FC2ブログ

ライバルいちご園が開園

大嫌いな憎きモン族男のいちご園が開園した。

負けそうだけど、絶対負けたくないライバルいちご園。

経営者の性格が悪過ぎる。

二年前から僕らと同じいちご園の名前を使い、今年は変えたが、何とStrawberry Khaoyai。僕らのStrawberry picking in Khaoyaiのパクリ。

コスモスもハリボテいちごもパクリ。ハリボテいちごは発泡スチロールの皿を貼って、マシュマロちゃん作のよりかっこいいところが更に憎い。

デコレーションも超ダサくて、僕らの方が100倍ハイソだが、多くの子供や家族連れには受けるみたいで腹が立つ。

手前のいちごのモニュメントは欲しかったやつだが、奴が買ったなら僕はもう要らない。その代わり、次は小屋ほどの巨大で真似できないやつを用意してやる。

大きなゲート。腹立つ。壊してやりたいぜ。

飾り物は買って来て置いただけであるものの、大きく豪華で、道路からも近い分、僕らの農園よりアトラクティブ。

いちごも同心円状に植えてあって、殆ど公園風。これにはしてやられたと思った。敵ながらアッパレ。

僕らの農園に来て、フェイスブックで間違えて彼らの農園にチェックインするお客さん多数。

やることなすこと気に入らない。

良く知らないが、マシュマロちゃんの親族からも昔から嫌な家系だと忌み嫌われているらしい。

こんなダサいいちご園にだけは負けたくないが、国道2号線からカオヤイ入りすると、最初にある大きないちご園なので、公園風デコレーションに釣られて、多くのお客さんがトラップされてしまうことだろう。

今日も僕らのいちご園の客入りが悪かったので、偵察に行ったところ、多くのお客さんが立ち寄っていて、僕は歯ぎしりをしてそれを見ていた。

だけど肝心のいちごの管理が悪くて、僕から見れば最低のいちご園だ。

しかも入園料一人20バーツ取る。性格の悪さが出てる。

勿論、僕らはタダ。

こことの差別化を進めて勝つしかないが、なんか負けそうな雰囲気。

店にサンタがやってきた

クリスマスには、何時もツリーをキラキラボンボンで飾るのだが、今年はサンタクロースにした。

サンタクロースはタイではあまり有名じゃなく、知らない人も多い。

また、クリスマスイブにサンタがおもちゃを枕元に置いてくれる習慣もあまりない。その割に、街は豪華に飾ったクリスマスツリーが日本より多い(バンコクの話)。

けれども、カオヤイ農園は外国人客の割合が多いので、サンタクロースは子供達にきっと受ける。

小さいファンで空気を送り込んで膨らませるタイプで、結構でかい。

2600バーツ也!

数日で穴が開いて壊れそう。

マシュマロちゃん人身事故

先日、マシュマロちゃんが人身事故を起こした。

カオヤイからワンナムキアオに戻る途中、直線区間で右前方の脇道からフルスロットルで飛び出してきたオートバイと接触。オートバイの運転手は頭が切れて出血した。

幸い、骨や脳に異常はなく、経過は良好らしい。

オートバイの運転手は60歳オーバーの男性で、片目が見えない。オートバイは無登録で無免許運転、ノーヘルメットだった。

状況から、マシュマロちゃんの過失はなく、保険屋は全額を支払うことになった。

しかし、オートバイ運転手の息子が地主で、警察の上層部との関係が強く、それがどう影響するかは未知数で、未だ警察の最終報告書は出されていない。

事故が起きたのは夕方5時半頃だが、彼女が警察署を出たのは深夜0時だった。

彼女は僕に何も連絡を入れてくれなかったので、事故の事実を僕が知ったのは深夜だった。

しかし、彼女の兄、妹さん夫婦、警察署の近くでいちご園をしている仲間が一同警察署に詰め寄って彼女を守った。

その日はワンナムキアオで4件の死亡事故があり、警察署は大忙し。マシュマロちゃんの事故は軽微なので、後回しになったから遅くなったようだ。

脇からフルスロットルで出て来たので、酔っぱらいか、目が悪く見えなかったか、当たり屋の可能性も否定出来ない。

マシュマロちゃんに非が全くないと認定された場合、彼女の車に着いた傷については、保険会社はオートバイ運転手に請求するらしいが、彼が払える可能性は低いのでややこしい。

さつまいもアリモドキゾウムシに食われる

やられました。

さつまいもの害虫、アリモドキゾウムシに。

アリモドキゾウムシは東南アジアに居る害虫で、未だ日本本土には入っていないが、沖縄は既にやられている(だから、東南アジア産のさつまいもは日本に輸出出来ない)。

タイの露地で無農薬無肥料の放置栽培なんだから、少々の虫食いは気にしないと思っていたが、ネズミとアリモドキゾウムシは甘く見てた。

保管中の芋の周りに夜になるとアリが集っていたので、寝かせているうちに糖度が増して、滲み出た蜜にアリが来ているのだろうと思っていたが、良く見るとアリじゃなかった。

さつまいもの大害虫アリモドキゾウムシだった。

殺虫剤をかけたら、ボロボロ落ちて死体が1000匹。

被害の芋は小さい穴が開く。

中は幼虫が掘ったトンネルと糞でいっぱい。

これは被害が特に多かった芋を切ったところ。

全く使い物になりません。

芋の保管中に彼らのライフサイクルが周って増えるのかどうか不明だが、既に大多数の芋がやられていると思われる。

ただ芋全体が食われる訳じゃないので、切って見て被害に会ってない部分の芋はお菓子の材料として使える。

こいつの対策が出来ないと、タイでの紅はるか栽培はおぼつかない。

がっかり大ショック。

ミニトマト狩り

カオヤイ農園では、今年からトマトの本数を増やして、トマト狩り出来ますを売りにしようと準備して来た。

固定腫のミニトマトと、固定種の大粒桃色系が主体。全部で800株くらいある。

そのうち、ミニトマトが最盛期を迎えていて、一部のお客さんから結構喜ばれている。

トマトを紹介すると、大抵のタイ人は、「トマトなんか要らねえよ。」という顔をするが、赤く熟したミニトマトを試食させると、二人に一人が美味しいと驚いて、そのうちの二人に一人が、トマトのパックを一つ買ってくれる。

いちごが未だ少なくて、いちご狩りが出来ないけれど、トマト狩りで喜んでくれる人もいる。

こんなふうに色艶宜し。味宜し。

乾季になって、日光といちご用肥料が入るようになってから、甘みがグッと増した。

固定種なので、種を穫ればいくらでも増やせるところが良いところ。貧乏住込みワーカーの故郷での生活改善の為、種を分けてあげようと思っている。

今のところ、350グラム1パック150バーツと高い値段で売っていて、それでも価格競争力があると思っているが、普及の為にもう少し戦略的価格にしようと考えている。

コスモスと敷砂でグレードアップしたいちご園内の小路にテーブルを出して、ワインと並べて置いてみたら、何かちょっと良い感じ。

OPPO のAIカメラはおじさんの味方

先日買ったOPPO F9のカメラでセルフィーしてみた。

未だ使い方が良く分かっていないが、Beauty モードの中にAIによるsmart beautyモードがあって、それでカオヤイ農園をバックに自分を写してみたら、

うーん、ありのままの美男子が写っている!

流石AI❢

謎の飛行物体2

だいぶ前に、ハワイ語で「遠い過去からの使者」を意味するオウムアウアと言う観測史上初めての恒星間飛行物体が見つかった。

太陽系外から超高速でやってきて、水星より太陽に近付いて反転し、太陽系外に去っていった。

形も長さ数百メートル太さ30メートルの葉巻型で、知られている天体とはあまりにも異なっていて、地球外生命体の観測宇宙船じゃないかと噂された。

その後、これは他の太陽系から彗星が弾き出されたもので、人工物ではないとの学説が有力視されるようになったが、先日、米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天文学者、エイブラハム・ローブ教授らが、オウムアウアはやはり太陽系外の文明から送り込まれた探査機だったとの説を新たに発表した。

オウムアウアは、なんと太陽から遠ざかる際に加速した。

彗星のように太陽の加熱により天体の一部を吹き出せば加速はあり得るが、そのような吹き出しは観測されていない。そもそも、太陽に近付いて来たときも、彗星のような尾が出来ず、高度な遮熱構造があるらしいことが分かっていた。

このような加速は観測されない程薄くて巨大な太陽帆があれば説明可能だが、それは高い知能を持った者(物)でないと作れないことから、観測船説が出て来たと言う訳。

オウムアウアからは何の電波や信号も発せられていなかったというが、人類より知能が高い地球外生命体が作ったとすれば、我々の知らない方法で諸々観測できたかも知れない。

僕は観測船説を信じたい。

でもホーキンスが言ったように、迂闊に交信しないほうが懸命かも知れない。彼らが人類の生存や文明について、何の関心もないか、取るに足らないことと考えるかも知れないから。僕らが歩いてアリを踏んづけても、殺虫剤で蚊が死んでも、どうとも思わないように。

カオヤイ農園のビデオ

宣伝に使うため、カオヤイ農園の空撮ビデオを作った。

下手くそだけど、写真より全体像が掴みやすい。

Youtubeのビデオは🈁

新携帯買った

昔は携帯マニアで、iPhoneだって発売日に並んで買う口だったが、ここ数年は「使えりゃいい」レベルのユーザーになっている。

だって、パソコンより高い金出して買っても、2年間使ったことがなかった。たいてい電池がへたるし、スクリーンが割れる。

昨日まで使っていたのは、SamsungのJ7プライム。僕には必要にして十分だった。そして、2年間と言う最長使用記録を達成した。その間、電池がへたることもなかった。

しかし、落としてスクリーンが割れてから、時折操作しないのにスクリーンが閉じたり開いたりして気持ち悪くなった。

そこで、急に思い立って買い換えた。

買ったのは、OPPOの新機種F9。

中国ブランドの携帯は、バックドアやその他の監視機能が有りそうで僕はマジ怖いが、OPPOは他の中国ブランドよりOSが信用出来るような気がする(あくまで気がするだけだが)。

このモデルの売りはカメラと急速充電。

スペックは、

オクタコアにRAM6GBだから中々の物。

値段は10990バーツ。

サラブリのロビンソンで買った。

OPPOのアプリは全部消すか脇に寄せて、基本グーグル純正のアプリのみ使用する。もちろんOPPOのアカウントなんか作らない。

花盛りのカオヤイ農園

カオヤイ農園も花盛り。

無いのはお金といちごの実

いちごがたくさんなる迄には、あと二週間待たなければならない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内