100パーセント天然蜂蜜の真贋

天然はちみつとは何か? そもそもはちみつは天然に決まっている。

しかし、実際には4種類のはちみつがある。

1: 飼育用ミツバチを飼育して得るはちみつ。 これが一番多い。

2: 1のはちみつに砂糖等を加えたもの

3: 飼育していない野生のハチの巣から得たはちみつ これが所謂天然はちみつ。

4: 3に砂糖等を加えたもの

番外に、野生のハチの巣にミツバチのはちみつを漬けて3に見せかけたもの

がある。

これらの真贋判定は、諸説紛々としているが、実際にはかなり難しい。

いつもはちみつを食べている人はともかく、たまに少し摂取するだけの一般人には、味覚臭覚で判別するのはまず無理。

だから、偽物が横行している。

感性に依らない判別方法は

冷蔵して結晶が出るかどうか

冷やした時の粘度

マッチの頭に付けて火が着くかどうか

水中に垂らして暫く放置し、混ざるかどうか

などなど

しかし、どれも信用出来ない。

ルビーの真贋のように、信用するかどうかは、取引相手が信用できるかどうかだけ。

話が戻るが、カオヤイのいちご園に天然はちみつ業者が卸に来た。

自然のハチの巣と、自然のハチと幼虫が混じった巣がはちみつにまみれた状態で持って来て、これを目の前で濾過して薄く濁ったはちみつが穫る。

とてもはちみつらしい強い匂いがする。

この時点で、僕は天然はちみつだと信じた。多くの人は同様に信じ、その場で買ってゆく。

実際、濾過の実演をすると実に良く売れる。

しかし、何度か目で、天然かどうか疑いが出てきた。

ある日、あまりはちみつ臭がせず、少し焦げ臭い匂いのするはちみつが実演で採れた。粗糖を少し焦がしたような匂い。

訪れた観光客にはちみつの匂いを嗅がせるのだが、採取業者はその日実演で絞ったはちみつではなく、前日のはちみつを観光客に嗅がせた。

それを僕と歯ぬけ巨乳は観ていた。

どう考えても、怪しい。

そこで、インターネットで判別法を調べ、いろいろと試して見た。

信用できるポジティブコントロールもネガティブコントロールもないので、いろいろ試した結果は、「前回と今回で明らかに異なり、今回のものは特に疑いがある」だった。

翌日、そのはちみつ業者が来たとき、

「もう信用できないから買わない。昨日のは品質が悪い。本当に良い品質のはちみつが採れたときだけ持って来い。」

と言って追い返した。

その後、来る回数は減ったが、持って来るはちみつの香りは良くなった。しかし、自信を持って天然はちみつと言えるのかどうか、釈然としない。

疑わしい要素として、

毎回量が大体同じ

色が何時も同じ

はちみつの割に、巣の量が少ない

ひょっとすると、飼育はちみつを混ぜているのでは? という疑いが消せない。

実験室レベルの成分分析をしないと結論は出ないだろう。

疑いが晴れないのに、僕は

「カオヤイの山から採ってきた天然はちみつ100%だよー!」

と言って売っている。研究者時代には考えられない低たらく。

ある人が言うには、売っているはちみつの八割に砂糖水が20%添加されているそうだ。

それくらいだと、味覚臭覚や、簡単な定性試験では判別出来ないだろうと思う。

天然はちみつに見せかけた飼育はちみつの場合には、そもそも

飼育はちみつより天然はちみつの方が一体何が良いのか?

という点がよく分からない。

愛の定義

僕のこれまでの人生にもいろいろあって、愛することの意味が分からなくなっていた。

タイに来て少し思い出した気がするが、女の心はころころ変わり、僕は振り回されるばかり。

そこでマシュマロちゃんに聞いてみた。

「愛しているかと聞かれても、愛してるってどういうことか分からないから教えてくれ。」

「えーっと。そんなの簡単よ。一緒にいると楽しくて幸せを感じ、離れていると寂しく感じるってことよ。」

(ここで寂しいと訳したのは、タイ語でキットゥン、英語でmiss youの意味。日本語に丁度良い訳がないので。)

ほほー、なるほど! あらゆるケースに当てはまるシンプルで適確な定義だと感心した。

真冬のヒマワリ

日本じゃ大雪なのに、タイの僕のいちご園はヒマワリが咲いている。

満タンの溜池

カオヤイのいちご園を探した時、一番心配だったのは、乾季の水不足だった。

お陰様で、今のところ近くの川ラムタコーンの水は枯れることなく流れていて、いちごにやる水は十分にある。

しかし、来月辺りに枯れる可能性は否定出来ず、その為敷地内にある溜池に十分な水を溜めておくことにした。

先週4-5日間、夜間に一晩中ポンプを止めずに水を池に流し込んだ。

洪水時はこの池が溢れそうになった。

この池に魚を放流し、暇な時に釣り糸を垂らしてぼんやり釣りでもしようと思っていたが、そういう時間は全く取れてない。

魚は仏教行事で誰かが放流したので、来年辺り釣りは出来るかも知れない。今は象の遊び場なっている。

その甲斐あって、水位もかなり上昇し、おそらくは平均水深2メートル位になっているだろう。

このくらいの水位まで上げると、水の消失は大きくなり、一日で15センチ位減ってしまうので、この水位を維持するよう時々水を足すのが良さそうだ。

開墾当初、この池の拡張工事を行って溜まる水量も増やした。

現在の水量を推定してみると、ざっくりだが400トン位になる。

いちごには一日平均6.6トン必要なので、最後の低水位の水まで使えたとすると、約60日間分の水があることになる。多分、3月末か4月上旬にいちごは終わるので、備蓄量としてはまずまずだろう。

一番心配だった水不足は、なんとかやり過ごせるようでホッとしている。

蛇口に佇む背中が赤いバッタ

仮に来期も同じ場所でいちご園をやるとすれば、渇水対策はこれで良いので、雨期の排水を格段に良くしないといけない。

雨期と乾季の差が激しく、農業用水路がないタイの丘陵地で農業をするに当たり、最大の壁は水の管理だと痛感する。自然相手で、全部思い通りにはならないので、

 

コスモス終了

僕達のいちご園を飾ってくれたコスモスが早くも終了してしまった。

本当はこまめに花積みをして、花がほぼ終了したら切り戻しをして、しっかり肥料をやれば又花がたくさん咲いて、2月まで美しく維持することできるのだが、なにしろ人手不足で花積が出来なかったので、一気に種が出来て、そのまま枯れてしまった。

種がいっぱい。

草もいっぱい。

ここまで来たらもう駄目なので、お店そっちのけで種を集めた。

もともとガーデニングが趣味で、世界中の草花の種を集め、種保存の専用冷蔵庫まで持っていた僕としては、この種集めは楽しくて仕方がない。たくさん種が取れるとワクワクして来る。

好きなことを思いっきりするのがストレス解消には一番。

スッキリした。

実際問題、いちごのたたき売りはストレスフル。

「何で天下の日本人がタイ人に頭下げていちご売リなんかしてるわけ?」

とタイ人によく聞かれる。

260バーツだと言っても、素直に支払う客よりも値切る客の方が多い。値切り自体は慣行事例なので構わないが、高飛車な態度のお客さんも居て、その対応がストレスフルなのだ。

「たくさん買ったんだから、もっと負けなさいよ。200バーツね。200バーツで決まり!」と客が勝手に値段を決めて、その額しか払わずに商品を持ち帰ろうとする。そういうのに作り笑顔で、なんとか落としどころを探すのだが、正直疲れる。

先進国で一流の教育を受け、最先端の技術で世界を相手に戦ってきた元サラリーマンのプライドはズタズタ。

それに、物売りなんて誰でも出来るので、外国人はやっちゃいけないと外国人事業法で決まっている。カオヤイ警察は、そこらへん全然気にしてないようだが、イミグレに通報されたら非常にやばいことになる。

僕だって、いちごのたたき売りがやりたくてやってる訳じゃない。いい売り子が見つからない、または足りないので仕方なくやっているんだ。

だから、ストレスが溜まる。

お客が少く売り子がいる時は、麦藁帽子被って、

「ちょっと出かけてくるから、あとを頼む。」と言って種集めをする。

お店が心配なので、15分刻みでお店に戻る小刻みな作業だが、問題がなければ直ぐに種集めに戻る。

一日で小さい段ボール箱ひと箱。

7段ボール分の種を集めた。

あー楽しかった。

集めた種は、よく乾燥させた後、竹細工のバスケットで濾過して、大きいゴミや茎を取り除き、次に扇風機の風で種ではない軽いゴミを吹き飛ばして種を精製する。

こうして、90%純度の種約3kgを得た。

これだけあれば、5ライあるカオヤイ農園だって全部コスモス畑に出来る。

プリティ長嶋議員が訪問 三球ベリーマッチ

千葉県議会議員のプリティ長嶋議員が電撃訪問してくれた。

僕のブログを見てワンナムキアオのファーサイに6名で訪れた。僕はその時カオヤイに居て不在。

マシュマロちゃんから、日本人があなたを訪ねて来たよと電話があり、その日本人に電話を代わってもらった。

「ホームページ見て来ました。」

「以前、お会いしたことありましたか?」

「いえ、会ったことないけど、多分僕のこと知ってます。テレビに出てましたから?」

そうは言っても日本のテレビなどもう何年も殆ど見てない。

「長嶋茂雄知ってますよね。彼のモノマネをしてテレビに出てたんです。」

そういえばそんな人いたかなあ。でもなんでわざわざ日本から僕を訪ねて来たのだろう?

とにかく、せっかくマシュマロいちご園まで来てくれたのなら、カオヤイ農園に来てくれるように頼んだ。

彼らは1時間余りで来た。

名刺を貰ってびっくり。彼は千葉県議員だった。僕は今でも列記とした千葉県民(無収入なので住民税払ってないけど)だが、彼が千葉県議会議員になっていたことすら知らなかった。

彼がタイに来た理由は、千葉県開発のとある新イチゴをこれから拡めるに当たり、日本だけじゃなくて他のアジア諸国にも展開したいが、どうするのか良いか調査する為だった。

セントラルワールドの食品売り場に特設会場を設けて、紅ほっぺを売って反応も観たとのこと。しかし、日本の基準でも最高品質の紅ほっぺの値段はワンパック1000バーツにもなり、一部の富裕層や日本人には売れたとしても、採算ベースに乗せるには高過ぎるため、何か別の工夫が必要と認識されたようだ。

タイに来る前の事前調査で僕のブログがヒットし、様子を聞きに来てくれたのだった。

一時間あまり、いちご園経営の経緯やタイ産イチゴの現状等を話した。

どうしてこんなところでいちご園をやっているのか? それが彼の興味の一つだったが、僕自身良くわからない。ただ成り行きでこうなっただけなんだ。

夜のピサの斜塔

カオヤイから車で15分のところにある高給分譲リゾート(ホテルもある) トスカーナ にピサの斜塔が出来たことは前にも書いた。

これが出来てから、この分譲リゾートはますます観光地化してきた。何時も車が沢山停まっていて写真を撮っている。敷地の道路を挟んだ対岸には、ヒマワリ園が出来て1人50バーツの入場料を取っていた。そのヒマワリはもう枯れてヒマワリ園閉じた。こうしてみると、ヒマワリ園で稼げる時期は余りにも短い。

夜にはピサの斜塔が真っ暗な地平線に灯台のように輝き、運転中の自分の位置を教えてくれる。

これを見るとケーキを思い出すのは何故だろう?

続かない労働者と新しい住込み女23才

正月元旦から9日まで、マシュマロちゃんと小学校から高校までずっとドミトリーで同室だった幼なじみが手伝いに来た。去年、カセサート大学の農業フェアに出展した際に手伝ってくれた人だ。物売りが得意で、一日中お客さんに甲高い声で声掛け出来る。

その人は、別れた男の子供を田舎の母親に預け、マレーシアのクアラルンプール近くの街に出稼ぎに行って、年末に帰ってきたところだった。マレーシアでの仕事は、フェイスブックにアップされたエロそうな女集団と一緒に生活している写真から推察して、多分エロマッサージ系の仕事だと思う。

期待通り、彼女は良く働いてくれた。幼なじみと言うことで、住込み夫婦よりも遥かに信用度が高いので、売上金の管理を頼んだ。

そしたら妙な事が起こった。今まで住込みで働いていてくれた若夫婦が働かなくなり、辞めて帰ってしまった。というより、幼なじみの彼女によって辞めさせられたのかも知れない。変な話だが、僕はさっぱり状況が理解できないままだ。

以前は買い物も必要最低限でトンボ帰りで戻って来たのに、新年になってからは、仕事を抜け出して一時間半も買い物に行った。ノルマのいちごの葉ガキは、以前は暑い中一日中出来たのに、彼女が来てからはずっとショップ内でおしゃべりしていて、やっと農園に出たかと思ったら一時間で切り上げて帰ってきた。

3日の日は、僕とマシュマロちゃんはカオヤイ農園を彼女に託して、二人でワンナムキアオのマシュマロいちご園に出かけたので不在だったのだが、ボス不在のその時に余りにも仕事をしないので、助っ人の彼女は

「高い給料貰っているのに、それでちゃんと働いていると言えるの?」

と言ったらしい。若夫婦の歯抜け妻は、

「あんたは幾ら貰ってるわけ?」と聞き返した。

「私は幼なじみだから、手伝ってるだけ。お金のためじゃないし、もうお金はあるからいいの。一日300バーツも貰えば十分だし、貰わなくてもいい。」

自分のバイクに仕事用に買い置きしてあったガソリンを入れたので、幼なじみは、

「それって、仕事の為に買ってあるガソリンでしょう? どうして自分のバイクに勝手に入れるわけ?」

と問い正した。

それで気を害したのか、或いはお金の管理を幼馴染がしだしたので、自分たちが信用されてないと思い頭に来たのか、その日住込み夫婦はバイトの女子高生とつるんで午後二時半に帰ってしまった。マシュマロちゃんの友人は、たった一人で僕らが帰るまで店を切り盛りしなくてはならなくなった。

そういった一連の様子を聞いて、マシュマロちゃんは

「もうあなた達は来なくていい。」と言うメッセージを送ったか、または幼なじみに言わせたようで、住込み夫婦はその夜に荷物をまとめて帰ってしまった。

年末に車を買いに行ったときに、やもなくその夫婦にお店を任せたが、売上金といちごの売れた量から勘算して、ほぼ確実に6000から8000バーツを売上金から盗んでいる。気付かないとでも思ったのか知らないが、初めにあったいちごから売れ残ったいちごを引けば、他には何も売れなかったとしても、最低限幾らの売上があるはずか分かるものだ。

当然、マシュマロちゃん激怒。

「もう、あの人たちは使えない。学生アルバイトともつるんでる。」

しかし、確たる証拠はないし、そのときは車の新調でそれどころではなかった。それに、新年の忙しい時期に彼らの助けは必要だったので、様子を見ることにしたのだった。

しかし、どうもシックリこない。

色黒歯抜け巨乳新婦は、物売りが上手で、大きな声と軽いフットワークでよく売ってくれた。それこそ、身を粉にして必死で売ってくれた。

大晦日にはカオヤイで一日で10万バーツを売ったが、その7割を彼女が売ったと言ってもいい。

売るだけじゃなくて、僕のやり方に修正を加えて改善をしたり、提言もしてくれた。

若旦那の方は、僕が言ったことに素直に従って何でもやってくれた。

それなのに、どうしてお金を盗んだり、急に働くのを辞めてしまうのか。そこが不思議で理解できない点だ。

ただ、面白い共通点を見つけた。

以前、モン族の住込み労働者が職場放棄して首にしたのは、今回辞めた(辞めてもらった)新しい住込み夫婦が来た日だった。売り場をチェンジして新しい住込み夫婦に任せた。

それがプライドを傷つけたのか、或いは信用出来ないと思われているのを察して怒ったのか、或いは盗みがバレたと察して居られなくなったのか?

モン族の住込み夫婦を追い出した新しい住込み新夫婦が急に働かなくなったのも、幼なじみが来た時からだ。

そういえば元社員もそうだった。僕の会社の為によく働いてくれたし、積極的に改善提案もしてくれた。それで気を信用していたのだが、累積してかなりのお金を横領した。彼女が失踪したのは、マシュマロちゃんが引っ越して来た時から間もなくのことだった。

こういった共通点から単純に推察すれば、

仕事はちゃんとする。

現金を見ると理性が効かずネコババする。

新たな労働者が自分より上の立場で来ると、ネコババがバレたと思い逃げる。

と言うことか?

話を戻して、マシュマロちゃんの幼なじみは、カオヤイで働く人が居なくなり僕一人になってしまったので、バンコクに帰るのを数日遅らせて仕事を手伝ってくれた。彼女はバンコクで用事を済ませてから、またマレーシアに出稼ぎに出る。だから、カオヤイで物売りや農園を世話する労働者が至急必要になった。

そして、どう言う風の吹き回しか知らないが、チェンマイの天空の村から、23歳の未婚の女が住込みで来てくれることになった。カオヤイの部屋に、帰っていった新夫婦と入れ替わるかのように。

前情報では、色白で23歳の未婚、マシュマロちゃんと同じラングシット大学をこれまた同じクイーンファンデーションで卒業したという。実家はいちご園をやっていて、いちごの世話は出来る。物売りも、野良仕事も平気らしい。

夜になれば毎日のようにマシュマロちゃんが帰って来るとはいえ、僕とその若い女の二人だけでカオヤイの貸家に住む訳で、何か良からぬ、いや宜しいハプニングが起こるのではと心配(期待)したが、実物を見た瞬間、その妄想は吹っ飛んだ。

若くて色白なのは事実だが、、マシュマロちゃんが心配しないわけだ。

その女が来た翌日、幼なじみはバンコクに帰って行った。

天候もおかしく、珍しく雨降り。

マシュマロいちご園で独り

今日はワンナムキアオのマシュマロいちご園に一人で働いている。助っ人なし。

だけど、お客さんも来ない。超静か。暇くさいが何処にも出掛けられない。

いちご園を見回ったら、熟したいちごがいっぱい。

このまま狩られることもなく傷んでしまうのか? もったいないので一人で狩りしてみた。

とても甘くて美味しい。

あー勿体無い。

この実付き苗を200バーツで売っている。来月はもっと値下げして、30000株あるいちごの半分位を売り抜けたい。

隣にオープンしたレストランでアイスコーヒーのデリバリーをオーダーした。

道を挟んで目の前にあるライバルいちご園は、今年はどういう訳か客が全く入らない。さっき聞いたら、昨日の売上は、一日でなんとたったの500バーツ。去年は客を二分する勢いだったのに、どうしてだろう。

ここまで差がつくと、気の毒になってくる。最も今日はこちらも閑古鳥が鳴いているから同じだが。

前のいちご園はお昼過ぎに、もう店を閉めてしまった。

僕も今日は早目に閉めて、暗くなる前にカオヤイに帰ろうかな。

暇なので自撮り。

人骨? 化石?

カオヤイのいちご園入口に転がっていたこの骨。

初めは貝の化石と思って拾い上げてみると、ヒトかゾウか何かの脊椎骨みたい。

ゾウにしては小さい気がする。ヒトの骨盤に近い辺りの脊椎骨かなあ。

大きさは横幅が10センチ位。

カオヤイは石灰岩で出来ていて、古代生物の化石はいっぱい見つかる。

この骨は岩に埋もれていないので、それ程古くないかも知れない。誰か分かる人いませんか?

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内