FC2ブログ

いちご鈴なり予報

1月なのに暑い日が続くカオヤイ、ワンナムキアオだが、嬉しいことに漸く第2波のいちごの花が咲き出した。

カオヤイは、第2期に定植したエリアCの花出現率は、何と90%。

第1期に定植したエリアA,Bの花出現率は、約15%。

第1期定植群の第2波の開花が遅れているのは、ワンナムキアオのマシュマロいちご園も同様で、原因は全く不明。

しかし、第2期定植群に遅れること2週間で花が上がりそうだ。

以上の状況から、カオヤイ農園、マシュマロいちご園のいちご狩り日和の現時点での予想は、以下の通り。

鈴なり予想期間

エリアC       2月5日 ~ 2月28日

エリアA,B   2月20日 ~ 3月15日

こうしてみると、定植時期に依ってピークがずれることによって、結果としていちご狩りが思う存分楽しめる時期が長くなるのは有り難い。

もともと、その為に定植時期をずらすのだが、例年ピークはほぼ同時期に来てしまい、いちごが採り切れないほど成るので、悲しいことに半分以上が腐ってしまうという非常に勿体無い状況だった。

今回はそれが少し緩和されそうで嬉しい。

ただ、先に植えた第1期群の第2波のピークが後になる理由は不明のまま。気温でも場所でもなく、第1期株の性質か肥料等の育て方によるとしか考えられない。

年末年始にいちごがないという悲しい状況が、今年は特に長くなってしまったが、いちご大爆発の鈴なり時期は、結果として去年より少し早く来る。

いちご狩りのベストシーズンは、

2月5日から3月15日

です。

こどもの日

今日は、タイのこどもの日。

カオヤイ農園の隣にあるテーサバンでも、こどもの為のイベントやっていて、ただでお菓子を配っていた。

そこで僕も負けじと、こども連れのいちご狩り料金を何時もの100グラム60バーツの2割引、100グラム50バーツに勉強した。

それだけじゃケチくさいので、いちご狩りやいちご買い等で、10バーツでもお店にお金を落とした家族のお子さんには、一人一つづつお菓子を配った。

それがこれ。所謂ラムネ菓子。イチゴ味。

一つ8バーツ(安)

これを100個買って配った。

皆、可愛くワイしてお礼して、嬉しそうに貰っていった。

ちょっと綺麗なお姉さんが、「私も未だこどもだから頂戴ね」とおねだりするので、一応年齢確認させて貰ったら、25歳だった。

今日の売上は、期待の半分以下だった。

でもまあ良い。喜んでくれたこどもに癒やされた。

ブアレーオ

今日から時々だが、知っておくと役に立つ(かも知れない)タイ語講座をやってみようと思う。

勿論、僕がやることだから、チュラロンコーン大学のインテンシブタイ講座でやるような高尚なものではないことを断っておく。

タイ人が良く使う言葉に、

ブアレーオ เบื่อแล้ว 

というのがある。

直訳すれば、「もう飽きた」とか「退屈だ」の意味になる。

ところが、もうちょっとニュアンスが違う場合が多い。

さて、もう何年も前のこと、パタヤ近郊に住む一人の70代の日本人が、30歳年下のタイ人女性から突然別れ話を持ち掛けられた。

その男性、タイ語は少し話せるが、読み書きは無理。女性の方が、少し日本語が話せる。定年後、男が悠々とタイで暮らせたのは、その連れ合いのタイ女性が居たからと言って良い。実際問題、男一人では、役所関係の手続き、賃貸等の諸契約、車等高額商品の購入、イミグレ警察関係等がおぼつかない。タイで生きていく為には、絶対的にタイ人女性(訳者注:別に女性である必要はない)の助けが必要だから、別れ話は則、死活問題となる。女を取っ替えれば良いと言っても、交友範囲が広いとは言えず、また退職金と年金が主たる収入源である彼が、新しい連れ合いを探しても簡単に見つかる筈はない。

このことは彼に限ったことではない。例えば、僕の場合でも全く同じことが言える。今でも僕一人ではタイで生きて行けないと思う。

ただ、その男性、少々頭も堅く、日本の美意識、道徳観、義理人情から少しも抜け出していない。食事だって2回に1回は日本食じゃないと気が済まない。良くも悪くも日本の常識、生活習慣、道徳観でタイで生活していたので、タイ人の連れ合いにも小言をよく言っていたそうだ。

勿論、彼が連れ合いから一方的に助けて貰っていた訳ではなくて、一緒に暮らすことで寧ろ女性の生活を助けた。その男と暮らしたからこそ達成出来た生活レベルがある。そうして支え合って生きてきたはずだった。

したがって、そこには恩義と義理が自ずと芽生えて、お互い裏切るようなことはしないはずと男は思っていた(訳者注:タイには恩義や義理はありません)。

そこへ来て、突然の別れの宣告。

先に述べたように、居なくなって貰っては困るので、なんとか引き留めようとした。

「僕の悪いところや直して欲しいところがあったら言ってくれ。一生懸命直すように努力するから。いったい僕の何処が嫌になったんだ?」

女は答えた。

「ブアレーオ」

それを男は、「あんたのことはもう飽きた」と訳した。

「[飽きた]が別れの理由かよ。二人の今まではそんなものだったのか?悪いところを具体的に言ってくれれば、直す努力をするつもりだったのに、僕という人間に飽きたと言うのなら、直しようがないじゃないか。全く感謝も義理もない奴だ。」

しかし、これは訳が正しく無い。

正しくは、「あんたには、もううんざり!」である。「ほとほと嫌気が刺した」でも良い。

日頃の小さな不満が少しずつ積り積もって、我慢の限界に達した訳で、嫌いな点、不満を列挙しろと言われても、多過ぎてとても数時間では言い切れない。強いて言えば、もう全部。仮に列挙し出したら、忘れていた怒りや悲しみが吹き出してきて手に負えなくなる。

これはタイ特有の話ではない。

日本で流行っている所謂熟年離婚というやつの多くがこのパターンだ。

こうなる前に、喧嘩でも手紙でもいいから、もっと会話をしておくべきだった。そして、相手が何を言いたいのか、言葉の裏にある気持ちを察する努力が必要だったのだろう。

僕の場合は手遅れだったので偉そうなことは言えないけど。

女の方は、一旦我慢の限界に達すると、自分でも本当は何に怒っていたのか、本当は何が欲しかったのかが分からなくなってしまう。別れてホッとして、数年してから、やっと気がつくようだ。

女に去られた一人じゃ何もできない男は、可哀想に寿命が縮むことが統計的に分かっている。

僕はマシュマロちゃんから3日に一回はブアレーオと言われてるけど、大丈夫か?

諦めない

最後まで諦めずに頑張り通す。これが成功者に共通する唯一の特徴のように感じる。

しかも、それが人生を掛ける程の価値があるかどうか疑問に思うようなことでも、その人の目の前に立ち塞がる問題を乗り越える為に、常に全力で最後まで頑張る。

そうする中で、運が良い一欠片の人が成功者となる。

つまり、大多数の人は、諦めずに最後まで頑張ったけれど、世間で言う成功者にはなれないまま終わる。

けれども、その人の足跡は、きっと誰かに引き継がれ、未来の成功へと続くのだろう。

東京オリンピックでどん欠になってもゴールまで走り終えた人の記事が妙に心を売ったので、そのまま無断転載する。

以下、転載。

2019年1月10日 11:16毎日新聞社

1964年東京五輪の男子陸上1万メートルで、周回遅れの最下位ながら最後まで走り抜き、観衆の胸を打った選手がいた。セイロン(現スリランカ)人のラナトゥンゲ・カルナナンダさん(当時28歳)。その姿は日本の国語の教科書でも紹介され、「67」のゼッケン番号とともに語られてきた。あれから55年。「諦めない」祖父譲りの精神を受け継いだ孫娘が、日本で介護福祉士の資格を目指している。

 東京五輪で、カルナナンダさんは他の選手が次々とゴールする中、周回遅れとなり、脇腹を押さえながらトラックを2周、3周と1人で走った。スタンドに当初満ちていた嘲笑は次第に声援に変わり、やがて優勝選手に劣らぬ拍手と歓声に包まれながらゴールした。  この逸話は71、74年度版の教科書「小学新国語 四年」(光村図書)で「ゼッケン67」という題で掲載された。物語の最後にカルナナンダさんは語る。「国には、小さなむすめがひとりいる。そのむすめが大きくなったら、おとうさんは、東京オリンピック大会で、負けても最後までがんばって走ったと、教えてやるんだ」  カルナナンダさんは74年、母国で湖に転落して亡くなった。当時10歳だった「むすめ」のネルムさん(54)は、自分の娘のオーシャディー・ヌワンティカ・ハルペ(オーシャ)さん(27)にその言葉を語り継いだ。小さい頃から話を聞いたオーシャさんは言う。「祖父は『他の国だったら、拍手は湧かなかっただろう。なぜなら日本人は戦争に負けて復活した。だから気持ちが分かるんだ』って」  オーシャさんは日本に興味を持つようになり、2年前に来日した。現在は介護福祉士の国家資格を目指し、群馬県内の専門学校に通う。日本の介護技術を母国に持ち帰り、日本式の介護施設を建てる夢がある。「日本と母国のためにチャレンジしたい」  ホームシックになって国にいる母と電話で話すと、いつもあの言葉で励まされる。「負けてもいい。でも一度決めたことは最後まで諦めないで」。学校の試験前には、スマートフォンで、祖父のゴール映像を見る。少し自信を失っていても、いつも前向きな気持ちに変えてくれる。「今もわたしの心の中で、おじいさんは走っているんです」【杉直樹】

これを読んで泣けてきた。

何一つ諦めなかったら、疲れて死んでしまうけれど、たまには諦めずに頑張るのも悪くない。

どんくさくても、諦めずに頑張ることを日本は昔から美徳として来た。日本に限らず、これはきっととても大切なことなんだろうと思う。

完熟いちご一つ

葉っぱの陰に隠れていて、お客さんが見落としたので、完熟したいちごが一つ採れた。

食べてみたら、凄く美味しかった。

甘み充分(糖度測るの忘れた)

いちごの薫りとコクも充分乗った美味しいいちごだった。

みんなこうなる迄、畑に残してあげたいが、お客さんがちょっとでも赤らんだいちごは全部採ってしまうので、なかなか完熟いちごに巡り会えないという現実。

今日の虫

いちごに集るブヨ

去年は大量のブヨが茅葺き屋根が垂れ下がったところに集合し、真っ黒に垂れ下がった。それが、傷んだいちごに群がって、それが目や口に入るので嫌だった。

それが今年は断熱材入りトタン屋根にしたからか、去年の黒いブヨは来なくなった。

代わりに、眼が赤くて身体の色が薄い茶色で、少し大きいブヨが来るようになった。

ちょっとヨコバイみたい。

透明な羽根に黒い斑点がある。

次は、ハサミムシ。この虫は毒があって刺されると痛いらしい。この系統無数にあるが、こいつを見たのは初めて。

次は綺麗なキシタアゲハ。先日オオベニモンアゲハが来ていた同じところに、今度はキシタアゲハ。

回復の兆し

異常高温でいちごの実が少ない我が農園に、少し回復も兆しが見えて来たかも知れない。

年末年始は朝10時には、もう畑からいちごが無くなってしまっていたが、昨日はお客さんが少なかったせいもあるが、夕方5時迄いちごがあった。

勿論、未だ完熟してなくて、もう一日待って欲しいところだが仕方がない。

そして、今日は朝からよく熟した綺麗な赤色のいちごがたくさん採れた。

どのお客さんも500グラムオーバー。1.5kg採ってきたおばちゃんもいた。

まだまだいちごは少ないが、一応いちご狩りが楽しめるレベルに近付いて来た。

月末には相当量のいちごがなるはず。

今日は午後に、2kg以上採ったお客さんもいる。

それから、嬉しいニュースとして、ワンナムキアオのマシュマロいちご園で、いちごの花が一斉に咲き出したとのこと。僕は未だ見ていないが、本当ならほっとひと息である。

俺の赤

ノンタブリで商社をやっていた頃からのこだわりの色がある。

それは赤と紅の中間の色。

カオヤイの店先に植えたブーゲンビリアもその色。

ブーゲンビリアの場合、花の場所によって微妙に色が異なるが、パッと見はこんな感じだ。

いちご園でも、広告パネル等でこの色を多用する。

真っ赤やオレンジっぽい赤や紫っぽい紅色は嫌いで、好きな色の範囲はごく狭い。

この色を持った花等を見ると、心がハッとする。

その色を持ったアゲハ蝶がタイにいる。

個体数は多く、タイ在住の方なら皆見たことがあると思う。

名前はオオベニモンアゲハ。

バービナの蜜を吸いに来ていた。

羽根だけじゃなくて、腹までその赤なのが憎い。

差し渡し7センチ位の小型の個体もいるし、10センチ位のもいる。

まもなくカオヤイは蝶の季節を迎える。

何万羽もの蝶がカオヤイ国立公園方面からやって来て、いちご園を通って何処かに行き、また同じ道を帰ってゆく。ついでにいちごの葉に大量の卵を産み付けて行く。

寒期なし!?苺なし!?

ヤバイ。本当にヤバイ。

今年、タイは寒期が来ない。雨は降らず乾期はあるが、ちっとも涼しくならない。

涼しさが売り物もカオヤイ、ワンナムキアオも連日暑くて全然高原の涼しさがない。

天気予報も見ても、カオヤイで最低気温22℃、最高気温32℃の日々が続く模様。

今午後3時だが、気温は33.8℃。どんより暑い。

寒期がなくてヤバイのは、いちごの花が上がってこないこと。第一期定植群なんかもう2ヶ月も花がない。有っても数パーセントのみ。

だから、僕らのいちご園にいちごがない。

毎朝一時間で終了。いちご狩りを目当てで来るお客さんの9割は目的が達成されず帰ってゆく。

お愛想に店頭のいちごを買ってくれるお客さんもいるが、当然売上高は伸びない。

このまま、暑期入りしてしまうのでがないと、マジで心配している。

そんなことになったらあなた、自分が何やってるか分からないよ。それに更に重大なのは、来年生きて行けなくなるよ。

例年、今頃花盛りで、2月のバレンタインの頃から大粒いちごが鈴なりになるのだが、今年はそれが遅れるか、もしくは来ない恐れもある。

元旦産まれの台風は来るし、寒期は来ないし、雨は降らないしで、なんか変だぞ。これは世界的な温暖化と関係あるのかな。

定点観測地点の山は枯れ枯れ。

それでますます決意を強めたことは、四季なり品種の導入。既に手は売ってあるが、成功するのかどうか確率半々なので、複数の品種、複数の方法を試みないといけない。

誰かお知恵を貸して下さい。

種苗会社の方、共同研究しましょ。

いい品種を持っている方、タイで上手く育つか調査しますから、株分けて!

エヌビディアでリベンジ?

エヌビディアの株が昨年暴落した。

エヌビディア株は僕の大好きな銘柄で、20年前から追っている。当時は未だ7~14ドル位の株価で手頃だった。夜なべのデイトレでエヌビディア株で1000万近く儲けたが、その後のヨーロッパ危機で全部無くなった😅。値動きが激しくデイトレ向きだったと言う理由の他に、心底そのテクノロジーに惚れていた。

数十万ポリゴンに画像を貼り付けて、光の反射も反映させた画像を秒間60コマも計算する能力に驚嘆した。

僕は当時ネクストコンピューターを使って、趣味で文字認識させる多層二次元セルオートマトンのプログラムをオブジェクト指向で書いたが、CPUでは4日間学習させても全然認識出来なかった。バックプロバケーションのアルゴリズムが駄目だったのと、学習量が全然足りないと信じ、行列演算が物凄く速いエヌビディアのGPUを使おうと思ったが、使い方が難しくて頓挫した。しかし、発想としてはディープラーニングに通じるものだったので、あの時もう少し頑張れば良かった。

その後、大手企業がディープラーニングでGPUを使い、巨大なデータを使って猛勉強させると、予想以上に上手く働くことが分かり、AI全盛期を迎えた。そして、エヌビディアのGPUは人工知能の基幹技術になった。

更に、GPUは仮想通貨のマイニングでも威力を発揮し、エヌビディアの株価は手の届かない所迄上昇した。

ところが、仮想通貨の下落で、マイニングコストをペイ出来なくなり、マイキング産業は崩壊。

更に、AIに特化したより効率的なチップがグーグルやその他のチップメーカー等で開発されて、人工知能分野でのエヌビディアの独壇場も足場から崩れた。ディープラーニングに64ビットの精度は不要だと分かった(データ圧縮で場合によっては8ビットでも行けるらしい)。

そういう訳で、昨年末にエヌビディアの株価は暴落して半分になった(それでも僕が持っていた頃の10倍の株価を保っている)。

人工知能分野では、天才グーグルが独自開発のチップで数十ペタバイトという膨大な計算を熟す更に大規模なシステムを作っていて、画像認識や音声認識、自動運転といった限られた分野だけではなく、脳が持っているようなジェネラルインテリジェンスを目指している。そのような誕生初期の人工知能は、人の幼児のようにわがままで間違いを多く犯すと思われるが、何度も痛い目に遭いながら、ディープに学習することで、人よりもずっと早く成長するだろう。

勿論、エヌビディアもAIに特化した優れたチップを開発中だが、所詮単なるチップメーカーであって、チップとデータを併せ持つグーグルには敵わないと見る。

また、米中の冷戦は始まったばかり、現在行われている通商交渉は形ばかりの結果に終わるだろうと見ている。

そういう訳で、エヌビディア株は更に一段と下がるだろうが、その時が買いのチャンスかも知れない。

何故なら、エヌビディア内部に蓄積されたAI関連の技術は侮れない。実際、AIに特化したチップを既に出しているし、膨大な開発費で社運をかけて開発している。

また、当時僕が驚嘆したポリゴンベースの3D空間創生の時代は終わり、光の道筋を追うレイトレーシングの時代に入った。当時一枚の画像を描くのにやはり4日かかったことが、エヌビディアのレイトレーシングチップで今は秒間60コマで出来るようになった。これらはゲーム以外に様々なバーチャルリアリティの分野で重宝されると思われる。

IBM, AMD, Apple, Intelといった巨人や多くのスタートアップ企業が様々なAIチップを開発中で、AIチップは正に聡明期にある。CPU,MPU,GPUだけだった世界が変わろうとしている。

そんな中、ハムケンはAIチップメーカーの巨人エヌビディアに投資して、また痛い思いをするつもりなのだろうか。今度失敗したら、再起不能になるというのに。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内