日掛かることになる。

仮に日雇い労働者を6人付け加えたとしても、15日掛かる計算になる。人件費は8人分で約42000バーツになる。

根が張っていて、ココナッツが効率良く回収出来ないのが原因。回収したココナッツの状態は良いが、雑草の種が大量に混じってしまっている。

新しくココナッツを買ったほうが安いんじゃないか!?

これって当たり前?

アソーク付近で働く潮吹きおばちゃんから、もう2年半も会ってないのに、何故だが急に電話がかかってきて、いちご園は何県にあるのかと聞聞いてきた。

潮吹きおばちゃんは未婚、子供なしという話だったが、しっかりフェースブックに子供の写真が写っていた。

それで、その前後にこの写真もあって、僕の気を惹きつけた。

これって当たり前?

数式で書けるのかなあ。

たまにはトースト

ファーストライフ時代、僕の朝食の50%はコーヒーとトーストだった。いや、70%位行ってたかもしれない。

目玉焼きやミニサラダを付けて、時にはフレンチトーストにして食べていた。毎日の様に食べていても飽きなかったのが今思えば不思議だ。

カオヤイに来てからは、ほとんど毎日タイ飯の日々。朝から辛いおかずとご飯。反逆しても、せいぜいセブンイレブンのハンバーガーだったが、マシュマロちゃんがラングシット大学の友人に会いに2日間家を空けたので、僕は好き勝手の朝食を摂ることが出来た。

カオヤイの僕の家から車で5分程の所に、「カオヤイ満腹亭」が最近出来た。ここがちょっとハイソで流行っている。ちょっとだけハイソというのが良い。超ハイソなレストランやホテルは沢山あるが、それだと行けない。

何処がちょっとハイソかと言えば、

先ずエアコンがある。

床がコンクリート。

生コーヒーや生フルーツジュースがある。

メインはタイ飯だが、洋食モドキも少しある。

値段は屋台飯の倍まで行かない。

てなところか。

それで、食べたのはトーストとコーヒー。

トーストの方は、アイスクリームとホイップクリームとバターとハチミツたっぷり、バナナ添え。

コーヒーは無糖のモカのアイス。

まあ健康には余り良さそうではないが、久しぶりなので無性に美味かった。

値段は、99バーツ。

いっそのこと、隣の230バーツのにしても良かった。

いちごのスノーアイス(ビンスー)が189バーツ。

スターバックスみたいに、ちょっとだけハイソと言うのが良い。

それで、カオヤイ農園でも是非スノーアイス(ビンスー)をやってみたいと思った。あれは牛乳と熟れ過ぎたイチゴとフリーザーとスノーアイス削りマシーンがあれば出来る。それにフレッシュいちごを乗せれば、100バーツ超えで売れそう。いちご狩りはなにしろ暑いからね。

先のThaiFexでスノーアイス関連のブースで幾つか名刺交換してきたので、家に帰って早速商談メールを入れてみた。

ヴェロナ再び

ワンナムキアオからプラチンブリ方面に304号を少し下った所にヴェロナと言うショッピングモールがある。

2年前、そこにいちご売店を出店しようか検討して、結局止めた。

その後、数十回ヴェロナには行ったが、どうも活気がなく、どのお店も繁盛している様子は伺えなかった。

一週間ほど前にも寄ってみたが、一定数のお客さんは居るものの、写真を取るだけで、物を買っている様子はない。

僕達が契約しようとしたお店の場所も、その後一度もテナントが入ることはなく、シャッターが降りたままだった。

もしここでお店を構えていたとしたら、きっと赤字だっただろう。

カオヤイのパリオもそうだが、観光客が必ず寄るところなのに、写真撮って何も買わずに帰るだけ。

魅力的な商材がなくて小奇麗なだけでは誰も何も買わない。

コバンザメのように流行っている所に行ってお店を出すだけじゃダメなんだ。

砂利敷いた

雨が降ると地面がヌルヌルの泥んこになって車が進まなくなり、靴の裏に重さ2キロの泥が付いて歩けなくなるのを止めさせるため、駐車場と店の周りに砂利を敷いた。

去年、駐車場への出入り口にトラック5台分、計75トンの砂利を敷いたのだが(ここ)、今年はもっと広い範囲に敷いたので、トラック8台分、計120トン近い砂利を使った。

向こう側にバスでも入れる侵入路を作った。

砂利代、運送費、ブルドーザー整地料で合計35000バーツ成り。手痛い出費だが、これもやらなきゃならないことだったのでやった。

肝心のいちご園内には砂利は撒けないので、雨が降れば泥んこになるのは避け難いが、排水路を拡張したので、洪水にはならない、多分きっとならない、と思う。

トイレ一応完成 でも問題あり

馬鹿みたいにまるまる一週間と10000バーツ余りを掛けて、なんとかトイレは完成した。

出来立てにしては清潔感に乏しいが、一応使える。

でも問題山積。

先ず水圧が足りないらしくて、水が溜まるのに30分も掛かった。💩をして一度流すと、30分待たないと2度目が流せない。これはイカンでしょう。

そこで、外のタンク(このタンクの水位で水圧を作っている)の高さを写真より50センチ上げた。

それから、根本的な問題として、水が溜まると止水する弁の調子が悪かった。通常ならこの程度の水圧で十分水が出る筈なのに、付属の止水弁の蓋をすると何故だか分からないが、貯水槽の水位が下がっても弁がほぼ閉まったまま。ああでもないこうでもないと2日間施行錯誤しても解決せず。

「水洗トイレなんて作ったことない人には無理なんじゃないの? 時間の無駄。技術者を呼んで見てもらったら?」とマシュマロちゃんに言われ、屈辱感の中、二人の技術者に見てもらったが、どう見ても僕よりおバカで、結局解決せず。

その後自分で考えて、プラスチックの弁の一部を1ミリ程削って設置してみたら、少し良くなった。

タンクを上げた効果と相まって、10分位で水が溜まるようになった。10分は長いが、これで当面様子を見ることにする。

次に、床。トイレはタイ語でホームナムつまり「水の部屋」だから、技術者は平気で床にシャワーの水を垂らす。駄目だと言っても意味が通じない。僕としては濡れた床だけは嫌なので、乾いた日本式トイレにしたはずなのに、その心はタイ人には通じない模様。

それから、黙っていると平気で土足で上がる。靴を脱いで上がれと言うと、一応脱いでくれるが、タイ人の足の裏は真っ黒に汚れていて、靴を脱いでもらった意味がなかった。

あれ駄目これ駄目の張り紙をいっぱい貼るしかない。

なんだが達成感がないが、去年からやろうと思っていたことをやってみたということ。

「無料トイレあります」

で客寄せしたいが、それを唄うほどの出来ではない。

これは僕専用トイレにして、タイ人用には濡れたタイ式トイレを作った方が良いのかも。

トイレ作りに挑戦

去年、絶対にやりたかったのに出来なかったことの一つに、トイレ造りがある。

下痢気味で食後に必ず💩がしたくなる僕としては、トイレは必須条件。💩を我慢して農作業は出来ない。

いちご園の隣のテースバンにある美しいトイレが使えることが分かってからは、僕はあまりトイレに悩まなくなったが、もっと大切なことが残っている。

それは言うまでもない、お客さんのためのトイレだ。

実際に多くのお客さんからトイレは有るかと聞かれた。いちご狩りはしたいけれど、先ずは出す物を出さないと落ち着いていちご狩りなんて出来ないという様子がありありで、僕は痛いほどその気持ちが分かるので、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

ただ、トイレを作るのはそう簡単じゃない。

一番の問題は、土地のオーナーがそれを許可するかどうか。駄目というオーナーが多い。

トイレの場所も問題。近すぎると臭いし、遠すぎると行くのが面倒くさい。方角とか、家屋の前は駄目とかの風水めいたこともある。

それと、木の近くは根っこで穴が掘れないとか、下が岩盤だと掘れないととかいう作業上の制約。

トイレには水が必要なので、ウォーターラインが近くに来ていることも要件となる。

僕らのいちご園の場合、上記を鑑みて、ちょっと遠いが、施肥用第二ポンプの隣に作るとにした。

お店から200メートル程離れていて、歩いて行くと途中で失禁してしまいそうだが、バイクや車では行き易い場所。お客さんの場合は、車でも良いし、いちご園の中を突っ切って歩いて言ってもよし。

ここで、タイの大都会以外のトイレの構造を説明しないといけない。

大都会の市街地以外、タイにはまともな下水路はない。市街地でさえあまりない。浄化槽を設置することもあまりない。

では、どうするかというと、地下に染み込ませる。

ぼっとん便所でも、水洗便所でも同じ。

💩は活発な微生物や昆虫によってかなりな程度分解される。おしっこや水は地下に染み込んで行き、そのうちに地中の微生物によって分解される。

だから、時々は汲み取りバキュームカーで掃除しないといけないが、その頻度は低くてよい。

つまり、排泄物が溜まる穴の底は、土なのだ。炭を敷く場合もあるが、コンクリートで底を閉じることはない。

だから、穴の底は地下水位より高くないといけない。穴の深さは普通1.5メートルくらいなので、地下水位がそこまで浅いことはあまりない。

ところが、カオヤイ農園の場合、掘ってみたら地下水が染み出してきた。

雨季だし、雨降った後だからか?

これはタイ式トイレにとって、すごーくまずい。

排水路からも水が。。。

つまりこの一帯の現在の地下水位は僅か数十センチってことみたい。

コンクリート土管を生めて様子を見たら、地下50センチまで水が上がってきて、💩する前から浄化槽は満タンになってしまった。満タンになると、💩が便器から浄化槽に落ちなくなるので、トイレが悲惨なことになる。

これじゃあ使えない。困った。どうしよう?

排水路からも水が湧いて来ていることからして、この辺り何処も地下水位は同じだろうから、場所を変えてもダメそう。

選択肢は2つ。トイレを諦めるか、乾季には使えることを祈って突き進むかだ。

でも僕には、トイレを諦めるなんて無理。やるしかない!

浄化槽はタイ式だが、便所は濡れたタイ式のは嫌だ! どうせ作るなら日本式の床が乾いたトイレが欲しい。

そこで、僕はツーバイフォー方式で床が高床木造のトイレを作ることにした。タイにはツーバイフォーのSPF材はなく、サイズが不揃いな超硬くて重い南洋材しかなく、丸鋸でのカットも釘打ちもとても大変だった。

日本から買って持って来ていたインパクトドライバーも盗まれていたので(これ凄いショックだった)、ドリルで下穴を開けて、それから釘打ちしたのだが、釘が入らず苛ついた。

当初はこの倍位の広さを考えていたが、浄化槽の問題で使えないかもしれないので、最小限の広さにした。

柱のない構造の家に皆さん驚いた。

ペンキを塗って、扉を付けたら、日本式トイレに近付いてきた。

緑色がどぎついが、周りの緑に溶けて目立たなくなる。

屋根はトタンだが、このトタン、丈夫で錆びないから不思議。

入り口はコンクリートを敷いて、葉っぱで模様を付けた。

既に買ってある水洗便器と水源のタンクを設置したら完成予定。

さて、このトイレ、使える日が来るのだろうか?

つづく。

ターミナル21とセーブワン(セウォン)

今日は休暇で、コラートのターミナル21に住込み従業員家族を連れて行ってきた。

そこのSFシネマでトム・クルーズ主演の3Dの新作映画「マミー」を観た。

英語版は夕方からしかなかったし、住込み従業員家族は英語なんか分からないので、止むなくタイ語での鑑賞となった。

先週は、サラブリのロビンソンで、パイレーツ·オブ·カリビアンの新作をやはりタイ語で観た。

2つとも特段難しいストーリーではないので、タイ語でも一応楽しめたが、細かい会話のニュアンスやジョークなどは全然分からなかった。ざっくり言って会話の15パーセントも聴き取れてない。

もっとも、仮に英語版だったとしても、多分50パーセント程度しかから聴き取れないので、どっちもどっち。

聴き取りゼロパーセントでも、同程度に楽しめる映画だったのかもしれない。

映画を見終わってから、名物の展望台に登った。展望台へのエレベーターは意外にも無料だった。

展望台は高さ90メートル足らずだが、コラートの街には高いビルはないので、見晴らしは最高だった。

2号線カオヤイ方面

ボーコーソー·マイ(新バスターミナル)方面

コラート台地の限りなく平で広い平原が見渡せる。こういう風景は日本には無い。

鉄板焼 宮崎 で遅い昼食

二人で1000バーツになってしまった。

89バーツの天ぷらうどんにしとけば良かった。

マシュマロちゃんはスノーアイスまで食べて、更に北海道レアチーズケーキも食べた。

ターミナル21の帰りは、懐かしの巨大タラート セーブワン(セウォンと発音)を散策。6年前、コラートの女に連れて行ってもらった以来、初めての再来だった。僕はターミナル21には買いたい物がなかったけれど、セーブワンには沢山あった。

レンチセット、スチール巻尺、中古電動工具、コピーDVD、軍用ナイフ、強力レーザーポインター、スピーカーなど。

手作りスピーカーは、2台で800バーツで買った。去年いちご園に音楽を流す為に1台500バーツで買ったホーン型スピーカーの定格入力が小さ過ぎて、酷い音割れだったので、今日買ったスピーカーに取り替える予定だ。

洪水対策

去年カオヤイのいちご園を準備して一番辛かったのは洪水だった。雨季に一雨降れば、いちご園は水田のようになり、歩くのもままならなくなった。

今季、この土地でいちご園をやるなら、洪水の起こらないいちご園にしたかった。

やることは下の2つ。

① 排水路を大幅に拡張、強化して、雨の水が速やかに池に落ちるようにする。

② 車の入るところはすべて砂利を敷いて、雨が降っても車が走れるようにする。

この2つは絶対やる。出来なければ水田にする覚悟で。

今週2日間掛けて、小型のユンボ(シャベルカー)で新しい排水路の基幹部分を作ってもらった。また、泥で埋まった去年の排水路も掘り直した。

水色の部分が基幹排水路。

7800バーツかかった。後方の水路は深さ1メートルもあって、落ちると危険な程。

これだけじゃ畝の間に溜まった水は流れないが、畝と水路を繋げば流れ去るので、後は人力でなんとかなるだろう。

特に中央の縦横十字の排水路に期待している。

道路と駐車場降った雨が、大量にいちご園に流れ込むが、これを縦の三本の排水路で一気に池に落とすという企てである。

カオヤイいちご園は真ん中辺りが窪んでいて、水が流れ去らなかったのだが、溜まった水を十字の排水路に落とす計画だ。

歩くと20センチも足が埋まり、長靴が土の中から抜けなくなり、体制が崩れて泥の中に倒れるのは、もう無くしたい。

オタマジャクシが泳ぐいちご園とはお別れしたい。

水が溜まって、お客さんがいちごを採りに行けないようないちご園とはおさらばしたい。

シーズン中に雨が降っても、翌日には普通の靴で入れるいちご園にしたい。

出来るかな?

完全には無理だろうが、去年、排水路を掘ってかなり改善したので、きっと今年はもっと良くなるだろう。

一方、駐車場の砂利敷は間違いなく効果があるはずだ。

雨が降ると、ピックアップトラックでも走れなくなる駐車場なんか使い物にならない。

面積が広いので100トン近い砂利が必要になりそうで、高くつきそうだが、やらなきゃ話にならないので、やるのみだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内