モンの踊り

マシュマロちゃんはモン族。

モン族はタイの少数山岳民族だが、中国、ベトナム、ラオス、そしてアメリカにも多くのモン族がいる。もともと中国雲南辺りの人達だと思うが、戦争の影響でアメリカにも広がっていて、アメリカにはタイよりも多くのモン族が住んでいる。

謎めいた民族だが、日本の古き風俗に通ずるものが多くある。

顔も似てるが、特に動作が似ている。

そこで、モン族の踊りを紹介したい。

ウボンラチャタニーのダンスにも似ている気がする。

https://youtu.be/dQ0XD8-x7Bw

https://youtu.be/QCpUJVJy7vw

https://youtu.be/O31E4U4J1AA

https://youtu.be/Zmu4mLSk-AY

https://youtu.be/xegEO8Ldmdc

うれし恥ずかし:植物性コラーゲン

「あのおバカ幼妻が買った植物性コラーゲンとかが届いていたよ。一箱680バーツで4箱。お金無いくせに馬鹿だよなあ、あんなの買って。」

「あ、あれ届いたの? 私が買ったのよ。スターも飲んでて18歳の肌に戻れるんだって!」

見れば、箱にエイティーンと書いてある。

「これから毎朝2錠ずつ飲んで若返りたいの。急ぐ人は2錠飲むんだって。あなたも一緒に飲みなさいね。18歳の肌になれるかもよ。」

いくら2錠飲んだって、40年前の肌には戻れる訳がない。

もっとも、40年前の僕の肌は油ぎってニキビだらけだったので、戻れても戻りたくないが。

成分を見ると、いろんなフルーツの抽出液を合わせただけのもので、18歳の肌に戻す魔法の成分なんて何も入っていなかった。

そもそも植物にコラーゲンなんてない。

この国ではこういう商売が出来て、僕もかつて手掛けようとしたが、とても僕には無理な世界だった。

今朝起きて顔を洗うと、彼女は言った。

「あれ。あなたの顔、ちょっと白くなったみたい!」

うれし恥ずかし:鼻毛

カオヤイ農園にはいちごが足りないので、いっぱいあるマシュマロいちご園にいちごを取りに行った。

待っていた彼女は近寄って僕の顔を見上げた。

「あらあ、鼻毛が出てる。」

そう言って僕の鼻毛を摘んで引っ張った。数本抜けた鼻毛を息で吹き飛ばしたけれど、

「ダメだ。まだいっぱい出てる。」

そう言って、今度は小指の先を僕の鼻の穴に突っ込んで、鼻毛を穴の奥に押し込んだ。

「いちごいっぱい持って行ってね。頑張ってね。」

うれし恥ずかし:歯垢

「あらあ? あんた今歯磨いたところなのに、なんで歯垢がこんなにいっぱい着いてるの!?」

彼女は僕の唇を両手で開いて、口の中を覗き込みながらそう言った。

「ちょっと待ってて!」

そう言って、急いで洗面所からデンタルフロスを取ってきた。

「今から私が歯垢取ってあげる。はい、ここに頭乗せて!」

僕は言うなり彼女の膝に頭を載せて馬鹿みたいに口を開ける。

乳首がちょうど瞼の真上に降りる。

「うぇー! きたねー! こんなにいっぱい取れた。」

そう言って取れた歯垢を僕に見せようとするが、近過ぎてピントが合わない。そして、それを自分の鼻先に持って行きクンクン匂いを嗅いだ。

「クサー!腐ってる。」

歯垢を取る度に臭いを嗅ぐので、僕は呆れて、

「いちいち匂いを嗅ぐな!」

と叱った。

「あー、切りがないから、今日はこれでおしまい。歯ブラシは力入れなくて良いから、軽く歯の隙間を丁寧にゴシゴシするのよ。そうだ、いちごが終わったら、一緒に歯医者に行って歯垢を落として貰いましょうね。」

「そうだな。今年こそはあんたの歯もインプラントで治さないとな。」

ミツバチ

ガイラルディアにはミツバチが良く来るが、二種類いる。

こちらは大きい方。日本のミツバチより大きい。ハナアブかも。

こちらは小さい方。

日本のミツバチより小さい。

いちごを受粉させるのはこのミツバチである。

密度は低いが、ちゃんとほぼ全部受粉させてくれる。

消毒するとミツバチの数はめっきり減る。死ぬのか匂いで来ないのか知らない。数日でまた来る。

昆虫ネタ付け足し

大きなクツワムシ。愛犬ベリーが捕まえてバラバラにしちゃった。

光に誘われキッチンに入り込んで、そのまま脱水で死んだ蝶。

いつ何が命取りになるか分からない。

一昨日の朝の気温。

寒過ぎる。ここまで下がると昆虫の動きは鈍る。

いちご園近況

正月明けに少しいちごがなって、ちょっとだけいちご狩りを楽しんでもらえた。

大粒も出来た。

バスケット一杯採れてお客さんは大満足。

いちごの質も上場。

しかし、如何せん少ない。これは、第二波じゃなくて、第1.5派だなあ。

その後の数日で赤いいちごは完全になくなってしまった。

いちごがないいちご園にはお客は来ない。

当然、売上も低迷。他のいちご園にお客さんを完全に取られている。悔しいが、いちごがなければ話にならない。

カオヤイ農園には3つのエリアがあるが、その一つに第二波の花が出だした。あと一週間で全エリアに花がいっぱい咲き、その2~3週後にいちごがいっぱいなる、、、、予定。

一方、マシュマロいちご園には第二波のいちごが沢山なって連日カオヤイ農園の倍以上の売上で頼もしい。

昨日の日曜日一日で、ここだけで90000バーツも売り上げた。土曜は70000バーツ。その主なものはいちご狩り。土日に大勢がいちご狩りをしたのに、月曜日にはもう赤い実がたくさん出ている。

これがあと何週続くかなあ。

でも、スリップスがいるので、強力な消毒が必要。

なお、カオヤイのライバル農園を見回ってみたが、スリップスの猛威で何処も間もなく全滅すると見た。僕のカオヤイ農園にはスリップスはいない。至って健康。数週間後には大差で勝利する、、、、予定。

樹脂

カオヤイ農園の中にある大きな木から樹脂がいっぱい噴き出していた。

粘っこいかと思ったら、カチカチに固まっていた。

長さ7センチ余りの樹脂のつらら。べっ甲色で透き通っていて小さな虫も封じ込めている。

そのつららの下には相当量の樹脂が溜まっていた。

この写真の中央上にあったつららが、一番上の写真のもの。

この木だけで数リットル出ている。

別の木で、200ボルトの電線を留める為の釘を売ったところでは、たった一本の釘なのに、拳骨ほどの樹脂の塊が出来ていて、今でも漏出していて、それが塩化ビニールの被覆を溶かし、木に漏電しているらしい。登って木を触ると、ビリビリくるらしい。

タイのどぶろくサートゥ

正月にワンナムキアオに行った際、出店でタイのどぶろくを買って来た。サートゥと言う。

こういう壺に入ってる。これを飲むのは久し振り。

それにしてもテーブルの上が酒の瓶だらけだなあ。

蓋を開けると籾殻が丸見えで、こんなもん飲めるかって感じだが、お酒の良い匂いがプンプン。

カウニャウと籾殻を混ぜて壺に入れ、蓋をして土に埋めておくと出来るらしい。

意外にも中に液体は入っていない。

僕はタイの観光客時代に、これをお土産に日本に持って帰って飲もうとしたが、液体が入っていないので籾殻ごと口に入れて汁を吸ってみたが、口の中が籾殻で気持ち悪くて飲めたものではなかった。

では、どうやって飲むかというと、これに冷水を入れて15分程寝かした後、付属のストローで抽出されたお酒を飲む。この葦で作ったストローは、先が閉じており、先端の横に小穴が開いていて、籾殻が入って来ないようになっている。プラスチックのストレートなストローだと上手く飲めない。

味はとても甘い。文字通りサートゥの味。日本酒の原酒と似た味。

アルコール度数は不明だが、ビールよりは濃い感じがする。

冷水の代わりに冷えたビールを入れても良い。ビールの泡で効率良くお酒が抽出される。甘ったるいビールは僕の口に合わなかったが、酔いたい時はビールが良いそうだ。このことは、憎きトムちゃんの兄弟から教わった。

全部飲んだら、もう一度冷水を入れると、また飲める。3回は無理。

どぶろくと言うことで、販売は禁止だが、ちゃんと酒税を払った合法品がお土産屋で売られている。

瓶詰めされた液体だけのサートゥも、セブンイレブンや酒屋で売られている。

慣れない人が飲むと腹を壊すことが多い。

バンコク辺りの表通りじゃ、あんまり見かけないので知らない人も多いかも。

悲惨オイラのトイレ

どうしても欲しかったジャパンスタンダードなトイレ。

床が決して濡れてなくて、靴を脱いで靴下で入れるトイレ。

もちろん水洗で、オシリを洗うシャワーもあるトイレ。

しかも、造花が飾ってある。

そのために、一週間もかけて作ったトイレだが。。。

現実は厳しい。

やっぱり無理だった。

タイ人の労働者やお客さんが使い出して、見事にタイ式トイレに変貌してしまった。

誰一人として靴を脱いで入る人はなかった。それどころか、泥だらけの靴で入って、トイレで泥を落とした。

水洗器具が水圧不足で上手く作動しなかったので、水掛け式になってしまった。そうすると、当然のように便器の外にも水をかけてトイレを水しにした。ついでに足も洗った。

腹立つ事に、おバカ幼妻などは、ズボンの中でうんこをチビったガキンチョを、このトイレでお尻やズボンを洗ってくれた。

この写真は掃除の後だったので普段より格段に清潔。

いつもは床は濡れた泥だかウンチだか分からいものでグチャグチャ。

1番ショックだったのは、トイレの床の上に、日本じゃあり得ない分厚いコンドームとKYジェルが捨ててあったこと。KYクリームとは挿入の際に潤滑剤として使うもので、タイでは定番。

状況から、此処でホモ野郎がケツにKYジェル付けてオカマ掘ったに違いない。証拠くらい消しといて貰いたい。

かくして、僕の夢だったジャパンスタンダードなトイレは、夢のまま終わったのだった。

最近は、僕はここを使わず、テーサバンの公共トイレまで通っている。

タイの生命保険に入る

日本では生命保険、医療保険に充分な程加入しているけれど、僕が住んでいるのはタイだから、タイでの生命保険、医療保険に入った方が良いだろうと常々思っていた。

お陰様で今のところ健康だが、突然の交通事故や農作業中の怪我、悪い虫に刺されるなど、いつ災難が降ってくるか分からない。その点は日本でも同じだけれど、日本と違うのは、保険がないと適切な治療が受けられない恐れが大ということ。

最近のニュース番組で、タイ人が日本旅行中に心臓発作を起こして救急搬送されて⇒原因の冠動脈バイパスオペ(数回)意識不明⇒心室頻拍⇒AED⇒母親の緊急来日⇒絶体絶命からの意識復活と映像が流れたそうで、この間のオペ代はどうするかについて、ドクターと上司が「費用を考えていては人命は救えない。兎に角究明を最優先で。費用の負担はその後に考えましょう」との会話があったそうだ。結果、そのタイ人は助かって今はチェンマイで元気に暮らしているが、医療費は何と1000万円に達し、どうするか困っているらしい。

タイではこのようなことは起こらない。

例えば、僕が交通事故で頭が割れて意識不明の状態で立派な病院に運ばれたとしても、財布に保険のカードとクレジットカードが入っていなければ、恐らく開頭手術は行われずに放って置かれる。心筋梗塞で緊急にバイパスが必要だったとしても同じ。別にタイに限ったことではないが、お金がなければ適切な医療は受けられない。意識がなければ、「俺は金があって、ちゃんと後で払うから、しっかり治療してくれ」とも言えずに死んでゆく羽目になる。

それは嫌だ。

せめて、やれば助かるはずと思う治療は受けたい。

それに、もし交通事故で死んでしまったら、日本の生命保険金はマシュマロちゃんには届かない。

重い病気や怪我で、彼女に治療費の為に辛い思いをさせるのも嫌だ。

一方、マシュマロちゃんはいつまた交通事故にあってもおかしくない様な運転をするし、僕と違ってちょっとしたことでも病院に行きたがる。

と言うわけで、この際、二人とも同じ保険に入ることにした。

基本の生命保険(死んだら30万バーツ)に6つの特約を付けて、保険料は二人合わせて年間約70000バーツ。一括払い。

貯蓄型は嫌いだし、年寄り向きじゃないので、全て掛け捨てタイプ。保険会社は東京海上。

ここ数年、僕は毒蜘蛛に刺されて病院に連れて行かれて痛み止めを貰ったのが一回あるのみ。薬局で自分で薬は良く買うが、費用としては年間数千円のオーダー。それに対して、保険料70000バーツは今どきの為替では24万円超だから、高い買い物だったかも知れない。

死んでも、たった30万バーツつまり100万円ちょっとというのも情けないが、特約で事故死の場合は100万バーツが追加される。人に殺された場合は50万バーツと下がる(のは何故だろう)。

医療保険の方は、

事故による怪我の治療費は1回あたり10万バーツ

どんな理由でも、入院すると、一日3000バーツ

治療費が28000バーツ

手術は70000バーツ

通院治療は7000バーツ

通院検査は5000バーツ

まで保険で支給される。

怪我や病気で働けないと、給与補償として一日2000バーツ

バンコク都心の一流私立病院で入院治療すると完全に足が出るが、ナコンラチャシマならどんな病院でも大方大丈夫そうだ。

病院での手続きは病院がするので、僕らは保険カードを預けるだけで良い。

僕とマシュマロちゃんとで、保険金額は同じだが、僕の方が保険料が倍くらい高い。歳を取っているから、一年以内に死ぬ確率が彼女の倍以上あるから。

因みに、この加入に際して、健康診断等は何も必要なかった。アンケート用紙に、高血圧、心臓病、糖尿病はなし、タバコは(数日前にやめたから)今は吸ってない、お酒は飲むが嗜む程度、とした。以上、虚位申告はなし。HIVの項目がなかったのは変だな。多分、保障対象外かな。

マシュマロちゃんがいなかったら、多分僕はタイで保険に入ることはなかっただろうと思う。彼女の為に入ったようなものだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内