クート島の旅:悲しく美しい思い出

クート島の桟橋に着いた途端、土砂降りになった。

それが今回の旅の不運を象徴している。

島のリゾートに出来るだけ長くいたかったので、僕らは島に渡る桟橋の近くに前泊し、翌朝のスピードボートに疲れもなく楽勝で乗れる筈だった。

ところが、ホテルが手配してくれた筈のボートに僕らの名前はなく、ホテルに問い合わせると、「当ホテルにはスピードボートはなく、送迎サービスはやっておりません。」という。アゴダで予約した際に、「ホテルの送迎スピードボートをご利用下さい。お時間に遅れないように。万一、遅れる場合にはホテルフロントまでご一報下さい。」と書かれたメッセージを貰っているのにである。

不運にも、次のスピードボートも既に満席。やむを得ず、午後1時のフェリーで1時間以上かけて島に渡らなければならなくなった。

やっと島に着いたと思ったら雨。ホテル送迎のタクシーは、ピックアップトラックの荷台に座席を取り付けたソンテウで、雨避けのビニールシートが破れかぶれで、僕たちはずぶ濡れになってしまった。

ホテルにチェックインした時は、もう夕方になっていた。

前泊したホテルは、アゴダの地図が間違っていて、実際の場所は12キロも離れていて、おまけにグーグルマップの場所も間違っていて、ホテル探しに1時間もウロウロしなければならなかった。

リゾートに入ったその日は、風が強く海も荒れ、ビーチリゾートなのに遊泳禁止(泳いだけど)。

波が高くて、シュノーケリングも出来なかった。

そんな具合で、マシュマロちゃんはご機嫌斜めで、僕もなんだかがっかり尽くめの第一日目だった。

しかし、二日目、三日目は晴れ間も多く、美しいビーチの写真やドローンに依る動画を多く撮ることができた。

モトサイをレンタルし、周辺のビーチを巡り、泳いだり写真を撮ったり、ドローンを飛ばしたりした。

陽が射すと、海の水がとても透き通っているのが分かる。ビーチの砂もサンゴや貝のかけらで出来た白いパウダーサンドだった。人気は少なく、それぞれ巡ったどのビーチにも、数人の客がいるか誰もいないかのどちらかだった。

島には自然豊かで最高クラスのビーチが数多くあった。

美しい写真もたくさん撮れた。

遠浅で、波静かな透き通った海。

タイにもこんなにきれいな海があったんだ。

この島ののどかで美しいビーチの風景は、悲しみが堆積し、沈んだ心に焼き付いた。

二人で見たこの美しい風景を僕らは一生忘れることはないだろう。

これっきり、これっきり。

おまけのショートビデオ

癒やされて下さい。

また旅行

働き者のマシュマロちゃんが働かない。一日中ベッドの上でゴロゴロしている。エアロビにも興味を示さない。時々ダイエットも忘れ、馬鹿食いする。

何かイライラしていて、人が変わったようだ。

ダイエットの副作用かも知れない。

女のダイエットは危険な行為だ。そもそも滅多に成功しない。

妻もそうだったが、ダイエットが引き金になって摂食障害になった。そしてうつ病へ。勿論、それ以外の精神的背景はあったが、引き金になるから危険なのだ。

ちなみに、摂食障害の予後は一般に悪く完治する方が少ない。死亡率は16%も達するらしい(自殺)。

マシュマロちゃんは、洗濯も掃除も食器洗いもせず寝てばかり。

「何もかもおっくう。何もしたくない。クート島に行きたい。」

そう言うので、余り気が進まないが、三泊四日の旅行に出かけることにした。

行く先は、彼女の希望通り、クート島(クック島)。

3年前の彼女の誕生日に一緒に行ったマーク島の南にある大きな島で、近くのチャーン島と比べて、あまり開発されてない。自然しかない、コンビニもATMも無いような所だ。

その分、海や森は綺麗らしい。殆どカンボジアに近い。

雨が続く今も、海は透明度が高いというが本当だろうか。

泊まるホテルは、

割と高級なビーチリゾートのビーチサイドコテッジ。

こんな感じだ。

砂浜なので、スノーケリングには向かないが、まあゆっくりして来ようと思っている。

僕にとっての楽しみは、ドローンでの空撮に最適な場所ということ。空から海を撮ってみたい。

ワンコは家の前のおばちゃんにエサだけやってもらう。昼は友達がいっぱい居るので寂しいことはなかろう。

明日から出発なのに、二人は言い争いばかりして嫌になる。

戻ってきたら、二人で一生懸命働くか、或いは暫く別のことをするか、微妙な感じだ。

何はともあれ、リフレッシュ出来たら幸い。

3年前のマーク島で見せた、あの無邪気な笑顔は戻ってくるだろうか?

紅はるかは元気です。

紅はるかの苗を植えてから、これまで放置栽培だったけれど、流石に草だらけになったので、この数日、中耕を兼ねて草取りを行った。

朝寝坊に昼から雷雨のせいで、草むしりは一日1~2時間程度ののんびり作業。それでも、しゃがむ作業は血圧が上がるのか、玉の汗が出て、眼鏡の内側に汗が落ちる。服は背中を中心に水をぶっかけたようにびしょ濡れ。僅か1~2時間の作業で、水を1リットル飲む。靴下、ズボン、シャツ、パンツ、帽子の全部が泥と汗で汚れるので、洗濯しなきゃいけない。

サツマイモは大方元気に育っているが、2割くらいが根付いてから枯れたか、または枯れそうになっている。病気なのか蒸れなのか分からないが、元気にツルを伸ばした株からツルを切り取って、枯れたところに植えなおしている。

除草と植直しは、僕一人でやると一日一畝が限度(1~2時間しかしてないが)。

さて、今日はほぼその作業が終わったので、栽培記録のためにビデオを撮って来た。別にカメラを手で持って歩けばいい話だが、足元が悪いし疲れるので、ドローンで空中撮影してみた。ドローンで遊びたかったというのが本音。

空中と言っても、高さは1メートル強。

ドローンを三脚モードにして、ふらつきを無くした。操縦が下手なので、無駄な動きがあるが、三軸ジンバルと三脚モードのお陰で、飛んでいる感じがしない程安定した映像が撮れた。

その動画はこちら

植えてから約一月になるが、順調に成長しているようだ。

ちょっと雨が多過ぎるのが心配。

畝の外の雑草は、この数週間の除草剤散布にもかかわらず、全然枯れてくれないのが痛い。

いちご苗はグリホセート(ラウンドアップ)じゃ枯れないみたい。雨さえ降らなければ、数日で枯れるのに、未だ青々しているのが分かる。

嵐でぶっ飛ぶ

今朝、カオヤイ農園に行ってみて驚いた。

昨日か昨夜、強い嵐があったようで、突風でいろんな物が壊されていた。

お化けカラスウリことファッカーオが茂った棚が半壊。

ファッカーオは人気なので、

生かしたまま棚を補修したいが、どうやって?

力持ちワーカーが居なけりゃ無理。

ワーカー用掘っ立て小屋の隣のパッションフルーツ棚が全壊

茂り過ぎて重くなっていたところに雨と突風が来て、哀れ倒壊。

丈夫に作ったのに、1年未満で壊れるとは。

パッションフルーツはたくさん採れて、ジュースにして飲んだので、もういい。パッションフルーツはもう要らないので、取っ払うのは比較的簡単で僕一人でも出来そう。

トマト棚が倒れる。これは壊れても問題ない。

マシュマロちゃんが作った大いちごモニュメントがグチャグチャに。

立て看板は針金で縛っていたので、道路に飛ばされなくて良かった。

撤去予定だったパネルのシートが剥がれた。

道路沿いのKHAOYAIというデカ文字のKが倒れた。

このパネルも壊れた。

ビニール暖簾が破れた。

木の枝がいくつか折れて落ちていた。

相当凄い風が吹いたらしい。

雨も凄かったようで、いちご園は水浸し。ラムタコーンという沢は、濁流になっていた。

今日は、一人で茫然とし、紅はるかの草取り2時間で雷雲近づき午前で農作業中止。

ドローン撮影の象の山

いつもいちご園の背後にそびえ立つ山(象に見えるので、象の山と言われる)を見て働いていた。

いつかあの山に登ってみたいと思っていた。そこから、自分のいちご園を見下ろしてみたかった。

それは叶わなかったけれど、先日買ったドローンMavic Air での撮影に成功した。

タイの法律では、最高高度が90メートルらしいが、180メートルまで上げた。思ったより象の山は高く、山を見下ろすには更に50メートル登らないといけないが、それは次回の挑戦としよう。

撮ったビデオは4Kの30フレーム秒だが、編集の過程でFull HDになった。また、一応スペック的には100MB/sの転送速度の128GBのSDを1600バーツで買ったのだが、Mavic Airから、このメモリーカードは遅すぎて4K録画に向かないと言われてしまったので、コマ落ちせずに4Kの30フレーム秒で撮れたかどうかは疑わしかった。やっぱり、倍くらい出して高級品を使うべきなのか。

編集にはスマホ版のPowerDirectorというフリーのアプリを使った。

現在、PC版のPowerDirectorを買おうかどうか思案中。最近は、動画じゃないとFBのポストも観てもらえないので、手軽に高品質の動画編集が出来るなら買っても元は取れるかも知れない(たかだが90USDで昔なら悩むことはないが、何しろお金が無いもので)。

さて、まったくのアマチュアレベルだが、カオヤイ農園付近の環境がどんな感じかはよく分かると思う。

一倍速だと眠くなるので、2~8倍速にしてある。

そのビデオはこちら

ドローン遊び ラムタコーンと象の山

カオヤイ農園の背後の沢からドローンを飛ばしてみた。

モニター画面なので綺麗でないけど、雰囲気は分かるかも。

動画はこちら

恐怖の雷雨

地震 雷 火事 親父

と言うが、雷が火事より怖いか? と思っていた。

今日、マシュマロいちご園で除草剤を散布してしていたら、上空に黒い雲が現れた。その雲は小さく、空の半分は晴れ。大きな雲ではなくて、仮に降っても短時間だろう。そう思って、除草剤散布を続けた。

「あらあ、降ってきたわ!」とマシュマロちゃんは言った。

「ええっ! 未だ降って来ないよう。あっ、ホントだ。ポツポツ降ってきたね。」と僕。

「エンジン切って休憩しよか?」と彼女。

「そんなに降らないから、続けよう。」 そう言った矢先に、雨粒が大粒になった。

「やっぱり、一旦止めよう。」

「うん。」

僕は、30メートル程離れたところにある噴霧ポンプのエンジンを止める為、走り出した。

その時、背後からゴーという雨音が追いかけて来て、滝のような雨が僕を追い越し、ポンプに着いた時は、既にずぶ濡れになっていた。

慌ててショップ内に避難したが、それから激しい雷に襲われた。雨を感じてから僅か数分後のことだ。空は真っ暗になり、雷鳴が凄い。稲光は、数秒に1回かそれ以上。雨は話し声が聴こえないほど凄く、あっという間に辺りは洪水になった。

閃光と同時に「パシッー!」という高い音がして、近くに雷が落ちた。数分後、およそ10秒おきにすぐ近くに落雷するようになった。どれも100メートル以内に落ちている感じだった。光ってから音がする迄の時間差がなかった。

マシュマロちゃんは自分の携帯に雷が落ちたと勘違いしてパニックになり、泣き出した。実際、スクリーンのカバーグラスにヒビが入ったが、それはショックで携帯を落とした時に出来たものだと思う。

その時は、僕は未だ怖くはなかった。

しかし、その後も僕らの周りに至近距離で落雷し、風が回って木が大きく揺れた。すぐ近くの電柱に落ちたのが見えた。

10秒毎に自分の周りに落雷するのが20分も続き、まるで空から自分たちが狙い撃ちにされているかのようで、僕も怖くなってきた。高校の時、槍ヶ岳に登って雷になり、岩の上の空き缶がカタカタ音を出して震えた時も怖かったが、今日はそんな怖さが長く続いた。愛犬ベリーも怖がって、僕の足元にうずくまってしまった。

マシュマロちゃんは、稲光の度に全身を引き攣らせ、耳と目を手で覆って震えた。

雨は益々激しくなって、毎時200ミリを超えている感じ。いちご園から流れ出した濁流で、道路は川になり、雹も落ちてきた。

日本では、こんな豪雨は有り得ない。タイ人のマシュマロちゃんですら、こんなの初めてと言った。僕も、こんなに高密度で落雷攻撃を受けたのは初めてだった。

それが1時間も続いた。

あんなに小さかった雲なのに、どうして突然こんな豪雨になるのか理解できなかった。

濁流で撒いた砂利が道路に流れ出てしまった。

砂利が流れ去るくらいだから、午前中に散布した除草剤は、きれいに洗い流されてしまったに違いない。

雨が収まってから、僕らは除草剤を再度散布しだした。

良くやるよ、と我ながら思った。

帰り道、雨はとても狭い範囲しか降ってないのが分かった。

毎度毎度の午後の雨で、僕たちはくたびれた。多分、除草は不十分だが、取り敢えず様子を見るしかない。

「明日は、休みにしよう。」と二人は合意した。

PS.

雷からは、高エネルギーのガンマ線バーストが出るらしいが、雷で陽電子が出来、それが電子と衝突してガンマ線を放出して消失するのだそうだ。反物質を人工的に作るのは大変だが、雷で日常的に生成されているなんて嘘のよう。

シャムリアップ紀行:バンテアイ・スレイ 女の砦

バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) は、女の砦という意味で、アンコールワットより古いが、「アンコール美術の至宝」とも言われる素晴らしいビンズー教の彫刻が残されている。

「東洋のモナリザ」と呼ばれるデヴァターの彫像もある。

アンコールワットに行くなら、是非ここも行くのをお勧めする。

ただ、ちょっと遠い。トゥクトゥクだと1時間半ほどかかる。

でも、途中の庶民の暮らしぶりを見ながら、コトコト揺られて行くのもまた楽し。

遠いけど、現地は妙に観光地として整備されている。

遺跡は小さいが、残っているレリーフが凄い。

他の遺跡と違って、ここの砂岩は赤い。

物語のようだが意味は分からない。

女砦を守るのはサルか?

東洋のモナリザ

何か良く分からないが肉弾戦。

この遺跡の側には、観光客の為のパネル展示室があり、発掘の様子、レリーフの説明、遺跡の石材由来等、説明があるので役に立つ。

朝の小鳥のノック その2

 もう一つのビデオ

朝の小鳥のノック

カオヤイの借家には、毎朝6時半になると小鳥が数組み来て、ベッドサイドの窓をトントンと叩く。

「朝ですよ。もう起きなさい。トントントン。」

ほんとに毎朝、飽きもせずトントン突く。

初めは可愛かったが、だんだん煩わしくなってきた。

「頼むから、もうちょっと寝かせてくれ!」

どうして小鳥が窓を叩くのか? 

それは、その窓が金属蒸着された半反射ガラスだから。それで、強い西陽をカットし、外から中を見え難くしている。

朝、外が明るくなると、外から暗い室内は見えず、鏡のようになる。まるでマジックミラー。

小鳥は、鏡に映った自分の姿が、ライバルのオスに見えるので、追い払うために鏡を叩く。

でも、映っているのは自分だから、何度やってもライバルは消えない。

「えい、あっちに行け! あっ、また居た。あっちに行け!」の繰り返し。あんまり頭良くないらしい。

その悲しき動画はこちら

小鳥には中の人間が見えないので、10センチくらいまで顔を近づけても気が付かない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内